Unhappy birthday

9月20日、満65歳になったまつしまは晴れて正式にヂヂイに仲間入しました。

実は一ヶ月くらい前に風邪ひきまして、治ったあともなかなか痰が収まらず、なんだか喉に痛みと違和感を覚えるようになってきちゃって、そうこうしているうちに食事を嚥下するにも難儀するようになっちゃったんで、いっぺん耳鼻咽喉科で診て貰おうとおもって近くの大きな病院へ行ったんですよ。11針縫ったときに抜糸してもらったんで、運よく診察券持ってたもんですから。

そしたら、

0920-0.jpg

いきなりこれ。

袋を2つブラ提げた点滴。既に病衣を身に付けているのがお判りになると思います。そう、一も二もなく即日入院。

まいった…。

経緯や顛末はくだくだしいので全て省きますが、以下、入院から退院まで口にした病院食オールスターキャストです。

誕生日当日の夕飯
0920-3.jpg
ショボい、あまりにもショボい…


21日朝
0921-1.jpg

21日昼
0921-2.jpg

21日夜
0921-3.jpg
そりゃ、たしかに65歳以上に間違いないけど、まだなりたてのホヤホヤだぞ!そんなこれ見よがしにピンクでハイライト印字しなくたっていーじゃねーか!

22日朝
0922-1.jpg
常食って、普通の献立(食餌制限なし)ってイミなんでしょうけど…。

でももし【日常的に摂っている食事】とゆー意味だとしたら、いっくらまつしまの食卓が貧相といったって、いまちっとマシなもん食ってますぜ…。


22日昼
0922-2.jpg

22日夜
0922-3.jpg

23日朝
0923-1.jpg

23日昼
0923-2.jpg
夕方退院することになっていて帰り支度を済ませちゃってたもんですから、スマホもしまっちゃって画像撮りませんでした。鶏そぼろと炒り卵とさやインゲンの鳥丼、最後の献立が一番まともなカンジでした、おカユ寸前の軟飯でしたけど…。

記憶のない乳幼児期はともかく、これまで60回以上巡ってきた誕生日。然るに20日夜、誕生日当日の夕飯のショボさといったら、改めて写真を眺めると、これ以下はない、というくらい情けないメシだったことが判ります。

けど、即日入院=主治医の診察を受けてから直ちに各種検査に回されて、昼食を摂る時間などありませんでしたし、そもそも検査って空腹時が大原則ですから、トホホだろうがエヘヘだろうが、夕飯まですべて完璧にオアズケ、配膳された時間にはとにかく超ハラ減っていて、ペロッと平らげてしまいました。味がどうこうなんて余裕は全くなし。なんせ内科病棟ですから、ゴマシオ・フリカケ・梅干し・佃煮の類はすべて脱法ドラッグ並みの御法度(笑)、従って美味いとか不味いとか全然覚えてません、ただただ動物的に空腹を満たしただけ。

短からぬ来し方にあって、ここまで貧相な誕生日の正餐とゆーのは(いまのところ)後にも先にもこれがワースト記録です。この先どれくらい永らえるのか判りませんが、できることならこれを下回るワースト記録の更新はなんとしても避けたい…。

どうしてもはずせない用事があって、そのために23日夕方に退院してきましたが、主治医の反応は極めて消極的で、現時点ではことによると再入院の可能性なきにしもあらずといった状態。いったん娑婆に戻って普通に飲み食いしちゃった後に、もしかしたらここに戻んなきゃなんないかも、と考えると、暗澹たるキモチになります。

別に筋骨隆々のムキムキである必要など全く感じませんが、大威張りでゴチソーにありつける筈の日にこういう情けない目に遭わされて、(なるほど、健康第一ってのはこーゆー意味だたのか…)とゆー真理(たぶん間違ってんでしょうけど)を改めて痛感させられたまつしまだたのでありました。

やれやれ…。

追記:健康保険証の件はギリギリで支払い期限に間に合うかどうか、引き続ききわどい状況のままです。10割負担ってことになったら即金で耳揃えて払えるかどうか。定期の解約って、いまの世の中は、きょう銀行に行って現金持って帰ってくるってワケにいかないみたいなんで…。オノレのゼニカネだっちゅーのに、なんだってそこまで融通の利かないこと云われて窮屈な目に遭わにゃならんのじゃい!ああ、アタマくる!!

