• ああ、やだやだ!!
    これ、記憶が曖昧なんですが、市議会だか県議会の、いわゆる【野党側】勢力に属する人物が『問題だ!』と騒ぎ立てたことがそもそもの端緒だった、と、数日前の第一報で読んだような気がします。(なんか、その部分は【差し障り】でもあったのか、今日の記事では跡形もなく消されていました。そこが既にいかがわしいです。)たしかに『いいことしたね』と褒められるハナシではありませんし、もし営業運転中ならとんでもない危険行動...
  • これもオカタヅケで出てきました
    新聞記事のスクラップ。どちらも1980(昭55)年春です。かつては富士や彗星を牽いていたDF50が最後に牽いた特急は紀伊でした。新幹線博多開業時の改正で急行から昇格、東京⇔名古屋間はいなばと併結でした。4年後(1979(昭54)年)には、上りがDD51に置き換わり、下りだけが辛うじて生き延びましたが、それも記事の【さよなら運転】の一か月前にDD51と交代しました。DF50が担当するのは亀山⇔紀伊勝浦間、上りは完全に日没後です。...
  • オークションで見つけました
    切符に興味のない方には退屈な話題ですのでスルーしてください。青函連絡船1等指定席の【常備券】。これは相当な金額になるだろうと気後れして最初から手を出さなかったんですが、意外にも5桁まで行きませんでした。それなら参戦すればよかった、と悔やんでも後の祭り。青函航路の座席指定券は頻繁に見かけますので珍しいとは思いませんが、便名が指定された常備券を見たのは初めてです。これは大変に珍しいと思います。本州側に...
  • 【国有鉄道】だったら…
    中小私鉄が云い出したというなら、(納得はしませんが)まだ判ります。しかし、旧国鉄最大の事業者が真っ先に口火を切るとは、開いた口が塞がらない。立場や見方によってさまざまな意見があるでしょう。ことに、経営者の視点に立つ人は、収支を考えれば当然のことである、という意見が大多数であろうと想像します。ご意見、ごもっとも。どのようにして事業を存続させ利益を確保するかは営利事業経営者に課せられた最大の責任ですか...
  • 歩いて稼ぐ ← やっぱこれが基本ッスね♪
    ネットオークションに出た急行券に(おっ!?)と思って入札したんですが、締め切りは深夜3時ちょっと前、とても起きていられませんので日付が変わる頃に一度点検しまして、その時点で一番値でしたから、(まぁ、この分なら大丈夫だろ…)と安心して寝てしまいました。ところがギッチョン!暗視スコープだかレーダーだか判りませんが、近代装備&24時間勤務と思しきテキさんは夜戦などヘッチャラで、締め切り直前でひっくり返されて...
  • なし崩し、許すまじ。
    隣の甘木さん家の地所に、そのまた隣の何樫さんが勝手に穴掘ろうとしてツルハシやスコップまで持ち込んでいる。当然、甘木さんは『ちょっとあなた、ひとんちでなにやってんですか、勝手なことしてもらっちゃ困るよ、やめなさい。』と云います。それでも何樫さんが甘木さんの制止を無視して勝手な穴掘りを強行しようとすれば甘木さんは怒るし、そこから先は甘木さんと何樫さんが揉めることになります。そもそもこの時点で何樫の振る...
  • 煩悩のカタマリ…
    終活の準備をしろっ、と云われるお年頃なのに、ネットを眺めていると欲しいものが次から次へと出てきます。これは、キハ58とキハ28(ひょっとしたらキハ55?)を連ねた臨時の団体専用だったんでしょう。山形区受け持ちですが、つばさが電車化された後も、おが・出羽・いいで・ざおう・ときわ等々、上野に出入りする気動車定期はけっこう残っていましたから、北局募集と思われる団体専用をどうして尾久区が担当しなかったんでしょう...
  • まとめて片付けます
    こういう雑な扱いをしてよいものかどうか、いささか忸怩たる思いもないことはないんですが、とにかくどこを走っている姿をみても全部同じに見えちゃう。D51にも多分にそういう感がありますが、C58ではそれがいっそう顕著に思われます。まぁ、切り口を変えてみれば、それだけ標準化が進んだ形式である、という見方もできるんでしょうし、ただでさえ手入れも運転も難しい蒸気機関車ですから、どの個体を担当してもそれほど大きく当た...
  • 残念写真を『凄い!』と思う瞬間
