• やまびこのじいちゃん
    東北新幹線といえばやまびこ。八戸延伸で登場したはやてに押されていささか勢いがありませんが。もともと盛岡止まりの急行というのが設定されたのはそう古い話ではありません。というより、東北線は北海道と東京を結びつける動脈という使命を強く帯びていましたので、急行は青森で連絡船に接続する列車であること、という考え方が根強かったのでしょう。加えて、殆どが非電化単線ですから、中途半端な仙台や盛岡止まりの列車を設定...
  • あ゛ーーーっ!! なにすんねん!!! 懺悔 無駄遣い-その1
    乗りもしない定期券を買いました。10,000円近い買い物でした。なんとか小児通勤にして半額で上げられないものかと、白河駅の出札口で折衝しましたが、小児通勤にはこの券は発行できない、との見解。ま、そりゃそーでしょうね、小児断線がないんだもの。んで!泣く泣く大枚を投じて買うことにしたっちゅーーのに!!あ゛あ゛ーーーーーっっっ!!!こ、こらぁーーーー、ワシの大事な定期券に、なんちゅーことすんねん!!!ちょっと...
  • あ゛あ゛? ホンマやな、ごるぁぁー!? 懺悔 無駄遣い-その2
    バカなまつしまは、更に小児通勤定期を求めてあちこちの営業所を巡って歩きました。んで、確かに売ってはくれるんですが、とはいえ事業所ごとに対応はさまざまでした。A型(区間式)の回数券をどうしても売ってくれない事業所。まぁ、これはまだマシな方です。B型回数券(金額式)の用紙でA型回数券を代用しようとする事業所。これも、できあがれば珍品になりますから、まぁ目をつぶることにします。(本当は、区間式=有効期限...
  • 切符なような、切符でないような
    新幹線の特急券と乗車券を同時に買うと、一枚の用紙に【新幹線特急券・乗車券】といっぺんに印刷されてくることがあります。新幹線専用の改札口では特急券を回収することになってますから、一枚に両方書き込まれている切符を取り上げられたら、東京駅で駅の外に出る人はいいですけど、新宿や上野まで行く人は切符がなくなってしまいます。そういう事態を回避するために、回収しちゃう切符の代わりとして旅客に渡したのがこの乗車票...
  • たまには、いいでしょ♪
    【緊急加筆】08年9月7日21時30分この記事でご紹介した切符ですが、現在では全て買えなくなっているとの情報を【gkasy5さん】からご教示頂きました。既に購入に出向かれた方がいらっしゃった場合には、無駄足を踏ませてしまいご迷惑をお掛けしたことを心からお詫び申し上げると共に、もしご請求があれば無駄にされた交通費については弁済する準備がありますので、ゲストブックの内緒メッセージを使ってその旨をご連絡ください。ただ...
  • 加古川線のタブレット
    見つけたネガを整理してパソコンに取り込んでいたら、珍しく車輌以外の被写体が写った写真に出くわしました。「ん? なんだこりゃ?」自分でびっくりするくらいですから、よほど珍しいできごとなわけでして…それで、よぉーーく検分してみると、写っていたのは加古川線厄神駅の助役(か運転主任)で、上り列車に渡すタブレットを携えた姿でした。そうです。まつしまが写したのは助役ではなくタブレットですね。こんな調子じゃ、訪...
  • オマケつき?の回数券
    回数券というのはもともと10枚分の値段で11枚ですから、1枚だけオマケがついてくる切符です。ところがこれ。これは、10枚分で11枚のほかにもうひとつ大きなオマケがついています。お分かりになりますか?答えは【着駅】です。本当は常備(=レディーメイドでいつでも発行できるようにあらかじめ備えておく)回数券の着駅としては仙台が正解なんですが、南仙台からだと仙台まででも仙石線の宮城野原まででも運賃が同額です。宮城野...
  • 完成形の試作機
    国鉄電気機関車で交直両用機を語ろうとすれば、ED30から始めなければならないことに決まっております。で、そうしたいのもヤマヤマなんですが、いかんせん残念写真のベタ焼きにはED30が写っていません。米原でE10と仕業を分担し始めた、関門トンネルへ赴任する前のEF30は写っているんですが、ED30だけはタイミングが合わなかったのでしょう、1枚も写っていません。ところが!なぜだかED92(改番後はED46)だけは実際に営業運転の先...
  • 見なきゃ損! 掛け値なし! 本当に貴重な画像です! その1
    余計なコメントは差し控えます。とにかくご覧下さい。解像度を上げ過ぎると、却って画面が見づらくなりますので、1200dpi(≒400kb)くらいにしてあります。*** 2012/4/21, 追記 ***画像データー保管サイズの限界に達したため、画質を落とし、サイズを縮小したものと差し替えました。*** 2012/4/21, 追記終わり ***どこを切り落としても勿体ない感じですので、できるだけ枠まで取り込みました。サイズの関係で、3つ...
