• Queen は二人いた…
    そーなんです!狭軌163km/hの世界記録エンブレムをつけたクハ151は、まつしまのおぼろげな記憶に誤りがなければ、実は2両いたんです♪クハ151-3とクハ151-4、だった筈、なんですが…。前回の記事でご紹介した【つばめ】のクハ151と、以下に掲出する【こだま】のクハ151が同じ車体なのか、そうじゃないのか…!? ↓ ちなみに、前回の記事ってのはこれです…。http://blogs.yahoo.co.jp/rinjimatsushima/39958700.htmlどちらも車体番号...
  • そうか!その手があった♪
    クハ151の部屋-番外編その1ということで、残念写真は出てきませんが、目からウロコが落ちたハナシをひとつ。昨夜、『151系電車にはいったいクイーンが何人いたんだべ?』という、愚にもつかないことを書きましたが、その流れでネットをあちこち眺めて散歩していたら、そのうちのひとつにここがありました。http://www.katomodels.com/product/nmi/151kei.shtmlお好きな方には、まつしま如きがわざわざご紹介するまでもありません...
  • たかが…
    blog で繁盛するテーマは鉄道とラーメンだ、といった話を小耳にはさんだことがありました。それが事実かどうかは判りませんが、確かにその二つを日々を充実させるための主題に掲げている人は決して少なくはないようです。かく申すまつしま自身も、鉄道が好きで、先人が遺してくれた残念写真に託してその気持ちを書きたいというのが blog を始めたきっかけでしたので、動機とゆーか、行動の原点としてのパッションは理解できるつも...
  • 9AE51最終便 for まつしま
    そろそろ京成が時刻改正を実施する時期です。そう思って同社HPをチェックしたところ… ↓ 京成電鉄のホームページhttp://www.keisei.co.jp/ああ、やっぱりね、という項目が…。 ↓ これです。http://www.keisei.co.jp/keisei/kouhou/news/151022_01.pdf読みに行くのが面倒な方は以下をどうぞ。『ああ、やっぱりね』は、最後から2番目の項目にひっそりと書かれていました。AE100型の車齢もあるでしょうし、なにより首都圏でまがり...
  • 15AE50b
    京成シティーライナーとのサヨナラは、写真ではなく、船橋から上野まで乗ってきちんと挨拶してくることにしました。半年間追いかけた下りの列車番号は9AE51列車、それが成田から折り返してくる上り上野行は15AE50b列車です。発売は発車20分前から。(係員がホームに現れて券売機のスイッチを入れて販売が始まったのは、15時26分(発車19分前)でしたけどね…。)さぁ、そんじゃ特急券買いましょう。どれどれ、1号車1番A席は空いてる...
  • 表ぉ~彰ぉ~状ぉ~っっ!!
    昨日、15AE50bの車内で車掌から買い求めたシティーライナー券に咄嗟に感じた違和感が気になったので、資料をゴソゴソ捜して突き合わせて確認してみました。消費税増税相当額以外の、いったいどこに違和感を感じたとゆーのでしょう…?? ↓ こたえ。シティーライナーは、震災発生から1年後の時点では、まだ成田空港への乗り入れ再開を断念していなかった。2012年3月11日、まつしまは午前10時を期して一斉に実施される地震発生時の...
  • シティーライナー・ロス…?
    3日に京成AE100型のシティーライナーにお別れを言いに行って、家に帰ってきてから…。なんか、これまで線路に対して抱き続けてきた想いが急速に熱を失って冷めていくような気がして困惑とゆーか動揺とゆーか、ちょっと自分でも驚いているんですが、そんな精神状態です。おかしいなぁ、AE100なんて、仙台市電モハ207よりずっと後輩で、登場したのはついこの間だったじゃないか。ED71とか福島交通軌道線の1101とか、内郷から好間まで...
  • シービーさん、ありがとう!
    このポンコツブログを始めた当初から親しくご交誼を賜っているシービーさんが、鉄道への情熱を失いかけているまつしまに、『元気だせよ!』と声援をおくって下さっています。シービーさんと初めてお目に掛かったのは富士・はやぶさのお通夜(というよりお退夜の方が正確かも)で、ナムナムもお焼香も全部スッ飛ばしていきなり【お清め】を始めた晩でした。なにしろ、本気で【お通夜(にカッツケたオールナイト・フィーバー)】をし...
