• 非生物、か…。トホホ
    自身と周囲の環境との関係性を認識する能力が欠落した存在は、果たして生物と呼べるのだろうか。 なるほど、ビー玉や十円玉と同じ非生物なら、国際的KYモ亦宣ナル哉。 ミンミンゼミとかアオカビと知能の優劣を比べることさえも無意味、なんせ知能ないんですから。 ナチ礼賛も風俗肯定も、個人の信条の範囲内である限りそれに文句つけるなんて無作法は慎みます、同意もしないし軽蔑するけど。 んでも、【立場】...
  • いつかきた道
    集団的自衛権。【自衛】という語が含まれることで、あたかも【防衛の延長線上】の如く映じますが、果たしてそうなんでしょうか?まつしまには、『誰も騒ぎ出さないうちに、だんまりでサッサと改憲しちまえばいい。ナチスのやり方を真似すれば、そんなのワケない。』とのたもうた副総理を現職にとどめたままの現政権の本質はそこにこそあると思われてなりません。イデオロギーの問題であれば、まだしも議論を戦わせる余地があるかも...
  • 負けさえしなければ、勝つ必要はないんですから。
    敗戦国の惨めさの、ひとつの具体的な記録とでも申しましょうか。戦後も、少しずつ落ち着きを取り戻すにつれて、3等車(いまの普通車)ばかりだった鉄道にも2等車が復活し、やがて急行や特急の姿が少しずつ幹線に戻ってくるようになりました。しかし、敗戦国はまだまだ戦勝国の軍政下に置かれており、法的には占領状態が続いていました。日本軍が武装解除されて解体されるまで、国民が最も恐れていたのは、実は特高を含む警察組織...
  • 確かに目に余るヤツが増えましたが
    さきほどお気に入りの人のブログを覗きにお邪魔したら、なんとも見苦しい不快なコメントが書き込まれていました。まぁ、この冬のしなの鉄道での器物損壊(私有地の立樹を勝手に伐採した)事件や先日の大宮駅での警官出動の騒ぎなどを見れば、もはや社会から排除されるのも時間の問題かもなぁ、と思いながらため息をつきましたが。しかし、知性がまるで感じられない言葉しか操れないような、不良かチンピラか判らないけれど、とにか...
  • いそがしいそがし!!
    どっちの書庫に納めたものか迷いましたが、やはりここは122列車→EF58→直流機にすることにしました。さて、まつしまが中学2年に進級する春休み。124列車に乗って上京し、父の実家と母の実家に泊めてもらって昨日は東京駅、今日は上野駅、明日は品川区と、夢のような数日を(練習サボッて)過ごしました。仙台には仙台でしか接することができない鉄道の姿がたくさんありましたが、155や157におネツのまつしまは、本気の『おら、東京...
  • おお、セイシュンしとるねえ、まつしまくん♪
    冒頭、まずは【痛恨の一撃】の1枚をば…。一番撮りたかった写真です。それが、わざわざ仙台から紀勢線那智駅まで足を運んだ挙句にこんなふうにしか撮れなかったとゆー、【慙愧の念に耐えない】、悔やんでも悔やみきれないシャシンです。自分で自分のことを本当にバカだと思いました。なぜ、どうして、通過時刻までにホームの所定位置に出て行ってキハ81の到着を待っていなかったのか!てなことを語り始めると、5~6時間かかっち...
  • It was a dog day in Sendai on August 6th in 1991.
    こんな1日を過ごしていました。といっても写真2枚だけですが…。とにかく暑かった。今日の東京より暑かったかもしれません、仙台だっちゅーのに。座席はユッタリのフカフカだしクーラーは効いてるし、乗ったら最後、心の底から降りたくないと思いましたです、はい。それにしてもホームが低いですね、さすが東北線!って、この列車に乗るために出向いたんではありません。本務はこちら。まぁ、仙台で夏休みといえば、ほかにこれと...
  • せめてホームの先っぽで…
    せめて、ホームの先端まで行ってシャッターをきっていれば、ここまでひどくはならずに済んだんですが。この当時はまだ、【この先、立ち入るべからず】なんてイケズな規制も看板もトラロープもなかったんですから。つくづくものぐさとゆーか知恵がないとゆーか、行動の全てが行き当たりばったりの出たとこ勝負で、先を全く考えて動くという知能が皆無だったんですよね。計画性ゼロ…。せっかくのED78だとゆーのに、こんなのばっかり...