  • 見なきゃ損! 掛け値なし! 本当に貴重な画像です! その3
    これでお終いです。草軽電鉄の写真はここに掲出したものが全てです。小分けにしてお楽しみ頂くもの悪くないかな、とも考えたのですが、まつしまの性格からいうと、そのうちどの写真を掲出してどれがまだだったのか区別がつかなくなるに決まっていると思いましたので、一気にいっちゃうことにしました。皆さんのカンドーのコメント、お待ちしております。でわでわ…...
  • 誰しも美人には弱い…?
    キハ81、キハ82、キハ181の特急の姿を据えて記事にすると、ご覧下さる方がグッと増えるようです。まつしまは、もちろん特急型気動車は大好きではありますが、ただ個人的には、やはり客車のつばめ・はとやこだま型の151系電車と比べると垢抜けしない印象を払拭しきれない外観ではないかと思います。しかし、戦前から当たり前のように特別急行が走っていた東海道・山陽線と、戦後も15年以上を経てやっと【ただ乗れればよいだけの列車...
  • 300件目の記事は、なんか派手な写真を
    題材にしようと思っておりますので、299件目の本件は、ちょっと地味で控えめに…なーんて!実はかなり気合入れて写真捜してきました、ホントは。房総半島で列車表示を付けて走っていた準急列車であります、それもキハ20。題材は思い切り地味ですね、やっぱり。ええーーっ!? こんな車輌で準急料金取るのかよぉーー!? はい、頂戴致します。房総西線ではキハ17とキハ10をつなげた準急まであったそうですから、キハ20くらいで文句...
  • え? 300件目なのに地味じゃん…
    はい。思い切り地味ぃーーな題材になってしまいました。選んだ題材は、きらびやかな装いを身に纏い颯爽と快走する現在の華麗な列車たちから見たら、ほぼ対極に位置するような地味で小ぶりな機関車、です。国鉄B20形蒸気機関車。撮影は1962年鹿児島機関区とメモにあります。敗戦の年、1945年から翌46年にかけて製造された【戦時型】入換専用機関車で製造所は郡山工場と立山重工。これ、梅小路の博物館に1両が静態保存されています...
  • ちょっと派手な券など…
    300件目の国鉄B20形蒸気機関車は、写真の質はともかく、内容としては決して悪いものではなかったと自負しておりますが、いかんせん地味すぎて、ほとんど知っている人がいない、というモンダイがあったようです。そうかぁ、あんまり知名度の低い形式だと、ご覧になる皆さんが面食らってしまう、ということもあるかもしれませんね。そういう次第で、300件目の【前後賞】じみた感じになっちゃいますが、ちょっとハデめの切符などご紹...
  • ちょっと派手な券など… つづき
    さきほどの301件目の記事に貼り付けきれなかった3枚目の画像データーです。1等車の券だけだとまだ半分くらい余裕があるので、オマケに札幌-大阪の2等車の券も並べてお目にかけることにしました。ちょっとはハデになったんじゃないでしょか??...
  • キハユニ15でございます
    残念写真とはいえ、その時代に最もいきいきとしていた車輌を写し取っていますので、これまでもそういう元気に満ちた車輌をご覧頂いてきたつもりです。この時期、キハ81が1960年12月の気動車化を目指して試験の真っ最中でしたが、亜幹線系統や地方交通線では既に10系、20系と気動車が続々と配置されて蒸機運転の列車を駆逐しつつありました。液体変速機の開発に伴って、それまで駆動装置が電気式だった気動車が液体式に改造されたの...
  • ようやく見つけました!
    クモヤ93000の写真!こちらは、1960年に開催された博覧会に展示されたときの模様です。だいぶきれいにお化粧してもらって、なかなか美人に写っていますが、まだ175km/hのギネス記録(1960/11/21)を叩き出す前だったようです。かたや、こちらは所属区の田町で、隣に157、後ろに155と、同じ住まいの住民たちと写っております。狭軌世界最高速記録を樹立した後の姿ですが、とてもそんな凄いことをやってのけたとは思えないような、のん...
  • 湘南スタイル(じゃねえな、こりゃ…)3連荘
    キハ15、クモハ93と正面2枚窓の【湘南】スタイルが続きましたので、ことのついでにもう1件、湘南形の車輌で参りましょう! もうあと2連荘すれば2役シバリだよ~ん♪ (は?なにそれ??)うーーーん、なんちゅーか、その、超ビミョーですねぇ… 湘南形というより、EF58のハトコのクラスにいる同級生とでもゆーか。えーっと… これは大きな前面窓が2枚というだけで、この蝉や仮面ライダーを連想させる相貌はもはや【湘南形】...
