• 絶滅種
    ひとつ前の記事に掲出した、お馴染みさんから頂いた写真なんですがね、よく見ると、市電や古い塗装のワンマンバスのほかにも、今は見られなくなっちゃったものが写り込んでいるんですよねぇ。今はLEDに取り換えられちゃった信号灯そのものもそうなんですが、その周りに施された深緑と白のゼブラ模様に塗り分けられた保持板(でいいんでしょうか?)。これ、あの信号機にもこの信号機にも取り付けられていたのに、ふと気付けば全部...
  • 全体像が判らないので…
    この記事を読んだ第一印象は、JRを悪者に仕立て上げようとする意図の元に構成された記述ではなかろうか、という疑念でした。その動画とやらを観ていないので可否についてはなんとも云えませんが、原因が過失なのか、はたまたアクシデントだったのか、軌道敷に落とした財布を拾うという行為について、そもそもどんな手順を踏むべきかということを冷静に考えれば、その状況からいきなり緊急停止ボタンに手を伸ばすというアクションを...
  • お暑うございます(大汗)
    政治テロだか私怨だかわからない銃撃事件のせいで一気に同情票を集めた与党が参議院の絶対多数を獲得しました。金曜の速報に接したとき、(こりゃ与党が大勝だ…)と思ったそのとおりになりました。凶弾に倒れた元首相としては、自らの屍を改憲の犠牲として捧げたという図式になるんでしょう。まさか非業の最期を望んでいたとは思いませんが、結果としては本人が最も望ましいと考えていた形として、十年後、二十年後、半世紀後の人...
  • これは仙台鉄道郵便局の消印だそうです。
    まつしまがこのポンコツブログを始めるきっかけのひとつになった先輩ブロガーで、かつお馴染みさんのおひとりであるシービーさんが、先日たいへんおもしろい(=とても興味深い、という意味。おかしくて笑っちゃう、という意味でわないので決して間違えてわいけない!)ものをご恵与くださいました。60円切手が貼られた茶封筒、これのどこがおもしろいのかといいますと、皆さんお察しの通り、消印が郵便車の車内で捺されているんで...
  • そっか、その手が…
    そっか、その手があったか…、と手を打って、そんじゃ自分も一丁マネしちゃろかい、と思うヤツ(←ほぼまつしま自身のこと…)が出てこないとも限りませんので、この種のニュースは当事者にも捜査機関にも痛し痒しなのかもしれません。蕎麦屋の親爺に剣突くわされて逆恨みしたバカがニセ電話かけて上天丼10人前出前させて、配達できずに戻ってきた出前持ちと店の親爺が一緒になって途方にくれる様子をものかげから眺めてニヤニヤして...
  • なんだこれ???
    楽しくお付き合いさせていただいているお馴染みさんが、『旅行先でこんなんありました♪』と送ってくださいました。なんだこれ???裏面にはこんなスタンプが…首をひねりながらネットを検索してみると、現在の市町村名では新ひだか町と云うそうですが、日高線静内駅があったところで営業しているエクリプスホテル静内の朝食券なんだそうです。けど、実によく似せた造りで、色調もいいカンジだし、競走馬生産を主要産業とする町が訪...
  • 今の若者には通じない、たぶん…
    ヨギシャ(夜汽車)、つまり夜行列車。いま、15歳とか23歳の青少年たちに漢字の書き取り試験を課したとして、【ヨギシャ】という問題を出したら『書ける/書けない』以前に単語のヒアリングができないんじゃないかと思います。だって、ここで云ってる夜汽車(予約なんて関係なしに、発車間際に飛び乗れる普通座席車をつないだ急行か鈍行の夜行)なんて、日本ではとっくの昔に絶滅しちゃいましたから、具体的にどんなものを示す言葉...
  • 性質(タチ)の悪いビョーキ(苦笑)
    7月16日に締め切られた鉄道院時代の奥羽線刈和野駅の往復乗車券です。廃札ながら状態はまずまずですから、まぁこのくらいは覚悟しなきゃならない券なのかな、と思っていました。けど、(あれ?でもこの券、なんかほかでも出てなかったっけ??)と思ってウォッチリストをチェックし直してみると、やはり別の出品者がほぼ同じ(とゆーより、券番号が2番若い全く同様式の券)を出していました。そちらの締め切りは1日遅れて17日。に...

プロフィール

急行まつしま2号

2019/8/12 に Yahoo blog から移ってきました。2008/3/28 から活動しています。

残念写真はFH君(高校時代の同級生)の叔父さん(故人)が1960~62年にかけて撮影したもので、まつしま(以下、管理人という)は約40年前、高校卒業時にそのベタ焼きスクラップ帳をFH君から預かりました。

約半世紀が過ぎ、管理人にも終活準備の必要が迫ってきましたが、どの被写体もこのまま埋もれさるのはあまりにも惜しいと考えて公開を決意しました。

全ての記述と残念写真を除く全ての画像は、管理人によるものとお考え下さい。従って、残念写真に対する苦情・異議等は、いっさいお受け致しかねます。この点、あらかじめご了承頂くとともに、不同意の方の閲覧は(たとえ記事が全公開に設定されている場合であっても)お断り致します。

また、残念写真以外の全てについては、管理人の責任と権限で対応致しますが、管理人が【適切でない、相応しくない、好ましくない、不快である】等と判断した書き込みは、発見し次第、全て管理人の一存で警告なしに即刻削除します。この点も併せてご了解頂きます。

なお、上記の点は、全て【管理人の固い意思】であって【どなたからどのような種類の申し入れ等があっても応じない】こと、及び【どなたとの議論にも応じない】ことを、あらかじめ明記しておきます。

これらの方針に同意されない方の閲覧は当方から固くお断り致しますので、どうぞ速やかにご退出ください。

記事を閲覧される方は、(万が一紛議等が生じた場合も含めて)全てここに記述した方針に同意され応諾された方として対処致しますので、念のため此処に併せて明記しておきます。

原則的に【来る者は拒まず】が基本スタンスですが、ただし、管理者に対して過去に敵対的言辞等を執った事実のある者からの再接触等は、たといそれが当該敵対的行動の撤回及び謝罪並びに釈明等であっても、その全てを拒絶します。

もし釈明や和解の必要を感じたなら、その時点で直ちにそう処置した筈であり、またそう処置すべきでもありました。それをしないまま再接触を図るということは、

①なんらかの意図があって、非敵対的な態度を偽装もしくは隠蔽している

②記憶力に欠陥のある攻撃的性格

上記①または②のいずれかと考えざるを得ません。すなわち将来に於いて再び敵対的言辞を吐き散らし敵対的行動を執る危険性が極めて大きい者である可能性を窺わせる者である、と見做し得るわけで、そういう面倒くさいヤツと関わり合うのは金輪際願い下げ、二度と御免蒙ります。

そんなヤツに愛想笑いなどする気は全くありません。見つけたら直ちに叩き出して塩を撒くので、そのつもりで。

最新情報

月別アーカイブ