  • つまんない写真ですが
    停車中のホーム側から写しましたから、足回りが全然写っていません。つまり、【鉄道車両を写した写真】という条件を満たしていない、検討対象外で論外で、おとといおいで的写真です。それは重々わかっております。皆さんの仰せのとおり、とゆーか、おっしゃられるまでもなく当の本人が一番よくわかっております。けど、エンジンの独特のアイドリング音を間近で聞きたいとか、電車と全然違う高さの運転台を備えた特急列車の顔立ちに...
  • さ、さ、さんじゅうななてんよんどぉぉ!?
    よりによって、船橋市では今年の最高気温を記録したその日に、最高気温を記録したその場所をウロつくとは、つくづく巡り合わせの悪いことであるなぁ、と、ゲッソリしております。もう2~3℃低かったら、『ちくしょう、いましましい!』と悪態をつくくらいのパワーが残存したかもしんないですが、暴言も出てこないくらい暑かった(今も暑い)です。『なんだってこんな日にオンモをウロウロ徘徊したの、バカじゃん。』ごもっともさま...
  • くらっっ!! あ…、目眩が…。
    37.4℃にノックアウトされかかって、ほとんど逃げ込むようにして電車に乗り込みました。ありがたいことですねぇ、ドアが閉まれば電車はほどよく空調の利いた快適空間に早変わり♪電気について考え始めたら、様々な未解決の問題や曖昧なままいつまで経っても蒟蒻問答の繰り返しではぐらかされ続けてきている問題なんかがいっぺんに噴き出してきて、とても冷静でいられなくなっちゃうんですが、それは新聞やテレビがそのときそのときで...
  • 誰、それ…?
    もうちょっと涼しいときに書いた方がいいのかな、とは思ったんですが、たまたま引っくり返したファイルにこれらの切符があったものですから…春まだ浅き3月、『南沙織っぽいよね♪』なんていいながら、全然南沙織っぽくない房総半島は鋸山へ閣下とお出かけしました。なにがどう南沙織っぽいのか、ということを検証する必要のある方に対しては、こちらを証拠として提出致しますので、よしなにお取り計らい願います。山麓駅からロープ...
  • 徒労感。殆どの場合、結果として…。
    このよーなベタがあります。んで、画面をよぉーーーっく眺めます。これまで見落としだとが誤認とかで、さんざん間違いを仕出かしては皆さんから、『おいおい、そうじゃないだろ』とか『もうちょっと落ち着いてごらんなさい、ほら』とか、ご教示を賜っては正誤訂正だのお詫びだの、はたまた、『もっとよく勉強します!』なんて【再発防止対策書】なんてものをしこたま書いてまいりました。いえ、間違いもお詫びも、仕事の上の話じゃ...
  • 小牛田駅の
    東北線小牛田駅では、どんなに懇願しようともとにかく硬券の入場券を絶対に売らなかった、という話を書いたことがありました。それは実際に体験したからですが、同じ経験をお持ちの方がおられて、『そうでしたね』とのコメントを書き込んで下さいました。おかげさまで、まつしまだけがしつこく食い下がって、狙い撃ちでイジワルされたわけではなかった、とか、架空の繰り言をデッチ上げているのではない、ということだけは証言によ...
  • 【資料追加】 なんちゅうゼータク!
    というわけでもなかったんだろうとは思いますけど…。新幹線が開業する前の東海道線、まさに我が国の大動脈であり、国民生活や技術のレベルがそのまま投影された存在であり、諸外国からの来訪者に対して我が祖国の戦後復興を形に現わして示す大きな指標のひとつになっていたことは間違いないと思います。特別急行は、やはり普通の庶民にとってはまだ高嶺の花に近い存在だったようで、そう簡単かつ手軽に利用できる列車ではなかった...
  • Cocktails for two
    昨夜掲出した残念写真、サハシ153に関連して時刻表の食堂車メニューを画像ファイルにしたら…。『食堂車で提供したカクテルって、どんな飲み物だったんでしょうね?』という、甚だ興味深いコメントをお寄せ下さった方がいらっしゃいました。ホントにそうですよね。だって、旧満鉄の【あじあ】の食堂車で供されたオリジナルカクテルは、いま、銀座の【パノラマ】(テツ系のバー。でも、騒々しいテツがたむろする場所ではなく、ちゃん...
