• 【追記訂正あり】 EF586
    61だったら全国最優秀賞級の残念ですが、6号機ですので、全国大会出場は果たしたけど結果は優秀賞、総理大臣表彰にあと一歩及ばず、惜しいっっ!(←なんのこっちゃ?)で、どう残念なのかはご覧の通り。写真としてはちゃんと撮れているのに、テキトーに焼き付けたベタ焼きしかないもんで、せっかくの写真もこのていたらく。しかも事務系のまつしまには、これ以上技術的には手も足も出せません。天然の明石鯛がソース焼きにされて上...
  • これ1枚っきり その1
    これまでいくつかご覧頂いてきてお分かり頂けたかと思いますが、写真の質はともかく、撮影者はかなりの熱意を傾けてこの時代の国鉄車両を撮り続けました。その彼にしてなお、ギリギリご臨終に間に合った(或いは、間に合わなかった)という車種がいくつか記録されています。そういう車種は、すでに解体工場への車列に組み込まれて全容が写せなくなっているものも多いのですが、幸いにしてほとんど全身が写っているものもいくつかあ...
  • 今度は赤羽~川口間
    訴求力の強いC62牽引のはつかりの写真があったので、それを中心にこれまで常磐線北千住付近を重点的にご紹介しましたが、今度は東北線を。やはりここも今は様子が一変していますので、これを見てどうこう言っても仕方がありません。撮影者にはこの場所も大のオキニの地点だったようで、この他にもたーくさん激写しまくっています♪今日はそのうちの2枚だけ。『出し惜しみすんなーーっ! ケチケチしねーで全部見せろーーっ!』とか...
  • 東海道線戸塚あたり
    今でも横浜から大船までの沿線には緑がたくさん残っていて、これが東海道線かと思うような車窓を楽しむことができます。東北線や常磐線などの沿線の変貌が桁違いなので、それらに比べるとあまり変化していないように見えなくもありませんが、それでも走っている列車や周辺の田園風景を見れば時代の違いは一目瞭然ですね。はやぶさとあさかぜですが、いずれも牽引機はEF58、しかもはやぶさはまだ20系になる前で、EF58のすぐ後ろにつ...
  • これぞ阪和線の王者
    今さらまつしまごときがしたり顔であれこれ語る必要はないでしょう。お待たせしました、EF52の登場です。戦前の急行型機関車のひとつの完成形であり、国産電気機関車のスタンダードというべき形式です。この美しい機関車を、最後の所属区が竜華機関区だから、という理由で阪和線贔屓の人達がさもさも『ワシらの機関車やぞ!』みたいな言い方をするのはいかがなものかと常々思っておりますが、まぁ、そういう些細なことでいがみ合っ...
  • まちがい捜し、って、ちがぁーーう!!
    なんておチャラけたタイトル付けましたが、ちゃんと写真があるんですから、どっちも本物です。かたっぽは写真にスタンプインクが付着してしまって最低以下の画質になってしまっていますが、よぉーく見比べると、『おおっ!』というアレにお気づきになる筈です♪余計なことはこれ以上書きませんので、あとは皆さんがご自分でお楽しみ下さい。判ったときのヨロコビは、まつしまが保証致します!でも、間違い捜しではありませんので、...
  • 中央線立川-日野界隈
    例によって残念写真です。ただし、これまで面倒がって避けていたマニュアルを読み、文章と画像を交互に表示する方法をようやっと理解しましたので、その試験データーとして作ってみました。画像は600dpiで取り込んであるんですが、これまで幾度となくお断りしてきている通り、元がベタ焼き写真ですので、あとは画像解析度を上げる以外に鮮明にする方法はなさそうです。しかも今回は一度にたくさんの画像を並べるという別の目的もあ...
  • アプト式電気機関車
    昨夜、碓氷峠電化の時にドイツから輸入された10000型電気機関車が京福電鉄で最後のご奉公をしている写真を掲出したところ、なおかずさんから速攻で反応を頂きました。それにお応えする際にED42に言及したのですが、これまたチョー高速反応で『見たい!』とのリクエストを頂きました。お調子者のまつしまは、かようにリクエストを頂くと嬉しくてムズムズしてきちゃう方でして…実は碓氷峠(横川-軽井沢)は撮影者がかなりオキニだっ...
  • 福島-米沢のEF16, その1/3
