JR東日本に運賃払いたくない

先日、【っざけんなよ! 読めねえじゃねえか!】と怒り狂ったドット欠けだらけの切符を手にしてブツブツ文句垂れながら新幹線に乗り込み、新潟へ出張に出かけてまいりました。

 ↓ 券面記載事項のあまりの見苦しさに怒髪天を衝いた記事。

https://w563p0j9cfbo.blog.fc2.com/blog-entry-5132.html

しかも、コロナで減っていた旅客が戻ってきたせいなんでしょう、ガラガラで▲30%が当たり前だった前売り切符は全然カスりもせず、正規運賃&料金で1円も割引なし。

230906-101r1.jpg

これまでの出張では割引切符が当たり前に取れていたので、割引差額の3,110円(10,350 - 7,240)がまつしまの意識では既得権益化しておりました。

 ↓ ▲30%の割引券

230906-011.jpg

別に乗りたいと思っていない新幹線にわざわざ高い正規料金&運賃支払わされて、そのうえ、▲30%ならばなにかしらの制約がついても我慢しますけど、乗車変更不可だ、在来線不可だ、下車前途無効だ、と、【特殊な発券方法】を盾に、一銭もまけない(JRとしてはなにひとつ譲歩していない)くせにいわばドサクサに紛れて本来なら運送約款に違背するような種類の制限(旅客に不利な条件)を押し付けて寄越すような屈辱的な客あしらいを受けるなんぞ、まつしまは真っ平御免蒙りたい。

ふざけんな、だったら普通の窓口で普通の切符買うわい!ネット発券なんて、JR側が享受するメリットの方が遥かに大きいのに、そのうえ【発券してやってるんだ】と云わんばかりのその傲慢な態度、おめえいったい何さまのつもりだ!?

とはいえ、なんぼ怒り狂ったからって出張先へ遅刻するわけには行きませんから、往路は致し方ない、不満タラタラでしたが怒りを抑えてとき321号に乗りました。けど、帰りはタイムリミットなぞありません、だったら誰が新幹線なんか乗るもんか、死んだってお断りだね!

230906-103r1.jpg

 ↑ 9月1日のとき321に乗った証拠

とゆーことで、そっちが割り引きしないってんなら、こっちで払いを少なくする方法を講じることにしました。急ぐ用事もねえのに新幹線なぞ乗らされてたまるかってんです、おととい来やがれ、あっかんべーだ!

帰りに買った切符はこれだけ。

230906-111r1.jpg

ごく当たり前の普通乗車券、これで水上と新前橋で自動改札通って(=途中下車して)駅前の喫煙所に行き、再入場して伊勢崎まで乗りました。ネット発券は、Suicaやスマホ(紙以外の媒体)使うから、という理由で、その当たり前な権利を一方的に剥奪しています。そんなもん、いまの制御技術を以てすれば対応なんてワケない筈なのに、そういう手間をいっさいかけようとしない。なにがお客様ファーストだ、笑わすな!

新潟から伊勢崎まで在来線普通列車、伊勢崎で東武鉄道に乗り換えて船橋へ戻ってくる。東武からは「株主さま、どうぞお乗りくださいませ」と株主優待券を賦与されてますんで、大威張りで(別に威張る必要はないですけど)タダ乗り、途中で改札を出ない限り運賃は一銭もかかりません、なんせ株主様ッスから(笑)。

230906-121r1.jpg

そうすると、無割引の新幹線で往復した場合(20,700 = 10,350 X 2)との比較で5,840円(往路10,350 + 復路4,510 = 計14,860)だけJRに払う金額を減らせますので、往復▲30%より380円ほど高くつくのが癪の種ですが、それでもほぼ値引させたのと同じ結果になります。

「でも、時間がかかって大変でしょう…」とおっしゃる向きがおられることはもとより承知のうえですが、そいつはシンパイ御無用!