    だいたい、提供する側が『凄い!』なんて自画自賛する情報や画像に限ってロクなものがないわけで、ノストラダムスとかユリゲラーとか川口浩探検隊とか、そういうトホホな【凄い】事案にさんざん欺かれ続けてきた身としては、自分から凄いなんて言葉を使うことに先ずもっていかがわしさとか強い抵抗感を覚えるんですが、本件には、そういうレベルの低いハナシなど木っ端微塵に消し飛ぶくらい素直に驚いてしまいました。んで、乏しい...
  • あっ、転売ヤーだっ!
    使い捨てタイプのマスクが払底して、マスクの転売を禁じる法律までできたのがいつだったか、皆さん覚えていらっしゃいますか?2020年3月11日公布、同15日施行。あれからまだ四ヶ月ちょっとしか経っていませんが、もう覚えておられる方の方が少ないんじゃありませんか?んでもこれ、時限立法じゃありませんから、今だってこの嫌疑で逮捕起訴されて有罪判決受けたら一年以下の懲役か百万円以下の罰金、履歴書の賞罰欄に書かなきゃい...
  • D50
    残念写真にはけっこう写っているのに、D50はあまりご紹介しなかった形式でした。私たちの世代の視界に入る蒸気機関車といえば、やはり圧倒的にD51でした。事実、いまでも鉄道に明るくない人が蒸機を呼ぶときに使う言葉はSLかデゴイチです。1115両も作られたんですから、そりゃ蒸機の代名詞になったって不思議じゃありませんよね。ただ、鉄道愛好者としてはなんでもかんでもデゴイチで済まされるのは甚だおもしろくないわけで、まし...
  • いきなり間違っていました。
    一覧表をまとめ終わって、(でわでわ…)ってなカンジで個別の画像に取り掛かったら、いきなり間違いが発覚しました。これは62(昭37)年上半期、おそらく春先に大宮工場を訪問したときのカットです。後ろ(だか前だか、それも判然しませんが)にはキハ04がつながっています。これ、どう考えてもまともな営業運転と関係のありそうな姿には見えません。 ってか、そもそも岩見沢区の機関車がなんで大宮工場に居るんだよ?どう考えて...
  • 解像度MAX, 1200 dpi
    虎の巻には、1960(昭35)年4月1日現在追分機関区所属と書かれていましたから、室蘭線だと思います。いかがでしょう?以前、C58@総武線でもハコ乗りで写した対向列車をご紹介しましたが、これはさらにグレードダウン(爆笑)しています。外周を切り落としてみましょうか。(チョキチョキチョキ…)自列車側ホームの前の方になにか転がっていますね。あれ、なんなんでしょう?荷物? 石? いやいやいや、誰が重たい思いしてあんな...
  • 税率判んない…
    オークションで見ました。この出品者のいつものラインナップとはかなりレベルが違う券で、(これは高くなるぞ)と思って眺めておりましたが、案の定、ものすごい金額になりました。そりゃそうですよね。この日付のときには、既に特急富士は第1種急行・長崎港行という名前に変えられていて、この1等車もこの8ヶ月後には姿を消します。その半年前の2等乗車券も同じタイミングで出品されていました。こちらはなぜここまで値段が吊り...
  • 55号機
    室蘭線なのか函館線なのか、前後のコマからは断定できませんでした。貨車の荷役ホームと機廻し線、貨車を扱う駅ならどこででも見られたありふれた光景でしたが、今の年若いファンに向かって貨物ホームという言葉を発したらキョトンとされちゃうんじゃないでしょうか。撮影時の55号機は岩見沢区に所属していたと虎の巻に書いてありましたが、岩見沢と蒸気機関車って、鰻重と肝吸い、牛丼と紅生姜、納豆とカラシ、中ジョッキと枝豆、...
  • 新型コロナ禍が起きなければ
    今年1月、ピース・リトルシガーという限定生産たばこの再発売のお披露目で、JT主催の立食パーティーにお呼ばれ(というか、押しかけというか)に行きました。なかなかの盛会で、そのレポートにまつしまの顔写真なんぞが載ってしまい、とんだお目汚しになってしまったなんてこともあったんですが、ピースは新しい銘柄を発売する際に、いつもおしゃれな披露会を開いてきたようです。ところが今回、こんな限定生産銘柄を発売したにも...
  • 諫早→三角の乗り継ぎって…
    D50121の写真をご紹介するための記事なんですが…乗ってる気動車の運転助士が機関車にかかっちゃって、せっかく形式番号が鋳込まれたナンバープレート付けてるのに、見事な残念写真になっちゃっています。まぁ、それはこのカットに始まったこっちゃありませんから、別にいいんですが、この駅、いったいどこなんでしょう?このネガの18番目に写っているのが121号機です。さて、そんでわいよいよ謎解きです!向こうから走ってきたD501...

