• まつしまんちの壁には
    こんなもんがぶら下がっています。 ↓ その1251系電車1号編成の完成公式写真。90年の竣工時に日立製作所笠戸工場の敷地内で撮影されたもので、最初からアルミフレームに収められていました。当時(今も、ですが)あまり新形式の車輌に好意的な印象を抱いていなかったまつしまが、この形式だけは例外的に、いかにも走行路線にマッチした設計だなぁ、と感心したものでした。ひとことで決め付けてしまっては身も蓋もないですが、こ...
  • 49年前の渡道は
    約50年前の夏休み、残念写真撮影者は(おそらく)初めて北海道に渡る機会を手にしたのでしょう。東京から北海道に向かうには、当時はまず上野駅へ行きました。すると、可処分所得に余裕のある人は特別急行で、やや余裕のある人は急行で、以下、準急、普通とグレードダウンしながら、それぞれがまずは乗らなければならないのが青森行きの列車でした。撮影者は可処分所得に余裕があったとは到底思われませんが、学割と周遊券の特権を...
  • なんでぇ、つまんねぇ写真… じゃねえぞ、こりゃ!?
    まつしまも、残念写真にはあんまりすごい被写体ばっかり出てくるので、こういうカットを『なんだ、つまんねえ写真だなぁ…』なんて、ろくろく検分せずにすっかり見落としていました。反省せねば!スゴくないですか、これ!?C59とED72が並んでいて、しかも、ED72が牽いているのは、これ、なんでしょうねぇ♪♪のけぞって引っくり返っちゃいそうな光景に見えます、まつしまには!そう思いましたんで、16:9のハイビジョンサイズでお送り...
  • 降ってきてますね
    明日の朝は本当に積もってるんでしょうか…?だとしたら、30分くらい早く出ないとアブナいんだろうなぁ、サブいのに難儀だなぁ…けど、雪に対しては俄然強かった筈の我がいとしの鉄道は、ここんところ雪に対してなんかひ弱になってきちゃってる感じがするもんなぁ。今朝もけっこう寒かったッスね。まつしまが駅に歩いてく途中には、冬になるとこんな景色が展開します。なんだかお判りになりますか? 霜柱です。かなり都会的な風物で...
  • ココロを入れ替えまして…
    昨夜掲出した門司(だと思うんですが…)の写真、『なんでぇ、つまんねえ写真だなぁ…』とろくすっぽ検分せずにほっぽらかしておいたものだったんですが、なんとED72とC59とナロネ10(当時)のトリプルアタックであることに気付き、かなりうろたえてしまいました。まつしま自身が自分で掲げた【残念写真】というタイトルに幻惑されて、それぞれの写真をかなりいい加減にしか眺めていなかったことを思い知らされた一枚でした。んで。...
  • ぐぬぬぬ…っっ!!
    富士とはやぶさがこの改正で退役。日本の表玄関というべき東海道線から看板を背負って走る列車が消滅する日が刻々と迫っています。いくら感受性とは無縁の無神経きわまりないまつしまとはいえ、やはりそれなりの感傷がココロに押し寄せてくるのを止めることはさすがにできませんので、書店の棚にならぶ鉄道雑誌の中から、それでも比較的冷静な対応を期待できる筈のピクトリアル誌を引き抜いてレジへ向かったのでありました。んで。...
  • 魔法だ…
    のびのびになってしまっておりましたが、つばさ51号さんの驚異のテクを皆さんにご覧頂こうと思います。後述する通り、本当は【驚異のテク】なんて手垢にまみれた言い回しではとても追いつかないくらいの表現が必要なのですが、まつしまはそういう種類の経験が実に乏しく、従ってその手の語彙もことのほか貧しく、こういう場面でオノレの能力の低さに歯噛みする思いを味わわなければなりません。なんとも悲しいことでございます。ん...
  • いかん! 目を合わせるなぁぁーーっっ!!
    確かに事件だった。3月6日、京成電鉄614列車の車内で起きた事象を、人は事件という言葉を使わずに、では、どのように表現できるのだろうか。まず、目の前で、いや、正確にはまつしまの視界10時50分方向で起きた、一連の信じ難い光景を時系列を追って記述しよう。614列車は6時10分に京成上野を指して芝山千代田駅を出発し、各駅に停車し、758K列車の通過退避のため東中山駅1番線に7時39分に滑り込んだ。3月6日の614列車は3020-1~30...