健常者の皆さんと違って、そもそも普通列車でゆっくり車窓を眺めることはココロとアタマをビョーキに蝕まれているまつしまが無上のヨロコビとするところでありまして、学生時分から時間に余裕があれば特急より急行、急行より普通に乗るよう心掛けて実践してきました。毎日の通勤電車なら、そりゃ一刻も早く降りたいですから各停より快速より急行より特急を選びますが、乗りたくて乗ってる列車なら、急行券払わされた挙句に慌てて降りるなんて遺憾極まりないマネは可能な限り避けたいですから。

という次第で、新潟から信越線上越線両毛線と東武伊勢崎線野田線を乗り継いで船橋まで戻ってまいりました。

230913-101.jpg

乗った列車はうえの一覧表にまとめたとおり。(追記:東武線の列車番号は乗車前に確認できなかったので、戻ってきてから船橋駅員に尋ねて教わりました。)

JR線の表定速度が41.8km/h、東武線は37.8km/h、全区間(363.6km)に対する総所要時間(9時間11分)では39.6km/hという計算ですが、実乗車時間(待ち時間抜き)を分母にすると46.6km/h、戦前の急行並みです。蒸機と電車の違いとは云え、これにはびっくり!

クモハ129&128は車室の半分がロングシート、残りが4人掛けのボックスシートで、進行方向右側の窓際という最上席にどっかと腰かけて、久々に清水トンネルを通りループ線の上から湯檜曽駅をじっくりと眺めてきました。

230912-001.jpg

ただ、車内は18切符を手にした老若男女であふれかえっていて、湯檜曽を見下ろす地点が近づくとひとことの断りもなく傍若無人に他人の座席に入り込んできて当然みたいな顔してスマホやカメラを構えようとするヤツが現れました。非常に不快、こっちはベストビューの座席を確保するためにわざわざ始発の長岡で行列までして万全を期したんですから、途中から(とくに越後湯沢あたりから)ちゃっかり乗り込んできてオイシいところだけかっさらっていくようなマネするヤツには全く寛容になれません。ですんで、「私はこの景色が眺めたくて始発駅からここに座ってきたんだ、後から割り込んできて人の視界をさえぎるような邪魔をするな」とハッキリ言いました。

そこまでクリティカルに言われなきゃ気付かないんですね、ホント、バカばっかりの低レベルな世の中になり下がったもんだとつくづく呆れました。けど、それって下手したら逆ギレされて殴られたり刺されたりしたかもしれなかったんですね。

そんなワケで、そこで自分がカメラ取り出すのは沽券に関わりますから、痩せ我慢して写真も動画も結局撮らずじまい、乗り降りした駅でも(喫煙所探す方が忙しくて)車両の写真なぞろくすっぽ写しませんでしたので掲出すべき画像は皆無という結果になりました。まぁ、写真ド下手のまつしまがブレブレのピンボケ動画なぞ写したところで地球環境をブチ壊すゴミを増やすだけですから、それでよかったんですけどね(笑)。

とまぁ、楽しかったような、そうでもなかったような鈍行旅行でしたが、久々に300キロを超えて乗りましたので堪能しました。欲を云えば、新潟からせめて新前橋までは乗り換えなしの直通列車で行きたかったですが、いまどきそんなないものねだりしたって仕方ないですもんね。全区間ロングシートの通勤型車両でなかっただけでもありがたいと思わなきゃバチ当たる、ってことなんでしょう…。

JRに払った金額では目論見どおり、約6,000円弱のセーブを達成しました。ただ、しつこいですが敢えてまつしま個人の名誉のために以下は明記しておきます。列車を利用するときに旅客が運賃を支払うのは当然の商行為(債務履行)と認識しています。列車が提供する移動サービスの対価なんですから、無償でない限り利用者には支払う義務があります。だから、払います。払いますけど、JR東にだけは払い込みたくない。支払うにしても、できる限りJR東を避けてそれ以外の鉄道会社に支払いたい。なぜかといえば、JR東が本業をあまりにもいい加減に軽んじているから。まじめに鉄道事業を運営する気のない会社になんか、たとえ一銭だって運賃料金なぞ支払いたくない。

もし次に機会が巡ってきたら、こんどは旧北陸線と旧信越線の第三セクター区間と北越急行をみっちり復習せにゃならんと考えております(笑)。






関連記事

コメント

Champcar97

新潟出張お疲れ様でした
まつしまさん、こんちには。
新潟出張の帰路、のんびりとされたようでなによりでしたね。ただ、越後湯沢から乗ってきた輩の行動に閉口されたのは、残念でした。
私も、次のようなネット記事が溢れていることに、うんざりしています。
自分が座るはずの指定席に、他の人が座っていたらどうするの?
リクライニングシートを倒す時、後ろの人に気をつかった方がいいの?
列車内で弁当を食べない方がいいの?
など、いちいち気にすること?
って私は思います。
生き辛い世の中になりましたね。
疲れました。

