• 世界のナベアツ??
    最初は墓場まで持っていくつもりでいる虎の子をご覧頂きましたが、そうそう貴重品などある筈もなく、などと控えめに書くような見栄を張るのはやめて正直に白状すると、いきなり品切れの欠品状態に突入です。苦し紛れに、いまちょっと光っているお笑いの【世界のナベアツ】の真似をしてお茶を濁してしまおうとたくらみました。「これから、3と、3の倍数と、3のつく数字のときだけアホになります♪」というアレです。まつしまは、1と1...
  • また来年!
    また来年って、これから新年度だっちゅーのに、いきなりなにを言い出すの、この人は?ま、ま、ま、おさえておさえて…ちょっとだけ話を聞いて下さい。1番目と2番目は同じ切符の表と裏です。往復乗車券ですから復片には発駅へ戻るための必要事項が表示されています。で、戻って行く駅は塩釜港、1月1日か2日に戻ればよろしい、と印刷されています。なんの問題もありません。ね?あーじれったい! だからなんなんだ!! 忙しいんだぞ...
  • サイン下さいっ!!
    まつしまだって有名人に出くわせば人並みにサインほしいです。だからチャンスがあれば恥ずかしいとか言ってられません。船長っぽい高級船員の制服を身につけた人が歩いてきました。で、いきなりサイン帳がわりに自分の業務ノートを差し出すのも失礼だろうと思い、船内で買い求めてあった記念切符を差し出して言いました。 「あ、あのっ! サイン下さいっ!」相手は船長ではなく事務長でした。「かしこまりました、どうぞお席で...
  • 謎の車内補充券 3題
    車掌は所属区が決まっていて、その車掌区は旅客列車担当区と貨物列車担当区が厳然と分かれています。長町は仙台からひとつ東京寄りの駅で、かつて構内には大きな操車場と機関区がありました。隣の仙台駅にはご存知・仙台車掌区があり急行101/102列車や201/202列車などを担当していましたが、なんだってまた、わざわざそれに隣接して長町に独立した車掌区が?といえば、これは冒頭に述べた貨物列車専門の車掌区というわけです。で、...
  • おっきくておトク
    なんか、【おっきい】ネタばっかりで、スシ屋だったら大歓迎ですが切符だとちょっと置き場に困るというか…これ、今でも買える筈です。都区内からの乗車券の所持者に最初から乗り越し分として区間外専用のつもりで置いてあるのでしょう。ここしばらく新浦安に行ってないので確かなことは分かりませんが、こんな周遊券みたいなデッカくて立派な往復乗車券がなんとたった300円!これならおヒルを全部我慢しなくても、ラーメンをあんぱ...
  • 作並駅の…
    切符といったって、こんな大昔の券じゃハナシにならんではないか!お怒りはごもっとも。でも、まつしまの手元にも作並駅にまつわる切符はこれしかないものですから、ご寛恕賜り度。まぁ、戦前の硬券は前座です。(でも、これだって決してそこらじゅうに転がってるってわけではないんですよ。)その次の軟券が、ED14の記事のところでぺんさんと話題にした季節臨時出札の乗車券です。発行駅が奥新川と刷られているのに、どういうわけ...
  • 要するに、楽しかった、と
    わざわざ時刻表のコピーまで並べましたが、まつしまの場合、これらの線と付き合うに当たってさも苦労したかのように書くのはいささか事実に反することになってしまいます。苦労にも様々な種類があって、国鉄全線踏破というテーマの場合には、その苦労の正体は主として時間的制約と効率的な乗車ルート・スケジュールの選定などでしょう。鉄道旅行を楽しむということは、結果的には大なり小なり時刻表(=ダイヤ)という制約条件との...
  • 伸び縮みする切符
    比較対象のためにできる限り同じ区間を、と思って捜しましが、なかなか化学実験のように【伸縮以外の条件は完全に同一】とまでは行きません。それでも北海道はなんとか同一区間で見比べられるようにはしました。四国は、八幡浜→宇和島、宇和島→松山、八幡浜→松山のA券とD券がバラバラにあって、同じ区間でサイズ違いを掲出することはできませんでした。ご了解下さい。で。札幌の券はそれまで小さかったものが大きな券に変化してい...
