• 息をのむ
    ED44(改番後はED90)ですね。雪晴れの仙山線。まだカラーフィルムが貴重品だった時代ですので、鉄道雑誌に載る写真も圧倒的にモノクロが多い試作機です。2枚目の写真で、『へぇー!』と感じ入ったことがひとつだけありました。車体に反射する雪と、それに輝く車両の肌、です。角度やそのときの光線の具合にもよるのでしょうけれど、機関車と暖房車が反映する雪で輝いて見えます。まつしまは、交流の機関車や暖房車というと、どち...
  • ふんっ! つまんねぇ写真っっ!! ← って、誰が写したんだよっ!?
    ほんとうにつまんない写真を撮ってフィルムを無駄遣いしちゃったもんだと思います。いえ。無駄遣いしちゃったのはフィルムばかりでなく、人生の大事な修練のための時間とか努力だったんじゃないだろーか、てなことまで考えてしまうわけで…仮に鉄道の写真のことにだけ限って考えてみたとしても、です。こんなのを撮るくらいなら、サッサと仙石線に乗って陸前原ノ町電車区に行って、助役さんだか区長さんに『見学させて下さい!』と...
  • 帳尻合わせ、とゆーか、バーターとゆーか。
    昨日は相当しょーもない写真をナニしてしまいましたので、それへの反省と、そのアクシデント(とゆーよりはインシデントでしょうな)によって加えられたダメージのせいで落ち込んでしまった生産性を回復させるための歩留まり向上施策とゆーか…なんて、カッコよさげなこと(←え゛? 【歩留まりを下げた】話しのどこがカッコいいわけ??)を並べたってダメなんで、要するに、【昨日の大失策を今日の写真で挽回してやろう】とゆード...
  • おぢさん、どいてよぉ…
    (おぢさん、どいてよぉ…)と云えなかったんですねぇ、気の弱いまつしまは。せっかく大枚はたいて仙台から出てきたっちゅーのに、こんな写真しか撮れないんですから、ヤんなっちゃいますよ、ホント。かつての上野駅20番線です。なぁ、おぢさん、頼むからどいでくれよぉ…(いっくらココロの中で叫んでも懇願しても)全然どいてくれそうもないので、しゃあない、こっちから近付きました。んでも、やっぱり近すぎて全景が入らない。あ...
  • おおっ!?
    大学3年の春の連休、ゼミの同級生と汽車に乗ってちょっと遠出したときのスナップです。撮影場所は山形駅。ここも、山形新幹線の開業と、これに伴う改軌工事で昔日の面影を全く留めないところまで様変わりしています。で。そんなことは、この出来損ないブログを可愛がって下さる皆さんは先刻ご承知の話でですので、ここでわざわざお断りする必要なぞまるでないのですが。その一連の写真にこんなのが混じっておりました。いえ、別に...
  • デコボコで車両間格差で
    この写真は、以前掲出したことがあったと思います。74年3月撮影のまつしま製残念写真、再掲出をご容赦下さい。時刻表を引っ張り出して当たってみると、仙台13:05発3731D(鳴子行)・13:39発431D(利府行)・14:52発3735D(新庄行)の3本のうちのどれかなんですが、どうもはっきりしません。たぶん、3731Dじゃないかと思うんですが…先頭車から見るとこんな感じ。で、最後尾側はこうなっていました。真ん中に挟まっているのはキロ26...
  • 再掲出・仙山線の交流試作機4機種
    ゲストブックでも御案内申し上げているように、残念写真撮影者が活躍したのは1960(昭35)~1962(昭37)年の3年間でした。何故かと云うと、1960年=大学合格=やったー!さぁ、遊ぶぞ!!→1963年=卒業研究=とてもじゃないけど汽車の写真を撮りに行ってる時間がない、大学院の受験準備もしなきゃ…。かような次第で、最後の1枚は1962年の年末、登場したばかりの111系近郊型電車で終わっております。新幹線に至っては、二宮の試験...
  • やっぱり、こういうのがいい♪
    フランク・シナトラまで出てくる世界的名曲ですけど、やっぱりこういうアレンジの方が絶対にいい♪なぜかといえば、この曲のモチーフがこの写真の少女だから。自分にこういう出逢いを五線譜に書きつける能力があったら、どんなにか人生が豊かになったんだべなぁ、なんて思うのでした。...
  • そりゃ違うだろ!?
    今日の夕刊一面の記事です。 ↓ これ。(朝日新聞,2011/12/7,夕刊より引用)そりゃ違うだろ??77年に気仙沼線が全線開業したときに、為政者はなんて言った?津波の被害で孤立した地域にいち早く支援物資を送り込むインフラが、これでようやく整備された。チリ地震津波で南三陸海岸の一帯が壊滅的打撃を受けた教訓から、『なんとしても敷設しなければならない社会資本』として開業させた路線だったんじゃなかったのか?あんたがた...
  • 書いてる途中で方針変更