  • ニッポン!チャチャチャ!!
    って、もう、いったい何がなんだか… (@_@今季のフィギュアスケート、なんと北京で浅田真央と本郷理華がトップを争う展開になりました。こうでなくっちゃ♪と、好きな競技の国際試合になると途端に大政翼賛会もハダシで逃げ出すくらいの国粋主義者に豹変してしまう単純きわまりないまつしまは、ついさっきまで480mmHgくらいだった血圧がだいぶ下がって落ち着いてきました(たぶん今は260mmHgくらい?)ので、こうしてPCに向かって...
  • 突然思い出しました
    いまの鉄道趣味には、こういう分野もあるんですよね。これを仙台市電や仙石線でやろうったって、まず無理だったでしょうねぇ…。ってか、新快速ってのは(確か1972(昭47)年に)登場してから約43年間、ずっと新しくてチョー速いのが大したもんだと思います。大阪鉄道管理局の遺産、とゆーんでしょーか??とはいえ、尼崎事故犠牲者の御霊に誠実であってもらわなければなりませんから、間違っても人命よりダイヤより優先するよーな...
  • 464号機
    一昨日、【新快速リミックス】にこと寄せていささかふざけたことを書いてしまいましたが、そこに加筆したプレイステーションの【汽車でGO】というゲームのことでお馴染みさんの銀河52号さんとちょっと盛り上がってしまいました♪なにしろ碓氷峠を蒸機が単独で登攀するとゆー、閻魔様(業務上過失致死傷罪を最後の最後に裁く最高責任者)とニュートン(地球上の万有引力の代表取締役)が同時に二人揃って激怒しそうな滅茶苦茶な...
  • 知って驚く意外な事実
    先日、ネットのオークションで気仙沼線開業初日の1番切符を見つけました。暴騰したら退却するつもりで、お小遣いで払えそうな額で応札したら、運よく落札できました。もっとも1番切符とはいっても、新規開業区間(柳津~本吉間)の駅で発行されたものではなかったので、それでバカみたいな値段にならずに済んだのでしょう。 ↓ これです。これは恐らく『大船渡まで』の旅客に対して出札された切符だろうと思います。つまり、新...
  • 木次、だろうと思います
    撮影は1961(昭36)年の秋、学生ですから宿代をケチッて夜行列車が宿代わりの周遊券旅行だったに違いありませんが、山陽・山陰を縦横に往き来していたようです。ちゃんとシャツやパンツを換えて、たまにはユースにでも泊って洗濯していたんでしょうかね??北海道の閑散線区で走る姿(もちろん、その場合はキハ03ですけど)はネットでもたまに見かけることがありますが、本州・四国・九州の各地では主に定員の少なさから淘汰はかな...
  • キハ80の部屋-その3
    車輛の写真というカテゴリーではどのような位置づけになるのか、そのあたりにはとんと疎いまつしまには見当がつきませんが、これを切符の世界に置き換えたときには、実にもってとんでもない稀少性という評価になり、どの蒐集家もヨダレを流しつつこれを眺める、ということになるんじゃないかと思っております。特急へいわ。確か、36-10(サンロクトオ、すなわち、昭36(1961)年10月)の大改正で白鳥・つばさ・おおぞらなどの同期...
  • お奨めの本 その12
    今日は勤めが休みです。ちょっと用事があって船橋に出て、帰りに本屋に立ち寄ったら、なんだか面白そうな一冊に目がとまりました。 ↓ これです♪んで、ちょうどタバコも吸いたくなってきましたので、『そんじゃ、帰りの電車に乗る前に、コーヒーショップで一服吸いつけながら、ちょっとだけ読んでみよーっと♪』と、駅前のドトールに入りました。(←【家に帰ってから開け】るようにしつこく念押しが書いてあった学研の月刊誌を必ず...
  • キハ80の部屋-その4
    先ずはこちらを。再掲出ですが、京都へ向かって長崎線旧線(当たり前ですけど)を快走する2D列車・かもめの姿です。36-10の大改正でそれまでの京都⇔博多が、(1)京都⇔長崎と(2)京都⇔宮崎の二階建て特急に変わり、車輛も客車から新車の特急用気動車に置き換えられました。撮影は1962(昭37)年夏のようなので、まだ誕生から1年経っていないピッカピカの新車時代といってよいでしょう♪で、普通ならばそれで『めでたしめでたし...
  • 【追記あり】 33号機
    信州だけが取り立てて首都圏との往来が特に盛んという訳でもない筈なんですが、信越線・上越線は電化も複線化も他の地方との比較に於いては、相対的に進捗が早かった地域です。確かに山国ですから、蒸機が最も苦手とする勾配がそこいらじゅうにウジャウジャあって、効率のよい投資という経営の観点に立てば、大きくかつ速やかに生産性の向上を実現できる地域であろうことは容易に理解できます。しかし、当時の産業構造や輸出入を含...
