• こまかい話は後日改めて…
    今日は天気晴朗ナレドモ浪高シでしたが、鉄道は頑張って走るじゃろ、と踏みましたので、久々にワンコインで【普通列車】を愉しんでまいりました。西船橋 10:37発 南船橋 10:43着南船橋 10:57発 蘇我 11:15着蘇我 11:23発 木更津 11:55着木更津 12:40発 安房鴨川 14:43着安房鴨川 14:47発 大網 16:21着大網 16:48発 成東 17:06着成東 17:12発 千葉 18:06着千葉 18:11発 船橋 18:25着今日、唐突に思い立ちましたので、時刻表...
  • こまかい話
    昨日130円で千葉県を堪能した話ですが、大見出しでいうと、1.モハ112の兄ちゃんと弟(か、姉ちゃんと妹)2.往復乗車券の怪で書きたいことがあります。どちらも同じ事象に根ざしていて、そこんところにいかにも話題に乏しいまつしまチックな悲しさが漂うんですが、うまく話がまとまらず難航しております。ま、どうせ大した話じゃありませんので、まとまろうと破綻しようとそんなのどっちだって構わないいんでしょうけど、人様に...
  • こまかい話 本題
    一昨日の11月1日、唐突に思い立ってふらりと阿房列車に乗ってまいりましたが、その距離を正確に計算してみると276.2キロにも及びました。(東金線は地方交通線ですが乗車距離で計算しました。)東海道線で言えば鷲津(浜松と豊橋の真ん中くらい)あたり、東北線なら福島のちょっと先まで、用もないのにふらふらと出掛けた勘定になります。これで130円ならばお得もお得♪ と、考えるところが既にフツーのヒトではない、という証拠な...
  • こまかい話 論外編
    番外編、じゃありませんぜ。論外編。ロンガイ、てんでお話しになんない、引っ込んでろバカヤロー! という種類の話です。木更津で降りたのは、ひとつには君津より駅弁にありつける確率が高いだろうと踏んだという事情もありますが、それと同じくらいのインセンティブが久留里線のキハ38にあったからでもあります。まつしまんちにはデジカメがありません。んで、頼りのフィルムカメラはというと、これがご機嫌ナナメ(故障したまま...
  • 解んない…
    今日は、近所の駅前に買い物がてら2時間ほど散歩してきました。宇宙が透けて見えそうな青い空に仔犬のように柔らかそうな雲がひとつだけぽっかりと浮かんでいて天気は上々でした。けど、風は少々肌寒く、身体が温まってくるまでは日向を選んで歩いたりして。そう遠くないところに中山法華経寺という名刹があります。今日は(先日と違って)携帯の電池も満タンでしたので、抜けるような秋空をバックに何枚か。鉄道と違って相手が動...
  • 遅くなりました-1/3
    ご要望にお応え致します。まずは南フナさんからのリクエスト、長野駅 in 1961。駅舎そのものは後年撮影されたものとあまり変わらないと思いますが、無理矢理ポイントをほじくり出すとしたら、 1.架線柱が皆無 2.ロータリーに並ぶ自動車の風情が…といった辺りがご覧いただけるところなのかなぁ、とか…って、実は書いてる本人が一番自信ないんですけどね。...
  • 遅くなりました-2/3
    2番目はシービーさんからご要望があったキハ57の急行志賀です。ピッカピカで、いかにも新製間もない、という印象を受けます。気動車も新しいとこんなにきれいなんですねぇ…...
  • 遅くなりました-3/3
    ラストはひでさんからのご要望。後悔、( ← 違うって!!)、公開を考えていなかった【善光寺の様子】なんですが、ファン第一号からのご要望とあらば、なにをおいても真っ先にお応えせずばまつしまの男がすたります。( ← なぁ~にを大袈裟な…)どうも関係者じゃないかなぁ、と思われる人物にはモザイクを掛けましたが、そもそも人を写したつもりなのか建物を撮ろうとしたのか判然としませんので、まぁ、こんな程度かな、と思...
  • ふと気付いたんですが
    鉄道を、作品の舞台としてではなく題材とした著述家は日本ではそう多くありません。今年6~7月に教育テレビで放送した【知る楽】でも、内田百・阿川弘之・宮脇俊三を挙げていましたが、逆にいうと、この三人のほかには鉄道そのものを文芸として表現する技糧と知識を兼ね備えた人というのがなかなかいない、ということなのだろうと思います。宮脇俊三亡き後、どんな作家がどんなふうに鉄道を描くのかなぁ、と、その登場を心待ち...