    書き出しの動機は、乗車券の券面記載事項の違いについて、でした。 ↓ この切符(1)と、 ↓ この切符(2)との、記載事項の相違と、その理由の推測などについて書いてみようかな、と考えました。それぞれの切符が発行された時期の時刻表地図には、このような記載がなされていました。 ↓ (1)の切符の発行駅・脇町駅と、その着駅・西麻植を示す地図 ↓ (2)で、高知と宿毛の位置関係。(1)はともかく、(2)は取り立...
  • え゛っ!!!
    びっくり仰天しちゃいますよ!もし本当にこんな切符があったら…いえ、あっても決しておかしくはないんですよ、本当は。けど、実際には、こんなふうにゆっくりと寝台券を買うことはできなかったと思います、この時期には。なにしろ北斗星は超人気列車でしたから。でも、ちょっと想像してみませんか。高鍋から富士で東京まで出てきて、昼食がてら銀座などをのんびりと散策しつつゆっくりひと休み、陽が傾きかけてきたら、『ではでは…...
  • 本日は正調で
    このところカーブやシュート気味(ときには卑怯このうえない隠し玉)の記事ばっかりでしたので、本日はド真ん中のストレートで。けど、ヌルい残念写真に速球なんかある訳がありませんので、たちまちカキーン!と外野スタンドに打ち込まれちゃいそうな気がします。撮影場所は長門市駅ではなかろうかと思います。ただし、1961(昭36)年の撮影ですので、まだ駅名は改称前の正明市(1962=昭37年改称)です。その駅名標がひとっつも写...
  • そ、それわ…
    それわ、そもそも要求する方がご無体とゆーもんなんじゃないでしょうか…?蒸気機関車ってのは黒いケムリがどうしても出ちゃうもんなんであって、それを出すなというのは、人類に向かって【二酸化炭素を出さずに呼吸せよ】と要求してるのとほぼ同じじゃないかと思うんですが…ね?書く方も書く方だと思いますけど、逆上した機関車に、『んじゃ、なに色ならいいんだっ!?赤か?ミドリか?ムラサキか?それともピンクかっ??』なんて...
  • けっこうお気に入りな1枚
     ↓ このCMを初めて観たとき。皆さんから指差されて大笑いされるか、あるいは鼻先でフン!と一笑に付されるのか、はたまた、最初からまるっきり相手にすらされないのか、どんな反応があっても抗弁できっこないなぁ、とは思いつつ、実は、まつしまのアタマに浮かんだのが、この仙台市交通局北二番町(本庁)車庫で写した1枚でした。 ↓ 誠にもってお恥ずかしい。これ、なんスけどね…はい、もう、そのとおり。皆さんのおっしゃ...
  • お呼びでない? こりゃまた失礼いたしましたっ!!
    これは1974(昭49)年3月に写したんじゃなかったかと思います。仙台市交通局本庁舎がある北二番丁車庫。こんにちは、と当直助役の執務机に来訪の挨拶をしにいくと、『お、また来たな、ケガしないように気を付けてな』と云って、後は監視も案内も付けずに留置線や整備工場の中を好き勝手に歩き廻らせて貰えるようになっていました。その日に写したダメダメ写真の中に、こんなのが混じっていました。これはまぁ、なんとなくわかりま...
  • ・・- ・-- 
    モールス信号で【ウヤ】すでに何度か使っているこのタイトルですが、ウヤは【ウんてんヤすみ=運休】の電報略号です。すなわち、本日は鉄道はお休み。  ・・- ・--今晩は、まずこんなのを聴きました♪ ↓なにしろ世間が明るくて優しくて慈愛に満ちたクリスマスソング一色に塗りあげられちゃって、その音の洪水の中を歩かなきゃならない、ってのは、ヘソマガリでアマノジャクなまつしまには結構シンドいことですんで、ちっとば...
  • 北海道の皆さん、どうか怒らないで下さいね…
    北海道の人には一般に大らかというか、細かいことをあまり気にしない性格が多いと云われています。お付き合いのある方も大勢いますので、一概にそういう大雑把な区分けができるかどうかは即断できかねますが、とはいうものの、おおむね間違ってはいないようにも思われます。『いいんでないかい?』私の知り合いは、函館と恵庭と白老と札幌と室蘭と北見と池田と常呂と旭川と稚内と釧路にいるんですが、例えば、100点満点の解答用紙...
  • 保存館には【遺髪】が遺されています
    先日の北二番丁車庫の記事でご紹介したバカヤロー写真と同じネガに写っております。けどこれは、【まだマシな方】だと思います。なにしろちゃんと【電車】が写っておりますので…外観は都電8000にソックリ、仙台に引っ越して初めて400型に邂逅したとき、さすが大都会の電車は垢抜けした格好をしているなぁ(←なんだそりゃ?)と驚きをもって眺めたものでした。確かに、走る姿は仙台市電の中では最も速度感に溢れてスマートだったと...
  • Wild geese that fly with the moon on their wings
    蒸機のはつかりは、まつしま生後2年目にキハ81に置き換えになって、速度が向上しました。残念写真撮影者はことのほかはつかりがお気に入りだったようで、以前ご紹介した記事と写真のとおり、出来の良し悪しはともかくとして、機会あるごとに撮影していました。さて。かつてどこの町にも、【名画座】という、古い映画を2本立てか3本立てで安く上映する映画館がありました。まつしまは、そこでずいぶんと多くの名作を【2本500円・...
