よほどネタに詰まったんでしょうか(怒)

閣下が「新聞受けにこんなのが入ってたわよ…」と見せてくれました。



はぁ? 船橋西版に京葉臨海ッスか!?

たしかに蘇我を出たコキとタキは全て南船橋と西船橋を通って全国へ向かいますから、京葉線や武蔵野線のエリアとまるっきり無縁ってワケじゃないですが、だからって、船橋西版地区の皆さんにKD601みせてもキョトンとするだけなんじゃないでしょか…。



「通称:りんてつですっ!」

はぁ、そうですか、どうもご丁寧に恐れ入ります、お初にお目にかかります、ってなカンジ…(笑)。

船橋市民から500人を無作為で抽出して、その人たちににこれ見せたら、496人以上は「なんだこれ?」と首をかしげるでしょう。言い方を変えるなら、(あ、KD601だ…)と反応しちゃう船橋市民とゆーのはアブノーマル、とまでは云いませんが全体の1%未満ですから間違いなくマイノリティーだなぁ、くらいの自覚は(500分の4のうちの4分の1である)まつしまにもあります。けどもし、リサーチの動機に世論操作の意図なんてものが隠されてたら、反応した瞬間に【相当変わったヒト】に分類されて、気付いた時にはサベツされちゃってるのかもしれません。

無料配布の地域誌とはいえ、500人中4人以下しか反応しないであろう記事をトップに持ってくる編集方針って、いったいなんなんでしょうねぇ…?

題材が枯渇して、ほかに相応しい取材対象がなかったんでしょうか。そんな筈ないと思いますよ、この近所にだってシリアスな問題はいっぱいあるんですから。

たとえば、日本製鉄君津製鉄所が東京湾に垂れ流した工業排水。

猛毒(シアン)が混じっていて、小糸川と工業港に死んだ魚がゴマンと浮いた、って事件。しかもその回数が一度や二度じゃない、なんとふた桁です。挙句に日鉄君津が県に出した報告書は、リスク管理や組織ごとの責任の問題なんて【評価に値しない】くらい低レベルだったそうじゃないですか。そのうえ、県に報告書提出した後にまたぞろ性懲りもなく同じことやって駄目押ししちゃってんですから。それって自ら『報告書は絵空事だった』と行動で示してるってことでしょ?なんだって県知事は「とっとと出した報告書取り下げに来い!そんで、今日中に書き直してこい!」って怒鳴らないんスかね。

ってか、こんな恥知らずな事態を起こしたら、最低でも工場長と総務部長と施設部長のクビが3ついっぺんにスッ飛ぶのが当たり前だと思うんですが、そんな様子も一向に窺われないようです、絶対おかしいでしょ、それ?

エコもSDGsも結構ですけど、どの記事も文章のそこかしこに商業臭がプンプン漂ってます。まつしまは環境を商売や政治の道具に使う連中がどうしても信用できません。いやしくも『ちいき』と自称するからには営利活動とはっきり一線を画して地域問題に毅然と取り組まなけりゃ、そんなの企業の広告宣伝紙とどこが違うとゆーんでしょ?

それに新聞記事ってのは大前提として【実用文】でなきゃ存在理由ありません。

もしまつしま自身が編集責任者なら、いくらKD55に思い入れがあると云ったって、『公私のけじめはきっちりつける』くらいの常識は辛うじて残ってますから、こんな記事は載せません。そもそも書かせないし取材も許可しません、だってほかに深掘りしなきゃならない問題がそこらじゅうにヤマほどあるんですから。



なかでもカチン!ときたのがこの御両人。

まつしま個人が千葉貨物駅の見学を希望したって、この御両人は駅構内になんか絶対に入れてくれません。だのに、【社会の公器】でもなんでもない『ちいき新聞』は、メディアっぽいとゆーだけで、なんだってホイホイ入れてもらえちゃうのさ!依怙贔屓じゃん、そんなの!

 ↓ 同じ記事のネット版です。

https://www2.chiicomi.com/press/2018860/

まつしまだって、こんな場所で列車や機関車を見学したいです。でも入れてもらえないんだからおとなしく諦めるしかない。だのにそれを嘲笑うかのよーに、KD55やKD60にまるで知見も興味もなさそうなド素人が頓珍漢なことで無意味にはしゃぐ姿を『これでもか!』とばかりに、これみよがしに見せつけられたら、改めてアタマにきます。

【まつしまくん新聞】とかなんとか、手書きの壁新聞でもデッチあげて、取材申し入れてやろうかな…。

あー、腹立つ!


*** 追記 ***

記事に添えてある路線図、いったいいつのなんだよっ!?

230809-004.jpg

10年以上も前に撤去した筈の引込線や専用線が堂々と描き込んであります、しかもご丁寧に3箇所♪

最新型のDD200-801の記述の横にこんな古い図を並べて『弊社営業路線とござい』なんて掲載させてドッシリ構えるなんざ、さすが社業の隅から隅までバリバリに精通したオーソリティー、まさに上級管理職の鑑、仕事熱心を絵に描いたよーな部長さんたちですなぁ♪

こうでなきゃ、十数年おきに編纂する社史で同じ間違いを何度となく繰り返すなんて離れ業はとうていできっこありません♪

いや~、まことにご立派、アタマが下がります、恐れ入りました!