    と、タイトルには書きましたが、実はこの一連のEF16は次の企画の前座なのです♪なんてことを書くと、句読点の打ち方も習っていないような【コドモ】が『昔の自慢はやめてください』などとまたぞろネジ込んでくるかもしれませんが…現在まつしまのブログをご覧下さっている皆さんの中には、あたかも子供を装ったような【なりすまし】などという姑息で卑怯なマネをしたり、他人が撮った写真を妬んで悪態を吐くような非紳士的な行動を執...
  • 福島-米沢のEF16, その2/3
    つづきです。で、つづきます。...
  • 福島-米沢のEF16, その3/3 終
    はい、これで今回のEF16はおしまいです。ひどい画像が多くて、大変ご覧になりにくかったことと思います。申し訳ありませんでした。で!真打がなんだか、だいたいの見当がつきましたか?? お楽しみに♪...
  • 赤岩? 大沢? 8/8 終
    長々とお付き合い下さり、まことにありがとうございました。これがラストです。冒頭でご紹介した映画にも出てきますが、除雪列車というのは、同じ区間を何度も往復して除雪作業をしますので、似たような画面が繰り返し登場してきて、『???』とお感じになられた方もいらっしゃるかもしれません。それにしても、撮影者は絶対にロータリー車の吹き上げた雪を頭から浴びている筈ですよね。望遠を持っていなかったんですから。でも、...
  • 残念写真 まつしま版 -1/2
    多くを語る必要はありません、要するにヘタッピである、ということが皆さんに伝わればそれで充分です。せっかくの定期あさかぜも、あさかぜ51号も、しかもわざわざ山口くんだりまで出かけて行って、まつしまが撮ればこの有り様です。現像が上がってくる度に自己嫌悪に苛まれたものでした。いえ、過去形ではないですね、"have been ***ing," ずぅーっと苛まれ続けていて、しかも現在もなお苛まれつつある、と。はぁ~… ...
  • あるときは小平、またあるときはムーミン…
    職務上、定期的に為替相場や商品市況などをネットでチェックするのですが、今日はアメリカ大統領選の趨勢が気になりましたので新聞社のサイトへ寄り道しました。すると…オバマ先生より先に目に飛び込んできたのがこの記事でした。  ↓ コレ。http://www.asahi.com/photonews/TKY200811050052.htmlえ? なんで大新聞がEF55のこと記事にしてるの?? っていうか、つい最近まで鉄道ファンなんて存在がこの世にいるということに関...
  • ここしばらくは、この題材で
    行ってみようかと思います。唐突というか、前後関係が不明というか。このところ、『新たにこれが登場します』という話題よりも『いよいよこれが引退することになりました』という話題ばかりが目に付きます。これまでずっとそういう機種や設備・施設になじんできたのですから、知っているものが話題になっていることに耳や目が反応するのは仕方ないことだと思いますが、それがことごとく【なくなる】方の話ばかり。たまには【このよ...
  • けど、こっちも捨て難いし
    キハ82の白鳥はこの区間のトップスターだった、と書きました。それが間違っていないという確信は今でも揺るぎませんが、んでも、こういう写真が同じベタに並んでいたんじゃ、これはちょっとリンダじゃなくても困っちゃいますわねぇ…かなり以前に、『見つけたら掲出しますね』と宣言していた写真なんですが、とうとう見つけました。どんなもんだい、エヘン! (←アホか! 威張る前に、なんでさっさと見つけられなかったのか、先に...
  • まだまだつづきます、チャンネルはそのまま!
    とかいって、さんざんコマーシャル見させて待たせた挙句に、エンディングのテロップが流れる訳わかんないドタバタの画面を見せられて逆上しそうになった(あるいは、本気でブチ切れた)経験、どなたにもあると思います。人類という種の中では際立って学習能力が低いまつしまは、殆ど毎回これにひっかかって、その度に激怒するわけです。さて、しばらくこの題材(碓氷峠とアプト)で行きます、と申しましたが、そろそろこのベタ焼き...
  • はい、これでお終い。
