• 青焼きの地図
    北海道川上郡弟子屈町、釧網本線摩周駅周辺の地形図です。まつしまが訪ねたのは、斜里で分岐する根北線が廃止になってから十年以上経っていましたが、それでも標茶からの標津線がまだ余命を保っていて、外観上は辛うじて本線と呼んで差し支えない状態でした。今の寥々たる様子からは想像もつかないかもしれませんが、釧路と網走の間にちゃんと急行が走っていて、その一部は標津線にも急行のまま乗り入れて、運転本数は(今よりは)...
  • 米沢にいたC1023
    捜し物が一向に見つからず、気分転換に(←そーやっていっつも本筋から逸れてアサッテの方角に行っちゃうじゃねーか、道草食ってねーでサッサと捜せ、バカタレが!)残念写真ファイルの整理整頓をしてみたんですが、そしたら撮影者が、偶然の巡り会わせだとは思うんですが、ある機関車の最晩年とご臨終を記録していたことが解りました。タイトルに書いたC10の23号機です。米沢区で休車ののち廃車、最後は郡山か土崎へ回送してスクラ...
  • 残念っ!!
    先日お話したC1023の写真を並べる前に、同じ米沢駅構内でC1023と同じ時期に撮影されていた、EF16の【惜しいっ!残念っ!】な写真を何枚かご紹介したいと思います。構内分岐器の直前ですので低速だったでしょうけど、停止はしていなかっただろうと思います。停まっていてくれれば、もうちっとピントがマシにかなったのかもしれませんが、まぁ仕方ないですよね。写っているだけでもよかったと思わなくちゃいけません。なんでそこまで...
  • 44分の20 ≒ 45.5%
    和暦で同じ数字がドドドッ!と並ぶ日は、今年の4月30日までは、流山線とか小湊線に硬券だの出補券なんかを数字並びにかっつけてオネダリしに行く日でした。平成22年2月22日が済んだら、『次は33年3月3日だ!』と考えていた不逞の輩は、おそらく日本全国に相当数潜伏していたことでしょう。かく申すまつしまもその一人でありました。ところが、本年4月30日=平成最終日(31.4.30)と5月1日=令和初日(1.5.1)の和暦が記載された出...
  • 最晩年のC1023
    先日、二本松人とおっしゃる方が当ポンコツブログをお訪ね下さり、米沢駅構内で激写し損ねたC1023の残念写真を添えた記事にコメントを書き込んで下さいました。二本松人さん、ご教示たかじけなく存じます。んで、その記述によると、この機関車は昭34(1959)年3月に米沢に異動され、昭37(1962)年6月まで在籍したとのこと。まさに残念写真撮影者がレンズを向けた時期が、その最晩年に当たるということが判りました。んでは、その...
  • ウットリします、この音色♪
    もともと好きなウィンナーワルツの旋律が、こういうふうに演奏されるとこのうえなく魅力的になるような気がします。ところどころアレですが、でも、全部ツィターで演奏するってのも、なかなか素敵なしらべになるんですね。こういうの、大好きです♪アンドレ・リューというバイオリン奏者にして指揮者、クラシックを実に楽しく聴かせてくれます。ちょっとやり過ぎ、なのかもしれませんが、このくらいの演出は却って聴衆と演奏者の距...
  • 七分袖の9600
    実は、おなじタイトルでかなり前に同じ写真を掲出したことがあった筈なんですが…んでも、あんまり昔すぎて、捜すのに骨が折れるので、早々にギブアップして再掲出しなおすことにしました。ふたつ前の、【最晩年のC1023】の記事で掲出した写真と同じベタに写っていましたので、1960(昭35)年の春の連休の頃の姿だろうと思われます。デフレクターの寸法がなんとも中途半端で、気の短い江戸っ子だったら(付けるか外すか、どっちかに...
  • 2019年11月20日現在、修正前44箇所 → 修正後45箇所。
    11月11日、ネットから取り出した郵便局一覧表を手にして、船橋市内にある郵便局全44箇所のうち20箇所を廻って消印を集めてきたとゆー、まことにしょーもない愚行をご報告致しました。 ↓ そんときの元データーに使った一覧表とゆーのがこいつです。通し番号は打ってありませんが、てっぺんから順番に数えてみると、集配局の船橋本局以下20箇所、同じく船橋東局以下24箇所、合計で44箇所あるのが判ります。んで、11月11日に約半分...
  • オークションを見物しながら
    いままさにネットオークションで競りにかかっているブツを眺めながら、空想とゆーか妄想とゆーか…民営化直後の夏休み期間、まさに信越線の書き入れ時の多客期に発行された特急券です。MARS(指定席予約システム)も配備されてはいましたが、発車間際に押し寄せる旅客を短時間で捌くにはやはり硬券による手作業の出札に優る事務処理方法が見つからなかったとみえて、JR東日本が硬券を全廃するまで軽井沢駅にも中軽井沢駅にも硬券...
  • チラッと感じた違和感の理由
    毎度毎度変わり映えしないハナシで恐縮です。ある資料を捜してゴソゴソやっていたんですが、いつも通りその資料は見つからず、代わりにブチ当たったのがこれでした。 ↓ これ…青函航路が廃止になったときにJR北海道に在籍していた貨客船7隻と貨物船1隻、計8隻の姿をあしらったオレンジカード(の見本)です。これ、いくら解説付きの立派なホルダーに一隻残らず納めてあるとはいっても、定価は1組8,000円です。実際に買った...
  • 最っっっ低な歌、だと思いました。
    学生時代、財政論だったか経済政策論だったか、前期試験に備えて教科書とノートとのチェックをしていたときに、不意にラジオから流れてきたこのメロディー(とゆーより歌詞と声)に、危うく椅子からすべって転げ落ちるところでした。このいい加減な、不真面目極まりない、誠実さも知性も全く感じられない雑音は、いったいなんなんだ!?こんなものを公共の電波に乗せて放送することが許されると思ってんのか!?と怒り狂うくらいに...

