• 新車だ!
    思い切り地味な写真ですが、品川客車区に留置されている新車のナハ10+ナハフ11です。時期的に考えて、さちかぜやはやぶさなどに組み込まれていた可能性が高いと思います。塗色はまだブドウ色で窓の下に3等車を示す白の3本線が描かれています。客車には興味が薄かったのか、撮影者はこれ1枚しかカメラに収めていませんが、よく眺めると後ろにダブルルーフの3等車と思しき車両が写っていてみたり、10系の奥につながっている客車...
  • 地方格差??
    これまでに修学旅行専用電車155系とキハ58801の画像をご紹介してまいりました。いずれも1960-1962年に撮影されたもので、それに添えた説明でまつしまが中学校の修学旅行で乗った専用列車が12系客車であったことにも言及してきました。ところが!これ、まつしまが高校生になってから仙台駅で撮った写真です。機関車は青森寄りについていたと記憶していますので、これから東北線を岩手県か青森県の方へ走っていくわけですが、ちょっ...
  • コンテナ特急たから号
    高度経済成長期を象徴する代表格の列車の1本です。戸塚~保土ヶ谷の辺りだろうと推測していますので、終着汐留まで残すところあと20Km程度。標準でASA100の白黒フィルムですから、光の加減から考えれば頑張ってよく撮れていて、これまでの残念写真と比べたら敢闘賞ものだと思うのですが、プリントがこのうえなく雑ですね…ベタですから細心の注意を払えとは言いませんけど、EH10を月形半平太にしちゃった不具合っていったい…コンテ...
  • ホントはなにを撮ったのかなぁぁ~?
    1960年当時の根室本線か釧網本線の車内で撮影したようです。ダブルルーフの客車の車内というのはこんな感じだったんですね。まつしまはダブルルーフの客車には実は一度も当たったことがありません。生まれも育ちもみちのくですから日常的に汽車と縁のある生活なら一度や二度は乗ったことある筈なんですが、まつしまの育った家はお出かけも幼稚園も学校もバスか路面電車という地域にありましたので、汽車通学・通勤の経験がありませ...
  • 和田岬
    おびとけさんの最新画像にフラフラと誘われて、まつしまも客車の最後の頃の写真を引っ張り出してきました。あ、最初にきちんとお断りしておきますが、これは【1960年撮影の残念写真】ではなくまつしま自身の手になる【パーフェクト・ダメ写真】です。これ、和田岬の機廻り線をなくしちゃったんで前後にDE10をくっつけています。当然のことながら、往復ともにどっちか片っ方は回送機関車です。変なの!(ちなみに、1981年に初めて乗...
  • 和田岬-写真の追加
    昨夜書いた和田岬枝線のオハ64の写真をいくつか追加掲出しておきます。写り込んでる人物は誰だ、なんて余計な詮索しちゃダメですからね!!まずは兵庫駅の海側にあった地上ホームを発車するところです。先頭と最後尾に機関車がついているのがお分かりになりますよね、解りにくいですけど。車体番号が違いますから。ほんで、いよいよ貨車だか客車だか分からないオハ64の車内です。あまりに客車離れしていましたので、今の若いファン...
  • 説明不要の看板列車
    【08年8月31日追記:EF5863牽引のつばめを東京駅で撮影した写真のブログ記事を以前に掲出していましたので、リンクを貼っておきました。そちらも一緒にご覧になってみて下さい。(追記終わり)】こればかりは、写真の画質が悪くて本当に申し訳なく思います。なにとぞご寛恕賜り度。さて、これは傍でゴチャゴチャと能書きを語る必要はありませんね。まずは1列車、つばめ号。姿のよい列車というのは、こういうのを云うんでしょうね...
  • 映画の予告編を真似てみました♪
    華麗なスターの背後に見え隠れする影…しかし、男たちは、そこに言いようのない鼓動を感じたのだ。なにかある。いや、なにかがなければおかしい。そこに隠されたメッセージは男たちの心を波立たせた! 誰だ? こいつはいったい何者なんだ!!波はどんどん高さを増してゆく! そして…!こいつだ! 男たちが捜していたやつは!!期待は遂に、確信へと姿を変えたのであった…撮影快調、近日公開予定、客車特急かもめ!! ハナ10を...
  • 特別急行かもめ 6/6(終)
    最後は最後尾の客車です。車掌室に掛けられたカーテンが、最優等列車が備えるべき格式をきちんと守っています。やっぱり特別急行列車たるもの、こうでなくっちゃ!新幹線が誰にでも乗れる庶民にとっての【夢の超特急】の実現であったことは素晴らしいと思います。そのことについて全く異存はありません。しかし一方で、きちんと威儀を正して、行儀よく、礼儀作法を守って、利用者たらんとする者はすべからく紳士淑女たるべし、とい...