  • 遠かった
    先日、東北線小牛田駅の入場券を捜してあちこちゴソゴソやっていたら、こんな切符が出てきました。ありゃまあ、お久しぶり!指宿枕崎線の終点・枕崎駅の入場券です。けど、先日の小牛田駅の券とはちょっと様子が違っています。鉄道愛好者の皆さんには常識だったようなんですが、枕崎駅って国鉄としては無人駅で鹿児島交通に業務委託していたんですね。したがって、この入場券もだいだい色の帯が入った鹿児島交通の社線様式です。国...
  • 一言もありませんです、はい。
    高校受験の前の年の夏休み。つまり、中3ってことですが、仙台には高校受験のための進学教室とゆーか塾とゆーか、そういうのがあったのかなかったのか…。どこの県でも同じだろうと思いますが、3年に進級した途端に学校が問答無用で受けさせる模擬試験。実は、学校の先生が作る定期試験や実力試験の問題よりも偏りが少ないとゆーか、素直に解ける問題が多かったように思います。だからといって、日曜日に引っ張り出されて5科目み...
  • 文句言えた義理じゃないんですけど…
    この広告のご婦人、なんかエッチな感じが漂ってないですか? いえ、そーゆーエッチな話(←どーゆー話だと思ってんだよ、てめえはよっっ!!)もエッチな人(←おめえ、告訴されっぞ…)も、まつしまはどっちもウナ重やメープルトースト+小倉トーストやネズミ大根のオロシ蕎麦と同じくらい大好物ですから、熱烈歓迎で大熊猫的大歓喜なんですが、その女性の挑発的視線に対して、その下に並んだまつしま的肖像が、いかにもバカ丸出し...
  • 西鹿児島、でしょうか…
    入ってくる列車が提げている札には【錦江】と書かれています。鹿児島湾を別名・錦江湾といいますから、南九州を走る準急であることは間違いなさそうです。鹿児島交通(というか、撮影当時は南薩鉄道)のベタを捜してウロウロしていたら、肝心の捜し物が見つからずにこんなのが出てきました。まぁ、ご近所みたいだから、いいか。って、そーゆーモンダイじゃねーだろ、こらっ!!なんて、自分でボケてそれに自分で突っ込みながら、『...
  • 西鹿児島じゃありませんでした
    皆さま。昨夜掲出した記事、【鹿児島? or 西鹿児島?】と思い込んでゴチャゴチャ書いておりましたが、炯眼の士がすぐに、『これは隼人駅では』とご教示下さいました。あ!そーか、そーか!隼人駅だったのか!!すぐに間違いを教えて下さった皆さんに、改めて心からお礼を申し上げたいと思います。どうもありがとうございました。この先も、ボンクラまつしまは似たようなことを繰り返すと思いますので、どうか、呆れずに、根気よく...
  • 脱輪??
    船橋競馬場と谷津の間の踏切で自動車が脱輪して、京成線は津田沼と東中山の間が運休しています。死傷者が出ていないことが救いといえば救いですが、それにしたって、よりにもよって狙いすましたように【通勤時間帯に脱輪】とは! そんなヘタッぴに免許証なんか持たせてほしくないです。なんちゅー迷惑な…。(追記)都営地下鉄の車掌が、自動車事故の結果として起きた脱輪、といったニュアンスのアナウンスしていました。『サ...
  • 心根の貧しさ
    イチロー選手。すごいなぁ、頑張ったなぁ、これからもまだまだ頑張れっ! と思っております。精悍にして愛らしい容姿と、果敢に挑みかかる姿から、柴や紀州といった日本犬を連想して密かに応援していたのですが、大記録にまたひとつ華麗な花を添えましたね。で。いろんな新聞社が『それっ!!』ってんで、一斉に号外を出したんだろーなー、と思い、それらがどんな紙面だったのか見てみようと思って検索してみたら…。なにこれ?タ...
  • 昭和9(1934)年11月
    タイトルを見て『おっ!?』と思われて読み始められた方には、『なんだこりゃ、詐欺じゃねえか!』とお叱りを受けるおそれがありますので、冒頭で【製造物責任法に基づく警告】を発しておかなければなりません。*** 以下、PL法に基づく警告文 ***本件記事は1934年の汽車の写真でもなければ、同年の切符の記事でもありません。まつしまの体験や事物の中に、まつしまの愛読書の記述への連想につながるものがたまたまあった...