  • うわっ! チョーきれい!!
    つばさ51号さんが、魔法使いのようにきれいに修正したC62の写真を送ってきてくださいました。もともとこの記事でお願い、とゆーより、強引に押し付けてしまった話だったのですが… ↓ これです。http://blogs.yahoo.co.jp/rinjimatsushima/23994489.htmlんで、そこに掲出してあった残念写真はこちら。 ↓ 悪くないカットだと思うのですが、なにしろ画面の状態が…それをどのように化粧直しして下さったかと申しますと、ですね。...
  • 両方あったんですねぇ。
    地紋も国鉄なら運賃の大半も国鉄線に対する対価ですが、なにしろ長野電鉄発行の乗車券ですので杓子定規に【私鉄乗車券】の書庫に区分致します(笑)で。確かに乗換駅は長野も屋代もどちらも可能性があったわけですが、そのどちらについてもちゃんと常備券が設備されていたんですねぇ…ほら。 ↓ ね♪よくみれば、屋代経由の方が若干安いですが、乗車距離を考えればなるほどそうですよね。こまかい印刷仕様が微妙に違っていますが、...
  • なぜ門デフ??
    いえ、別に門デフだって全然構わないんですけど、でもここ、信越線なんですよ…ほとんど同じ位置でなぜか2枚撮影されていましたので、両方並べて掲出しますね。ケムリの具合で別の写真だということはお判り頂けると思います。撮影場所は信越線の高田。比較的若い番号ですが、なんだってまた南国スタイル(でもないか…)なんでしょうねぇ?やっぱり、この容姿だと背後にソテツとかバショウみたいな南国系の樹木が写り込んでいないと...
  • これも高田駅ですよ、きっと♪
    【あさま】はいまでこそ新幹線の愛称ですが、この出来損ないブログをご覧下さる方の大半には181→183の特急を想起させるキーワードだろうと思います。ところがところが!!かつては、どうしてそれが【あさま】なの?というくらい、あまりにもあさまではない線区を走っておりました、という証拠写真が出てきました。 ↓ これ♪この2枚、さきほど掲出したD51と同じベタに写っておりました。光線の加減から考えると午前中なんじゃなか...
  • 洪水
    長野の門デフ、ではなく、長工デフのD51の写真を掲出して、皆さんからあれこれとおもしろいお話をたくさんご教示賜ることができましたので、そのご恩返しに(←なーにを大袈裟な!)門デフ機関車のラインダンスでもやってみようかな、とか思ったんですが…出てくるでてくる!取捨選択に懊悩するほど、ワンサと出てきました…ちっとやそっとのことではとても掲出し切れません。少し水位が下がるまで避難して、掲出は水は引いてからじっ...
  • 門デフじゃなくてゴメンなさい…
    全然門デフじゃないんです、今日の話題…どうすっかなぁー、と思ったんですが、もう写真は準備しちゃったし…ま、いっか。掲出したら、あとはさっさとログアウトして布団にもぐっちゃおーっと!!んじゃ。まずは屈伸運動なんかして、ダッシュで逃げ出す準備を充分に整えてと… (グリグリコキコキ)位置についてぇ~、よぉぉ~~い… ↓ はい、これ!!だぁぁーーーっしゅっっ!!!!んじゃ、みなさん、またあした、さいならぁぁー...
  • へっへっへぇ~~♪♪ 嬉しいな!
    買っちゃった♪読みたかったんです、これ! ↓ これだぴょーん!安くなかったッスよ、価金二千三百円也!うーむ、豚丼換算でおよそ8杯。これはかなり手強いナニでありました。が、しかぁーし!!稀代のヘソ曲がりについて、その正統なる継承者(え゛!そうなの??)たる阿川弘之や赤瀬川原平の、しかも最新の著述が読めるってんなら、こんな嬉しいこたぁありません。我慢しようじゃありませんか、豚丼8杯♪てなわけで、おヒルご飯...
  • 鋭意努力しております。が、しかし!
    長工デフのD51からの流れで門デフの機関車の写真を懸命に掘り起こしておりますが、はっきり申しまして難航しております。なぜかっちゅーとですね!地層をほじくっておりますとゆーと、門デフの代わりにこーゆー写真がゴロゴロと出てきてしまうわけでありまして… ↓ これ! こーゆーの…これ見たら嬉しくなっちゃうじゃないッスか、やっぱり♪シャベルと刷毛を手にして淡々と発掘作業に従事しなきゃなんない者が、ですよ。シャベル...
