• どっち!?
    【(2008/11/1, 6:50 追記) 記事の最重要部分に誤記がありました。exp**ssging*so*さんからご指摘のコメントを頂き、原文のままでは意味が通らず、追記による修正は不可能と判断しましたので、当該部分の記述を修正しました。本文4行目の券面記載事項訂正の様子を述べた部分です。ご了承下さい。掲出前の読み直しが充分ではありませんでした。お詫び致します。(追記終わり)】国鉄丸森線は1986年7月に廃止になり、今のあぶくま...
  • シービーさんの受験票には
    遠く及ばないブツなのですが、まつしまもあちこち引っ掻き回して、その受験票にくっついている【乗車証】に似たものをようやっと発掘して参りました。  ↓ コレ、なんですけどね…もちろん、身内にこんな大層な肩書きを持つ人物などおりません。これは数年前に都内のショップで見つけて購入してきたコレクションです。この乗車証でも、受験者と同じように急行券・特急券はご自分でお求め下さい、国鉄は乗車券(=運賃)の部分だけ...
  • 急に冷え込んできました
    北海道の積雪のニュースのどこかに必ず登場してくるのが札幌市交通局のササラ電車ですよね。その健気な活躍を伝える画面を見ながら連想繊維は豪雪地帯の除雪列車へと伸びてゆきます。この辺りの論理展開(と、まつしまは信じているのですが、まつしまかーちゃんや職場の皆さんは異口同音に【論理的飛躍】と云います)から当然のように演繹されるのがラッセル車ですよね。しかも先日、弘南電鉄で凸型電機+ラッセル車のショットを南...
  • パス!
    パス、という言葉から連想されるのは?『ダメ!論外!!』とか『私は結構 (No thanks) です。』 → 七並べや五十一などのトランプカードの遊びの用語から日常語に入ってきた語彙だろうと思います。80年代のお笑いに星セント・ルイスというコンビがいました。『田園調布に家が立つ』というフレーズが流行語になったりしましたが、ツッコミ(セント)が振ったネタの処理に詰まったボケ(ルイス)が大声で『パスッ!!』と身をかわし...
  • 八甲田の寝台車 → 【途中から懸賞つきに変更しました♪】
    先日、上野-仙台間の1101/1102列車(寝台急行【新星】)について【特急ゆうづる】さんのブログにお邪魔して、上野駅で撮影された牽引機のEF58と20系寝台車の写真を見せて頂きました。上り1102列車は発車よりだいぶ早くから乗客を入れていた、というサービスについてコメントを書いたり応答を頂いたりしましたが、そこで『そういえば八甲田も似たようなことやってませんでしたか?』ということに話が及びました。そういえばそうだ...
  • 残念写真のスクラップ
    以前にも一度ご覧頂いたことがありましたが、再度お目にかけておきたいと思いましたので…これが、1枚発掘されるたびにまつしまが大騒ぎするスクラップで、元はA4サイズのごくありふれたスクラップブックでした。A3用紙10枚を二つ折り(A4)にした20ページが1単位として金属のホルダーで結束されていて、それが5単位だったか4単位で1冊のスクラップブックを構成していました。大きさを把握できるようにAサイズとB...
  • 懸賞問題の解答
    いやはや、あっという間にお二人の方から正解が寄せられました、驚いております。では、答え合わせと参りましょう。問題は、【下の急行・B寝台券のどこがおかしいか?】でした。おかしいのは、1:乗車駅2:発車時刻の2つが考えられます。ここでカルトな知識が要求されるのですが、この券に入っているパンチは福島駅のものです。仙台駅の改札鋏痕はこれです。  ↓ コレ。ということは、この寝台券は福島から八甲田に乗る旅客...
  • 残念写真のスクラップの拡大
    昨日ご紹介した残念写真のスクラップの中から、これまでにご紹介したことがなかった機関車で、あれこれ下調べや予習をせずに掲出しても皆さんに【おおっ!!】とおっしゃって頂けそうな3形式をピックアップして拡大・掲出致します。え? なぜか??答えは簡単。この3形式以外の写真の機関車は資料が殆どないものばかりで、このまま写真を掲出したら記事が無言電話のようになってしまうからです。というか、このブログをかわいが...
  • あるときは小平、またあるときはムーミン…
