• っざけんなよ! 読めねえじゃねえかっ!
    この切符はひどすぎる…なにがどうひど過ぎるのか、とゆーと…とにかく印字部のドット欠けが多すぎるし大きすぎて、印刷されてる内容(=旅客に通知すべき内容)がなんなのかが受け取り手にさっぱり伝わってこない。まずは駅名(上野も新潟も)がまとも判読できない。次に座席番号が7号車7番【B】席なのか、はたまた【D】席なのか、肝腎な部分の印字が欠け落ちていて読み取れない。そう思って列車名を見れば、これも何の何号なんだか...
  • これも極めて考えにくいとゆーか…
    ふたつ前の記事で昭和53(1978)年10月に制作された東京印刷場の記念見本帳をご紹介しましたが、その中で、(さすがにこの実券はなかったと思う)と記述したのがこれでした。青森駅にはキャンセル分の当日売りを専門に扱う窓口がありましたので、青森始発の列車については発車間際でも素早く発行できるように列車常備券(上の例で云うなら、ゆうづる9号の上野青森間にしか使えない専用券)が何種類か置いてあっただろうことは想像...
  • よほどネタに詰まったんでしょうか(怒)
    閣下が「新聞受けにこんなのが入ってたわよ…」と見せてくれました。はぁ? 船橋西版に京葉臨海ッスか!?たしかに蘇我を出たコキとタキは全て南船橋と西船橋を通って全国へ向かいますから、京葉線や武蔵野線のエリアとまるっきり無縁ってワケじゃないですが、だからって、船橋西版地区の皆さんにKD601みせてもキョトンとするだけなんじゃないでしょか…。「通称:りんてつですっ!」はぁ、そうですか、どうもご丁寧に恐れ入ります...
  • わざわざ遠くまで行かなくたって…
    部外者には最終稿の締め切りがいつだったのかなんてことは判りませんが、既に6月半ばには、今年の夏が去年よりさらに暑くなりそうだと云われ始めていた記憶がウッスラと脳裡にこびりついております、曖昧ですけど。然るに…、ふたを開ければチョー大猛暑、九州どころか北海道は札幌旭川、なんと釧路まで軒並み30℃超え、わざわざそんな遠くまで『さがしに』行かなくたって夏の方からガンガン攻め込んできてます。「出前たのむ電話か...
  • 【書き直し】旧東武デハ7ではありませんでした
    お馴染みさんからのお預かり写真、新潟交通のカットについて、8月11日に『旧東武デハ7かデハ9だと思う』という趣旨の記事を書いたんですが、それがとんだ間違いだったことが別のお馴染みさんからご教示いただいたデーターで判明しました。そうと判ったからには、推測に更に推測を重ねたみっともない間違いをさらしておくワケにはいきませんので、いったんは記事の削除を考えましたが、けどお預かりした新潟交通の写真をそのまま葬...
  • そのとーり!!!
    都内某所の屋内喫煙所で目にした貼り紙です。「一所懸命にタバコ吸え!」とも読み取れちゃいかねない文章表現の適否については議論の余地もあろうかとは思いますが、それはひとまず横に置いて、『ごもっとも!』と強く頷きつつ感心しました。スマホ見ながらダラダラ吸ってんじゃねーっ!とっとと済ませてサッサとどけってんです!なにしろ後ろがつっかえてんですから、イライラしながらッ!...
  • うまくまとめられるかどうか…
    ハナシがあちこち取っ散らかりそうで、書き終えたときに果たしてきちんとまとまった記述になっているかどうか、あんまり自信ありません。だったら書かなきゃいいんですが、『そりゃ、あんまりだろ…』ってなカンジのトホホな事例に出くわしてしまったもんですから、これはどうしても書かにゃ、と考えていた話題でもありまして。まずは、硬券切符の裁断寸法をご覧ください。全てを特急関連の券種で揃えるのはかなり難儀しました。で...
  • C券のバリエーション
    JR東日本・東京乗車券管理センターの硬券見本帳で、『このC券のサンプルはいったいなにごとかッ!?』と怒気をあらわにしてからほぼ一週間、ただ怒っているだけでは頑固なカミナリおやぢですので、ハナシをちっとばかし建設的な方向へもって行かにゃ、と考えまして、ネットオークションの画像で【民営化以降にC券で発行された記念切符】を片っ端から探しまくりました。15000枚くらい出品されていて、チェックするだけで3日かかりま...

プロフィール

急行まつしま2号

2019/8/12 に Yahoo blog から移ってきました。2008/3/28 から活動しています。

残念写真はFH君(高校時代の同級生)の叔父さん(故人)が1960~62年にかけて撮影したもので、まつしま(以下、管理人という)は約40年前、高校卒業時にそのベタ焼きスクラップ帳をFH君から預かりました。

約半世紀が過ぎ、管理人にも終活準備の必要が迫ってきましたが、どの被写体もこのまま埋もれさるのはあまりにも惜しいと考えて公開を決意しました。

全ての記述と残念写真を除く全ての画像は、管理人によるものとお考え下さい。従って、残念写真に対する苦情・異議等は、いっさいお受け致しかねます。この点、あらかじめご了承頂くとともに、不同意の方の閲覧は(たとえ記事が全公開に設定されている場合であっても)お断り致します。

また、残念写真以外の全てについては、管理人の責任と権限で対応致しますが、管理人が【適切でない、相応しくない、好ましくない、不快である】等と判断した書き込みは、発見し次第、全て管理人の一存で警告なしに即刻削除します。この点も併せてご了解頂きます。

なお、上記の点は、全て【管理人の固い意思】であって【どなたからどのような種類の申し入れ等があっても応じない】こと、及び【どなたとの議論にも応じない】ことを、あらかじめ明記しておきます。

これらの方針に同意されない方の閲覧は当方から固くお断り致しますので、どうぞ速やかにご退出ください。

記事を閲覧される方は、(万が一紛議等が生じた場合も含めて)全てここに記述した方針に同意され応諾された方として対処致しますので、念のため此処に併せて明記しておきます。

原則的に【来る者は拒まず】が基本スタンスですが、ただし、管理者に対して過去に敵対的言辞等を執った事実のある者からの再接触等は、たといそれが当該敵対的行動の撤回及び謝罪並びに釈明等であっても、その全てを拒絶します。

もし釈明や和解の必要を感じたなら、その時点で直ちにそう処置した筈であり、またそう処置すべきでもありました。それをしないまま再接触を図るということは、

①なんらかの意図があって、非敵対的な態度を偽装もしくは隠蔽している

②記憶力に欠陥のある攻撃的性格

上記①または②のいずれかと考えざるを得ません。すなわち将来に於いて再び敵対的言辞を吐き散らし敵対的行動を執る危険性が極めて大きい者である可能性を窺わせる者である、と見做し得るわけで、そういう面倒くさいヤツと関わり合うのは金輪際願い下げ、二度と御免蒙ります。

そんなヤツに愛想笑いなどする気は全くありません。見つけたら直ちに叩き出して塩を撒くので、そのつもりで。

最新情報

月別アーカイブ