  • おまえ、フザケてんのか!?(怒)
    はい、ちょっとおチャメしてみよっかなぁ~、とか思って♪へへへ!ほんものの【門デフのラインダンス】でしょ♡♡♡なんて書いてはみたものの、全然イロッぽくねぇなぁ…ラインダンス=脚線美、という連想だったつもりなんですが、足回りがまるっきり写ってないもんなぁ。やめときゃよかった。ま、およそまつしまが思いついて有頂天になることなんてのは、だいたい【この程度】なんスけどね…(自嘲)...
  • だそうですぜ、どうします??
    駅にチラシが置いてありました。車内にも吊り広告が下がっています。 ↓ これ…別に他意はないんでしょうけど、んでも、勘繰ろうとすれば、『どうして高砂の車庫でやらないんでしょね?』なんて突っ込みを入れられなくもないような…ま、確かに客観的に考えて宗吾車庫の方が来場者の安全確保という目的には遥かに合致していますし。かつて国鉄が、C571を走らせる線区をよりにもよって山口線に決めたとき、『見たけりゃ山口線まで来...
  • フンだ! いーもん、別に乗りたくねーもん!! (涙)
    ひとつ前の記事で京成電鉄100周年の記念行事の話題を取り上げまして、その中で国鉄山口線で復活した当時のC571に言及しました。ビンボたれのまつしまには、仙台から小郡経由津和野までの乗車券なぞ論外であった、従って、いくら国鉄が蒸気機関車を復活させて営業運転に供しようと、実際に触れることができないというその一点に於いて、そんなのNASAが打ち上げた火星探査機と選ぶところはない。極論すればこういった調子で...
  • 満員電車とコンプライアンス
    以前ご紹介したことがあったかもしれませんが、こういう本があります。 ↓ これ♪元検事ですよ、この本の著者って…もちろん、法律なんかバリバリに破っちゃえ、なんてムチャなことを云っているのではありません。【法律とは市民の生活に役立つものでなければ意味がない】ということを述べているのですが、これは言い方を変えるなら、『法律だからどうしても守らなければならない』というのは、そもそもの法律というものの存在理由...
  • 見本券ですが。写真は再掲出乞う御容赦!
    大好きな155系電車の名前が入った指定券を見つけましたので、ちょっとご披露申し上げます。で、せっかくですので、その姿もご覧頂くことにしたいと思います。列車の様子は、以前も一度お目にかけたことがありましたが、先般の鉄道ピクトリアル誌でも【修学旅行以外の用途】で運転された臨時列車の姿の写真は意外に少なかったようですので、再掲出へのお叱りを承知の上で並べてみることに致します。ご容赦下さい。ではまず、指定券...
  • 記事が延べ1000件になっていました。
    とはいえ、掲出できる画像データーサイズの制限のため、同じテーマでつづけざまにいくつもの記事を掲出したこともありましたので、表記のうえで節目というだけで、話題の件数からいえば、おそらくまだ900件目よりも手前なのだろうと思っています。こういう事象を正確に記録しておかないのが、なんともズボラでいい加減な性格を強烈に裏書きしているような気がします。お恥ずかしい…というわけで、本当は『どうしようかな…』と躊躇...
  • もういっちょ!!
    延べ1000件突破のお祝い記事をもうひとつだけ。門デフの機関車の書類選考を続けておりますが、びっくり仰天の応募者(←違うだろ!!)が混じっていました。こ、こ、これわ…!?!?もう、全然C51じゃなくなっちゃっているのに、依然としてC51。まさにミステリーワールド・九州!伊賀甲賀をさし置いて変わり身の術とは、やるなぁ、門司鉄道管理局、侮りがたし… (← ???)それにしても、いったいどうしてこんなことに...
  • 327M列車, 80系, 鉄道ピクトリアル誌から
    オセッカイー!! 外野は引っ込めぇー!!!はい。おっしゃる通りです。ブーイング、まことにごもっともでございます。すぐにやめますんで、ちょっとだけしゃべらせてください、あ、痛いいたい、モノを投げないで!!ご交誼を賜っている南フナさんの、そのまた親しいお知り合いと思われる expressokuizu さんとおっしゃる方が、南フナさんのお書きになった80系電車関連の記事で、327Mと静シスの編成について情報を、とお書きにな...