プロフィール

急行まつしま2号

2019/8/12 に Yahoo blog から移ってきました。2008/3/28 から活動しています。

残念写真はFH君(高校時代の同級生)の叔父さん(故人)が1960~62年にかけて撮影したもので、まつしま(以下、管理人という)は約40年前、高校卒業時にそのベタ焼きスクラップ帳をFH君から預かりました。

約半世紀が過ぎ、管理人にも終活準備の必要が迫ってきましたが、どの被写体もこのまま埋もれさるのはあまりにも惜しいと考えて公開を決意しました。

全ての記述と残念写真を除く全ての画像は、管理人によるものとお考え下さい。従って、残念写真に対する苦情・異議等は、いっさいお受け致しかねます。この点、あらかじめご了承頂くとともに、不同意の方の閲覧は(たとえ記事が全公開に設定されている場合であっても)お断り致します。

また、残念写真以外の全てについては、管理人の責任と権限で対応致しますが、管理人が【適切でない、相応しくない、好ましくない、不快である】等と判断した書き込みは、発見し次第、全て管理人の一存で警告なしに即刻削除します。この点も併せてご了解頂きます。

なお、上記の点は、全て【管理人の固い意思】であって【どなたからどのような種類の申し入れ等があっても応じない】こと、及び【どなたとの議論にも応じない】ことを、あらかじめ明記しておきます。

これらの方針に同意されない方の閲覧は当方から固くお断り致しますので、どうぞ速やかにご退出ください。

記事を閲覧される方は、(万が一紛議等が生じた場合も含めて)全てここに記述した方針に同意され応諾された方として対処致しますので、念のため此処に併せて明記しておきます。

原則的に【来る者は拒まず】が基本スタンスですが、ただし、管理者に対して過去に敵対的言辞等を執った事実のある者からの再接触等は、たといそれが当該敵対的行動の撤回及び謝罪並びに釈明等であっても、その全てを拒絶します。

もし釈明や和解の必要を感じたなら、その時点で直ちにそう処置した筈であり、またそう処置すべきでもありました。それをしないまま再接触を図るということは、

①なんらかの意図があって、非敵対的な態度を偽装もしくは隠蔽している

②記憶力に欠陥のある攻撃的性格

上記①または②のいずれかと考えざるを得ません。すなわち将来に於いて再び敵対的言辞を吐き散らし敵対的行動を執る危険性が極めて大きい者である可能性を窺わせる者である、と見做し得るわけで、そういう面倒くさいヤツと関わり合うのは金輪際願い下げ、二度と御免蒙ります。

そんなヤツに愛想笑いなどする気は全くありません。見つけたら直ちに叩き出して塩を撒くので、そのつもりで。

最新情報

月別アーカイブ