  • 38号機
    撮影は1960(昭35)年の夏、場所は北海道。函館線か宗谷線か根室線か、はっきり判りませんが、この直前のコマにはD61が写っていましたので、それら3つの路線のうちのどれかであろうと推測しました。行き違いの気動車に乗ったまま、窓から顔を出して撮ったようです。左上に別の人物の右腕と思しきものが一緒に写っちゃっています。これも、上に述べた理由でこれまで掲出を見合わせていた1枚ですが、手元にあるD51は全てお目にかけ...
  • ホテル・病院・パチンコ店…
    旅館を始めとする宿泊施設、病院の入院病棟、そしてパチンコ台の番号。これらに共通する項目といえば…。4と9は(極力)使わない。ちょっと前ですが、ビッグコミック・スピリッツに連載されていた【おたんこナース】というマンガがあって、まつしまは結構好きだったのでよく読んでおりました。何故かと申しますと…♪第2巻・【カルテ⑩・鬼籍の人の忘れ物】という回のシーンですが、実に判り易い♪とくにこのコマなど、最高傑作では...
  • こちゃめさんから頂いたコメントで
    先日、どの線かははっきりしませんが北海道で活躍していたD5138の残念写真を掲出して記事を書きました。このポンコツ・ブログはテツ偏向で、それもかなり国鉄偏重で、しかも機関車ばっかり依怙贔屓する姿勢が極めて露骨になっています。もっともらしくキハ55だのクハ153なんて書庫を作って見せてはいますが、そこでは半ばため息まじりに『ほらね、気動車とか電車って、まとめていっぺんに眺めると、思ったよりも平板で意外と変化に...
  • 名コピー
    軍手を買いに百均へ行きました。だから108円だけ持って出かけるべきでした。軍手を持ってレジへ向かう道筋に、こーゆーモノが並べてありました。普通のヒトは気付かずに通り過ぎることでしょう。いや、仮に気付いたとしても、いま必要でなければ絶対に手に取らないだろうと思います。これはいま、まつしまが必要としているものか?否!これはいま、まつしまが手に取らなければならないものか?否!これはいま、まつしまが買わなけ...
  • 無愛想
    1960(昭35)年の春から初夏の頃、大学生になったばかりの撮影者は仲間たち(鉄研のメンバー?)と房総方面へ小旅行だか撮影行に出かけたようです。被写体はC57やC58の牽くローカル列車、佐倉の8620、それらの合間に走ってくる気動車など。目的は撮ることだったのか乗ることだったのか、はたまた飲むことだったのか、まぁ決して学術研究でなかったことだけは確かだと思いますが(笑)。同好の士が周囲に大勢いたからなのでしょう、...
  • AE100ラスト?
    ガラガラで空気を運んでいたシティーライナーが今日で廃止になります。京成とは思えない垢抜けした外観のAE100形も、定期運用からは自動的に引退とゆーことになります。そのまま廃車なのか、休車扱いでしばらくどこかに留置なのか分かりませんが、最終便にはどれくらい人が集まるんでしょう?せめて最終便くらいは満員御礼で走らせてやりたいなぁ、などと、まるで保護者みたいなキモチになっております。騒ぎが起きなければよいの...
  • 定年延長?
    昨日、京成AE-100型が定期運用から引退しました。9AE51にも15AE50にもかなり大勢の人が集まったようで、【京成 AE-100 ラストラン】で検索した動画には群衆でごった返す上野駅3番線の様子が写っていました。下り上り、ともに満席で走ったのかどうかは判りませんが、最終便と最終日に特化したマニアの性向は半ば素人のまつしまごときがシンパイする必要などなかったようです。というより、まつしまの彼らに対する認識が甘かった、...
  • ふと考えたんですが…
    鉄道の動力車操縦の免状って、【動力車操縦者運転免許に関する省令】という国土交通省の命令(昭和三十一年七月二十日運輸省令第四十三号)でこと細かに規定されています。最新のバージョンは、平成二四年三月三〇日国土交通省令第三五号。個々の条文について興味をお持ちの方は以下をご覧頂くとして…、 ↓ ここです。http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S31/S31F03901000043.htmlいま、実際に鉄道車輛の運転台でハンドルを握る運転...