  • アウシュヴィッツ送り、と同じ意味になってしまった記録
    偶然、帰省していたときのことでした。といっても、撮影の記録がどこかに行ってしまったので、80年代半ばだった、ということしか判りません。まつしまには、かつて 『市電廃止反対に共に立ち上がろう!』 と誓い合っていた盟友が3人ほどいました。全部、中学校の同級生でした。んで。立ち上がるには、最低でも選挙権がなきゃハナシになりません。その選挙権に手が届くよりもだいぶ前に、市当局は廃止を打ち出してきましたので、...
  • 植木等の、学のあるとこぉ~♪
    こういう味わい方もあるんですねぇ、万葉集… ← ねぇよ、バカ!でも、耳から流れ込んでくるこういうオチャラケ・ソングにふと気付いて、『そういわれてみれば、そうだわなぁ…』なんて思うのって、別になんの不思議もなかった、というより、ごく当たり前な日常風景だったような気がします、まつしまがコドモだった頃は…万葉集ばかりでなく、論語や四書五経なんてのも、そうだったと思います。だって、例えば古典落語なんて、そうい...
  • さ、寒い
    暑いときに冷涼な場所へ移ることを避暑といいます。それは、コドモの頃からコトバとしては知っておりましたが、その反対があることをまつしまが知ったのは、恥ずかしながらかなり後になってからでした。反対、といっても、涼しい快適なところからわざわざ暑熱の真っ只中に出向いてそこで暑く不快な思い我慢すること、ではありません。(まさかとは思いますが、論理的に考えるとそういう推論をされる方がいらしてもおかしくありませ...
  • 基本は変わっていないと思いますので
    冊子は昭52(1977)年のもので、現在に至る中間に民営化という大変革が挟まっていますが、基本は変わっていないだろうと思います。鉄道の事業主体は変わろうとも、列車に乗る天皇の憲法上の位置づけにも宮内庁の諸法令・諸規則にも大きな改正や修正は生じていないのですから、JR側の都合で勝手に変えられる性質の事象ではありません。この冊子は、関係諸法令・諸規則に明文化されていない項目に関する、いわば鉄道側の【対応マニ...
  • なんか、速そうに見える
    前にC62牽引のはつかりの残念写真をご紹介しましたが、それと同じ場所で撮影したようです。北千住の北方と思われますが、現在のその辺りの様子からはとても想像がつきません。この当時(1960=昭35年)には、時刻表によるとこの準急は上野⇔平間に3往復が設定されていたようです。架線の下を走るのはあまり似つかわしくない、というか、はっきり云えば垢抜けしないキハ55の準急(しかも編成の前後で車体の模様が違っちゃっています...
  • ちっくしょーーーーっっ!!
    毎年書こうと思っていて、今年も間に合わなかった!!どんなクリスマスソングよりクリスマスらしく思われる旋律だと思います。これ、ホルンを6つくらい並べて吹奏楽+管弦楽でやったら絶対にステキな一曲になると思うんですよ!!演ってみたいなぁぁぁーーー!!でも、今年は父親の介護&震災の後片付けに出向いていた仙台から、新入社員の頃から仕事の肝を教えて貰ってゲンコツと労わりで育てて貰った大先輩の急逝のウナ電(=電...
  • おもしろいですよ♪ お勧めの本!
    元々は1958(=昭33)年出版の単行本。けど、それも実はそれ以前の随筆やルポをまとめたもので、実際には昭和27年なんて文章がたくさん出てきます。で、それを実家の本棚で捜したり、古本屋を歩き廻ったりしてやっと見つけて読んだんですが…あらま!中公文庫で今年新たに出版されているじゃありませんか♪これ、もう50年以上も前の文章が並んでいる文庫本ですけど、そっくりそのまま現代の状況に置き換えて読んで、しかもしれに力強...
  • ○○寿司・上野店
    以前、客商売というもののあり方・考え方についてもの申す、と書いたことがありました。 ↓ これです。http://blogs.yahoo.co.jp/rinjimatsushima/35216714.html頂いたコメントの中に、つばさ51号さんからの 『回転寿司でワガママ効かない』 というフレーズがあって、『そういう場面なら確かにそうだわな』 と思ったんですが、先日のこと、それにしてもあんまりだろ、という事態に遭遇したものですから、ちょこっとご報告を、...
  • ああ、やっぱり…
    年末 → 大掃除 → 不用品の整理と廃棄 → これは要るのかな? → 中身はなんだっけ??こういう流れで、見つけなくてよいものを見つけてはその度に作業が停滞し、それによって作業本体の進捗に支障が生じます。まったく、毎年まいとし、性懲りもなく同じことをよくも繰り返せるものだと、我ながら呆れるんですが、今年もやっぱりいくつかそういうものが出てきちゃいました。作業時間の停滞は延べ4時間にも及んだでしょうか…...