  • 見事にきれいにして頂きました♪
    一昨日、EF57とED42の写真につばさ51号さんがかけてくださった魔法をご覧頂きました。今日お目に掛けるのは、ED46とDF50です。いずれも元の画像は焼付け時の荒っぽい作業のせいで、せっかくの写真が台無しになってしまっていましたが、これを丁寧に補修して頂きました。つばさ51号さん、ありがとうございました。では、さっそくその成果を皆さんにもご覧頂きましょう。いずれも昨年12月に掲出した原版をお送りして修復して頂きまし...
  • おお!岩手開発じゃん!
    引き伸ばすまで、どこの気動車だろうと訝っていたのですが、これ、岩手開発鉄道ですね♪なにしろもの凄い枚数のベタですので、1:自分で見て形式が判別できそうな車輌の2:全景が写っているそういうコマのほかは殆どスッ飛ばしてロクロク検分しておりませんでした。しかし、先般のC59&ED72&ナロネ10のトリオを見て宣言したように【ココロを入れ替え】まして、この写真も、その入れ替えたココロと心眼で見つけたような次第です。(...
  • 【自由周遊区内はフリーパスのタイプの周遊券】の原型
    民営化から10年ちょっと経った98年、周遊券が廃止されて現行の【周遊きっぷ】に変わりました。1925年といいますから、大正14年に創設された券種で、戦中戦後の混乱期(1942-54の13年間)の廃止休止を挟みながらも、制度としては形を変えながら80年以上つづいているんですねぇ。さすがに創設当時の券はまつしまごときの手元にはとても回ってこない稀少なものですが、このくらいになると、なんとかなることもあるようです。この券は...
  • こ、混合列車ってゆーんスか、これ?? 前編
    岩手開発鉄道のところで予告編を書いた【妙な列車】です。忘れないうちに記事にしちゃうことにしますね。まつしまが自分で【機関車が動力車を牽引する】様子をみたことがあるのはこの列車です。  ↓ これ。時刻表(1975年3月号)を切り貼りしましたのでちょっと見づらくて申し訳ありません。以前、別の記事でもご紹介したことがある沼宮内行539列車で、盛岡から好摩まで花輪線に入ってゆく927Dを併結してゆきます。けどこれは両...
  • こ、混合列車ってゆーんスか、これ?? 後編
    (前編より)列車が走り出してからも、なんでそれがつながっているのか、どこまで引っ張って行くつもりなのか、走り出した今も本当にまだつながっているのか、ギモンだらけだったんでしょうね、きっと…そりゃそうでしょう。まつしまだって同じ場面に遭遇したら、アタマのてっぺんから【?】マークが18個くらいニョキニョキと生えてきちゃったに違いありません。ですんで、走行する列車から身を乗り出して、こんなカットまで撮影し...
  • これこそ【東京機関区】 → って、どうも論旨がおかしいぞ…
    おそらく大半の皆さんからご覧になれば、単なるアナクロおやぢのたわごとという部類の話でしかないのだろうと思います。かく申すまつしま自身とて、このような東京機関区の情景など、この目でみたことは一度もありません。んでも!いかがでしょう?九州特急を牽引すべく、特別に選ばれた装いをまとったEF58の誇らしげな顔立ち!そこんところだけをもうちっと引き伸ばすと、こういう写真になるんです♪震えがきちゃいます、まつしま...
  • C券に縦型印刷
    切符に興味のない方には、いったいなんのことだかさっぱりお判りにならないと思います。それが普通ですので、どうぞお気になさらず読み飛ばして下さい。一方、『なんのことだか判っちゃうよ~ん♪』という、どちらかというと【普通だ!】と言い切るのはいささか躊躇われる(←控え目な表現…)区分に属する方も、まつしま如き非才がそんな大層なことを書ける筈がありませんので、どうぞ画像だけ眺めて記事なぞは読み飛ばして下さい。...
  • 臨時従業員ばっかり?