プロフィール

急行まつしま2号

2019/8/12 に Yahoo blog から移ってきました。2008/3/28 から活動しています。

残念写真はFH君(高校時代の同級生)の叔父さん(故人)が1960~62年にかけて撮影したもので、まつしま(以下、管理人という)は約40年前、高校卒業時にそのベタ焼きスクラップ帳をFH君から預かりました。

約半世紀が過ぎ、管理人にも終活準備の必要が迫ってきましたが、どの被写体もこのまま埋もれさるのはあまりにも惜しいと考えて公開を決意しました。

全ての記述と残念写真を除く全ての画像は、管理人によるものとお考え下さい。従って、残念写真に対する苦情・異議等は、いっさいお受け致しかねます。この点、あらかじめご了承頂くとともに、不同意の方の閲覧は(たとえ記事が全公開に設定されている場合であっても)お断り致します。

また、残念写真以外の全てについては、管理人の責任と権限で対応致しますが、管理人が【適切でない、相応しくない、好ましくない、不快である】等と判断した書き込みは、発見し次第、全て管理人の一存で警告なしに即刻削除します。この点も併せてご了解頂きます。

なお、上記の点は、全て【管理人の固い意思】であって【どなたからどのような種類の申し入れ等があっても応じない】こと、及び【どなたとの議論にも応じない】ことを、あらかじめ明記しておきます。

これらの方針に同意されない方の閲覧は当方から固くお断り致しますので、どうぞ速やかにご退出ください。

記事を閲覧される方は、(万が一紛議等が生じた場合も含めて)全てここに記述した方針に同意され応諾された方として対処致しますので、念のため此処に併せて明記しておきます。

原則的に【来る者は拒まず】が基本スタンスですが、ただし、管理者に対して過去に敵対的言辞等を執った事実のある者からの再接触等は、たといそれが当該敵対的行動の撤回及び謝罪並びに釈明等であっても、その全てを拒絶します。

もし釈明や和解の必要を感じたなら、その時点で直ちにそう処置した筈であり、またそう処置すべきでもありました。それをしないまま再接触を図るということは、

①なんらかの意図があって、非敵対的な態度を偽装もしくは隠蔽している

②記憶力に欠陥のある攻撃的性格

上記①または②のいずれかと考えざるを得ません。すなわち将来に於いて再び敵対的言辞を吐き散らし敵対的行動を執る危険性が極めて大きい者である可能性を窺わせる者である、と見做し得るわけで、そういう面倒くさいヤツと関わり合うのは金輪際願い下げ、二度と御免蒙ります。

そんなヤツに愛想笑いなどする気は全くありません。見つけたら直ちに叩き出して塩を撒くので、そのつもりで。

最新情報

月別アーカイブ