• 同業者ゼロ
    あちこちで集団感染が散発的に起きていて、まだまだ収束には程遠い印象を受けます。マスクは既に手に入らないものと諦めて、洗濯~再使用していますが、底を尽きかけているアルコール消毒液だけでも補充できればと、ときどき近所のドラッグストアーに出向いてみます。結果はいつも空振り、止むを得ないので、昨日からアルコールはドアノブの消毒専用に廻し、帰宅時の感染対策は石鹸で手洗+ウガイだけになりました。まぁ、愚痴って...
  • まだこっちの方が
    削除できるのもは削除しちゃおう、と考えて、暇をみつけては以前の記事を点検しておりますが、2012年6月27日の記事では90年代に長町で見かけた交流機関車の写真を掲出していました。カラープリントをイメージスキャナーで取り込んだ画像だったんですが、どう見てもこれ、実際よりも赤っぽいですよね。現像液が草臥れていたからなのか、もともとフィルムがそういう色調に出る材質だったのか、そんなの判りませんが、足回りの色合い...
  • 削除の適否を判断すべく
    昨年秋口に大慌てで Yahoo blog から引っ越しして、(内緒コメントは全部消えてしまいましたが、それ以外の)データーはどうにか全てを無事に移すことができたもんですから、そこでドッ!と疲れが出て、そもそも移動する以前に選別・振り分けを済ませておかなければならなかった筈の【保存すべきデーター】であるか否かを判断するプロセスに改めて取り組み直す気力が急速に萎んでしまいました。キャパシティーにも問題なさそうです...
  • 視聴者目線ゼロ、ってことですね、要するに。
    別に、おもしろい番組や興味を惹かれる番組がなければ視聴しないだけのハナシですから、どうだっていいと云やどうだっていいんですけど、ただ、これを箇条書きで発表するヤツもバカなら、それを鵜呑みにしてその通りに記事に仕立てるヤツも同等にバカである、ということだけは間違いないと思います。なにが【テレビ業界の言い分、10カ条】だよ。どれもこれも、煎じ詰めれば、【前例を変える手間を掛けるのが面倒くさい】ってことじ...
  • 佐倉機関区の
    佐倉機関区にいた C583 の残念写真をナニするつもりでフォルダーを開けたら、58684 が並んで写っていました。上のカットは、過去に掲出したことがあった筈で、いつだったか確かめようと過去のデーターを当たりましたが判りませんでした。ただし、公開したのはそれだけで、同じベタに並んでいた次のカットは掲出したことがありません。だってこれ、あんまりでしょ…。これでも画像がなんぼか明るくなるように再処理したんですが、そ...
  • ただただ驚きました
    必要があって ATS のことを調べていたら、この動画に行き当たりました。あんぐりと口をあけて、阿呆のように見入ってしまいました。本当に作っちゃったんですね、全部。もはや言葉が出てこない、ただただ驚きました。すごい…...
  • 3号機、佐倉機関区
    昨日ご紹介するつもりで夕方頃に画像を揃えたんですが、夕飯でビール飲んだらおデブに、もとい、オネムに(いえ、おデブの方もそれはそれで事実ではありますけど、昨夜突然に肥大膨張したわけではありませんので…)なって、そのまま寝てしまいました。んで、改めて取り掛かるつもりが、ちょっと先に ATS のこと調べようとして、ひとつ前の記事に張り付けた動画に釘付けになっちゃって、2度目のリトライです。佐倉区の C583 が総武...
  • ありゃ、ミス券だ、これ。
    いま、ネットのオークションに並んでます、これ。保存状態悪いし、様式が珍しいわけでもないから、普通だったらスルーなんですが、視覚のどこかになにか小さいトゲみたいなもんが引っ掛かるような気がします。(変だな、なんなんだろ…?)んで、気合入れ直してよくよく眺めてみると…ははは、そーゆーことね、なるほど。ミス券です、これ。いえ、券面記載事項は全部適切です、書いてあることに間違いは一箇所もありません。んでも、...
  • ははは、仲良し♪
    最初はいつもと同じように残念写真の画像を整理し直すつもりで再チェックしながら C58 のフォルダーを開いたり閉じたり、取り出しては Photoshop で荒れている部分をトリミングしたりなんてことをやっていたんですが、ちょっと息抜きに開いた草軽電鉄のフォルダーでハタと手が止まりました。そう云えばここ、部分廃止したときに電車(電動客車)の大半を栃尾電鉄に譲渡しちゃって、最後は電鉄なのに機関車牽引の混合列車が主体に...
  • これも視野の端っこにチカッ!と…
    今のところ応札者ゼロですが、ミス券が好きで好きでしょうがない人が見たら応札するかもしれません。先日ご紹介した(って、自分のコレクションじゃないのに、偉そうな書き方するんじゃない!)常磐線日立駅発行のときわ9号急行指定席券と違って、(まぁ、確かに間違ってはいるけど…)といった程度のハナシで、『ミス券見っけたぁぁ!』なんてハシャぐ種類のものではないと思います。 ↓ どこがどう間違いだか、お分かりになりま...
  • 却ってバランスが
    蒸気機関車末期の急行大雪牽引機とし大人気だった C58、トレードマークは煙突の前に取り付けられた給水温メ器でした。なにしろ当時日本で最も数多く稼働していた D51 (初期型を除く)の給水温メ器が同じポジションに設置されていましたので、ここに五家宝(ごかぼう、お菓子の名前)みたいな筒を載せていない機関車から、逆に(なんだこれ?)みたいな印象を受けた愛好家も多かったんじゃないでしょうか。ね? 取り付けてあるで...
  • 男は意外にもおしゃべり…?
    先日、ピースデザインのジッポーが当たる懸賞に応募するためにJTのサイトを開いたら、この1月に開催された新商品のお披露目パーティーの様子が記事になって掲出されていました。新商品といっても、実は不定期に売り出す葉巻仕立てのピース特別版といった銘柄で、ピース・リトルシガーという製品です。これまでに2回売り出されたことがありましたが、いずれもすぐに完売御礼だったようで、発売開始から1ヶ月後には、もう船橋の街...
  • ずいぶんと雰囲気が変わるもんですね。
    どれも C58 で、クルクルパーも付いていて、違うといえば排雪器が取り付けてあるかどうか、くらいじゃないかと思うんですが。24号機、たぶん宮津線。35号機、たぶん相模線。74号機、敦賀区。C58は、D51と並んで国鉄蒸機の中では没個性の代表格だと思い込んでいました。ところが、(勿論、光線の具合や季節などもあるんでしょうけど)牽いてるのが客車か貨車か、はたまた単機なのかという違いだけで、こんなに表情が変わるものなん...
  • 一回もつながりませんでした
    皆さんの中にもシャープのマスクの抽選に応募された方がいっらしゃると思います。近所では新品は全く手に入らないし、新大久保なら店先にゴッソリ並んでいて簡単に買えるという情報は見たものの、都県境を越えて買いに行くのは気が引けるし、仕方ないので何度も洗って再使用しています。おそらく皆さんの多くも同じ状況なのでしょう。ですから、抽選にもせよ新品を使えるかもしれないとなれば、誰しも不安から同じ心理になるのは当...
  • 最終ロット
    C58の総建造数は431両、うち樺太向けが14両、天塩炭砿鉄道向けと三井鉱山芦別鉄道向けが各2両の計4両、差し引きで413両が国鉄に納入されました。ただし、当初C51という形式番号を与えられていた樺太の14両は、後に樺太鉄道庁が国鉄に編入されたため、C58369~C58382に改称されて、最終的に国鉄のナンバープレートを付けたC58は C581~C58427という算術になります。んで、そのうち408~427の20両は1947(昭22)年製造の最終ロット、...