    職務上、定期的に為替相場や商品市況などをネットでチェックするのですが、今日はアメリカ大統領選の趨勢が気になりましたので新聞社のサイトへ寄り道しました。すると…オバマ先生より先に目に飛び込んできたのがこの記事でした。  ↓ コレ。http://www.asahi.com/photonews/TKY200811050052.htmlえ? なんで大新聞がEF55のこと記事にしてるの?? っていうか、つい最近まで鉄道ファンなんて存在がこの世にいるということに関...
  • へぇ… C50じゃん。
    これ、以前に掲出したEF58牽引の【つばめ】と【はと】のコマの間に挟まっている一枚で、撮影場所は東海道線大船辺り、れっきとした東海道本線でしかも首都圏ときてるんですが、なんと入換にC50が動いているんですね…8620を入換で使っている様子はだいぶあちこちで見ましたが、C50というのはあまり見かけないですねぇ…というか、まつしま自身は火が入って動いているC50というのを、実は見たことがありません。以前ご紹介した新迷怪...
  • 次はこのスクラップから…
    いくつか題材を拾ってみるつもりです。同じ位置から何枚も愛称板なぞ激写して、いったいなに考えてたんでしょうねぇ…??撮影は1961年早春、場所は、雪深い信州から名古屋へ抜けてきて、名古屋駅でしばらく過ごした後に関西線亀山へ向かったようです。最後の辺りに写っている機関車は、これC51ですね。名古屋ではキロハとかサハシとか、なかなかおもしろい車輌も写していますが、操車場や車庫ではありませんので、どうにも残念な写...
  • 細菌学同定実習-1
    以前、記事で【動物のお医者さん】というマンガにちょこっと触れたことがありました。H大学獣医学部で獣医師を目指す若者の話、ではなく、そこに学ぶ学生が飼っているイヌやネコやハムスターやニワトリやウシやブタやウマやモモンガやモズや… 果てはコウモリ、呪術師まで出てくる【少女マンガ】でした。色恋沙汰ゼロ。よくあれで単行本12巻もの連載が続いたもんです。まつしまが知る限りでは最も異色にして痛快な少女マンガだっ...
  • 細菌学同定実習-2
    つづきです。続けるほどのデーターも知識もないんですが、解像度を上げ過ぎたせいで、データーサイズの制限に引っ掛かって、次の3枚を掲出できなくなってしまったものですから…これ、おそらくマハ29だろうと思います。形式番号の1位が8より上、ということは、これ、まるっきり写ってないですが3軸ボギー車なんですねぇ…戦争末期に廃止になった2等寝台車から改造されて、そのまま3等座席車で残ってしまった不運な車輌なんだろうと思...
  • え? あの、私はどうすれば…?
    切符のコレクターには本当に人気がない券なんですが、普通急行券です。いまでこそ急行列車は絶滅危惧種になってしまいましたが、普通急行があってこその特別急行なのであって、そのうち本当に急行が日本から消えたら、何年後かには国語学者が『最近の日本語はなっちょらん、そもそもトッキュウなる語は…』みたいな講釈を垂れることになっちゃうのかもしれませんね。さて、その急行列車が全然珍しくもなんともなかった頃の券です。...
  • 準急にサロ2両とビュフェ
    早朝の名古屋駅の写真のシリーズです。昨夜の旧形客車は、まつしま自身も調べがつくまでに四苦八苦しましたが、皆さんもキョトンとされたのかもしれませんね。なにしろ全くなじみがない、というか、触れたことすらない車輌でしたもんね。それからみると、今日の車輌はグッと身近になります。はい、こちら! (お前はジャ●ネ※ト▼田か!)まだ配置されてそう時間が経っていない頃でしょうね。きれいですけど、冷房が全然ありません...
  • あれぇーー? 比叡の指定券がどっかいっちゃった…
    名古屋駅早朝撮影会シリーズ第3弾、です。(なんだそりゃ?)153系の準急が3つ写っていました。伊吹、新東海、比叡。どれも急行に劣らない速度で颯爽と東海道を疾駆していました。ひでさんや非常口さんが下さったコメントの受け売りになってしまいますが、本当に乗りたかった列車ですね、どれも。ですんで、乗ったつもりになって、列車名の表示板と指定券を並べて無聊を慰めようと思ったんですが…あれぇーーー??おっかしいなぁ…...