  • クモヤ490-2+クヤ490-1
    廃車時の形式はクモハ490-11とクハ490-1だったようですね。現役当時の姿です。クモヤの方は種車はひょっとすると宮城電鉄の社形? はっきりとはわかりませんが、どうもそんな感じがしますね。この独特の風貌の試作車については、驚くほど記録が見当たりません。国鉄自身が編纂した【百年の国鉄車輌】にも交流電車として改造車クモヤ790-1(リンク記事参照)とクモヤ791-1が出てくるだけで、この変テコな外観の交直両用電車は、写...
  • お騒がせして申し訳ありませんでした。
    お気に入り登録頂いている皆様へ当方が言葉を充分に吟味しないまま書き込んでしまったコメントについて、たくさんの方々からご批判とお叱りを賜りました。かたじけなく存じます。全くご指摘のとおりで、不徳の致すところ、いやしくも文字を媒介にコミュニケーションを図るに当たり、いかに未熟であるかをご指摘下さった真摯な思いの数々に、返す言葉もなくうなだれるばかりです。当然の礼儀として、ご無礼を働いてしまった相手の方...
  • これ1枚きり-3: 旧姓・甘木さん?何樫さん??
    撮影は1961年、田町です。先日掲出したクモヤ93000と同じフィルム(正確にはベタ焼きですけど)に収まっていました。かなり大きく伸ばせるようにしたんですが、車体の横には【クモニ4300】と書かれているようです。こうなると旧形国電素人のまつしまには歯が立ちません。クエ9110とは余りに様子が違いますし、度々辞書代わりに使っている【100年の国鉄車輌-3】にはよく似た姿のモユニ2とモユニ12は紹介されているものの、モユニ2が...
  • 北海道拓殖鉄道の記事で
    ちょっとナゾをかけるようなことをチラッと書きまして、それでこの記事を書こうと思っていた矢先に、例の騒ぎが起きました。事態の収拾にいささか時間が掛かりましたが、是は是、非は非として、秩序は回復できました。その節は皆さんからの有形無形のご支援、まことにありがとうございました。で、なにを掲出しようとしていたかと申しますと、コレです。↓ははは、例の人がボロカスにけなしていったモノクロ写真ですが、実際、これ...
  • 今日はちょっと息抜きということで
    ガードを固めてしまったせいで、ふらりと立ち寄って『おっ?』という感じでコメントを残して下さる方をシャットアウトしてしまう形になってしまいました。なんとも残念ですが、当面は空襲警報発令中ということでやむを得ません。あれから様々な参考資料を検討し色々と勉強をしましたが、いずれも遅きに失した観が強く…ま、いいや! いつまでもウジウジ考えるのは柄じゃないですし、だいたい性に合いませんしね♪という訳で、今日は...
  • 前後関係を確認しながら
    ふたつ前の、吾妻線で蒸機に牽引される80系電車の記事で始まったコミュニケーションを通じて、写真のネガの前後関係もちゃんと考察すれば、それなりに見えてくる事実や推論がある、ということを再認識しました。んで、「そうだよなー、同じフィルムをカメラに装填したまま、昨日は四国高松で今日は宗谷本線、んで明日は房州千葉、なんてことは、この時代にはまずあり得ないもんなぁ」などとボンヤリ考えながら、漫然とスクラップ帳...
  • 普通列車の寝台車
    ふたつ前の記事で、東北線普通列車の車内補充券を題材にしてジョニーさんとお話ししましたが、その中で話の流れから寝台車がつながった山陰線826/827列車に言及しました。そこでふと連想したのが、その時期に寝台車をつなげた普通列車ってどれくらいあったんだっけ?ということでした。で、アルバムを引っ掻き回して1966-75年くらいの間の当該寝台券を引っ張り出してみました。やはりなかなか少ないようです。当時の時刻表には、実...
  • ここはどこ? ワタシは誰??
    などとスッとぼけたうわ言を口にして逃げようとしても、まつしまのブログをかわいがって下さる皆さんはそれなりに技能も知識も経験も豊かな方々が殆どですから、許してもらえっこないとことは判っているんです、済みません。んでも、本当にこれらの写真はどこで撮影されたのか(撮影者が不精してメモを残していないので)解んないんです。【山陽】は九州島内なのか山陽線内なのか… 頭の上に架線が張られていますから、この時期の...
  • 山陽・ちどり、とくれば、次は…
    蒸機牽引の九州特急、と続かなければ、ブーイングが起きちゃうでしょうね。(起きない、ですよね?)記述に入る前に、最初にお断り申し上げておきます。本当に被写体はグゥーーッ!!ですが、写真の質は低いです。そこにご不満の方は、どうぞご覧にならないで下さい、お願い致します。きちんとお断りしてあるのに、それでも後から苦情をおっしゃることだけは、どうぞご容赦下さい。以上、製造物責任法に基づく品質表示と警告でした...