プロフィール

急行まつしま2号

2019/8/12 に Yahoo blog から移ってきました。2008/3/28 から活動しています。

残念写真はFH君(高校時代の同級生)の叔父さん(故人)が1960~62年にかけて撮影したもので、まつしま(以下、管理人という)は約40年前、高校卒業時にそのベタ焼きスクラップ帳をFH君から預かりました。

約半世紀が過ぎ、管理人にも終活準備の必要が迫ってきましたが、どの被写体もこのまま埋もれさるのはあまりにも惜しいと考えて公開を決意しました。

全ての記述と残念写真を除く全ての画像は、管理人によるものとお考え下さい。従って、残念写真に対する苦情・異議等は、いっさいお受け致しかねます。この点、あらかじめご了承頂くとともに、不同意の方の閲覧は(たとえ記事が全公開に設定されている場合であっても)お断り致します。

また、残念写真以外の全てについては、管理人の責任と権限で対応致しますが、管理人が【適切でない、相応しくない、好ましくない、不快である】等と判断した書き込みは、発見し次第、全て管理人の一存で警告なしに即刻削除します。この点も併せてご了解頂きます。

なお、上記の点は、全て【管理人の固い意思】であって【どなたからどのような種類の申し入れ等があっても応じない】こと、及び【どなたとの議論にも応じない】ことを、あらかじめ明記しておきます。

これらの方針に同意されない方の閲覧は当方から固くお断り致しますので、どうぞ速やかにご退出ください。

記事を閲覧される方は、(万が一紛議等が生じた場合も含めて)全てここに記述した方針に同意され応諾された方として対処致しますので、念のため此処に併せて明記しておきます。

原則的に【来る者は拒まず】が基本スタンスですが、ただし、管理者に対して過去に敵対的言辞等を執った事実のある者からの再接触等は、たといそれが当該敵対的行動の撤回及び謝罪並びに釈明等であっても、その全てを拒絶します。

もし釈明や和解の必要を感じたなら、その時点で直ちにそう処置した筈であり、またそう処置すべきでもありました。それをしないまま再接触を図るということは、

①なんらかの意図があって、非敵対的な態度を偽装もしくは隠蔽している

②記憶力に欠陥のある攻撃的性格

上記①または②のいずれかと考えざるを得ません。すなわち将来に於いて再び敵対的言辞を吐き散らし敵対的行動を執る危険性が極めて大きい者である可能性を窺わせる者である、と見做し得るわけで、そういう面倒くさいヤツと関わり合うのは金輪際願い下げ、二度と御免蒙ります。

そんなヤツに愛想笑いなどする気は全くありません。見つけたら直ちに叩き出して塩を撒くので、そのつもりで。

最新情報

月別アーカイブ