  • EF58 & あさかぜ+さくら → え? ひょっとして…
    昨夜掲出した浜松町駅だか田町駅のホームの【ゴージャス・ショット!】で、ひでさんからは70系のスカ色について、南鮒さんからはEF58の九州特急牽引機色について、それぞれコメントを頂きました。まつしまもそうですが、やっぱり一世を風靡した列車で、しかも明るい塗色の車輌は非常にスマートで目を引きます。で!この時代にもっともスマートだった列車といえば、やっぱり151系電車と20系客車だと思います。これが東海道線を颯爽...
  • ホッカイローの…
    残念写真の撮影者は、北海道へは1度しか旅行していないようなのですが、その代わり、周遊券の有効期間ギリギリ一杯まで撮影しまくりだったようです。これまでにも、留萌鉄道や雄別鉄道、十勝鉄道、北海道拓殖鉄道、昭和炭鉱専用線、札幌市交通局などで撮影された写真のいくつかをご紹介してきておりますが、もちろん国鉄線でもバリバリに撮影していますし、上記以外の私鉄でも同様に獅子奮迅の大活躍(だったかどうかは、ちょっと...
  • 赤岩? 大沢? 1/8
    お待たせ致しました。何度も画質向上にトライしましたが、今のまつしまにできるのはこの辺が限界です。あまり長いことお待たせしてはシビレを切らして怒り出す方がおられないとも限りませんので、見切り発車ということでご容赦下さい。一連のフィルムで29枚撮影されています。どれを見てどれを飛ばすかはご覧になる皆さんの判断にお任せすることにして、まつしまは敢えて取捨選択を避けました。編成は 米沢 ← D50242-キ600-キ900-...
  • 赤岩? 大沢? 2/8
    どんどんいきましょう。...
  • 赤岩? 大沢? 7/8
    7つめです。あと1つ!...
  • 急に冷え込んできました
    北海道の積雪のニュースのどこかに必ず登場してくるのが札幌市交通局のササラ電車ですよね。その健気な活躍を伝える画面を見ながら連想繊維は豪雪地帯の除雪列車へと伸びてゆきます。この辺りの論理展開(と、まつしまは信じているのですが、まつしまかーちゃんや職場の皆さんは異口同音に【論理的飛躍】と云います)から当然のように演繹されるのがラッセル車ですよね。しかも先日、弘南電鉄で凸型電機+ラッセル車のショットを南...
  • 細菌学同定実習-1
    以前、記事で【動物のお医者さん】というマンガにちょこっと触れたことがありました。H大学獣医学部で獣医師を目指す若者の話、ではなく、そこに学ぶ学生が飼っているイヌやネコやハムスターやニワトリやウシやブタやウマやモモンガやモズや… 果てはコウモリ、呪術師まで出てくる【少女マンガ】でした。色恋沙汰ゼロ。よくあれで単行本12巻もの連載が続いたもんです。まつしまが知る限りでは最も異色にして痛快な少女マンガだっ...
  • 細菌学同定実習-2
    つづきです。続けるほどのデーターも知識もないんですが、解像度を上げ過ぎたせいで、データーサイズの制限に引っ掛かって、次の3枚を掲出できなくなってしまったものですから…これ、おそらくマハ29だろうと思います。形式番号の1位が8より上、ということは、これ、まるっきり写ってないですが3軸ボギー車なんですねぇ…戦争末期に廃止になった2等寝台車から改造されて、そのまま3等座席車で残ってしまった不運な車輌なんだろうと思...
  • へへへ、すんごいベタ見つけました!
    先日お目にかけた長崎のはやぶさ、多くの皆さんが喜んでご覧下さったようで大変嬉しく存じております。毎度のことながら、撮影者もさぞ喜んでいることと思います。ありがとうございます。んで!皆さんに喜んで頂けるネタにおおよその見当がついたとなると、お笑いの芸人じゃないですが、『ウケるんだったら、ドッカンドッカン飛ばして大ウケに持って行きたい!』という、そういう向こう見ずな野望がムクムクと頭をもたげてくるとこ...
  • リバース!
    なにがどう壊れていたのか、説明を聞いてもろくに判らなかったし、第一、快気祝いの宴会が始まっちゃったんで、説明する方もそれを聞く方もたちまちゴキゲンになっちゃって、結局なにかを交換したら元に戻った、ということだけしか判りませんでした。けど、そういう救急救命士が近くにいてくれるというのは、なんともありがたいことでございます。合掌!礼っ!!という次第で、下手をすればお焼香頂くかもしれなかった状態からめで...
  • 大船藤沢辻堂茅ヶ崎平塚大磯二ノ宮国府津鴨宮