    今回発掘した碓氷峠&アプトのベタ焼きは、ここに掲出する4枚で打ち止めです。アプトじゃない被写体(新線&EF63)も混じっていましたが、それだって本線がアプトで運転されていた時期だからこそ撮影されたシーンにほかなりませんでしたので一括しました。こんだけいっぱいつながっていても営業車輌を牽引してませんから、部内では単機回送と呼んだのでしょうか?んでも、ここの場合は必ず編成の最後尾と先頭に機関士が乗っている...
  • よっしゃあ! 獲ったどぉぉぉーー!!
    PCが壊れている間、捜し物をしました。いえ、ま、その、PCが壊れてなくたって、年がら年中捜し物はしているんですが、たまたまPCが壊れている間に【いいもの♪】が見つかった、ということでして。『そんなに【いいもの♪】が見つかるなら、もっとPCがブッ壊れた方がいいんじゃないのか?』なんて物騒なご意見が出てこないとも限りませんので…はい、 ↓ これです!アホかい! これだけじゃ、なにがなんだか判らんではないか...
  • EF621 at 横川機関区 vol-1
    早速、発掘した画像を掲出しましょう♪なんとか掲出できそうなものは16枚でした。例によって、1200dpiでスキャンしましたのでデーターサイズの制限を考えなければなりません。で、夜も更けてきたことですし、今から計算して2MBに合わせて並べ直したりしていると、明朝の会議に遅参して欠席裁判になっちゃったらイヤですので、申し訳ありませんが、ベタの順番に4枚ずつ並べて参ります。とんでもない手抜きですが、なにとぞご了承下さ...
  • EF621 at 横川機関区 vol-2
    つづきです。前にも同じことを書きましたが、篠山紀信マッ青の激写じゃないでしょか?だからといって、EF621が微笑んだ筈もありませんし、そーゆー視点ではなく、これは明らかに模型で再現しようとしたヒトの写真の撮り方なんじゃなかろうかと思っております、はい。つづく...
  • EF621 at 横川機関区 vol-3
    もったいぶって予告を書いた際に、南フナさんがお寄せ下さったコメントで3軸台車に言及しておられましたが、撮影者も執拗にそれを狙っていますね。どうしても自分の手で再現して見せるぞ、という、意欲というより執念のようなパッションを感じます。といいつつ、どうしてこういうカットが混ざるのか、そこんところがどうも首尾一貫していないというか情緒不安定気味というか…ほいでまた台車に戻るでしょ。かと思えば、運転席。ま、...
  • EF621 at 横川機関区 vol-4 and the last one!
    これで最後です。もっぺん全景を撮って、今度はどこによじ登ったんでしょうねぇ、これ…まさか横川駅のホームの屋根ってこたないですよねぇ。んでも、この距離でほかに思い当たるそれらしい高さの建物ってあるでしょか??これで、模型で再現するために必要な外観は一通り手に入れることができたんでしょうね。ベタのEF621はここで終わっています。いや、もっとたくさんいろんなカットがあるにはありますけど、それらは諸般の事情か...
  • ココロを入れ替えまして…
    昨夜掲出した門司(だと思うんですが…)の写真、『なんでぇ、つまんねえ写真だなぁ…』とろくすっぽ検分せずにほっぽらかしておいたものだったんですが、なんとED72とC59とナロネ10(当時)のトリプルアタックであることに気付き、かなりうろたえてしまいました。まつしま自身が自分で掲げた【残念写真】というタイトルに幻惑されて、それぞれの写真をかなりいい加減にしか眺めていなかったことを思い知らされた一枚でした。んで。...
  • これこそ【東京機関区】 → って、どうも論旨がおかしいぞ…
    おそらく大半の皆さんからご覧になれば、単なるアナクロおやぢのたわごとという部類の話でしかないのだろうと思います。かく申すまつしま自身とて、このような東京機関区の情景など、この目でみたことは一度もありません。んでも!いかがでしょう?九州特急を牽引すべく、特別に選ばれた装いをまとったEF58の誇らしげな顔立ち!そこんところだけをもうちっと引き伸ばすと、こういう写真になるんです♪震えがきちゃいます、まつしま...
  • オンモに出られないので
    体調が戻りきっていない、というより、有態にいってフラつきますので、まだオンモに出るのは自重していますが、モタモタしている間にすっかり桜は散ってしまいました。遅れてきたインフルエンザのせいで、仕事は滞るし職場や供給者、お客さんに迷惑はかけるし、なにより今年の桜をちゃんと眺めることができませんでした。ものすごい熱が出ましたので、『死ななかっただけありがたいと思え』ということなんでしょうけど。事実、なん...