プロフィール

急行まつしま2号

2019/8/12 に Yahoo blog から移ってきました。2008/3/28 から活動しています。

残念写真はFH君(高校時代の同級生)の叔父さん(故人)が1960~62年にかけて撮影したもので、まつしま(以下、管理人という)は約40年前、高校卒業時にそのベタ焼きスクラップ帳をFH君から預かりました。

約半世紀が過ぎ、管理人にも終活準備の必要が迫ってきましたが、どの被写体もこのまま埋もれさるのはあまりにも惜しいと考えて公開を決意しました。

全ての記述と残念写真を除く全ての画像は、管理人によるものとお考え下さい。従って、残念写真に対する苦情・異議等は、いっさいお受け致しかねます。この点、あらかじめご了承頂くとともに、不同意の方の閲覧は(たとえ記事が全公開に設定されている場合であっても)お断り致します。

また、残念写真以外の全てについては、管理人の責任と権限で対応致しますが、管理人が【適切でない、相応しくない、好ましくない、不快である】等と判断した書き込みは、発見し次第、全て管理人の一存で警告なしに即刻削除します。この点も併せてご了解頂きます。

なお、上記の点は、全て【管理人の固い意思】であって【どなたからどのような種類の申し入れ等があっても応じない】こと、及び【どなたとの議論にも応じない】ことを、あらかじめ明記しておきます。

これらの方針に同意されない方の閲覧は当方から固くお断り致しますので、どうぞ速やかにご退出ください。

記事を閲覧される方は、(万が一紛議等が生じた場合も含めて)全てここに記述した方針に同意され応諾された方として対処致しますので、念のため此処に併せて明記しておきます。

原則的に【来る者は拒まず】が基本スタンスですが、ただし、管理者に対して過去に敵対的言辞等を執った事実のある者からの再接触等は、たといそれが当該敵対的行動の撤回及び謝罪並びに釈明等であっても、その全てを拒絶します。

もし釈明や和解の必要を感じたなら、その時点で直ちにそう処置した筈であり、またそう処置すべきでもありました。それをしないまま再接触を図るということは、

①なんらかの意図があって、非敵対的な態度を偽装もしくは隠蔽している

②記憶力に欠陥のある攻撃的性格

上記①または②のいずれかと考えざるを得ません。すなわち将来に於いて再び敵対的言辞を吐き散らし敵対的行動を執る危険性が極めて大きい者である可能性を窺わせる者である、と見做し得るわけで、そういう面倒くさいヤツと関わり合うのは金輪際願い下げ、二度と御免蒙ります。

そんなヤツに愛想笑いなどする気は全くありません。見つけたら直ちに叩き出して塩を撒くので、そのつもりで。

最新情報

月別アーカイブ