  • 今月は、ちょっと書籍代が嵩みました…
    今日、会社の帰り道に立ち寄った本屋で、あらま、と思うようなタイトルの新書を見つけてしまい、ついつい買っちゃいました。新書って、重版にならないことが割りにあります。経験的にいって、見つけたらその場で買わないと、後になって『やっぱり読みたい!』と思い直したりしたら大変な手間と時間がかかることになりますので、ぼちぼち財布が軽くなってきてるんですが、エイヤッ!!ってな感じで…ま、それほどの額でもないんです...
  • これで毎月2400円ッス…
    いっつもボロクソにコキ下ろしているくせして、実はこーゆー出版物にはコロッと篭絡されちゃう無節操なまつしまでございます、はい。巻を重ぬること既に20号、今日帰宅したら、夕刊と一緒に第21号・山田線が届いていまして、またしてもワクワクなひとときを過ごしちゃうわけでして… ← バカ。まつしまのでき損ないブログを可愛がって下さっている方の中にも、これを定期購読なさっている方がいらっしゃることと思いますが、そうい...
  • 意外にも…
    先日掲出したピクトリアル誌からの引用記事にお寄せ頂いた皆さんからの反応を拝見して、80系電車の人気が高いということにちょっと意外な感を受けました。まつしまとしては、漠然と『旧形国電ファンにとっては興味の薄い形式なんだろーなー』なんて思っていたものですから、『あらま!そうだったの!?』なんて、正直なところ半ば驚いております。旧形国電の世界では、列車種別表示に【急行】と掲げてはいても決してお客さんには急...
  • でわでわ♪
    シービーさんと南フナさんからラブコールを受けた、1.東海道を疾駆する長大編成の80系2.その先頭(というか、しんがりというか)に立つクモユニに昇天を(←違うっ!つーのに!!なんだって一発目でこれが変換されて出てくるんじゃあ!!)、もとへ、焦点を絞って解像度を上げた写真をば掲出いたしませう。解像度は上げましたが、画質を上げた、とは一言も申しておりませんので、どうぞそこんところは誤解のありませんよーに… ...
  • 久々に切符のオークションを覗いてゲンナリ…
    中には、『おっ!?』っと身を乗り出すものが何件かありましたが、総じて品薄という印象を受けました。それより、正直言って観ているうちにゲンナリしてきてしまいました。ひとつひとつを細かく見ればそれなりに楽しいものも混じっているであろうことは、さすがにこちらもその道40年ですから、ある程度の想像はつきます。玉石混交ですもんね、原則的には。しかし、タイトルにはやたら【稀少】だの【レトロ】だの【貴重】なんて枕詞...
  • アップに耐えられない
    シービーさんのご希望に再度お応え致します。けど…どれも元々の写真(ベタ)の処理が悪いことに加えて、経年劣化で更に画面が荒れてしまって、本当はアップに耐えられないものばかりでして。オマケに3枚のうち2枚は、たぶん再掲出だと思います…その辺りをなにとぞよろしくご斟酌賜りますように…これ、ホントにつばさ51号さんに修復をお願いしようかなぁ、とマジメに考えとります…...
  • なぜ? どうして??
    門デフの話をナニしてまいらなければならないのですが、まつしまの手元には各形式の【個体】の経歴や履歴を検証するデーターが皆無です。残念写真撮影者が手元に残してくれた写真は包み隠さずご覧に供します。そこから先は、皆さんのアタマの中にある記憶・知識・情報、そして出版物などを援用しながら現れてくる不明点をご一緒に裏書きしていけたら楽しいだろーなー、なんてムシの良いことを考えております。披露宴のウエディング...
  • ひでさん、いかがでしょか??
    京成電鉄創立100周年記念行事。3編成でかつての塗色を復元して、利用者に楽しんでもらおうという企画です。安直、とか、工夫がない、なんて、傍からあれこれ雑音を立てる向きもあるようですが、でも、これだってタダじゃできないことです。ちゃんとコストがかかっている。それは、確かに観客が斟酌する必要がある話ではないけれど、でも、その費用を投じてでも、こういう記念行事を通じて利用者になにかを訴えたいという思いや、...
  • よんどころない事情で-1