  • 修正ギブアップ!
    国府津機関区横を駆け抜けるさくらとみずほでござんす。ご覧の通り牽引機はEF58、みずほはまだ20系になっておらず、ひびきを同じように設備に格差があるのであさかぜやさくらが正規の特急料金であったのに対して、この時期のみずほとはやぶさには【割引特急料金】が設定されていました。     *** 以下10行、2009年4月12日10時50分に補足説明を加筆 ***ひびきとみずほの割引特急券、ウソ書いてないかどうか気になっ...
  • 堪りまへんな♪ 福島機関区! その 1/3
    【書庫】の区分に迷ったわけです。その1で登場するのは奥羽線のEF16、その2とその3は東北線のED71ですから、一連の記事なのに、同じ書庫に入れられない、ということでして。いや、別にどっちかにまとめて入れたって誰に迷惑がかかるわけでもないんですから全然構わないんですけど。でも、『あ、まつしまのやつ、EF16を交流機に入れてやがら♪』とか、ED71でその反対のこととかを思われたりすると、まつしまが恥をかくかどうかな...
  • 面差しはそっくりなのに…
    昨夜掲出したED71のベタ(ネガ)の近くに写っていましたので、ついで、といってはED60に失礼ですが、面差しがそっくりなこちらの美人さんにもご登場願うことにしました。撮影場所は作並、か、山寺だろうと思いますが、1枚目と2枚目には隣で憩うED18(か17)が写り込んでいますので、おそらく作並の機関庫でしょうね。無意識に【美人さん】と書きましたが、ED71は猛々しく見えるのにED60はそんな風には映らない印象を受けます。こ...
  • なんとなく…
    今日は気分がいまひとつですので、自分自身を鼓舞するためにもちょっといい写真を眺めてみようかな、なんてことを。いったいこれのドコがいい写真なんだよっ!!なんてツッコミが入ると、『そうですよね、たしかに取り立てていい写真だといえる根拠なんてありませんね。』ま、気分の沈みがちな梅雨に突入したことでもありますし、年がら年じゅうハイテンションってわけにも行きませんから…それに。気が滅入るとか鬱陶しいなんて好...
  • きゃぁーーーっ!! と失神…
    しちゃいますね、こんなの実際に目の当たりにしたら♪ま、それだけで充分に社会的不適応の証拠、ともいえるのだろうと自覚してはおりますが、本当にこんなのを実際に見たら、仕事も恋人も家族も、ぜんぶ放り出してファインダーを向けちゃう自分が確実に想像できちゃいます。この写真の時代にそれが可能な年齢になっていなくてよかった、ということを、つくづくとココロに思うまつしまであります。まつしまは、こういう場面でウソを...
  • 90年頃の日曜日
    鶴見の社宅に住んでいましたので、日曜日にはサンダル履きでブラッと散歩に出て総持寺や生麦のあたりをそぞろ歩き、開港前後の歴史や旧東海道の痕跡と遺物などに触れたものです。なんて書き進めていけば、土地の郷土史家とか司馬遼太郎みたいな話にもっていける方向性もあり得るんでしょうが、いかんせん、まつしまにはそういった方面の素養がまずありませんし、後付けでその不足を補強するようなカッチリした調べものをするなんて...
  • これはまさか【緊急車輌】とは云わないでしょうねぇ…
    就職を控えて、『やっぱ、自動車の運転免許くらいは持ってないと困るんだろーなー』なんて考えたのは、実はまつしまで自身はなく今は亡きまつしまの母でした。運転免許くらい持ってなきゃ、どこに面接に行ったって門前払いよ!いわれてみればごもっとも、確かにそうかもしれません…んで。自動車は、できればお近づきにならずに一生を終えられたらいいなぁ、くらいにしか思っていなかったんですが、止むを得ません。ご縁ができちゃ...
  • 約50年前の東北線赤羽付近
    つばさ51号さんから頂いたコメントのうち、もう一方の【赤羽】について、です。実際に赤羽を通過するどの列車をお目当てに『50年前にタイムスリップできるなら…』の候補地にかの地をお選びになったのか、にわかには判別がつかないのですが、ではその時代に新河岸川鉄橋に轟音を響かせていた勇士たちの姿はと申しますと…だいたいこんな感じでした。EF53が颯爽と風を切る姿にはほれぼれしてしまいますが、やはり東海道線の最新鋭機の...