    跨線橋が写っていますから大磯や国府津ではない筈です。けど、いったいどこで撮影したんでしょう? 撮影者はマメにメモを残すといった性格ではなかったようなので、車輌がドカーンとでっかく写っている写真では、殆どの撮影場所がわかりません。まぁ、それが判らなくても被写体の内容が変わるわけではありませんので、別に構わないといえば構わないんですが、なんとなく尻の据わりがよくないというか、中途半端な感じがしてしまっ...
  • わかんない…
    この写真…パッと見て、一目で被写体がどういう形状なのか把握できますか??所属区は【分オイ】と書かれていますので大分の客車ですね。んで、こういう並びのベタに写っていました。   ↓ コレですくだんの客車は撮影番号#623518のコマに写っています。ひとつ前のコマ(#623517)では架線が敷設された駅の様子を捉えています。これらの条件を整理して、1:大畑の駅名表の次が電化鉄道の駅2:分オイの客車がウロウロしている線区...
  • こ、混合列車ってゆーんスか、これ?? 前編
    岩手開発鉄道のところで予告編を書いた【妙な列車】です。忘れないうちに記事にしちゃうことにしますね。まつしまが自分で【機関車が動力車を牽引する】様子をみたことがあるのはこの列車です。  ↓ これ。時刻表(1975年3月号)を切り貼りしましたのでちょっと見づらくて申し訳ありません。以前、別の記事でもご紹介したことがある沼宮内行539列車で、盛岡から好摩まで花輪線に入ってゆく927Dを併結してゆきます。けどこれは両...
  • こ、混合列車ってゆーんスか、これ?? 後編
    (前編より)列車が走り出してからも、なんでそれがつながっているのか、どこまで引っ張って行くつもりなのか、走り出した今も本当にまだつながっているのか、ギモンだらけだったんでしょうね、きっと…そりゃそうでしょう。まつしまだって同じ場面に遭遇したら、アタマのてっぺんから【?】マークが18個くらいニョキニョキと生えてきちゃったに違いありません。ですんで、走行する列車から身を乗り出して、こんなカットまで撮影し...
  • ちょっとおもしろいものを
    昨年8月30日に【説明不要の看板列車】というタイトルでEF58が牽引する1列車と3列車の写真を掲出しました。その時の写真がいかにもひどかったよなぁ、なんて、なんの脈絡もなくふと頭に浮かびまして、ある程度まで修正ができそうなレベルかどうかを見てみよっか、なんて…んで、ベタのスクラップを引っ張り出してみた訳です。問題の写真は#600325と#600326です。一応、ちゃんと写ってはいるんですが、密着ですので、とにかく【なにが...
  • シはしあわせよぉ~♪ ときたもんだ!
    さあ歌いましょ~♪って、どうしちゃったんでしょ、藪から棒に??なんか変なモノを拾い食いでもしちゃったか、まつしまよ?いえ、ね…。実は、100年前からの旧知の如く親しくお付き合いを頂いている南フナ大人(タイジンと発音してください。中国語で【偉い人】とか【大人物】という意味です。もっとも、本当の中国語では【ターレン】と発音しなきゃなんないんですが…)が、『私はサハが気楽でいいんだけどなぁ…』なんて、気の弱い...
  • たった一度でいいから
    この発車を、この目で見て、この耳で聞きたかった!!その一言に尽きるんじゃないでしょうか、これは…...
  • 【加筆訂正】 ホッパー車が珍しかった? のでしょうか…
    【2009年5月9日0時11分・加筆訂正】下記の文中で、笹木野駅と記述すべきところを、完全に勘違いして庭坂駅と誤記しております。大変お恥ずかしいミスですが、ご指摘下さった『ぺんさん』のコメントと整合性を欠いてしまうことになりますので、記事の正誤訂正は行なわず、このように誤記について冒頭で誤りについてアラームを記述する方式での加筆訂正をお許しください【加筆訂正終わり】ファン限定で先日ご紹介した福島区のEF16とE...
  • ほぼ、ヘンタイ…?
    フェチなヒトというのは、自分がキョーミを覚える部分について、とにかく執拗に写真だか画像だかを記録したがるんだそうですね。その対象が異性の姿態なのか、はたまた線路を駆け抜ける車輌なのか、或いは、なんか他のものなのか、という点に【外見上視認可能な相違】があるだけで、実はそれぞれの本質はあんまり違わないんじゃないのかなぁ、なんてことをぼんやりと考えております。実は3枚とも同じベタ、スキャンするときの解像...
  • 南フナさんの記事に…