    ブログに記事を投稿、などといっていられない事態になりました。この先も出来るだけ更新につとめますが、取り急ぎ門デフの写真だけ、あれこれ余計なことを書かずに掲出しておくことにします。...
  • よんどころない事情で-2
    ブログに記事を投稿、などといっていられない事態になりました。この先も出来るだけ更新につとめますが、取り急ぎ門デフの写真だけ、あれこれ余計なことを書かずに掲出しておくことにします。...
  • よんどころない事情で-3
    ブログに記事を投稿、などといっていられない事態になりました。この先も出来るだけ更新につとめますが、取り急ぎ門デフの写真だけ、あれこれ余計なことを書かずに掲出しておくことにします。...
  • よんどころない事情で-4
    ブログに記事を投稿、などといっていられない事態になりました。この先も出来るだけ更新につとめますが、取り急ぎ門デフの写真だけ、あれこれ余計なことを書かずに掲出しておくことにします。...
  • よんどころない事情で-5
    ブログに記事を投稿、などといっていられない事態になりました。この先も出来るだけ更新につとめますが、取り急ぎ門デフの写真だけ、あれこれ余計なことを書かずに掲出しておくことにします。...
  • よんどころない事情で-6
    ブログに記事を投稿、などといっていられない事態になりました。この先も出来るだけ更新につとめますが、取り急ぎ門デフの写真だけ、あれこれ余計なことを書かずに掲出しておくことにします。...
  • よんどころない事情で-7
    ブログに記事を投稿、などといっていられない事態になりました。この先も出来るだけ更新につとめますが、取り急ぎ門デフの写真だけ、あれこれ余計なことを書かずに掲出しておくことにします。...
  • よんどころない事情で-8
    ブログに記事を投稿、などといっていられない事態になりました。この先も出来るだけ更新につとめますが、取り急ぎ門デフの写真だけ、あれこれ余計なことを書かずに掲出しておくことにします。...
  • よんどろこない事情で-9
    ブログに記事を投稿、などといっていられない事態になりました。この先も出来るだけ更新につとめますが、取り急ぎ門デフの写真だけ、あれこれ余計なことを書かずに掲出しておくことにします。...
  • よんどころない事情で-10
    ブログに記事を投稿、などといっていられない事態になりました。この先も出来るだけ更新につとめますが、取り急ぎ門デフの写真だけ、あれこれ余計なことを書かずに掲出しておくことにします。...
  • よんどころない事情で-11
    ブログに記事を投稿、などといっていられない事態になりました。この先も出来るだけ更新につとめますが、取り急ぎ門デフの写真だけ、あれこれ余計なことを書かずに掲出しておくことにします。...
  • よんどころない事情で-12
    ブログに記事を投稿、などといっていられない事態になりました。この先も出来るだけ更新につとめますが、取り急ぎ門デフの写真だけ、あれこれ余計なことを書かずに掲出しておくことにします。...
  • よんどころない事情で-13
    ブログに記事を投稿、などといっていられない事態になりました。この先も出来るだけ更新につとめますが、取り急ぎ門デフの写真だけ、あれこれ余計なことを書かずに掲出しておくことにします。...
  • よんどころない事情で-14(終)
    各位この先、仕事を最優先で考えて、そのうえで今次の緊急事態に対応しながらどれくらい自分のための時間を確保できるか、などということは現時点では目算が立ちません。まずは当面の事態にどう対処するか。それを仕事とどう折り合いを付けるか。その目処がつくまでは、しばらくお休みになると思います。悪しからず、ご了解を賜り度。 まつしま拝...
  • かなり大変です
    皆様仕事ではなく私生活のことなのですが、大変に深刻な状況で、しかも長期に亘る話を覚悟しなければなりません。かといって、目算も立たないまま結果的に家族に負担を押し付けるような行動はとれませんし、とるべきではないと考えてもいます。まずは、仕事にアナをあけないようにしながら、いまの資力でなんとかまかなえる方法を探らなければなりません。逆に今の資力ではできないことは、必要だといわれてもできないとしかいえま...