  • 正調・残念写真
    なにがなぜどのよーに残念なのか。そーゆーことを、ここでまつしまのよーな浅学の徒がしたり顔でクドクドと述べ立てる必要は皆無です。なぜなら、これをご覧になった瞬間に、1000名の人が1000名とも『嗚呼…』と嘆息すること間違いないからでございます、はい。残念写真とは、こういう画像を形容するためにあるコトバだったのですねぇ。んでもこれ…つばさ51号さんにお願いして画像のサルベージというか修復を頼んでみようかなぁ…で...
  • もうええ、わかった、っちゅーんじゃ!!
    先日掲出した普段着のEF5861の写真ですが、あまりといえばあまりでしたので、もうちっとマシにならないもんかといじくってみようとしました。結論を先に書きますが、ダメだと思います。説明はコトバを並べるより、まつしまが【頑張った】と主張する技能レベルを現物で確認して頂く方が早いし正確だと思います。  ↓ まつしまの主張 【ワタシは精一杯頑張ろうとしていた(=しかしダメだった)】眠気と闘いながらあれこれやって...
  • これは外せないッスよね♪
    残念写真には意外とまつしまが熱を上げた形式が写っていません。熱を上げる、というのは、いままさに現役で活躍している姿に焦がれる、というくらいの意味ですが、考えてみると、現在『国鉄型』で括られる車輌に血道を上げる熱烈なマニアがいるのと同じように、まつしまの時代にはそういった対象は蒸機であり旧形の電機・電車だった、ということなんですね。だとすると、残念写真はまつしまが熱に浮かされた時期より更に15年ほど時...
  • マニ32 61
    いいですねぇ。この贅沢な入換機関車♪しかもジオラマっぽい職員たちの姿!こういう情景を、観ようと思えば毎日観ることができた関西の往時のファンを本当に羨ましいと思います。で。連結されて引き揚げられていく客車の様子を垣間見るに…すんごい! 荷物満載!!  国道がインフラとして整備される以前の鉄道には、国鉄私鉄を問わず今日の佐川急便やヤマト運輸などの使命までもが課せられていた、という雄弁なる記録と言えます。...
  • EF5833 その1
    タイトルを見て、『おっ?』と身を乗り出された方には、いまさらまつしまごとき軽輩がしたり顔であれこれお伝えすべきことはない、と確信しております。ですんで、『おっ?』の方は、どうぞ写真だけご覧になって記事は読み飛ばして頂くようお願い致します。写真はファイルサイズが大きいので、記事を2つに分けて掲出します。EF1833というナンバープレートを付けていますが、これ、本当ならタイトルに掲げたEF5833になる筈だった機...
  • EF5833 その2
    (その1からのつづき)残りの2枚を掲出します。EF58からEF18への転用に当たって施された主な改造は1:死重を搭載2:歯車比を 1:2.68 → 1:4.15 (EF15と同じ)に変更の2点でした。まつしまがちゃんと覚えていたのはここまで。間違いを平然と書いていないかどうか心配になりましたのでネットでこの形式に関する記録を調べてみました。以下はその抄録です。EF18は32~34の3両だけ全て東海道線に配置されていたらしい3両とも完成...
  • ご要望にお応え、してるって云えるのかなぁ、これ??
    昨日掲出したEF1833の写真に、皆さんからたくさんのご感想ほかを頂戴致しました。ありがとうございました。で。その中に、あつdesuさんとおっしゃる方からの『EF57と並んでいるとこを見てみたかったですね』というコメントが混じっておりました。まつしまも同感です。けど、EF58が登場したのは国鉄史上最悪のダイヤの時代です。世情や物資などの状況を考えれば、そういった記録やその発掘への期待は困難であろうし、また、軽々しく...
  • 本日の残念写真
    できるだけ頻繁に、本家の方の残念写真もお目にかけていくことにしたいと思います。余計な解説(だか駄弁だか)は極力省くように努めつつ、本日はこれでいかがでしょうか?まつしまとしては気動車(キハ57)と直流電機(ED42)のどっちの書庫に区分しようかなぁ、と迷ったんですが、やっぱ、この区間の本務機に敬意を表するには後者でなければ筋が通らないだろうなぁ、との判断にたって国鉄直流電機にカテゴライズしました。んでも...