  • ちっくしょー、カッコいいなぁ…
    名古屋駅早朝撮影会の第4弾! (← だから、そんなイベントはやっとらん、ちゅーのに!!)黙って立っていれば【小桜】のヘッドマークをつけたEF58が20系客車を牽引して、しかも、一番後ろではカニ22がパンタを上げて、ホームに入ってくる姿を自動的に撮影できちゃう!こんなゼータク、許されていいんでしょうか!? まつしま的には断然許せないッスね! なんだって名古屋の人は毎日こーゆーいい目に遭えるわけ?? 不公平じゃ...
  • まつしまには荷が勝ちます
    名古屋駅早朝撮影会第6弾! (←もうええ、っちゅーんじゃ!)いよいよキロハ25の登場でございますよ。さぁさ、寄ってらっしゃい観てらっしゃい!!なんて…威勢よく呼び込みをやってみても、実はまつしまはこの合造車について殆どなにも知らないのでした。勿論、自分でみたこともありません。そういう次第で、甚だ申し訳ありませんが、ここは知ったかぶりであれこれ間違いを書くより、参考書をそのまま丸写しします。(このままで...
  • 非常口さんのリクエスト!?
    非常口さん: 私はリクエストなどしていないっっ!!まつしま: はい、そのとおりです。いきなり事実に反することを書いてしまいました!非常口さんから頂いたのはリクエストではなくヒントなんですが、でも、リクエストにお応えして、と書くのって、なんとなくカッコいいじゃないですか! ← バカ。一生やってろ…で、どんなリクエスト(まだ云うのか、こいつ)かと申しますと、ですね、コレなんですよ。  ↓ コレ。…………だか...
  • もういっちょ!
    非常口さんリクエストシリーズ・第2弾! って、だーかーらっ!! リクエストじゃないんだ、っちゅーのに!(怒)委細構わず強引にマイウェイ(←黴の生えたギャグを…)これまた新潟始発ですが、急行赤倉でござんす。この券も始発駅からじゃないんですが、ま、あっただけマシということでお許し下さい。んで、まずは信越線を直江津まで。続いて、アタマを転じて長野へ向かって山登りにかかります。これは電車にも結構キツい路線で...
  • 【追加・修正】 次は、ひでさんのリクエスト
    【11/16 8:50加筆。正誤訂正ではなく、資料を追加しました。ただし、その資料のファイルのサイズが大きいので、オリジナルで掲出してあった画像ファイルを切ったり貼ったりして、意味が通じる範囲でサイズを縮小するための加工を施しました。ちょっと見づらくなっているかもしれませんが、それでも是非ともお目にかけねばならない資料ですので、敢えて外科手術に踏み切った次第です(←ナニを大袈裟な!)正誤訂正ではありませんの...
  • 時刻表を見つけきれなかったので…
    数日前に掲出した下関駅のミス見本急行券(←なんか、ちょっと語感がおかしいッスね、これ…)に頂戴したコメントで、【内房】【赤倉】【ゆけむり】【あさひ】【べにばな】の急行列車が登場してきました。まつしまとしては、それらの指定券と時刻表を引っ張り出して記事に仕上げてご覧頂こうと考えて、部屋じゅう引っ掻き回してみたんですが、とうとう全部を発掘することができませんでした。いえ、あるのは判ってるんですが、どこに...
  • 急行ゆけむり
    新特急たにがわ。体操と新体操の違いは非常によく判るのですが、新特急と特急の違いってなんだったんでしょうね?もちろん、白鳥やはつかりよりも料金が低く設定してあるとか、走行距離が短いとか、そういう目で見て解かる違いは、いかにまつしまがボンクラとはいえ、さすがに解ります。そうではなくて、なんだってわざわざ新特急なんぞという名前を引っ張り出してきて、急行で充分な列車を特急に仕立て上げるわけ? というところ...
  • 西の函嶺、D52三昧+C59のオマケつき、その1/2
    余計な説明は不要だと思いますので、前説も手短に致します。どうぞ写真をじっくりとご堪能ください。画面の状態が良くないことは従前と同じですが、残念写真にしてはなかなかよく写っている部類だと思います。以前、特別急行かもめの記事で掲出したものと一部重複するかもしれませんが、いいものは何度観てもその度にいいと思いますので、名画座にかかった昔の名作映画を鑑賞するといった気分で、なにとぞご容赦下さい。画質を上げ...