三十五年史で、まさかの【二十年史と同じ誤記】にでくわしたときには、アタシもはるばる国会図書館まで足を運んだ甲斐があったと、しばし感動のナミダにむせんだもんでした、はい♪

些細な誤植なぞではなく、明確に【事実と相反する記述=間違い】なんですから…。

*** 追記、終わり ***




関連記事

コメント

Champcar97

なんだかねぇ
まつしまさん、こんにちは。
京葉臨海鉄道の対応はなんだかなぁ、という感じぇすね。
ネット版を見ましたが、取材した記者は若いおねえさんなんですね。
穿った見方をすると、それで喜んじゃたんですかね。
それにしても、なんとなくモヤモヤすることが多い今日に思えます。
昔はこんなんじゃなかった、と言うのも悔しいのですが、
ホント、息苦しいことだらけで嫌になります。

急行まつしま2号

Re: なんだかねぇ
Champcar97さん:こんにちは、お暑うございます。コメントありがとうございました。

オヂさんたちってばニヤケてますもん、カオ。あんなパヤパヤしたカンジのおねーちゃんが職場にきたら、そりゃーオヂさんたちヨロコんじゃったでしょう。取材中に貸与したジャンパーやヘルメットなんて、帰ったあと全員でニオイ嗅いじゃったかもしんないッスね♪

それにしてもまぁ、よくもあそこまで間違いだらけの無内容な記事が書けるもんです。ある意味感動的とさえ云えます。裏を取らずに当局側発表データーをまるまるそのまま記事にするなんて、模範的記者ですもんね、これで日本の新聞はアンシンだぁ♪

息苦しいのはこのところの暑さも関係ありそうですが、とにかくモヤモヤな納得しがたいハナシが多すぎますね。

実はワタシが今の仕事を辞めるのは、せめて我が身に降りかかった【理不尽なモヤモヤ】だけは曖昧なまま有耶無耶に終わらせないために相手と刺し違える覚悟を決めた、というのが最大の理由でして。
非公開コメント

プロフィール

急行まつしま2号

2019/8/12 に Yahoo blog から移ってきました。2008/3/28 から活動しています。

残念写真はFH君(高校時代の同級生)の叔父さん(故人)が1960~62年にかけて撮影したもので、まつしま(以下、管理人という)は約40年前、高校卒業時にそのベタ焼きスクラップ帳をFH君から預かりました。

約半世紀が過ぎ、管理人にも終活準備の必要が迫ってきましたが、どの被写体もこのまま埋もれさるのはあまりにも惜しいと考えて公開を決意しました。

全ての記述と残念写真を除く全ての画像は、管理人によるものとお考え下さい。従って、残念写真に対する苦情・異議等は、いっさいお受け致しかねます。この点、あらかじめご了承頂くとともに、不同意の方の閲覧は(たとえ記事が全公開に設定されている場合であっても)お断り致します。

また、残念写真以外の全てについては、管理人の責任と権限で対応致しますが、管理人が【適切でない、相応しくない、好ましくない、不快である】等と判断した書き込みは、発見し次第、全て管理人の一存で警告なしに即刻削除します。この点も併せてご了解頂きます。

なお、上記の点は、全て【管理人の固い意思】であって【どなたからどのような種類の申し入れ等があっても応じない】こと、及び【どなたとの議論にも応じない】ことを、あらかじめ明記しておきます。

これらの方針に同意されない方の閲覧は当方から固くお断り致しますので、どうぞ速やかにご退出ください。

記事を閲覧される方は、(万が一紛議等が生じた場合も含めて)全てここに記述した方針に同意され応諾された方として対処致しますので、念のため此処に併せて明記しておきます。

原則的に【来る者は拒まず】が基本スタンスですが、ただし、管理者に対して過去に敵対的言辞等を執った事実のある者からの再接触等は、たといそれが当該敵対的行動の撤回及び謝罪並びに釈明等であっても、その全てを拒絶します。

もし釈明や和解の必要を感じたなら、その時点で直ちにそう処置した筈であり、またそう処置すべきでもありました。それをしないまま再接触を図るということは、

①なんらかの意図があって、非敵対的な態度を偽装もしくは隠蔽している

②記憶力に欠陥のある攻撃的性格

上記①または②のいずれかと考えざるを得ません。すなわち将来に於いて再び敵対的言辞を吐き散らし敵対的行動を執る危険性が極めて大きい者である可能性を窺わせる者である、と見做し得るわけで、そういう面倒くさいヤツと関わり合うのは金輪際願い下げ、二度と御免蒙ります。

そんなヤツに愛想笑いなどする気は全くありません。見つけたら直ちに叩き出して塩を撒くので、そのつもりで。

最新情報

月別アーカイブ