急行まつしま2号

Re: 新潟出張お疲れ様でした
Champcar97さん:こんにちは、コメントありがとうございました。ホント云うと長岡駅で手売りの珍券求めてウロウロしようと考えていたんですが、水上行への乗り継ぎ客が意外にも多く、(ベストポジションを確保するためには切符なぞ捜しているバワイではない!)と諦め、狙いを定めた位置でひたすら到着列車を待ちました。そこまで努力したうえで座っている席に無神経にズカズカ割り込んでくるバカには心底腹立ちました。よく怒鳴らなかったと自分を褒めてやりたいくらいです。

他人の指定席に腰かけて平気なヤツって、そもそもそういう訓練(とゆーか経験)を積んでいない未熟者か、はたまたホンモノの無神経か字が読めないバカか、どっちにしてもまともな受け答えが期待できないでしょうから車掌呼ぶのが正解だと思っています。車掌の司法警察権はそういう場面で使ってこそ、ですから。リクライニングシートとか弁当とか、そういうハナシもちょこちょこ目にしますが、幼稚園児じゃあるまいし、そのくらいテメエで考えろとゆーか、いちいちビクビクと他人の顔色窺うんなら最初っからやめとけや、と思いませんか?それに、そういう愚問に対して「こうすべきです」なんてしたり顔でマナーだかベストアンサーだかを書く御仁の陳腐な見解にもゲンナリさせられます。訊く方も答える方もレベル低すぎて、とてもまともな大人同士のやりとりとは思われません。

そーゆーの見る度に、植木等みたいに(ああ、これで日本も安心だぁ!)とゆーキモチに浸ります(笑)。ホント、バカばっかりで疲れますよね…。

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

急行まつしま2号

Re: 挨拶すらありませんでした。
23/09/11 12:43のナイショさん:おひさしぶりです、コメントありがとうございました。

別にヒミツにしなきゃならないほど激しい内容とも思いませんが、お気持ちは尊重いたします。本件では、その「ちょっと良いですか?」すらなく、いきなりズカズカ入り込んできましたので、「撮影なら他人の迷惑にならないところでやりたまえ、私はいまここでこの車窓を眺めているんだからあんたに迷惑しとる、邪魔せんでくれ。」とはっきり口に出して云いました。ホント気分悪かったです。

宮脇俊三は、紙に『宇都宮までは見学希望にできるだけ協力するが、それ以後はいっさいお断り』と書いて室外に貼ったと書いてませんでしたっけ。おっしゃるとおり、『ノックもせずに入り込んできて無遠慮にジロジロ眺めまわした挙句に挨拶ひとつせずに出て行った、なんだあの無礼きわまりない態度は!』と憤慨していましたね。そういうバカって、自分が同じことされたときにどう感じるかなんて想像力がゼロなんですね。まぁ、そんなヤツに自力で北斗星の最上級A寝台を誂えるだけの甲斐性があるとも思えませんけどね(笑)。

ミスター54

やりますね
伊勢崎まで帰るのに、乗車券は同一運賃で最遠距離まで買えば小俣になるわけですね。

自分も20年以上前、東武桐生線沿いの出張先にりょうもう号の運賃・急行料金(当時)支給されていましたけれど、当時存在した準急A伊勢崎行きで北千住から太田まで乗り通しておりました

この準急Aというのは面白い種別で、東武動物公園以北も久喜、鷲宮、加須、羽生、舘林と止まっていくのですが、その先単線区間も途中足利市しか止まらないのに、通過駅の県や野州山辺などで運転停車するので、ホームで乗りたそうな乗客がいるのに無情にも開扉しません
 乗っている自分も悪いような申し訳ないような気がしてバツが悪かったですね

さすがにいろいろ問題があったのか、そのほかの理由か、この準急Aは廃止になりました(因みに準急Bは、東武動物公園から先は普通に各駅に停車するものでした)。現在では浅草と伊勢崎を直通する準急すらなくなって、運転制度の面白みは薄れて来ましたが、東武鉄道、複々線区間あり、ローカル線ありでなかなか興味深いです

ところで、
どうしても直接JR東日本に直接投資したくない場合、新潟行きの新幹線の券を東京駅八重洲口のJR東海窓口で購入する方法もあると思いますが、まつしまさまのポリシーに照らし合わせますと、余計にまずいのではないかと思われ、これに関しては、旅行代理店で発行してもらうことがせいぜいでしょうか