  • 西の函嶺、D52三昧+C59のオマケつき、その2/2
    つづきです。筋骨隆々で戦時設計のゴツゴツと角ばった身体がラグビーか格闘技の選手のような印象を与えます。動物でいえばアメリカ野牛(バッファロー)といったところでしょうか。それでいて粗雑とか凶暴といった外観でないところが不思議です。外国の、特に北米の機関車には、確かに馬力はありそうだけれど、どうも見た目がとっつきにくい感じの形式がずいぶんあるように思います。それはともかく、この機関車はやっぱり貨物列車...
  • 出世…
    出世列車という言葉を目にして、或いは、耳にして即座に急行津軽を連想する人はかなりの通(ツウ)か、もしくは秋田県人・青森県人のいずれか、ということではないかと思います。急行津軽は、かつて東京で一旗上げて故郷に錦を飾る紳士がふるさとに向かう際に利用した列車だから、つまり、出世を遂げた人物が乗るので出世列車と呼ばれました。ちなみに、出世列車には3等座席車も2等座席車もつながっておりましたが、いかにその紳...
  • ????
    真冬の飯山線、だろうと思うんですよ、これ。小海線ではないと思います。機関車はC56で3両か4両の客車を牽いて出発してゆくところです。先日掲出したスクラップの最初に写っている写真の数枚から、比較的見易いものを選んだんですが。ところが、画質を上げてスキャンしてみたら、『ん?』という写真だったんですね。2枚目の画像をクリックして拡大してみてください。客車の窓が開いていて、なにやら紐状のものを引きずっているよう...
  • しゅっせ 【出世】 《名・ス自》 ①… ②…
    半ば戯れのつもりで書いた【出世…】の記事に意外にもたくさんのコメントを頂いて、ちょっとビックリしております。そこで、崩していた膝をきちんと直し、正座で姿勢を正して、もう一回書いてみようと思います。頂いたコメントには身につまされる話や『あ、そうそう、それを忘れてた』というキーワードが含まれていましたので、それらをまつしま風にチョコチョコっとアレンジしながら、ということで。まずはぺんさんからのコメント...
  • 【08-11-24, 10:50, 追記】 どれも残念。 でも、ま、いっか♪
    *** 08-11-24, 10:50, 追記 ***頂いたコメントに応答を書きつつ、『ん?』という話を思い出しましたので、捜してみました。ブームのさなかに発行された記念切手ですが、C51では Royal engine として製造番号をご紹介した225号機が図案に採用されていました。せっかく発掘しましたので、画像を追加しておきます。んねっっ! 225号機でしょ♪ ちなみに、ここでご紹介している残念写真の228号機もかつてはお召しの機関車だったんです...
  • 市電と路面電車と国鉄線と私鉄線と
    ちょっと想像してみてください。例えば、東京から新幹線に乗って岡山で降りて、岡山駅の改札では新幹線の特急券だけ渡して、そのまま駅前から東山行きの路面電車に東京からの切符で乗り込んでしまう。つまり、【東京駅で岡山電気軌道線・東山までの乗車券を買って新幹線に乗ってきた】と、そういう状況を述べております。同じように、街中を路面電車が走る広島でも長崎でも豊橋、高岡、札幌、函館などなど、東京だってその旅客の終...
  • これも、まだ公開していない車輌が
    このスクラップブックからはクモヤ791とDD50の写真を使いました。けど、よく見ればほかにもあれこれと…ここからまだ公開していないものを選んでお目にかけようと思っております。思ってはおるんですが、しかし…なにこれ??うゎ…どうしてこんなふうに写しちゃったの???せっかくの撮影行だっちゅーのに、こんなことしてちゃダメじゃん。それとも、こんなふうにおチャラケても全然惜しくないくらいにDD50の2次量産型って普通に見...
  • スキャナーって面白いッスね♪
    コドモの頃から何度も聞かされてきてはいるものの、その真相を殆ど知らないまま【聞いた】ということだけが漠然と記憶に残っている話、というのが皆さんにはありませんか?まつしまにはいくつかありまして、そのうちのひとつが【北陸トンネル開通の記念切手は間違いだらけである】という情報です。手近に倍率の高い拡大鏡なぞありませんでしたから検証する手立てもないまま、ただ『ふぅーん…』と思うだけで、実際にどこがどう違っ...