プロフィール

急行まつしま2号

2019/8/12 に Yahoo blog から移ってきました。2008/3/28 から活動しています。

残念写真はFH君(高校時代の同級生)の叔父さん(故人)が1960~62年にかけて撮影したもので、まつしま(以下、管理人という)は約40年前、高校卒業時にそのベタ焼きスクラップ帳をFH君から預かりました。

約半世紀が過ぎ、管理人にも終活準備の必要が迫ってきましたが、どの被写体もこのまま埋もれさるのはあまりにも惜しいと考えて公開を決意しました。

全ての記述と残念写真を除く全ての画像は、管理人によるものとお考え下さい。従って、残念写真に対する苦情・異議等は、いっさいお受け致しかねます。この点、あらかじめご了承頂くとともに、不同意の方の閲覧は(たとえ記事が全公開に設定されている場合であっても)お断り致します。

また、残念写真以外の全てについては、管理人の責任と権限で対応致しますが、管理人が【適切でない、相応しくない、好ましくない、不快である】等と判断した書き込みは、発見し次第、全て管理人の一存で警告なしに即刻削除します。この点も併せてご了解頂きます。

なお、上記の点は、全て【管理人の固い意思】であって【どなたからどのような種類の申し入れ等があっても応じない】こと、及び【どなたとの議論にも応じない】ことを、あらかじめ明記しておきます。

これらの方針に同意されない方の閲覧は当方から固くお断り致しますので、どうぞ速やかにご退出ください。

記事を閲覧される方は、(万が一紛議等が生じた場合も含めて)全てここに記述した方針に同意され応諾された方として対処致しますので、念のため此処に併せて明記しておきます。

原則的に【来る者は拒まず】が基本スタンスですが、ただし、管理者に対して過去に敵対的言辞等を執った事実のある者からの再接触等は、たといそれが当該敵対的行動の撤回及び謝罪並びに釈明等であっても、その全てを拒絶します。

もし釈明や和解の必要を感じたなら、その時点で直ちにそう処置した筈であり、またそう処置すべきでもありました。それをしないまま再接触を図るということは、

①なんらかの意図があって、非敵対的な態度を偽装もしくは隠蔽している

②記憶力に欠陥のある攻撃的性格

上記①または②のいずれかと考えざるを得ません。すなわち将来に於いて再び敵対的言辞を吐き散らし敵対的行動を執る危険性が極めて大きい者である可能性を窺わせる者である、と見做し得るわけで、そういう面倒くさいヤツと関わり合うのは金輪際願い下げ、二度と御免蒙ります。

そんなヤツに愛想笑いなどする気は全くありません。見つけたら直ちに叩き出して塩を撒くので、そのつもりで。

最新情報

月別アーカイブ