    いや、その言い方はちょっと違うんじゃないでしょか?え? なにが?いえね、この写真に写っている機関車を見て、高校時代にそういう趣旨のことを口にした級友がいたんですよ。 ↓ これです。板谷峠が電化されてEF15が働き始めたから、次の職場に配置転換されてきたんでしょ、E10は?そりゃそうです。おっしゃる通り。しかも、E10に本線のツB(高速通過列車)仕業がこなせるのか、と問われれば、うーん、それはどうだったのかな...
  • だからって、なにも…
    昨夜はお通夜に行って参りました。昔からの知り合いだったんですが、昨年秋に『余命数ヶ月』との宣告。延命治療は施さず、13日に幽明境を異にしました。急に飛び込んできた仕事のせいで臨終に立ち会うことができませんでした。申し訳ないとは思うものの、今生きている者たちの糧を得ることの優先順位の方がどうしても高くなってしまいます。しかし。そうはいっても、自分から『止むを得ない、仕方がない』と諦めるのと、他から加え...
  • 米沢駅1960年
    この春はことさら残念な別れが多い改正でしたね。なんて、感傷的になりながら、米沢の写真はなかったかなー、なんてゴソゴソやってみたら…もう古過ぎて感傷とか惜別とかいう次元とは無縁の、三十三回忌もとうに過ぎ去った時代の写真を見つけましたので、さっそくご覧頂こうと思います。この時期の奥羽線では、急行は既にDF50が牽いていたようですが普通列車にはまだまだC51が老骨に鞭打って頑張っていたんですね。なんだか身体じゅ...
  • マーケットリサーチ、というのでしょうか♪
    釧路臨港か雄別鉄道か、どっちかの機関車だと思います。釧路製作所という看板が掛かっている機関車整備工場で撮影されていました。しかも、本体(機関車の全体像)はヌキで…スゴくないスか、これ…?この銘板がなんだって1960年の撮影時に?これ、やっぱり『軽々に取り外すことができないから』という思いがあったんじゃないかと思います。だって、その時点でこのプレートを保持している意味、ないッスもん。どんな機関車にくっつい...
  • こ、これわ!!
    へへへーっ!こういうのはファンに皆さんにしか見せないんだー!こんな機関車の写真をわざわざ公開して、それでボロクソ言われたんじゃ引き合わないですからね♪こないだ北陸線で働いているE10をお目に掛けましたので、ついでに、という訳でして。これ、確か機関区で撮られたものがどっかにあった筈なんですが、例によって手近な場所に見当たりません。見つけたら必ず掲出しますね。けど、これを無制限で公開するかどうかはちょっと...
  • ちゃんと残念な写真
    この記事が正式には600件目になるようです。いい機会だと思いますので、残念写真はやっぱり残念である、ということを、きちんと再確認しておきたいと思います。いい写真だと思います。雨合羽をまとった運転掛が機関車の運転台へ走り寄ろうとしている。通票を手にそれを待つ助士と思しき人物。背景には見事な貯木の山。主人公はたとえ零下25℃だろうと猛然と驀進する頼もしき9600。助士のおだやかな表情が束の間の緊張からの解放を物...
  • こんな切符でも
    なんでまつしまが切符を集めるのか?色々な理由がありますが、一番大きな理由は、昔ほど乗りたいと思う列車がなくなっちゃったからです。非常にわかりにくい説明ですが、以下にざっとご説明を試みようと思います。列車に乗るには、それ相当の時間と費用をかける覚悟が必要です。民営化直後くらいまでは、それを敢えて実行してみたくなるような列車が、それでもまだ日本のあちこちを走っていました。けど、今度の改正で、時刻表を眺...
  • マーケットリサーチ・その2 (-1/4)
    これからご紹介しようと考えている記事に添えて掲出する予定の画像データーの分量が、全部で6632kbあります。つまり、記事1件当たりの許容限度に換算すると3.3件分。本来は、まつしまライブラリーの残念写真を掲出してこれに解説文を添えるところなのですが、今回の題材の【難易度】は、まつしまの中途半端な知識などではホイホイと記事をデッチ上げられるような生半可なレベルではありませんでした。従って、記述が事実に裏付け...