  • 団体の割引
    【9/25 7:10加筆】exp**ssg*ngaso* さんから頂いたコメントで、A小口とB小口の区分が、団体旅行の催行者を示す区分ではなくその団体の参加人員を示す区分であることをご教示いただきました。掲出した記事を削除または訂正するかどうか迷いましたが、誤った箇所に関する注記を加筆することで対応することとしました。ご了解下さい。exp**ssg*ngaso* さん、ご教示賜りありがとうございました。【加筆終わり】 自分でブログを始める...
  • 映画の予告編を真似てみました♪
    華麗なスターの背後に見え隠れする影…しかし、男たちは、そこに言いようのない鼓動を感じたのだ。なにかある。いや、なにかがなければおかしい。そこに隠されたメッセージは男たちの心を波立たせた! 誰だ? こいつはいったい何者なんだ!!波はどんどん高さを増してゆく! そして…!こいつだ! 男たちが捜していたやつは!!期待は遂に、確信へと姿を変えたのであった…撮影快調、近日公開予定、客車特急かもめ!! ハナ10を...
  • 特別急行かもめ 1/6
    お待たせ致しました。説明を書き出すと、いつ終わるか判らなくなってしまいますので、説明文は一切抜きで、記録の記述だけに留めます。存分に客車時代のかもめをの姿をお楽しみ下さい。掲出する写真は全部で29枚です。まだ見つけていないものが多数ありそうですが、とりあえず今回は主要な位置を押さえた、ということでご了解下さい。#1~#8 : 福山駅構内#9~#17 : 広島機関区#18~#23 : 八本松~瀬野間#24~#29 : 門司駅構内撮影...
  • 特別急行かもめ 2/6
    第2弾です。...
  • 特別急行かもめ 3/6
    第3弾です。...
  • 特別急行かもめ 4/6
    第4弾です。いよいよセノハチですぞ~!!...
  • 特別急行かもめ 5/6
    ああ、やっぱりC59はカッコいいですねぇ…ため息が出ちゃいますよ。...
  • 特別急行かもめ 6/6(終)
    最後は最後尾の客車です。車掌室に掛けられたカーテンが、最優等列車が備えるべき格式をきちんと守っています。やっぱり特別急行列車たるもの、こうでなくっちゃ!新幹線が誰にでも乗れる庶民にとっての【夢の超特急】の実現であったことは素晴らしいと思います。そのことについて全く異存はありません。しかし一方で、きちんと威儀を正して、行儀よく、礼儀作法を守って、利用者たらんとする者はすべからく紳士淑女たるべし、とい...
  • 特別急行かもめ捜索の副産物
    昨夜、特別急行かもめの画像を(発掘できた分だけ)一気に公開、じゃなくて、ファンの皆さんにご覧頂けるようにしましたが、ベタ焼きの順番は福山・セノハチ・広島・門司と並んでいたわけではありませんでした。フィルムの番号はそれぞれ近接してはいるものの、順路の通りに移動したのではなく、西と東を行きつ戻りつしていたようです。夜行列車が当たり前に走っていましたから、周遊券の指定区域内を列車を宿代わりにして移動し、...
  • お奨めの本 その3
    鉄道ファン→切符に特化→実は国鉄バスの切符は非常におもしろい分野→ハマっちゃった…鉄道車輌や施設に感心や興味があって、みれば触れたいし乗りたいし撮りたい、というのは、これはもう物心がついたときから治らないビョーキなんですが、それと比べると切符に興味を持ったのは【電車ゴッコ】や【バスゴッコ】をして友達と遊ぶようになってからのことのようなので、若干の社会性の芽生えと共に頭をもたげてきた性向ではあるようです...
  • 鉄道のレコード
    蒸気機関車をSLと呼ぶブームが到来してからは、オーディオを提げて機関車の音を録音するファンや商業ベースで発売されるレコードの類も珍しくなくなりましたので、そういう意味ではわざわざご紹介する意味があるかどうか、ちょっと判断に迷いました。でも、特急かもめの記事で言及した部分がありましたので、【ついでにちょこっと】という感じで、サラッとご紹介します。鷹司平通:交通博物館の館長。敗戦で我が国の貴族制は廃止...
  • 日本の漢字はむずかしすぎます!
    まつしまの職場には中国国籍の人も働いています。いわゆるホワイトカラーの職場なんですが、専門分野の技能知識と日本語の能力の両方が優れている人で、世間一般の会社で【総合職】と呼ばれる職種で採用し、もちろん管理職登用へのチャンスも日本人と同じ条件でチャレンジする権利があります。その彼女が嘆いて曰く、『まつしまさん、この字はなんと読みますか?』どれ、ちょっと見せてごらん、えーと、これはですね、えーと、えー...