    横須賀線をEF65に牽かれて走るインドネシア向けの客車の写真が紹介されていました。んで。よくよく眺めると、機関車+車掌車+控車+輸出される客車、という順番で写っていて…へええ!!まつしまはたぶん、航路に貨車を積み込む操車場以外の場所、特に本線上で回送とはいえ列車に組み込まれた控車を目にしたのは初めてだったんじゃないかと思います。ですんで、ちょっと驚きました。おもしろい写真を見せて頂けてよかったなぁ、と...
  • 丸くない、角張ったヘッドマーク…
    YASUJIROさんが、大阪駅で写されたEF52とEF581の写真を掲出した記事に一緒に写っていた準急【たじま】のヘッドマークを見てコメントを下さいました。ヘッドマークという言葉から大抵の方が連想されるのは、北斗星とか富士・はやぶさなんかの牽引機正面に取り付けてあった丸い形の列車名標識ではないかと思います。まつしまもその一人です。国鉄時代の末期に始まった電車や気動車の正面の愛称表示に絵柄が入ったものもヘッドマーク...
  • 岡山、なのかな、これ。
    登場してくる機関車を観る限りでは、ちょっと山陽線のほかには考えにくいと思います。広島かな、とも思ったのですが、後述する事情や前後関係から考えると岡山っぽい印象ではないかと。なにしろ、最後の最後までちゃーんと急行を牽いたC59ですもんね。ま、こいつはご愛嬌ってところでしょう。けど客車の列車標識を観れば、ちゃんと準急よりは上の表示がついています。岡山じゃないのかな、という判断も、実はこのDF50が並んで写っ...
  • 衝動? 保険? 予備?
    マヤ34という客車です。【高速軌道試験車】という区分に属するんだそうです。これ、1960年の撮影ですので、アジア鉄道首脳会議に合わせて開催された車輌の展示会に出展されたときの模様なのでしょう。この手の車輌は昼間は殆ど稼動しなかったと思いますので、姿を見かけたとしても車両基地の奥の方に待機していたところ、なんていうのばっかりだったんじゃないでしょうか。ハシゴを掛けられたりあちこち開放されたりしていていささ...
  • 重量級荷物車2題
    先日、マヤ34の写真を掲出したところ、猛禽類の如き視力を誇る南フナさんから、『後ろに写っているのは…』と突っ込まれてたじろいで(笑)しまいました♪すんごい! 視力8.6くらいあるんじゃないかと思います(笑)で、そのタカかハヤブサにロックオンされちゃったカニ38をご覧頂くことに致します♪【100年の国鉄車輌】の解説によると、これ、マハネ29というのが種車なんだそうですが、この形式もまた戦前から戦後にかけて波乱の生...
  • 春日三球・照代なキモチ…
    他所様からの借り物のデーターですので、ほどほどにしなければならないのですが。まつしまがしょっちゅう判断や記述の根拠として参考書に使っている【100年の国鉄車輌】という本があります。これまでにも何度か表紙や写真を引用してご紹介してまいりました。ところで、ご存知の方が少なくなってしまっていると思いますが、その昔、地下鉄の電車をどこから地下鉄に入れたのか、【それを考えると夜も寝られない】という決め台詞で人...
  • やっぱり横須賀線はすごい
    時代がそうだったんですから、70系電車が写っているのは当たり前のことです。そりゃ、颯爽としたイメージで、もしどこかに残っていればなんとしても乗りに行ってみたいです。ただ、その路線には大変申し訳ないとは思うのですが、この線路を疾駆した70系の走行をそこで再現することは、恐らく絶対に叶わないことでしょう。無理難題をふっかけておいて、挙句に 『でも横須賀線の線路でなければ意味がない』 などとチョーわがままを...
  • 中途半端な江戸川原コナンごっこ♪
    プロフィールバッジに、鄭重にお詫びを申し上げる『招きパパ』を掲出しましたので、もう怖いものなし(←なんだそりゃ??)になって調子づいたまつしまは、謎解きごっこで遊んでみたいと思います。さて。先日、鉄道博覧会に陳列されたカニ38の写真を掲出しましたが、そのときに、『どこかに営業運転中の写真もあった筈なので…』と記しました。で、あるにはあったんですが…つながっていたのは急行のようで、牽引機関車や客車には列...
  • 門デフじゃなくてゴメンなさい…
    全然門デフじゃないんです、今日の話題…どうすっかなぁー、と思ったんですが、もう写真は準備しちゃったし…ま、いっか。掲出したら、あとはさっさとログアウトして布団にもぐっちゃおーっと!!んじゃ。まずは屈伸運動なんかして、ダッシュで逃げ出す準備を充分に整えてと… (グリグリコキコキ)位置についてぇ~、よぉぉ~~い… ↓ はい、これ!!だぁぁーーーっしゅっっ!!!!んじゃ、みなさん、またあした、さいならぁぁー...
  • 鋭意努力しております。が、しかし!