  • マーケットリサーチ・その2 (-2/4)
    (-1/4からのつづき)で。1040らしいぞ、という確信がほぼ固まったのはいいんですが、そもそもその1100とか1040とはどんな姿かたちの機関車だったのでしょう?これが判らないことには、残念写真に写っているのかいないのか、最も重要な探索を始めることができません。-1/4に掲出した虎の巻の記事によると、国有化以前の形式との関係などがあって、国鉄1100がこの系統の標準形式であったにも拘わらず、それをほぼ複製した(=つまり...
  • マーケットリサーチ・その2 (-3/4)
    (-2/4からのつづき)続いて、いよいよ日本鉄道400型時代の1040の写真を掲出しておきます。これは今までの3枚と違って、いわば【全身】の様子がよく判る写真です。出典は【100年の国鉄車輌・日本国有鉄道工作局・車輌設計事務所(交友社・1974年3月11日)】すなわち、国鉄自身の手になる、最も信憑性の高い資料です。これもクリック→拡大でご覧になって下さい。その方が見やすい画像になりますので。実は、この稿の最後 (-4/4,終)...
  • マーケットリサーチ・その2 (-4/4, 終)
    (-3/4からのつづき)というわけで、これまで日本鉄道1040型について皆さんに知って頂くために(←ウソ言うな! 本当は自分が知らないから調べただけじゃないか! ギクぅぅっっ!! えっ? な、なにをショーコにそのよなーことを… ← って、声が裏返ってますよ、おニイさん♪)資料のあれこれをご覧頂いてきたわけですが、んではいよいよ【日本鉄道】と【明治参拾七年大宮工場】の銘盤の主に登場してもらうことにします。どうか...
  • こ、こわい…
    京成電鉄ではこの2月14日にダイヤの一部修正がありました。どこがどう変わったのかは、新旧の時刻表を並べてみないと判らないくらいの内容ですが、それでも京成津田沼を中心とする時刻改正はそれなりに結構な規模だったようです。で。改正や修正がある度に律儀に時刻表を買い込んでくるまつしまもバカといえばバカなんですが、そのバカがつい手を出しそうな時刻表を作って売ってる方もなかなかのもんだと思います。けど、京成電鉄...
  • spencerさん、どうしちゃったんでしょう…?
    まつしまがこの出来損ないブログで『ワタシも交ぜてください!』と皆さんにご挨拶してから、あと一週間でまる1年になります。その間に様々な方とお知り合いになることができ、また、そのうちの幾人かの方とは実際にお目にかかってお話をする機会を得ることができました。また、途中でゴタついたこともありましたが、とにかくほぼ1年もの間、途中で投げ出しもせずに続けてくることができたこと自体を、なんと幸せな恵まれたことで...
  • トホホホ… ハエタタキ写真館
    望遠レンズなどとんでもない高級品だった時代の話です。ですから、標準でどこまで近付いて、しかも編成が収まるように適度な距離を保ちながら、いかに撮影するか。失敗を重ねなければなかなか体得できないものなのでしょう。それはまつしまにもよぉぉーく判ります。んでも…だったら、いまちっとファインダーの中をよぉーーっく確かめてからシャッターを切っても遅くはなかったんじゃないでしょか??この7枚、全部同じベタに写っ...
  • アホかっ!! いらんオセッカイを…
    昨夜、ちょっと【春先のおチャメ】のつもりで東海道線大船付近のハエ叩き残念写真オンパレードをちょこちょこっと記事にしてみたのですが、思いのほか皆さんからの反応を頂戴して、正直なところ動揺しております。ありゃりゃ…、これはマズかったかな?  なんて。で、お若い方もご覧になっていらっしゃいますし、せっかくの機会ですのでひとつ【ハエ叩き】について軽く【暮らしの1分メモ】っぽくまとめてみます。 ← アホか!い...
  • 判るのは小田急ということだけ