プロフィール

急行まつしま2号

2019/8/12 に Yahoo blog から移ってきました。2008/3/28 から活動しています。

残念写真はFH君(高校時代の同級生)の叔父さん(故人)が1960~62年にかけて撮影したもので、まつしま(以下、管理人という)は約40年前、高校卒業時にそのベタ焼きスクラップ帳をFH君から預かりました。

約半世紀が過ぎ、管理人にも終活準備の必要が迫ってきましたが、どの被写体もこのまま埋もれさるのはあまりにも惜しいと考えて公開を決意しました。

全ての記述と残念写真を除く全ての画像は、管理人によるものとお考え下さい。従って、残念写真に対する苦情・異議等は、いっさいお受け致しかねます。この点、あらかじめご了承頂くとともに、不同意の方の閲覧は(たとえ記事が全公開に設定されている場合であっても)お断り致します。

また、残念写真以外の全てについては、管理人の責任と権限で対応致しますが、管理人が【適切でない、相応しくない、好ましくない、不快である】等と判断した書き込みは、発見し次第、全て管理人の一存で警告なしに即刻削除します。この点も併せてご了解頂きます。

なお、上記の点は、全て【管理人の固い意思】であって【どなたからどのような種類の申し入れ等があっても応じない】こと、及び【どなたとの議論にも応じない】ことを、あらかじめ明記しておきます。

これらの方針に同意されない方の閲覧は当方から固くお断り致しますので、どうぞ速やかにご退出ください。

記事を閲覧される方は、(万が一紛議等が生じた場合も含めて)全てここに記述した方針に同意され応諾された方として対処致しますので、念のため此処に併せて明記しておきます。

原則的に【来る者は拒まず】が基本スタンスですが、ただし、管理者に対して過去に敵対的言辞等を執った事実のある者からの再接触等は、たといそれが当該敵対的行動の撤回及び謝罪並びに釈明等であっても、その全てを拒絶します。

もし釈明や和解の必要を感じたなら、その時点で直ちにそう処置した筈であり、またそう処置すべきでもありました。それをしないまま再接触を図るということは、

①なんらかの意図があって、非敵対的な態度を偽装もしくは隠蔽している

②記憶力に欠陥のある攻撃的性格

上記①または②のいずれかと考えざるを得ません。すなわち将来に於いて再び敵対的言辞を吐き散らし敵対的行動を執る危険性が極めて大きい者である可能性を窺わせる者である、と見做し得るわけで、そういう面倒くさいヤツと関わり合うのは金輪際願い下げ、二度と御免蒙ります。

そんなヤツに愛想笑いなどする気は全くありません。見つけたら直ちに叩き出して塩を撒くので、そのつもりで。

最新情報

月別アーカイブ