  • 残念写真以前
    たぶん、別の目的があったんだろうなぁ、と推測しております。こーゆーフェチな写真ってのは、だいたい【模型で再現してみたい!】という熱意とゆーか無謀なパッションの発露として、まつしま自身も含めて案外と多いものです。ただ…『んだば、撮ってきた写真と手元を見比べながら、ほんとにそれができんだな、おめ?』と反問されると、おそらく工具を手にしたままうつむいて沈黙しちゃうでしょうね、これじゃ…まつしまがおもしろお...
  • 急行、じゃないのかな、これ?
    昨日ご紹介した153系電車と同じ場所で撮影されたEF58牽引の旅客列車です。うーん。編成の長さといい、客車の様子といい、これはひょっとすっと普通列車かもしれないですねぇ。昨日の153系の優等列車との前後関係から、またしても時刻表復刻版で江戸川原コナンごっこにムズムズと食指が動きますねぇ♪お次はこちら。こちらは機関車+ニ+特ロ+並ロ+ハ(ハネ?)…といった編成に見えます。特ロと並ロが両方つながっているとなると、...
  • 春休み
    以前掲出したことがあったかもしれませんが、重複のお叱りを覚悟のうえで。まつしまの春休みのひとこまです。ちぇっ!東京の子供はいいよなぁ。ちょっとその気にさえなれば、いつだってこんな汽車を写せるんだもんなぁ。こっちは仙台6:54発の124列車に乗って、上野が16:05着。一日がかりで出てきて、着いた日はもう夕方だから、その晩は母の実家に泊めてもらって、次の朝ようやっと撮れる写真だったちゅーのに…まつしまはアホなの...
  • 春休み-その2
    まつしまだって人の子です。やっぱ、九州特急の先頭に立つEF65500の写真を写したかったです。んでも、東京のコドモたちは仙台から出てきた田舎っぺがモタモタしているうちに、どんどん前に出て行って、いままさに東京駅へ進入してくる【ブルートレイン】を先を争って写すのでありました。出遅れたボンクラまつしまが、『ま、これでもちゃんと写せた方かな…』なんて半分ベソかきながら眺めたプリントはこんな程度でした…しょうがな...
  • 怒り心頭
    昼間読んだ新聞記事のせいで本気でアタマにきちゃいまして、気がついたらグッタリ、疲労困憊です。今日は横川機関区の残念写真を題材に、ED42の四方山ばなしを試みようと思っていたのですが、その意欲が完全に失せてしまいました。最初の1枚目で軽くボケをかまして、『おいおい!』なんて始めて、まともな方向に軌道修正して行くようにお話しを進めながら、ラストの集電靴のアップに引っ掛けて取っておきのギャグをドカーン!とブ...
  • 東京有楽町新橋浜松町田町品川
    自慢じゃないですが、まつしまは1975年当時の駅名を、稚内から宗谷線函館線青函航路東北線東海道線山陽線鹿児島線経由で鹿児島まで、5分40秒で暗誦できました。最近は寄る年波のせいで、だいぶ怪しくなってきてしまいましたが、それでも東海道線の東京名古屋間や東北線の東京仙台間ならそれぞれ2分を切るところまではまだ大丈夫だと思います。けど、民営化からしばらくすると、なんだか聞いたことがない新しい駅がタケノコみたい...
  • 『画像はイメージです』
    最近は、そのように隅っこのほうにちっちゃく書き込んでおきさえすれば、公取委から誇大広告指摘&排除勧告を受けるシンパイはないんだ、みたいな、世の中をナメ切った宣伝広告がそこかしこに溢れ返っています。んでも、まつしまは別に正義の味方でも月よりの死者(←違ぁぁーーーうっ!!そこ間違えたらなんにもならんだろがっ!!使者だ、【使者】っっ!!)でもありませんので、そういう広告に騙される方がアホだと思っておりま...
  • 北松本ですね、これは。
    廃車は1973(昭48)年ですので、この機関車の写真をご自身で撮影された方はわりと大勢いらっしゃるかもしれません。写真は例によって非常にモンダイが多いのですが、被写体の質と相殺ということで、ここはどぉぉーかひとつ!ご寛恕賜り度。と同時に、もしお手元にこの機関車の【残念でない写真】をお持ちの方がおられれば、是非この機会に拝見させて頂けたらなぁ、などと、厚かましいことも考えておりますですが、それはさておき。...