    1960年に撮影された小田急の電車、ということしか判りません。車体の形や形式番号を見ればお判りになる方からご覧になれば、『なんだ、つまらん写真だな』という可能性もあるのかもしれませんが、私鉄が不得手なまつしまには、その判別もつきません。皆さんにご覧頂いて、もしも楽しんで頂くことができれば、とても嬉しく存じます。個人的には1枚目の急行電車(1206)の【小田急っぽくない顔】というか【阪急とか近鉄といわれれば...
  • これ、なんなんだろ…??
    1枚目と2枚目は、そりゃ判るんですよ。せっかく道東まで行ったんですから、ここは準急ノサップを写さないわけにはいかない!とゆーか、写そうにも派手な列車といえば(まだ1960年当時ですから)ノサップくらいしかない、と。北海道初の特別急行おおぞら号が颯爽と登場するのは、この写真の翌年のことですから。どうでもいいですけど、これヘッドマークがついた方の車輌は、冬場だったら敬遠したいですよね…んで、まつしまはなに...
  • えっへっへ♪
    昔の、古う~い写真ばっかり掲出しているまつしまですが、実はこんな資料も手元にはあります。ま、これだって、もう新しい資料とはいえない部類になってしまいましたが。これを公開モードで掲出しちゃうと、【自分でそれを目にしたり手に入れるチャンスにどうアプローチするか】ということを、まともに考えようともしないくせに、まつしまが努力して得た結果だけを見て【ズルしたんだろう】とか【自慢たらしいマネをするな】なんて...
  • 手抜き画像でごめんなさい
    けど、なにしろご覧の通り数が多すぎます。とてもじゃないですが一枚ずつスキャンしていたら明日の朝になっちゃうかもしれません。(←んじゃ明日の朝までやりゃいいじゃねーかっ!誰も困らねーんだしっ!!)ま、ま、そこをなんとか、どうぞ穏便に…全部見本ですけど、その代わりこの時期に出札口に設備されていなければならない券種は全部揃っております。3等級制が廃止になり2等級制に移行してから、2等寝台が通行税不課税になる...
  • 手抜き画像でごめんなさい その2
    昨夜、一葉式の急行寝台券を一挙に(手抜きで)掲出しましたが、この時期の特急券はもっとゴチャゴチャあります。それは、普通急行料金が(1)300Kmまで、(2)301Km以上、の2地帯制であったのに対して特別急行料金は(1’)600Kmまで、(2’)1200Kmまで、(3)1201Km以上、の3地帯制であったためと、【個室】の存在によります。これを今の料金体系にスライドさせて考えたら、間違えずに出札するのは至難の技、名人芸になっ...
  • 満一年目、すっかり忘れてました
    昨日、すなわち3月27日は、まつしまがこの不出来なブログで皆さんのお仲間に入れて頂いてから満1年目でした。記念日にはなんかおもしろい企画をやんなきゃなぁ、なんて漫然と考えていたんですが、なにしろ今週は気が違ったんじゃないかと思うくらいに忙しかったもので。もちろん、昨今のご時勢にあって、押し潰されるんじゃないかと思うくらいの仕事があるってのはとてつもなく有難いことだというのは判っちゃいますが、当の本人に...
  • どどどどどどっ!!
    昨日、本屋でピクトリアルを手に取ったら…郵便車と荷物車のオンパレード、表紙はEF61が牽く荷物列車にクモニ83とクモユニ74が先頭に立つ中央東線電車がドドーンと載っていて、『こりゃあ相当濃いなぁ…』なんてひとりごちながらレジへ向かったんでありました。中身はここであれこれ書くべきものではありませんから差し控えますが、その写真の当時から、「やっぱり撮影する人は撮影していたのね、いやはや脱帽、おそれいりました…」...
  • 入場券は不得手な分野でして…
    まつしまが、『ブログを始めてから1年経ちました、皆さんのご交誼に感謝します』とお伝えするのと、ちょうど時を同じくして…まつしまの背中を【ブログやれよ!】と押して下さった(←そのよーな事実はない。まつしまがそう【思い込んでいるだけ】なんですが)お師匠さま(シービーさんとおっしゃいます)が、横須賀線の新川崎駅開業当時の写真と、それにまつわる思い出を記事にしていました。その中に、開業日にアッという間に売り...

