• 今日は閣下の誕生日
    完全に休むことはできませんでしたが、病院に全てを任せて、たまりにたまった仕事をやっつけ、夕方からは閣下のご健捷を寿ぎ万年長寿をあらゆる神仏に祈念する日にしました。同時に、まつしま自身が唯一換金できそうな切符のコレクションをため息混じりに眺めてもおります。40年かけて集めた結晶も、遠からずどなたかに引き取って貰わなければならなくなるのでしょう。切ないです。これは本当にいい切符です。片や宇高連絡船内発行...
  • 追記
    12月5日は閣下の誕生日であると同時に、結婚記念日でもありまして。いまさら、と思うのか、今年も、と思うのか。『古女房』とか『うちのヌカミソ』なんて言い方がありますし、自分の家族を大切に思うということを社会生活の場面でうっかり口にすると途端に白眼視されるという状況は今も昔と変わっていません。だから、会社では口が裂けても、拷問に掛けられてもそんなことは絶対にいいませんが、んでも、今がどんなに辛くても、と...
  • これも珍しい切符ですよ
    ココロのオアシスと精神的リハビリを兼ねて、久々に記事を書いてみようと思います。さて。まず最初にお詫びと宣言から。(宣言の部)コレクションを手離すことについては、もう愚痴や繰言は金輪際書かないことにします。いくらため息を吐いたって仕方ないものは仕方ないんだし、なにより、(以下、お詫びの部)それを読まされることになってしまう皆さんに感じさせてしまうかもしれない憂鬱とか心労について、一等最初に思い至らな...
  • だから…
    まつしまにモバイルPCなんて持たせちゃダメなんだ、ってゆーんです!だって。いっくらモバイル持たせたって、行く先は病院でしょ?高度先端医療機器がひしめいているところでウッカリ電源なぞ入れてごらんなさいな。たちまちそこいらじゅうでまつしまPCの発した電磁波のせいで患者さんの容態が急変しまくり、看護士さんから袋叩き、患者さんのご家族と病院と医師から告訴されまくり、まつしま=大量殺人犯=死刑!になっちゃう...
  • トラベル・ミステリー
    西村京太郎=日本中の列車で殺人事件を起こす物騒な作家、と思っておりましたが、実はちゃんと読んだことは殆どありません。氏の鉄道ミステリーの初期の作品に、たしか山陽線の臨時夜行特急【夕月】を題材にした短編があったと思います。なるほど、不定期の夕月ならば定期列車の合間を縫ってそれなりのトリックが編み出せるかもしれないなぁ、などと思いながら読み始めたのですが、こちらは最初から何かが起きることが判っていて頭...
  • おそらく98.7%以上の方はお分かりにならない、と思います。
    BSとか有料チャンネルなど、まつしまの家は現在のところそういった世界とは無縁ですが、新聞のテレビ欄がやたら解りにくくなってからだいぶ経ちますし、2011年のデジタル化とやらを経れば、おそらくそういうものも家の中に入り込んでくることになるのでしょう。それならそれで結構、別に流れに棹すつもりはありません。いま画面から流れてくるのは、お笑いタレントだらけ同工異曲かつ安直な、チープとしかいえない【バラエティー...
  • 楽しい記事が書きたい…
    こんな写真があるんです。いっくらでも楽しい記事が書けそうですよね。いずれそれができるようになる日が戻ってくる筈です。それまでは泣き言を言わずに( ← ウソ、泣き言はいくらでも書きますけど!)我慢しましょう。博物館で子供達を相手にのんびりと余生を送る姿ではありません。まさに現役バリバリの姿です。やえもんのお話しではレールバスのはな子とたろうは新鋭車輌だったようですが、ひとくちにレースバスといったって...
  • 苦あれば
    楽あり、と続いて初めて成句になります。この文章は、現在まつしまが遭遇している未曾有( ← ミゾユウでも全然おっけーですよ、まつしま的には)の事態に対処しているさなかに、ちょこっとだけ 『おっ♪』 と嬉しく感じられる場面があったんだよ、という報告文を企図して書き始めたんですが、果たしてどうなっちゃうんでしょうか…突然ですが、この成句 (苦あれば楽あり) が暗に示唆している苦と楽の按分比って、なんとなく...
  • 鉄道ファン通巻第18号, 1962年12月号
    この10月25日に新橋の旧停車場跡で見学した【特急つばめ】関連の展示に、鉄道博物館(旧交通博物館)の所蔵になる中山冲右衛門氏名義の【超特急試乗の招待乗車証】が含まれていて仰天したことを皆さんにご報告しました。以下、繰り返しの記述になりますがお許しください。中山冲右衛門: 地図式の車内補充券や電車区間乗車券などを考案した鉄道省職員で、おそらく日本で一番の切符のコレクターだった人物。昭和初期、日本の鉄道の...
  • やり残しを
    入院→呼び出し→付添介護→欠勤→休出で挽回この1ヶ月半、これを繰り返してきました。土日に往復して済むなら新幹線の運賃に泣けばよいだけなのですが、認知症が相手となると、いつ病院から呼び出しを受けるのか予想がつきません。完全看護を掲げているのだし、付き添ったところで、せいぜい家族にできることと言えばナースコールを押すくらいです。しかし、扱いの難しい厄介な病人(難病という意味ではなく)を預かって貰っている以...
  • ちゃんと記事を書く余裕がありませんが
    今年一年、このしょーもないでき損ないブログを可愛がってくださった皆さんに、ほんのちょびっとだけお礼のマネゴトなどを…どこの鉄道のなんという形式なのか、それを捜して楽しんでみてください。いずれ正解はお報せしようと思いますが、まずはお歳暮とお年玉を兼ねて(← バカヤロー!そんなの兼ねるんじゃない、ちゃんと別々に出せぇぇーーーっっ!!)クイズ&プレゼント、なんてことにしてもいいかもしんないですね♪方針は未定...