  • ありゃまあ、そうだったの。
    8月22日朝の通勤時間帯に京成本線で起きた自動車の脱輪による運休。とばっちりを受けた者としては、死傷者が出なかったのが不幸中の幸いとでも考えて腹立てるのを我慢するほかないでしょうが、そのせいか、地元紙でさえろくに記事がでない有様。たった一人の自動車運転者のヘマ(過失)のせいで数十万人に上る通勤者が迷惑を蒙ったわけで、これを逸失労働時間と平均賃金やGDPなどの数字を使って経済的損失額をに換算したらとん...
  • 42年前の今日のこの時間
    忘れもしません、1971年8月25日の午前0時過ぎ。仙台は夏休みが8月25日まで。26日の朝に提出せにゃならん数学の宿題とヒーヒーいいながらくんずほぐれつの取っ組み合いの真っ最中でした。耳に突っ込んだトランジスターラジオのイヤホンから流れてきた歌声はシンシア。ちくしょう!数学できなくたって、英語が話せれば南沙織に求婚できんだからなっ!!なーんて、コマツ先生に(ココロの中で)毒づきながら50ページくらいあった問題...
  • 【画像追加】 ナナメ…、ってます、よね…?
    いい歳をした分別のあるオヤヂなら、こういう場合には『傾斜しているのではないでしょうか?』と書かなきゃイケナいことは判っております。んでも、『傾斜する』と『ナナメってる』という両方の言葉の間に、なんというか、微妙な意味合いの違いとでもいうべきようなものがあるように思われまして…。傾斜、と書くと、その原因が善意であれ悪意であれ、なんとなく真剣に傾いている(←なんじゃそりゃ??アタマ大丈夫か、おめえ?)よ...
  • ♪ベルが鳴る~、ベルが鳴る~…
    新京成電鉄の高根公団駅。本当にビックリしました。金属製のゴングを鳴らす【発車ベル】がいまも現役なんですねぇ♪ ↓ ほら!もうちっとアップにしてみました(苦笑)。まだ足りないので、もっともっともっと【どアップ】にチャンレンジしました(←ばか。)パナソニックやがな、これ!んでも。いっくら望遠&大アップで写真を写してみたところで、世界の一流ブランドに名を連ねるパナソニックが全世界に誇る高強度鋳物製ベルから...
  • 夢の超特急-その1
    昨日、ご贔屓さんのお一人のブログへおじゃましまして。関東近隣の某所へ骨休め(命の洗濯、とお書きになっていらしゃいました)にお出かけになられた、という記事を拝見し、『ゆっくりできてよかったですね』という甚だ常識的な感想を抱きながら読み進めて行ったのですが、おしまいのあたりに、『特急券を奮発して【いい列車】で帰ってまいりました♪』ということが書いてありました。そういうのを見ると、乗りたくもない東北新幹...
  • 夢の超特急-その2
    本棚の奥ぅ~の方にジッと身を潜めていたので、それほど日焼けもせずに残っております。聞いたことないグラフ誌ですよね…。銀行でイライラしながら順番を待っているとき、なんだか氏素性の判らない雑誌だか広報紙だかを見かけて手に取ることがありますが、少なくともあれよりは中身が詰まっているような感じがする雑誌です。(これも大きくて1回でスキャンできなかったので、分割スキャンした画像を貼り合わせてあります。)いっ...
  • 夢の超特急-その3
    夢をブチ壊しちゃうかもしれませんが、いま真剣に検討しなきゃ将来に間違いなく禍根を残すお話しをひとつ。今日から延伸された実験線でリニアの試運転が始まりました。(某新聞のネット版記事から引用しました。叱られたら削除します。)2つ前の記事に添付した東海道新幹線二宮に憩う0系試験車輛(B編成)の写真からおよそ半世紀を経て、いよいよ次世代の鉄道の試運転が本格化した訳です。その意味では感慨深いとも次の新しい夢...
  • 夢の超特急-その3の2
    リニア反対論者を標的に攻撃を加える者がいるようなので、ひとつ前の【夢の超特急-3】と題した記事について、【コメント投稿者に及ぶ懸念のある危害を防止】する観点から、賛否いずれの立場であっても当該記事へ頂戴した全てのコメントの承認を見合わせることにしました。あらためてここに別の記事をひとつ設け、それぞれのお名前が特定されぬよう加工を施したうえでコメントを転記し、それに対してまつしまの見解を述べる、とい...

