• なんて素敵な演奏なんでしょう♪
    三宅由佳莉さんの歌唱を聴こうと、ネットをあちこち歩いていたら、この演奏に出逢いました。そうだ、この演奏会も日程が勤務とブチ当たって、応募するところから諦めたんだったっけ…。こんなに素敵な演奏だったとわ!!!ちっくしょー、聴きに行きたかったなぁ…(涙)平成28年度自衛隊音楽まつり 全出演音楽隊演奏(翼をください)...
  • 改めてリトライ
    いったん深呼吸でココロを落ち着かせる。ゴチャゴチャに混乱したアタマの中をリセット、バラバラに散らかっている情報を種類ごとに整理し直し、ふるいにかけて話題の本筋に関係する色合いの濃いものだけを抽出する。前職で、前任者が放擲した業務を引き継がされたときとか、部下がゴチャゴチャに混乱させてしまった業務の後始末をつけるとき、先ず引き継いだ業務の停滞を相手に詫びながら、その一方でまっ先になにをしたかといえば...
  • 皆さぁーーーんっっ!!
    ポルトガル語の心得がある方は決してマネしちゃいけません。(っつーか、マネしませんわね、こんなの、プライドにかけて…)そうでない方!(←いえ、プライドないヒト、ってイミじゃありませんので、そこ、誤解しないで下さいね…)「イパネマの娘」特別編これを見ながらマネしかたのポイントさえ押さえれば、聴衆のリスペクトは一気にあなたに集中、その時点でもう本日のカラオケクイーン/キングはあなたに確定です♪さぁ、稽古しま...
  • ラス前
    Yahoo blog の投稿と編集の期限が本年8月31日に確定しましたね。「まだ二ヶ月以上ある」のか、「もう二ヶ月ちょっとしかない」のか、甲子園でベスト8が激突する頃の宿題消化(とゆーより残存)状況と心理状態との関係みたいなカンジなのかなぁ、なんて、呑気に構えていたら、二ヶ月なんてアッという間に過ぎてしまいます。期限を過ぎたら、Yahoo側はどのような事情があろうとも申し開きや特例・救済なんぞ一切認めないでしょうか...
  • 許容限度
    2016年2月29日に青森ではまなすに乗り損ねて、翌日札幌までリベンジに行った【みっともない紀行】以来、たまぁ~に禁断症状の発作を抑えに小湊線へ出かけるのを除くと、驚くほど旅客列車に乗っていませんし、眺めてもおりません。先日の流山&小湊訪問は乗車や見物が目的ではなく、日付(平成最終日と令和初日)にかっつけたオネダリ硬券+補充券に照準を定めて出かけましたので、乗車中も車内や車窓は上の空でしたし、荷物になる...
  • まるで別人…
    30km/hくらいでトロトロ走ってくる姿ばっかり眺めているせいでしょうか、いつの間にやら、なんとなくトロい機関車のような固定観念を抱いてしまっておりましたが…どうしてどうして、角度ひとつでこんなふうに獰猛に、あるいは猛々しく見えることもあるんですね。いやはや驚きました。普段のKD55とは別人です(←なんだ、【別人】って?(苦笑))蒸気機関車の時代、写真部員の同級生が『逆光覚悟で朝日をバックに上り勾配を進んでく...
  • 何があったの…??
    乗車券に興味のない方でも、これはご存知の人がけっこうたくさんいらっしゃるかもしれません。記名式の定期乗車券は、利用者の性別によって券面に朱色の線を引いたり引かなかったりします。もちろん、例外はあります。80年代後半あたりからあちこちで目にするようになったいわゆる【持参人】方式の定期券。記名式と同じように線を引いたら、両性の一方が使えなくなってしまいます(ってことはない筈ですが、乗り降りの度にひと悶着...
  • 皆さま、どうぞお元気で、ご機嫌よう!
    いよいよこのポンコツブログ最後の題材のラスト、正真正銘の最終回を迎えました。紅白ふうの云い方をマネするなら大トリ(笑)!それにしちゃ、えらくショボい題材なんですけどね、済みません。五十音順に並べてきた残念写真-サボ編、前にも書いたとおり、新仮名遣いになった後の日本の鉄道には『ゐ』『ゑ』『を』と『ん』で始まる名前が付いた列車はありませんので、自動的に『わ』がラストキャラクターということになります。(...
  • 皆さんにうかがいます。
    19日に最後の残念写真の記事を投稿して、お別れのご挨拶を申し上げましたが、そこに書き込まれたコメントに、かなりの比率で存続のご要望が含まれています。また、ブログを通じて個人的に知遇を得た方々の中には、コメントではなく個別メールなどの形で、これまた存続を促す趣旨のメッセージをお送り下さったかたがかなりいらっしゃいます。正直なところ、それらの反応にまつしまは驚いております。およそ世の中の役に立ちそうなこ...

プロフィール

急行まつしま2号

2019/8/12 に Yahoo blog から移ってきました。2008/3/28 から活動しています。

残念写真はFH君(高校時代の同級生)の叔父さん(故人)が1960~62年にかけて撮影したもので、まつしま(以下、管理人という)は約40年前、高校卒業時にそのベタ焼きスクラップ帳をFH君から預かりました。

約半世紀が過ぎ、管理人にも終活準備の必要が迫ってきましたが、どの被写体もこのまま埋もれさるのはあまりにも惜しいと考えて公開を決意しました。

全ての記述と残念写真を除く全ての画像は、管理人によるものとお考え下さい。従って、残念写真に対する苦情・異議等は、いっさいお受け致しかねます。この点、あらかじめご了承頂くとともに、不同意の方の閲覧は(たとえ記事が全公開に設定されている場合であっても)お断り致します。

また、残念写真以外の全てについては、管理人の責任と権限で対応致しますが、管理人が【適切でない、相応しくない、好ましくない、不快である】等と判断した書き込みは、発見し次第、全て管理人の一存で警告なしに即刻削除します。この点も併せてご了解頂きます。

なお、上記の点は、全て【管理人の固い意思】であって【どなたからどのような種類の申し入れ等があっても応じない】こと、及び【どなたとの議論にも応じない】ことを、あらかじめ明記しておきます。

これらの方針に同意されない方の閲覧は当方から固くお断り致しますので、どうぞ速やかにご退出ください。

記事を閲覧される方は、(万が一紛議等が生じた場合も含めて)全てここに記述した方針に同意され応諾された方として対処致しますので、念のため此処に併せて明記しておきます。

原則的に【来る者は拒まず】が基本スタンスですが、ただし、管理者に対して過去に敵対的言辞等を執った事実のある者からの再接触等は、たといそれが当該敵対的行動の撤回及び謝罪並びに釈明等であっても、その全てを拒絶します。

もし釈明や和解の必要を感じたなら、その時点で直ちにそう処置した筈であり、またそう処置すべきでもありました。それをしないまま再接触を図るということは、

①なんらかの意図があって、非敵対的な態度を偽装もしくは隠蔽している

②記憶力に欠陥のある攻撃的性格

上記①または②のいずれかと考えざるを得ません。すなわち将来に於いて再び敵対的言辞を吐き散らし敵対的行動を執る危険性が極めて大きい者である可能性を窺わせる者である、と見做し得るわけで、そういう面倒くさいヤツと関わり合うのは金輪際願い下げ、二度と御免蒙ります。

そんなヤツに愛想笑いなどする気は全くありません。見つけたら直ちに叩き出して塩を撒くので、そのつもりで。

最新情報

月別アーカイブ