追記2:入院病室番号、スゴくないスか、これ…?

4:死んで
4:しまえ
0:オヤヂ

に見えて仕方ありませんでした。苦しい思いをせずに簡単に死ねるんだったら頼んでみるのも悪くねえかな、と思ったんですが、病棟と従事者の様子はそーゆージョークを受け付ける雰囲気じゃなかったんで自粛しましたけど。まぁ、そりゃどこの病院だってそうなんでしょう、そーゆー悪ふざけはいいオトナのするこっちゃありません。

んでもまぁ、見事にデリカシーのカケラも感じさせない番号だと思いません?

パチンコ屋にはこんな縁起の悪そうな番号の台ありませんぜ…。


追記3: あ、馬券なら4-4あるか、枠連。(←だったらどうだってんだよ、バカ!)




関連記事

プロフィール

急行まつしま2号

2019/8/12 に Yahoo blog から移ってきました。2008/3/28 から活動しています。

残念写真はFH君(高校時代の同級生)の叔父さん(故人)が1960~62年にかけて撮影したもので、まつしま(以下、管理人という)は約40年前、高校卒業時にそのベタ焼きスクラップ帳をFH君から預かりました。

約半世紀が過ぎ、管理人にも終活準備の必要が迫ってきましたが、どの被写体もこのまま埋もれさるのはあまりにも惜しいと考えて公開を決意しました。

全ての記述と残念写真を除く全ての画像は、管理人によるものとお考え下さい。従って、残念写真に対する苦情・異議等は、いっさいお受け致しかねます。この点、あらかじめご了承頂くとともに、不同意の方の閲覧は(たとえ記事が全公開に設定されている場合であっても)お断り致します。

また、残念写真以外の全てについては、管理人の責任と権限で対応致しますが、管理人が【適切でない、相応しくない、好ましくない、不快である】等と判断した書き込みは、発見し次第、全て管理人の一存で警告なしに即刻削除します。この点も併せてご了解頂きます。

なお、上記の点は、全て【管理人の固い意思】であって【どなたからどのような種類の申し入れ等があっても応じない】こと、及び【どなたとの議論にも応じない】ことを、あらかじめ明記しておきます。

これらの方針に同意されない方の閲覧は当方から固くお断り致しますので、どうぞ速やかにご退出ください。

記事を閲覧される方は、(万が一紛議等が生じた場合も含めて)全てここに記述した方針に同意され応諾された方として対処致しますので、念のため此処に併せて明記しておきます。

原則的に【来る者は拒まず】が基本スタンスですが、ただし、管理者に対して過去に敵対的言辞等を執った事実のある者からの再接触等は、たといそれが当該敵対的行動の撤回及び謝罪並びに釈明等であっても、その全てを拒絶します。

もし釈明や和解の必要を感じたなら、その時点で直ちにそう処置した筈であり、またそう処置すべきでもありました。それをしないまま再接触を図るということは、

①なんらかの意図があって、非敵対的な態度を偽装もしくは隠蔽している

②記憶力に欠陥のある攻撃的性格

上記①または②のいずれかと考えざるを得ません。すなわち将来に於いて再び敵対的言辞を吐き散らし敵対的行動を執る危険性が極めて大きい者である可能性を窺わせる者である、と見做し得るわけで、そういう面倒くさいヤツと関わり合うのは金輪際願い下げ、二度と御免蒙ります。

そんなヤツに愛想笑いなどする気は全くありません。見つけたら直ちに叩き出して塩を撒くので、そのつもりで。

最新情報

月別アーカイブ