• サッサと処理してしまわないと
    ふへまみむもやゆよわ先日【ひ】まで済ませたサボ(列車名の挿し札)の残念写真。掲出待ち列車名の頭文字を五十音順に並べたら、全部で10文字残っていました。Yahoo がブログサービスの提供を廃止するまで、あと9ヶ月しかありません。その残存期間のうちに、これまで投稿した4700件強の記事の大半を、添付画像とコメント(誹謗中傷は除いて)を損なわない形でどこか別の保管場所に移さなければなりません。これは大仕事です。よ...
  • なにこれ、オカルト!?
    サボ残念写真の残存案件処理を再開したところ、いきなり超難問にぶつかりました。たとえて云うなら、出会いがしら衝突事故…? あるいは、『えーっ、あり得なぁーい! なにこれ、オカルト!?』所属区の表示に【ヒロ】とありますので、これは広島区に属する客車で運転された準急以上の列車であろう、というところまでは誰でも想像がつきますが、それでは、いつ頃、どこからどこまで、どんな種別で走っていたのか、ということにな...
  • ふ - 2
    誕生は1962(昭37)年7月なんだそうです。道理で、36-10の復刻版時刻表に掲載されていないわけですね。手元の時刻表でこの列車が載っている最も古いものが1964(昭39)年9月号ですので、それを見ててっきりこの急行は設定当初から宮崎⇔小倉⇔西鹿児島の【遠回り】だと思い込んでおりました。ところが意外なことに、設定当初は博多⇔西鹿児島の急行だったんだそうです。当時の九州で始発駅が門司港でない優等列車(後年の急行かいもん...
  • へいわ
    サボの残存案件、どんどん処理を進めます。今日はこれ。36-10で大阪⇔広島に登場したキハ82の特急。ご本尊はこんな姿でした。へいわという名称は何度も登場していますが、いずれも短命で終わっています。1944年4月に廃止された特急と1等車、食堂車が1949年に復活した(11/12列車)ときに付けられた名前は平和でしたが、翌年つばめに改称されています。8年後、東京~長崎間の不定期特急が定期に昇格したとき、再び平和が登場しまし...
  • なぜだか i が抜けている
    1974年夏(とゆーか、真冬でない季節)のスコットランド地方への旅行者に対して英国国鉄が発売した季節割引切符の案内パンフレットです。 ↓ オモテと ↓ ウラArea A から Area J まで、9種類が設定されていますが、どういうワケだか Area I だけ抜けています。まぁ、別にそれがあってもなくても旅行者には特段不便が生じたとは思えませんから、それはそれでいいんですけど、んでも、どうして i だけ飛ばしてあるんでしょうね?...
  • 無味乾燥
    今日は強い風に冷たい雨、『春がそこまで…』てな常套句を耳にすると、『あ゛っ!?どこだってっ??』と荒々しく聞き返したくなるくらい真冬なカンジです。メディアは【震災から8年】一色ですが、どれも『フッコウ、キズナ、ケア』なんて決まり文句をそらぞらしくさえずり立てるばかり。亡くなった方々への鎮魂の気持ちや、元の生活を取り戻せないまま苦闘する被災者に抱く心痛に嘘偽りはありませんが、一応まつしまも故郷の実家...
  • 八幡運河橋梁二題
    京葉臨海に通うこと40回以上、その結果、予期せぬ写真の山をうずたかく築いてしまったまつしまは、今年も京葉臨海詣でを繰り返すにあたって、現時点でその置き場に困っております。蓮舫センセイの真似する気はありませんけど、「二番じゃダメなんですか?」と自分に罵声を浴びせ、ではなく、問い掛けを発しつつ、要るものと要らないものを仕訳けして、後者は削除する、という作業をしております。ブログのデーター移動はそいつが...
  • 強風を衝いて
    バカみたいな強風が吹きすさぶ中、半年ぶりに京葉臨海へお参りに行ってきました。今日はかねて懸案にしていた蘇我~京葉貨物、とゆーか、実質的には国道16号線の蘇我陸橋手前までの区間を足で稼いでみることにして、蘇我までJR内房線を行こうかと思っていたんですが、なにせこの強風でしょ。今のJRは風が吹いたといっては列車を止め、霧が出たといっては列車を止めます。安全第一といえば聞こえはよいですが、悪条件の下で徐行...
  • アタマからシッポまで
    鯛焼きのアンコの話じゃありません。だからっ!!違うっちゅーとるのに、分からんやっちゃなっっ!失礼致しました。先頭に立つ機関車から最後尾の貨車まで、全部ちゃんと写っている画像は、やっぱいいなぁ、と思うキモチは、単にまつしま個人の変わった嗜好なのか、それとも、どっちかとゆーと世の中の多数派ないし主流派なのか、そのあたりについて、皆さんはどうお考えなのかなぁ~、とか思ったもんですから…。KD602とタキKD603...
  • お国柄、なんでしょうねぇ、これ。
    アメリカには国鉄という組織や施設が存在したことがありません。鉄道好きなら全員知っていることですが、鉄道に興味を持ったことのない人の耳には意外(というか奇異)に響くかもしれません。なぜなのかという説明は、汽車好きにとっては退屈きわまりない繰り返しになっちゃいますのでここでは記述しませんが、汽車好きでない人も、かの国に於ける官業の位置づけというものは知っておいて損はない事情だと思いますので、お調べにな...
  • お役に立つかどうか…