  • 物理と数学と…
    ひとつのパンフレットがあります。1961年に東京は晴海で開催された鉄道博覧会に出かけたまつしまとーちゃんが持ち帰ったもの、とされている遺物です。表紙こそだいぶ傷んではいますが、中身はまるで新品のようにきれいな状態で1ページも欠けることなくきちんと残っております。なぜなんでしょ?『誰も読まなかったから、ですか?』ピンポーン! 大正解!!せっかく持って帰ってきたっちゅーのに、法学部出身のまつしまとーちゃん...
  • 時間まで次回の予告編をご一緒に…
    その昔、(ケーブルテレビでは今でも)【トムとジェリー】を放送していました(います)ね。痛快というかナンセンスの極致というか、日本が【鬼畜米英】などと妄想と現実の区別がつかなくなった指導部によって国全体が破滅の淵に向けて歩まされていたのと同じ時期に、これだけのマンガ映画を作っていたとは…これと、ディズニーの【白雪姫】の制作時期を知ったとき(確か中学3年だったと思いますが)に、『ああ、日本は絶対に勝ち...
  • さて、ほんでは、と
    昨夜掲出した【予告編】の気動車と同じ場所で撮影された写真です。路線はもう皆さんお判りになっていらっしゃいますよね? そうです、磐越西線です。背後に写り込んでいる大きな鉄橋がありますが、これは道路橋のようですので、おそらく津川から新津方面に2~3キロ寄った辺りなのかなぁ、と推測しております。なにしろこの写真の頃は並走する国道なぞ砂塵が舞い上がるデコボコの田舎道で、まずろくに自動車なんぞ走っていない時...
  • 旧形国電 in 新潟
    磐越西線のベタ焼きの端っこに、こういう電車も写っておりました。  ↑なんか、背後にもゴチャゴチャいろんなものが写っていますね、拡大してみると楽しいですよ、これ♪おほーー! 新潟色に変わる前の、ちゃーんとブドウ色で走っていた頃の様子です。そりゃ、横須賀線と並べたら一格落ちるのは致し方ないと思いますが、それでもちゃーんとクハ55074から改造された(と虎の巻に書いてある)クハ68092が写ってますがな!ノーシル・...
  • 南風って…
    今でこそ、瀬戸大橋を渡る四国の看板特急ですけど、新幹線が岡山まで伸びて初めて四国に特急が誕生する前は、実は日豊本線の急行についていた愛称だったんですねぇ。まつしまは、自分が逆立ちしたって乗れそうもない列車には関心が薄かった、というか、至って冷淡なところがあったものですから、実はこの券を見つけるまで知りませんでした。しかも、なぜか青森駅発行ときています… ま、それはともかく、運転時刻は【下り】南風1号...
  • これもなかなか捨てがたいので
    昨日予告編でクハ161-1の車内をお目にかけましたが、そのベタの前に磐越西線のC571ほかが写っていたことを考え合わせると、撮影者は珍しくも特急を利用して新潟から上野へ戻ったようです。で、乗ってきた特別急行に名残を惜しむショットをいくつか残しているんですが…おんや??なんか、隣のホームにもよく似た塗色の車体が停まってますねぇ…んで、よくよく眺めると、どうも屋根からウッスラとケムが上がってるようです。『ははぁ...
  • じゃーん! 451件めの記事です!!
    まつしまを名乗っていて、そこに451という数字が出てきたら、これはもう急行松島の雄姿を掲出するのが道理というものです。そうでなければおかしい!というわけで、それこそいま発掘して手元にある残念写真を全部引っ掻き回したんですが…結論から申しますと、ありませんでした。くくくっ… (←悔し涙です、笑いをかみ殺しているのではありませんので、念のため)いや、正確にいえば451の姿はありました。あったんですが、急行松島...
  • ふう、やっと見つけた…
    【なおかず】さんのお尋ねに、『ようがす、熊ノ平駅の様子が写った写真、お目にかけやしょう!』などと、上っ調子にお約束をしてはみたものの、肝心の写真がどこにお隠れあそばしたものやら…捜せどもさがせどもさっぱり見つからなかった信越線熊ノ平駅での写真、ようやっと見つけました。もちろん、捜索していたのはまるっきり別のブツでしたが…捜索期間なんと3ヵ月半! これ、相手が遭難者だったら白骨化しちゃうところですよね...