プロフィール

急行まつしま2号

2019/8/12 に Yahoo blog から移ってきました。2008/3/28 から活動しています。

残念写真はFH君(高校時代の同級生)の叔父さん(故人)が1960~62年にかけて撮影したもので、まつしま(以下、管理人という)は約40年前、高校卒業時にそのベタ焼きスクラップ帳をFH君から預かりました。

約半世紀が過ぎ、管理人にも終活準備の必要が迫ってきましたが、どの被写体もこのまま埋もれさるのはあまりにも惜しいと考えて公開を決意しました。

全ての記述と残念写真を除く全ての画像は、管理人によるものとお考え下さい。従って、残念写真に対する苦情・異議等は、いっさいお受け致しかねます。この点、あらかじめご了承頂くとともに、不同意の方の閲覧は(たとえ記事が全公開に設定されている場合であっても)お断り致します。

また、残念写真以外の全てについては、管理人の責任と権限で対応致しますが、管理人が【適切でない、相応しくない、好ましくない、不快である】等と判断した書き込みは、発見し次第、全て管理人の一存で警告なしに即刻削除します。この点も併せてご了解頂きます。

なお、上記の点は、全て【管理人の固い意思】であって【どなたからどのような種類の申し入れ等があっても応じない】こと、及び【どなたとの議論にも応じない】ことを、あらかじめ明記しておきます。

これらの方針に同意されない方の閲覧は当方から固くお断り致しますので、どうぞ速やかにご退出ください。

記事を閲覧される方は、(万が一紛議等が生じた場合も含めて)全てここに記述した方針に同意され応諾された方として対処致しますので、念のため此処に併せて明記しておきます。

原則的に【来る者は拒まず】が基本スタンスですが、ただし、管理者に対して過去に敵対的言辞等を執った事実のある者からの再接触等は、たといそれが当該敵対的行動の撤回及び謝罪並びに釈明等であっても、その全てを拒絶します。

もし釈明や和解の必要を感じたなら、その時点で直ちにそう処置した筈であり、またそう処置すべきでもありました。それをしないまま再接触を図るということは、

①なんらかの意図があって、非敵対的な態度を偽装もしくは隠蔽している

②記憶力に欠陥のある攻撃的性格

上記①または②のいずれかと考えざるを得ません。すなわち将来に於いて再び敵対的言辞を吐き散らし敵対的行動を執る危険性が極めて大きい者である可能性を窺わせる者である、と見做し得るわけで、そういう面倒くさいヤツと関わり合うのは金輪際願い下げ、二度と御免蒙ります。

そんなヤツに愛想笑いなどする気は全くありません。見つけたら直ちに叩き出して塩を撒くので、そのつもりで。

最新情報

月別アーカイブ