    今日、3月改正版の貨物時刻表をようやく買いに行きました。ほかはさておき、とにもかくにも京葉臨海。さっそく時刻表の数表をダイヤグラムへ戻す再翻案作業に取り掛かりました。(虫眼鏡クリックするとかなりデカくなりますから、細かい字も読めます。)んで、せっかくこしらえたんですから、独り占めするのはモッタイナイと思いまして、ここに掲出することに致しました。ブログが今年の年末で終わりになっちゃいますので、まぁ、...
  • 答案
    3月16日実施の京葉臨海鉄道新ダイヤ(京葉臨海だけじゃありませんけど…)。大枚2,500円也をはたいて買い込んだ貨物時刻表をいじくり回して自家製ダイヤグラムを作成したことは既にお伝えしたとおりです。んで、それを眺めて攻略ポイントを洗い出し、今後1年間の戦略を練るわけです。手掛かりは、(1)唐突に途切れているスジと、(2)逆に突然現れるスジ、ですテツなヒトビトには退屈きわまりない講釈ですが、しばしご辛抱を。...
  • 特に意味はありません
    撮りためてしまった写真を、残しておくものと捨てちゃうものに分けていたら出てきた1枚です。特に意味はないんですが、こうして眺めると、DD13もまんざら捨てたもんじゃないんですね。意匠性ゼロと言い切って差し支えなさそうなKD60型の徹底した産業用機関車的外観というか無表情からにじみ出る無愛想さには一歩及ばないかもしれませんが、身の丈に合わない本線仕業にも文句云わずに精を出している(ように見える)あたりは、職場...
  • 意余って言葉足りず ⇔ 沈黙は金
    昨夜のKD55103と同じ、保存/廃棄の仕訳け作業途中で再会した1枚です。逆光で顔立ちがよく見えませんが、昨夜の記事で仏頂面と書いたKD60型機関車の4号機です。撮影地点の【広さ】を視覚に訴えるために、画像の天地を切り取って横型の長ぁ~い画像に加工しました。こうすれば、車輪を軋ませながら本線から引込線に90度の急カーブを進んでくる列車の様子がより一層強調できるのではなかろーか、とか思ったワケですが、結果はご覧の...
  • へ - 2
    あちこち道草食って、サボの残務整理をひと月ちかくも放ったらかしてしまいました。急がにゃ、やり残しを出してしまうかもわかりません。さっさと仕上げて、サービス廃止で全てのデーターが参照できなくなる前に【閉店後の投稿済みデーター整理】を終えられるよう、ピッチを上げないと…。べっぷ。(←単独でこう書くと、(お行儀悪いですが)げっぷと似てますね…)背景の色で判るとおり、キハ58型すなわち急行です。撮影は1962年・...
  • ナイショさんからのリクエストにお応えしました。
    ふ - 2 の記事に関連して 2019/3/23(土) 午後 11:56 にナイショさんからリクエストがありました。いつだったか覚えていないくらい前の記事に、上記記事で掲出した画像の一部を添付したことがあったんですが、『それをもう一度見たい』とのご希望で、時間ができたので早速お応えすることにしました。ホントは、その記事を探し出して再度そちらへご案内する方が誠実な対応なのだろうと思いますが、昔の記事をほじくり出すのにえらく...
  • ま行のまで始まる列車名のサボを記録した残念写真は、ここに掲出した1枚だけでした。撮影は1960(昭35)年の夏季休暇、7月から8月の間、といっても、おそらく20日間使えた周遊券をフル稼働で使い倒したでしょうから、東京との往復にかかる2~3日を別としても2週間以上は道内をウロつき回った筈です。この時期のまりもは函館~根室間の運転で、釧路と根室の間は普通列車(427/428)でしたが、釧路~函館間は7列車/8列車、後年...
  • 問4:15点満点のうち9点
    ラジオがしつこく何度も何度も『靖国神社のソメイヨシノは満開』と繰り返すので、(そんじゃ仕方ない、どっこいしょ…)と重い腰をあげて出かけた京葉臨海北袖分岐点でしたが、とんでもない! ↓ 見てくださいよ、これ!!満開どころか一分も開花していません、贔屓目に見てオマケしてもせいぜい五厘咲きってところじゃないでしょうか…。やれやれ、これじゃまた来週出直さなきゃなんないなぁ。ついでですが、足元にはこんな可愛ら...
  • 危険予知情報、ということで
    京葉臨海線の撮影ガイド・番外編とゆーことで…。こないだまつしまが出かけたのは、時刻表の上では北袖終着になっている401列車と同駅始発ってことになっている402列車の実況検分が目的のひとつでした。んだから、すぐに【答えあわせ】のレポート出して、あづまもぐらさんに15点満点の11.25点を頂いたんですが、401列車/402列車を待ってここでスタンバッていたときのこと。踏切の全景は、千葉貨物側から見るとこんなグワイなんです...
  • 504列車/505列車
    3/27に検分した京葉臨海鉄道・各列車の詳細。写真の画像データーが重過ぎていっぺんにたくさん掲出することができませんので、ちょこっとずつ。京葉久保田からコキ3両を牽いてきた504列車。改正前と同様に、JCTG分岐点直前で本線上にコキを留置して東燃ゼネラル千葉製油所構内へ実車タキを牽き出しに向かい、本線上に戻ると推進運転で留置中のコキに連結します。その作業時の、連結器の部分だけを拡大して掲出します。コドモの...