プロフィール

急行まつしま2号

2019/8/12 に Yahoo blog から移ってきました。2008/3/28 から活動しています。

残念写真はFH君(高校時代の同級生)の叔父さん(故人)が1960~62年にかけて撮影したもので、まつしま(以下、管理人という)は約40年前、高校卒業時にそのベタ焼きスクラップ帳をFH君から預かりました。

約半世紀が過ぎ、管理人にも終活準備の必要が迫ってきましたが、どの被写体もこのまま埋もれさるのはあまりにも惜しいと考えて公開を決意しました。

全ての記述と残念写真を除く全ての画像は、管理人によるものとお考え下さい。従って、残念写真に対する苦情・異議等は、いっさいお受け致しかねます。この点、あらかじめご了承頂くとともに、不同意の方の閲覧は(たとえ記事が全公開に設定されている場合であっても)お断り致します。

また、残念写真以外の全てについては、管理人の責任と権限で対応致しますが、管理人が【適切でない、相応しくない、好ましくない、不快である】等と判断した書き込みは、発見し次第、全て管理人の一存で警告なしに即刻削除します。この点も併せてご了解頂きます。

なお、上記の点は、全て【管理人の固い意思】であって【どなたからどのような種類の申し入れ等があっても応じない】こと、及び【どなたとの議論にも応じない】ことを、あらかじめ明記しておきます。

これらの方針に同意されない方の閲覧は当方から固くお断り致しますので、どうぞ速やかにご退出ください。

記事を閲覧される方は、(万が一紛議等が生じた場合も含めて)全てここに記述した方針に同意され応諾された方として対処致しますので、念のため此処に併せて明記しておきます。

原則的に【来る者は拒まず】が基本スタンスですが、ただし、管理者に対して過去に敵対的言辞等を執った事実のある者からの再接触等は、たといそれが当該敵対的行動の撤回及び謝罪並びに釈明等であっても、その全てを拒絶します。

もし釈明や和解の必要を感じたなら、その時点で直ちにそう処置した筈であり、またそう処置すべきでもありました。それをしないまま再接触を図るということは、

①なんらかの意図があって、非敵対的な態度を偽装もしくは隠蔽している

②記憶力に欠陥のある攻撃的性格

上記①または②のいずれかと考えざるを得ません。すなわち将来に於いて再び敵対的言辞を吐き散らし敵対的行動を執る危険性が極めて大きい者である可能性を窺わせる者である、と見做し得るわけで、そういう面倒くさいヤツと関わり合うのは金輪際願い下げ、二度と御免蒙ります。

そんなヤツに愛想笑いなどする気は全くありません。見つけたら直ちに叩き出して塩を撒くので、そのつもりで。

最新情報

月別アーカイブ