• 咲き乱れる? 5万本??
    菖蒲を見に京成に乗って小岩まで散歩に行きました。小岩菖蒲園。ときどき霧のような細かい雨が落ちてきましたが、かといって傘を開くほどではなく、むしろ弩ピーカンの晴れ空より菖蒲の色にしっくりマッチする梅雨空でした。おかげで葉や茎の緑と花の色のコントラストに却って塩梅のよい光になっていました。どれもそれぞれにきれいな色合いですね。あ、3501だ!って、やっぱり気になっちゃうんですね。風流もなにもあったもんじゃ...
  • 架け替えなのか、解体撤去なのか。
    約半世紀前、仙台市電裁判所前停留所です。ここだけは、かなり段数のある歩道橋を昇って降りないと電停に行けない造りになっていて、歩道から路面の高さで渡れませんでした。そうしなきゃなんないような死亡事故でもあったんでしょうけど、対策として採られた方法は、殺された歩行者の方が遠回りしてよけて歩くこと、つまり殺したクルマの方はお咎めなしで、むしろ歩行者を陸橋に追い上げて殺人道具はビュンビュン飛ばしてよろしい...
  • 長町車庫 1972年
    5月の連休中、お馴染みさんが発掘したネガをプリントして送ってくださいました。そこには72(昭47)年3月に廃車されたモハ130(131~135)の解体前の最期の姿が記録されており、その5両をフィルムに残せなかったまつしまは深い感慨と共にしばし見入ってしまいました。小6の2学期初日に仙台へ転入したまつしまは、住まいの都合で国立病院前⇔大学病院前の定期券を手に通学することになりました。初めの数日間はおとなしくワンマンカ...
  • 実券が1枚も存在しない見本券
    下に掲出した4枚の画像。(ついに出てきたか!よしよし!)というカンジで、まつしまも久々に腕まくりして気合い入れて戦闘モードにはいったんですが…結果はご覧のとおり、貧乏人には全く歯が立たない超高額の戦いになりました。ちなみにまつしまが突っ込むつもりでいた予算は5万円、どちらか1枚分にさえ届きませんでした。いつもならここで、(ああ、ビンボーって悲しい)と嘆いてオシマイなんですが、今回はなぜこの券がここまで...
  • 初日
    京成電鉄は数年前から【〇〇百周年記念】と題する記念切符を10種類以上発売してきています。まぁ、なにをどう記念しようと税金遣ってやるワケじゃないですから、こっちが関わらなければいいだけのことですが、初めの頃はご近所のよしみでその度に律義にご祝儀を包んでいたもんですから、何度目かの百周年のとき、さすがに呆れて、(もう、いい加減にしろよな…)と愛想を尽かしました。それ以来、百周年の記念切符とはご無沙汰して...
  • あれから40年っ!!
    40年前の今日、まつしまは午前6時に新星で仙台に降り立ち、入場券買って新幹線ホームへ発車セレモニーを見物しに行ったんですが、そこで目にしたのは、高校の8年後輩があおばの車窓に校名を大書した画用紙を貼り付けようとして公安と揉めている様子でした。もちろん、そーゆー場所で、『あ、センパーイ、助けてくれぇー!』なんて云われたら堪んないですから、そっちを見ないようにしながら小走りで先頭車へ向かいましたが、まった...
  • しょうもない些事なんですが
    前々から看板みる度に思っていました。https://www.city.funabashi.lg.jp/funabashistyle/jp/002/p042351.html五七五じゃん、これ…。...
  • 榴ヶ岡気象台前~小田原弓ノ町
    お馴染みさんが、先日ご紹介した長町車庫の130型と一緒に送ってくださった仙台市電の日常カットです。まつしまが通学で毎日乗っていた頃の原ノ町線の停留所名は、(←仙台駅方面)-花京院-小田原車通-小田原広丁-小田原弓ノ町-榴ヶ岡気象台前-宮城野中学校総合グランド前-五輪一丁目国立病院前-五輪二丁目-原ノ町駅前だったんですが、廃止直前には、小田原車通が小田原一丁目に、小田原広丁が常盤木学園前に、小田原弓ノ町が小田原...

プロフィール

急行まつしま2号

2019/8/12 に Yahoo blog から移ってきました。2008/3/28 から活動しています。

残念写真はFH君(高校時代の同級生)の叔父さん(故人)が1960~62年にかけて撮影したもので、まつしま(以下、管理人という)は約40年前、高校卒業時にそのベタ焼きスクラップ帳をFH君から預かりました。

約半世紀が過ぎ、管理人にも終活準備の必要が迫ってきましたが、どの被写体もこのまま埋もれさるのはあまりにも惜しいと考えて公開を決意しました。

全ての記述と残念写真を除く全ての画像は、管理人によるものとお考え下さい。従って、残念写真に対する苦情・異議等は、いっさいお受け致しかねます。この点、あらかじめご了承頂くとともに、不同意の方の閲覧は(たとえ記事が全公開に設定されている場合であっても)お断り致します。

また、残念写真以外の全てについては、管理人の責任と権限で対応致しますが、管理人が【適切でない、相応しくない、好ましくない、不快である】等と判断した書き込みは、発見し次第、全て管理人の一存で警告なしに即刻削除します。この点も併せてご了解頂きます。

なお、上記の点は、全て【管理人の固い意思】であって【どなたからどのような種類の申し入れ等があっても応じない】こと、及び【どなたとの議論にも応じない】ことを、あらかじめ明記しておきます。

これらの方針に同意されない方の閲覧は当方から固くお断り致しますので、どうぞ速やかにご退出ください。

記事を閲覧される方は、(万が一紛議等が生じた場合も含めて)全てここに記述した方針に同意され応諾された方として対処致しますので、念のため此処に併せて明記しておきます。

原則的に【来る者は拒まず】が基本スタンスですが、ただし、管理者に対して過去に敵対的言辞等を執った事実のある者からの再接触等は、たといそれが当該敵対的行動の撤回及び謝罪並びに釈明等であっても、その全てを拒絶します。

もし釈明や和解の必要を感じたなら、その時点で直ちにそう処置した筈であり、またそう処置すべきでもありました。それをしないまま再接触を図るということは、

①なんらかの意図があって、非敵対的な態度を偽装もしくは隠蔽している

②記憶力に欠陥のある攻撃的性格

上記①または②のいずれかと考えざるを得ません。すなわち将来に於いて再び敵対的言辞を吐き散らし敵対的行動を執る危険性が極めて大きい者である可能性を窺わせる者である、と見做し得るわけで、そういう面倒くさいヤツと関わり合うのは金輪際願い下げ、二度と御免蒙ります。

そんなヤツに愛想笑いなどする気は全くありません。見つけたら直ちに叩き出して塩を撒くので、そのつもりで。

最新情報

月別アーカイブ