プロフィール

急行まつしま2号

2019/8/12 に Yahoo blog から移ってきました。2008/3/28 から活動しています。

残念写真はFH君(高校時代の同級生)の叔父さん(故人)が1960~62年にかけて撮影したもので、まつしま(以下、管理人という)は約40年前、高校卒業時にそのベタ焼きスクラップ帳をFH君から預かりました。

約半世紀が過ぎ、管理人にも終活準備の必要が迫ってきましたが、どの被写体もこのまま埋もれさるのはあまりにも惜しいと考えて公開を決意しました。

全ての記述と残念写真を除く全ての画像は、管理人によるものとお考え下さい。従って、残念写真に対する苦情・異議等は、いっさいお受け致しかねます。この点、あらかじめご了承頂くとともに、不同意の方の閲覧は(たとえ記事が全公開に設定されている場合であっても)お断り致します。

また、残念写真以外の全てについては、管理人の責任と権限で対応致しますが、管理人が【適切でない、相応しくない、好ましくない、不快である】等と判断した書き込みは、発見し次第、全て管理人の一存で警告なしに即刻削除します。この点も併せてご了解頂きます。

なお、上記の点は、全て【管理人の固い意思】であって【どなたからどのような種類の申し入れ等があっても応じない】こと、及び【どなたとの議論にも応じない】ことを、あらかじめ明記しておきます。

これらの方針に同意されない方の閲覧は当方から固くお断り致しますので、どうぞ速やかにご退出ください。

記事を閲覧される方は、(万が一紛議等が生じた場合も含めて)全てここに記述した方針に同意され応諾された方として対処致しますので、念のため此処に併せて明記しておきます。

原則的に【来る者は拒まず】が基本スタンスですが、ただし、管理者に対して過去に敵対的言辞等を執った事実のある者からの再接触等は、たといそれが当該敵対的行動の撤回及び謝罪並びに釈明等であっても、その全てを拒絶します。

もし釈明や和解の必要を感じたなら、その時点で直ちにそう処置した筈であり、またそう処置すべきでもありました。それをしないまま再接触を図るということは、

①なんらかの意図があって、非敵対的な態度を偽装もしくは隠蔽している

②記憶力に欠陥のある攻撃的性格

上記①または②のいずれかと考えざるを得ません。すなわち将来に於いて再び敵対的言辞を吐き散らし敵対的行動を執る危険性が極めて大きい者である可能性を窺わせる者である、と見做し得るわけで、そういう面倒くさいヤツと関わり合うのは金輪際願い下げ、二度と御免蒙ります。

そんなヤツに愛想笑いなどする気は全くありません。見つけたら直ちに叩き出して塩を撒くので、そのつもりで。

最新情報

月別アーカイブ