プロフィール

急行まつしま2号

2019/8/12 に Yahoo blog から移ってきました。2008/3/28 から活動しています。

残念写真はFH君(高校時代の同級生)の叔父さん(故人)が1960~62年にかけて撮影したもので、まつしま(以下、管理人という)は約40年前、高校卒業時にそのベタ焼きスクラップ帳をFH君から預かりました。

約半世紀が過ぎ、管理人にも終活準備の必要が迫ってきましたが、どの被写体もこのまま埋もれさるのはあまりにも惜しいと考えて公開を決意しました。

全ての記述と残念写真を除く全ての画像は、管理人によるものとお考え下さい。従って、残念写真に対する苦情・異議等は、いっさいお受け致しかねます。この点、あらかじめご了承頂くとともに、不同意の方の閲覧は(たとえ記事が全公開に設定されている場合であっても)お断り致します。

また、残念写真以外の全てについては、管理人の責任と権限で対応致しますが、管理人が【適切でない、相応しくない、好ましくない、不快である】等と判断した書き込みは、発見し次第、全て管理人の一存で警告なしに即刻削除します。この点も併せてご了解頂きます。

なお、上記の点は、全て【管理人の固い意思】であって【どなたからどのような種類の申し入れ等があっても応じない】こと、及び【どなたとの議論にも応じない】ことを、あらかじめ明記しておきます。

これらの方針に同意されない方の閲覧は当方から固くお断り致しますので、どうぞ速やかにご退出ください。

記事を閲覧される方は、(万が一紛議等が生じた場合も含めて)全てここに記述した方針に同意され応諾された方として対処致しますので、念のため此処に併せて明記しておきます。

原則的に【来る者は拒まず】が基本スタンスですが、ただし、管理者に対して過去に敵対的言辞等を執った事実のある者からの再接触等は、たといそれが当該敵対的行動の撤回及び謝罪並びに釈明等であっても、その全てを拒絶します。

もし釈明や和解の必要を感じたなら、その時点で直ちにそう処置した筈であり、またそう処置すべきでもありました。それをしないまま再接触を図るということは、

①なんらかの意図があって、非敵対的な態度を偽装もしくは隠蔽している

②記憶力に欠陥のある攻撃的性格

上記①または②のいずれかと考えざるを得ません。すなわち将来に於いて再び敵対的言辞を吐き散らし敵対的行動を執る危険性が極めて大きい者である可能性を窺わせる者である、と見做し得るわけで、そういう面倒くさいヤツと関わり合うのは金輪際願い下げ、二度と御免蒙ります。

そんなヤツに愛想笑いなどする気は全くありません。見つけたら直ちに叩き出して塩を撒くので、そのつもりで。

最新情報

月別アーカイブ