    長工デフのD51からの流れで門デフの機関車の写真を懸命に掘り起こしておりますが、はっきり申しまして難航しております。なぜかっちゅーとですね!地層をほじくっておりますとゆーと、門デフの代わりにこーゆー写真がゴロゴロと出てきてしまうわけでありまして… ↓ これ! こーゆーの…これ見たら嬉しくなっちゃうじゃないッスか、やっぱり♪シャベルと刷毛を手にして淡々と発掘作業に従事しなきゃなんない者が、ですよ。シャベル...
  • 大切な写真なんですが
    以前、一度掲出したことがあるんですが、再掲出をお許し下さい。今のまつしまの技能知識では完全にお手上げ、というのがこの写真です。ほかにもいくつも同じような写真はありますが、なにせこれは東海道線第1列車を東京駅で激写した、当時の鉄道ファンだったら絶対に一度は撮ってみたかったに違いない写真です。まつしまだって、当時同じような境遇にいたらずぇっっったいに撮りに行ったと思いますから。そのベタというのは、かよ...
  • 早起きは
    三文得したり春には不可能だったり、なにかと話題になるものです。待ち遠しい、とか、嬉しくて仕方がない、ということを控えた日にはいくら早くても、寝坊した経験はありません。反対に、憂鬱で気が重くて仕方ない、という話でも、寝坊して新幹線をしくじった、ということがないのも、これまた事実ではありますが。遠足の日に、出発時刻を過ぎて担任をイライラさせながら駆け込んでくる同級生もたまにいましたが、これも原因は寝坊...
  • 検証が面倒なので
    確か、カニ22の方は掲出した覚えがあるのですが、EF58は掲出したかどうか覚えておりません。で、ここで誠実な人柄のヒトはちゃんと自分の過去の記録を調べて、最低でも再掲出か初出かくらいは確かめてから記事を書き始めるのでしょうが、この先、あと何時間生きられるか判らないまつしまは、そーゆー時間がありません。ですんで、再掲出だったらゴメンナサイにすることにして、お気に入りの写真をバシバシ掲出してゆくことにします...
  • これわ、京都駅、ぢゃないぢゃろか…?
    この残念写真の主人公は153系・急行なにわ、ではありません。いえ、もちろん撮影した本人は153を写そうとしたに違いないと思いますけど、まぁ、それにしちゃ不精とゆーか手抜きとゆーか…153系急行が写っているのは大変結構なんで、レベルはひとまずおくとして、まつしま的には【自分で撮ってみたかった写真】です。とゆーより、この写真が撮影できる瞬間に居合わせてみたかった、とゆーことなんですけどね♪んで、この写真のどこが1...
  • 本日はマジで不機嫌です
    ブログというのは見知らぬ人々が言葉で行き来するフィールドだと思っておりますので、その端っこに一人でブスッと不機嫌な顔で突っ立っているのはあまり感心しない話ですよね。そんなんじゃ、よけて通らなきゃならなくなっちゃう人に迷惑をかけちゃいます。そりゃ、よく判っております。判っておりますが、それでもやっぱり本日は極めて不機嫌であります。ま、長い人生の間にはこんな日もある、ってことなんでしょうが、最近なんだ...
  • 動画が相手ではハナから勝負になりません
    先日、富士フィルムの名作CMを見つけたとき、一緒に見つけた動画にこのようなものがありました。 ↓ 30秒あたりから1分15秒あたりまでなのですが。なんか、音声と画像がズレてしまって変な具合になっちゃっていますが、とにかく時計=正確な時間=国鉄という図式に異議を唱える者はいない、という強烈なコンセンサスをストレートに表現しています。こんな時報CMがもしいま流れたら、大反響ですわね♪それと引き比べてみたって...
  • 久々に
    久しぶりの残念写真です。1962(昭37)年にモデル線(試験線)が公開されたときに出向いたようです。A編成・B編成に夢中でシャッターを切るばかりでなく、4001にレンズを向けたというのは、なかなか評価に値する姿勢というか、いささかディープでコアな行動というか。けど、その向け方となると…ひょっとしたら案内の係員から『チョロチョロするな!』と釘を刺されていたからなのかもしれませんので、あまりテキトーな想像はしちゃ...
  • 残念レベル 6.442 ≒ 6
    残念写真の真骨頂、【これぞ決定版!】とゆーのを参りましょう(爆笑)これはベタ焼の前後関係から、車窓から撮っているのだろうと推定されるコマなのですが、左下のご婦人との位置関係がなんともビミョーとゆーか、車高を差し引いて考えても、彼女の立っている面から見たときにかなり高い位置から撮影されているものと思われます。 ↓ コレなんスけどね。ですが、セキが並んでいる操車場のレベルから推計すると、車窓から、とい...