急行まつしま2号

Re: やりますね
ミスター54さん:こんにちは、コメントありがとうございまし

へへへ、お察しのとおり、伊勢崎の改札で無効印捺されるのが嫌なので小俣まで買って途中下車しました。

東武はちょっと前まで料金を徴収しない列車にも運転距離が長いものがあって、準急Aに限らず運転も車輛もバリエーション豊富で乗る側にとっては結構おもしろかったですね。押上から西に向かう路線(半蔵門線と田園都市線)が北千住に入ってきてから伊勢崎線自身の北関東方面各線の扱いに余裕がなくなり、各列車の運転区間も細切れになってしまったのは当然の帰結なんでしょうけど、ずいぶん味気なくなりました。野田線に特急料金取る列車が走り出しましたが、うっかり乗りに行くと船橋に戻ってこられなくなっちゃうので、いまのところ写真で見るだけです(笑)。東武線は伊勢崎からの340E(←館林 モハ851-1+851-2+851-3 伊勢崎→、8000系改造車)のモハ851-1が2パンタの珍しい先頭車なんですが、ホームからではちゃんと写らないので写真は見合わせました(ってか、暑くてそーゆー意欲が萎え切ってました…)。

JR東日本に金払うのも嫌ですが、東海に払うのはもっと嫌です。ご明察まさに神の如し(笑)。

だからって、丸の内のJR北海道プラザまで行くのもいかがなものかと思いますので、新幹線の切符をどこで買うかはアタマ痛いハナシです(笑)。国鉄時代と同等の連絡運輸制度が残っていれば迷わず京成か東武の駅で買うんですが…。
非公開コメント

プロフィール

急行まつしま2号

2019/8/12 に Yahoo blog から移ってきました。2008/3/28 から活動しています。

残念写真はFH君(高校時代の同級生)の叔父さん(故人)が1960~62年にかけて撮影したもので、まつしま(以下、管理人という)は約40年前、高校卒業時にそのベタ焼きスクラップ帳をFH君から預かりました。

約半世紀が過ぎ、管理人にも終活準備の必要が迫ってきましたが、どの被写体もこのまま埋もれさるのはあまりにも惜しいと考えて公開を決意しました。

全ての記述と残念写真を除く全ての画像は、管理人によるものとお考え下さい。従って、残念写真に対する苦情・異議等は、いっさいお受け致しかねます。この点、あらかじめご了承頂くとともに、不同意の方の閲覧は(たとえ記事が全公開に設定されている場合であっても)お断り致します。

また、残念写真以外の全てについては、管理人の責任と権限で対応致しますが、管理人が【適切でない、相応しくない、好ましくない、不快である】等と判断した書き込みは、発見し次第、全て管理人の一存で警告なしに即刻削除します。この点も併せてご了解頂きます。

なお、上記の点は、全て【管理人の固い意思】であって【どなたからどのような種類の申し入れ等があっても応じない】こと、及び【どなたとの議論にも応じない】ことを、あらかじめ明記しておきます。

これらの方針に同意されない方の閲覧は当方から固くお断り致しますので、どうぞ速やかにご退出ください。

記事を閲覧される方は、(万が一紛議等が生じた場合も含めて)全てここに記述した方針に同意され応諾された方として対処致しますので、念のため此処に併せて明記しておきます。

原則的に【来る者は拒まず】が基本スタンスですが、ただし、管理者に対して過去に敵対的言辞等を執った事実のある者からの再接触等は、たといそれが当該敵対的行動の撤回及び謝罪並びに釈明等であっても、その全てを拒絶します。

もし釈明や和解の必要を感じたなら、その時点で直ちにそう処置した筈であり、またそう処置すべきでもありました。それをしないまま再接触を図るということは、

①なんらかの意図があって、非敵対的な態度を偽装もしくは隠蔽している

②記憶力に欠陥のある攻撃的性格

上記①または②のいずれかと考えざるを得ません。すなわち将来に於いて再び敵対的言辞を吐き散らし敵対的行動を執る危険性が極めて大きい者である可能性を窺わせる者である、と見做し得るわけで、そういう面倒くさいヤツと関わり合うのは金輪際願い下げ、二度と御免蒙ります。

そんなヤツに愛想笑いなどする気は全くありません。見つけたら直ちに叩き出して塩を撒くので、そのつもりで。

最新情報

月別アーカイブ