プロフィール

急行まつしま2号

2019/8/12 に Yahoo blog から移ってきました。2008/3/28 から活動しています。

残念写真はFH君(高校時代の同級生)の叔父さん(故人)が1960~62年にかけて撮影したもので、まつしま(以下、管理人という)は約40年前、高校卒業時にそのベタ焼きスクラップ帳をFH君から預かりました。

約半世紀が過ぎ、管理人にも終活準備の必要が迫ってきましたが、どの被写体もこのまま埋もれさるのはあまりにも惜しいと考えて公開を決意しました。

全ての記述と残念写真を除く全ての画像は、管理人によるものとお考え下さい。従って、残念写真に対する苦情・異議等は、いっさいお受け致しかねます。この点、あらかじめご了承頂くとともに、不同意の方の閲覧は(たとえ記事が全公開に設定されている場合であっても)お断り致します。

また、残念写真以外の全てについては、管理人の責任と権限で対応致しますが、管理人が【適切でない、相応しくない、好ましくない、不快である】等と判断した書き込みは、発見し次第、全て管理人の一存で警告なしに即刻削除します。この点も併せてご了解頂きます。

なお、上記の点は、全て【管理人の固い意思】であって【どなたからどのような種類の申し入れ等があっても応じない】こと、及び【どなたとの議論にも応じない】ことを、あらかじめ明記しておきます。

これらの方針に同意されない方の閲覧は当方から固くお断り致しますので、どうぞ速やかにご退出ください。

記事を閲覧される方は、(万が一紛議等が生じた場合も含めて)全てここに記述した方針に同意され応諾された方として対処致しますので、念のため此処に併せて明記しておきます。

原則的に【来る者は拒まず】が基本スタンスですが、ただし、管理者に対して過去に敵対的言辞等を執った事実のある者からの再接触等は、たといそれが当該敵対的行動の撤回及び謝罪並びに釈明等であっても、その全てを拒絶します。

もし釈明や和解の必要を感じたなら、その時点で直ちにそう処置した筈であり、またそう処置すべきでもありました。それをしないまま再接触を図るということは、

①なんらかの意図があって、非敵対的な態度を偽装もしくは隠蔽している

②記憶力に欠陥のある攻撃的性格

上記①または②のいずれかと考えざるを得ません。すなわち将来に於いて再び敵対的言辞を吐き散らし敵対的行動を執る危険性が極めて大きい者である可能性を窺わせる者である、と見做し得るわけで、そういう面倒くさいヤツと関わり合うのは金輪際願い下げ、二度と御免蒙ります。

そんなヤツに愛想笑いなどする気は全くありません。見つけたら直ちに叩き出して塩を撒くので、そのつもりで。

最新情報

月別アーカイブ