プロフィール

急行まつしま2号

2019/8/12 に Yahoo blog から移ってきました。2008/3/28 から活動しています。

残念写真はFH君(高校時代の同級生)の叔父さん(故人)が1960~62年にかけて撮影したもので、まつしま(以下、管理人という)は約40年前、高校卒業時にそのベタ焼きスクラップ帳をFH君から預かりました。

約半世紀が過ぎ、管理人にも終活準備の必要が迫ってきましたが、どの被写体もこのまま埋もれさるのはあまりにも惜しいと考えて公開を決意しました。

全ての記述と残念写真を除く全ての画像は、管理人によるものとお考え下さい。従って、残念写真に対する苦情・異議等は、いっさいお受け致しかねます。この点、あらかじめご了承頂くとともに、不同意の方の閲覧は(たとえ記事が全公開に設定されている場合であっても)お断り致します。

また、残念写真以外の全てについては、管理人の責任と権限で対応致しますが、管理人が【適切でない、相応しくない、好ましくない、不快である】等と判断した書き込みは、発見し次第、全て管理人の一存で警告なしに即刻削除します。この点も併せてご了解頂きます。

なお、上記の点は、全て【管理人の固い意思】であって【どなたからどのような種類の申し入れ等があっても応じない】こと、及び【どなたとの議論にも応じない】ことを、あらかじめ明記しておきます。

これらの方針に同意されない方の閲覧は当方から固くお断り致しますので、どうぞ速やかにご退出ください。

記事を閲覧される方は、(万が一紛議等が生じた場合も含めて)全てここに記述した方針に同意され応諾された方として対処致しますので、念のため此処に併せて明記しておきます。

原則的に【来る者は拒まず】が基本スタンスですが、ただし、管理者に対して過去に敵対的言辞等を執った事実のある者からの再接触等は、たといそれが当該敵対的行動の撤回及び謝罪並びに釈明等であっても、その全てを拒絶します。

もし釈明や和解の必要を感じたなら、その時点で直ちにそう処置した筈であり、またそう処置すべきでもありました。それをしないまま再接触を図るということは、

①なんらかの意図があって、非敵対的な態度を偽装もしくは隠蔽している

②記憶力に欠陥のある攻撃的性格

上記①または②のいずれかと考えざるを得ません。すなわち将来に於いて再び敵対的言辞を吐き散らし敵対的行動を執る危険性が極めて大きい者である可能性を窺わせる者である、と見做し得るわけで、そういう面倒くさいヤツと関わり合うのは金輪際願い下げ、二度と御免蒙ります。

そんなヤツに愛想笑いなどする気は全くありません。見つけたら直ちに叩き出して塩を撒くので、そのつもりで。

最新情報

月別アーカイブ