• なんでまた唐突に…?
    私鉄電車の書庫に収めましたが、行った先で検分した対象やそもそもの動機を考えると、なんかしっくりこないカンジがしています。こういうところを訪ねてきました。奥の建物はこれ。なんて書いてあるのかとゆーと、えっ!? 公会堂、ッスか、公民館じゃなくて…? この単語の用法が適切なのかどうか、いささか議論の余地あり、と思いますが、誰とどう議論したものやら…(笑)。んで、なんだって千葉から府中くんだりまで出かけて行...
  • せっかくの景品ですが…
     ↓ もう売り切れてしまって買えない銘柄なんですが、今年はじめ、こういう限定品が売り出されました。ピースの系統ですからさぞかしいい香りの製品なんだろうと想像して、何箱か買い求めて試してみました。ネットショップ限定販売の銘柄なので、1箱買っても450円ほど運賃がかかる割高品種なんですが、こういう嗜好品はそもそもが無駄遣いなんですから、それを買うに当たっていくら安いとか高いとかいうのはナンセンスなハナシだ...
  • 異議を申し立てるポイントがない
    とにかく、この歌詞は聴いていて楽しい♪ しかも驚愕の事実に気付かせてくれる!内容といいリズムといいパーフェクト、文句のつけようがない。しかもっっ!!!まさかの事実、招き猫がエリート経営コンサルタントだったとは、教えてもらうまで全然気が付かなかった。なんと素晴らしい一曲であることか!!...
  • 気持ち悪い絵
    嫌なら見なきゃいいだけのハナシじゃないかそんなの、と云われれば舌鋒もいささかにぶりますが…。けど、お言葉を返しますが、こっちが好むと好まざるとに関わりなく勝手に画面に出してくるんですから拒みようがないじゃありませんか。見ない自由が最初からないんですよ、これ。どれもこれもゲームゲームしていて、デキの悪いグラフィックだと思いますが、なかでもこれは最悪。なんだこの作りかけて途中で投げ出したみたいな出来損...
  • 或る日の残念写真
    迷惑テツが3日に矢板でカシオペアを14分停めた、というニュースが大きく報じられました。いまの社会は、走行する列車から1メートルしか離れずにカメラを向けることを【危険極まりない行為】かつ【社会に及ぼす迷惑を顧みない利己的行為】と考えて糾弾します。なぜなんでしょう?理由はいたって簡単、ちなみに、『1メートル以上離れないと列車に轢かれるから』ではありません。【健全な社会】にとってテツが『ウザい存在』だから、...
  • アタマとシッポ
    撮影場所はともかく、撮ってみたかったですねぇ、こういう写真。牽引機、青大将ですよ。...
  • Unbelievable!!
    残念写真を眺めていると、信じ難い状況にちょくちょく遭遇するんですが、これもそのひとつです。生まれたときからお召予備機のEF5860と、同じくお召本務機のEF5861が、なんと同じ日に同じ場所でほぼ同じ時間帯に下り列車を牽いていた姿がフィルムに残されていました。別に狙って行ったワケじゃなかったようで、【信じ難い】というのも後から眺めた我々が勝手にそう感じるだけのこと、撮影当時は珍しくもなんともない当たり前の光景...
  • 楽しい♪
    すっごい楽しい♪ここで指揮者に指示されて楽団員の一員になってスコアに残る手拍子を打ってみたい!日本もいつかこういう文化を世界に向けて発信できる場所になっていってほしい…。...
  • 【火通し】からの連想
    昨日、おなじみさんの五十鈴拓磨・父さんから頂戴したコメントの中に【火通し】という珍しい用語がありました。EF5860と61が牽く東海道線普通列車の残念写真をご紹介して、普段着姿とはいえお召機が鈍行牽くとは…、と所感を添えたところ、『電機というのは、接点の導通が悪くならないようにときどき動かしておかないとダメなんです』とご教示賜りました。なるほど、電気機関車に限らず、機械モノってのはたしかに定期的に油さして...
  • 蒐集衰退の道すじ
    元号が昭和から平成に変わったのは1989年1月8日。当時は丸の内で勤務していましたが、昭和最終日と平成初日は平日であちこちウロつくことができなかったので東京駅の新幹線乗換口で硬券入場券を買っただけでオシマイにせざるを得ませんでした。しかし和暦は西暦と違って同じ数字が並んだり昇順/降順で並ぶ日付が頻繁にやってきます。54.3.21.(昭和54年3月21日)、さらに55.5.5.、続いて56.7.8の様子を当事者として経験してきまし...

プロフィール

急行まつしま2号

2019/8/12 に Yahoo blog から移ってきました。2008/3/28 から活動しています。

残念写真はFH君(高校時代の同級生)の叔父さん(故人)が1960~62年にかけて撮影したもので、まつしま(以下、管理人という)は約40年前、高校卒業時にそのベタ焼きスクラップ帳をFH君から預かりました。

約半世紀が過ぎ、管理人にも終活準備の必要が迫ってきましたが、どの被写体もこのまま埋もれさるのはあまりにも惜しいと考えて公開を決意しました。

全ての記述と残念写真を除く全ての画像は、管理人によるものとお考え下さい。従って、残念写真に対する苦情・異議等は、いっさいお受け致しかねます。この点、あらかじめご了承頂くとともに、不同意の方の閲覧は(たとえ記事が全公開に設定されている場合であっても)お断り致します。

また、残念写真以外の全てについては、管理人の責任と権限で対応致しますが、管理人が【適切でない、相応しくない、好ましくない、不快である】等と判断した書き込みは、発見し次第、全て管理人の一存で警告なしに即刻削除します。この点も併せてご了解頂きます。

なお、上記の点は、全て【管理人の固い意思】であって【どなたからどのような種類の申し入れ等があっても応じない】こと、及び【どなたとの議論にも応じない】ことを、あらかじめ明記しておきます。

これらの方針に同意されない方の閲覧は当方から固くお断り致しますので、どうぞ速やかにご退出ください。

記事を閲覧される方は、(万が一紛議等が生じた場合も含めて)全てここに記述した方針に同意され応諾された方として対処致しますので、念のため此処に併せて明記しておきます。

原則的に【来る者は拒まず】が基本スタンスですが、ただし、管理者に対して過去に敵対的言辞等を執った事実のある者からの再接触等は、たといそれが当該敵対的行動の撤回及び謝罪並びに釈明等であっても、その全てを拒絶します。

もし釈明や和解の必要を感じたなら、その時点で直ちにそう処置した筈であり、またそう処置すべきでもありました。それをしないまま再接触を図るということは、

①なんらかの意図があって、非敵対的な態度を偽装もしくは隠蔽している

②記憶力に欠陥のある攻撃的性格

上記①または②のいずれかと考えざるを得ません。すなわち将来に於いて再び敵対的言辞を吐き散らし敵対的行動を執る危険性が極めて大きい者である可能性を窺わせる者である、と見做し得るわけで、そういう面倒くさいヤツと関わり合うのは金輪際願い下げ、二度と御免蒙ります。

そんなヤツに愛想笑いなどする気は全くありません。見つけたら直ちに叩き出して塩を撒くので、そのつもりで。

最新情報

月別アーカイブ