プロフィール

急行まつしま2号

2019/8/12 に Yahoo blog から移ってきました。2008/3/28 から活動しています。

残念写真はFH君(高校時代の同級生)の叔父さん(故人)が1960~62年にかけて撮影したもので、まつしま(以下、管理人という)は約40年前、高校卒業時にそのベタ焼きスクラップ帳をFH君から預かりました。

約半世紀が過ぎ、管理人にも終活準備の必要が迫ってきましたが、どの被写体もこのまま埋もれさるのはあまりにも惜しいと考えて公開を決意しました。

全ての記述と残念写真を除く全ての画像は、管理人によるものとお考え下さい。従って、残念写真に対する苦情・異議等は、いっさいお受け致しかねます。この点、あらかじめご了承頂くとともに、不同意の方の閲覧は(たとえ記事が全公開に設定されている場合であっても)お断り致します。

また、残念写真以外の全てについては、管理人の責任と権限で対応致しますが、管理人が【適切でない、相応しくない、好ましくない、不快である】等と判断した書き込みは、発見し次第、全て管理人の一存で警告なしに即刻削除します。この点も併せてご了解頂きます。

なお、上記の点は、全て【管理人の固い意思】であって【どなたからどのような種類の申し入れ等があっても応じない】こと、及び【どなたとの議論にも応じない】ことを、あらかじめ明記しておきます。

これらの方針に同意されない方の閲覧は当方から固くお断り致しますので、どうぞ速やかにご退出ください。

記事を閲覧される方は、(万が一紛議等が生じた場合も含めて)全てここに記述した方針に同意され応諾された方として対処致しますので、念のため此処に併せて明記しておきます。

原則的に【来る者は拒まず】が基本スタンスですが、ただし、管理者に対して過去に敵対的言辞等を執った事実のある者からの再接触等は、たといそれが当該敵対的行動の撤回及び謝罪並びに釈明等であっても、その全てを拒絶します。

もし釈明や和解の必要を感じたなら、その時点で直ちにそう処置した筈であり、またそう処置すべきでもありました。それをしないまま再接触を図るということは、

①なんらかの意図があって、非敵対的な態度を偽装もしくは隠蔽している

②記憶力に欠陥のある攻撃的性格

上記①または②のいずれかと考えざるを得ません。すなわち将来に於いて再び敵対的言辞を吐き散らし敵対的行動を執る危険性が極めて大きい者である可能性を窺わせる者である、と見做し得るわけで、そういう面倒くさいヤツと関わり合うのは金輪際願い下げ、二度と御免蒙ります。

そんなヤツに愛想笑いなどする気は全くありません。見つけたら直ちに叩き出して塩を撒くので、そのつもりで。

最新情報

月別アーカイブ