プロフィール

急行まつしま2号

2019/8/12 に Yahoo blog から移ってきました。2008/3/28 から活動しています。

残念写真はFH君(高校時代の同級生)の叔父さん(故人)が1960~62年にかけて撮影したもので、まつしま(以下、管理人という)は約40年前、高校卒業時にそのベタ焼きスクラップ帳をFH君から預かりました。

約半世紀が過ぎ、管理人にも終活準備の必要が迫ってきましたが、どの被写体もこのまま埋もれさるのはあまりにも惜しいと考えて公開を決意しました。

全ての記述と残念写真を除く全ての画像は、管理人によるものとお考え下さい。従って、残念写真に対する苦情・異議等は、いっさいお受け致しかねます。この点、あらかじめご了承頂くとともに、不同意の方の閲覧は(たとえ記事が全公開に設定されている場合であっても)お断り致します。

また、残念写真以外の全てについては、管理人の責任と権限で対応致しますが、管理人が【適切でない、相応しくない、好ましくない、不快である】等と判断した書き込みは、発見し次第、全て管理人の一存で警告なしに即刻削除します。この点も併せてご了解頂きます。

なお、上記の点は、全て【管理人の固い意思】であって【どなたからどのような種類の申し入れ等があっても応じない】こと、及び【どなたとの議論にも応じない】ことを、あらかじめ明記しておきます。

これらの方針に同意されない方の閲覧は当方から固くお断り致しますので、どうぞ速やかにご退出ください。

記事を閲覧される方は、(万が一紛議等が生じた場合も含めて)全てここに記述した方針に同意され応諾された方として対処致しますので、念のため此処に併せて明記しておきます。

原則的に【来る者は拒まず】が基本スタンスですが、ただし、管理者に対して過去に敵対的言辞等を執った事実のある者からの再接触等は、たといそれが当該敵対的行動の撤回及び謝罪並びに釈明等であっても、その全てを拒絶します。

もし釈明や和解の必要を感じたなら、その時点で直ちにそう処置した筈であり、またそう処置すべきでもありました。それをしないまま再接触を図るということは、

①なんらかの意図があって、非敵対的な態度を偽装もしくは隠蔽している

②記憶力に欠陥のある攻撃的性格

上記①または②のいずれかと考えざるを得ません。すなわち将来に於いて再び敵対的言辞を吐き散らし敵対的行動を執る危険性が極めて大きい者である可能性を窺わせる者である、と見做し得るわけで、そういう面倒くさいヤツと関わり合うのは金輪際願い下げ、二度と御免蒙ります。

そんなヤツに愛想笑いなどする気は全くありません。見つけたら直ちに叩き出して塩を撒くので、そのつもりで。

最新情報

月別アーカイブ