  • 不人気な金額片道券も
    このようにして並べてみると…やっぱり、あんまりおもしろくはないですね。でも、各印刷所の特色というか印刷仕様を比べてみるのって、やってみたことがありそうで意外とないのではないでしょうか?そりゃそうですよね、あまり意味がなさそうですから。我ながらつまらないことを書きました、反省します。上から順番に、札幌、仙台、新潟、東京、名古屋?、名古屋、大阪、広島、高松、門司と並んでいます。カラーで全部いっぺんに並...
  • 国鉄・高砂線・昭和56年5月27日
    豊富な画像と愉快な解説で楽しいブログを運営しておられる【おびとけ】さんの記事に山陽電鉄高砂駅とその周辺の様子が紹介されていました。その中に、かつての国鉄高砂線の軌道敷跡を舗装した遊歩道などの様子が分かる写真があって、まつしまもかつてそこを散歩し、その前にはディーゼルカーに乗って走ったことなどを次々と思い出して、その時のことなどを書いてみたいと思いました。昭和56年5月27日、13:23発の433Dで加古川を発車...
  • まちがい捜し♪
    郵便切手やお札と違って、国鉄の切符には結構間違いがいっぱいあります♪出札係員の勘違いや記載ミス・券種の選択ミスといった、『当事者が気付けば発行に至らないミス』ではなく、駅にその切符が届いた時点ではっきりと間違っていた、という事象だけを【ミス】と定義することにして、これから折に触れてその【正調・ミス券】をご覧頂こうと存じます。でも、ここがこう違う、といきなり答えを言ってしまってはなんだか面白くありま...
  • まちがい捜し♪ 解答編
    先日掲出した【まちがい捜し】ですが、何人かの方が答えをお送り下さいました。全員見事に正解でした。拍手っ! ぱちぱちぱち!!で、その【まちがい】ですが、どうもだいぶ広範囲かつ長期間に亘ったようですね。ここに掲出したものも出題画像と同じまちがいを含んでいますが、問題に使った札幌駅のものから5ヶ月も経過しています。これを北海道らしい大らかさと考えるのか、それとも、いったいなにを検査しておるのかと腹を立て...
  • まちがい捜し 問2
    立て続けに参ります。掲出した券には間違いがあります。お分かりになった方は、【内緒】をクリックして答えをまつしまにお送り下さい。お分かりにならない方は…できるだけ早く眼科で受診・相談されることをお勧め致します。【追記】何人かの方が解答をお寄せ下さいましたが、皆さん思いのほか難航しておられるご様子です。『ああ、根性曲がりのまつしまと違って、皆さん問題を真剣に読み込む真面目なタイプなんだなぁ、悪いことし...
  • なかなか見かけない券
    今日はちょっとおもしろい券をお目にかけたいと思います。東北線の郡山から仙台までの一ヶ月通学定期券です。これは、まつしまの後輩が入社してきたときに、たまたま持っていたのを貰いました。で、一見したところでは別に珍しくもなんともない、ごく一般的な普通の定期券なんですが。当時の規則で定期券を発行する条件をどう規定していたかを示す資料として、規則の当該条文を載せておきます。んで!これのどこが珍しいのか、と申...
  • いくらなんでも、こりゃないでしょ…
    画像ファイルをご覧になってタイトルと同じ感想をお持ちになったあなた。あなたはまつしまとおなじビョーキに罹っている!かどうかはともかくとして、精算所で不足運賃払って改札を出る、というのとは意味が違います。確かに改札は抜けますけど、それは鶴見線のホームに入場するためであって、なぜかと言えば鶴見線の電車に乗るからにほかならない。出場するんじゃなくて入場するんであり乗車するんであります。それが精算伝票だか...
  • 荘川桜と佐藤良二氏と
    リエッセさんから、空知丸船長になり損ねたKS君をご紹介した記事へコメントを頂きました。お礼のご挨拶かたがたブログを拝見しにお邪魔したところ、『ついに開通』と題して東海北陸道に関する記事を目にしました。そこに登場していた白川郷という地名から真っ先に反射的に思い浮かべるのが国鉄・名金急行線。世界遺産も連想せず、オマケに方角が富山でなく金沢に向いてしまうのがまつしまの困ったところなんですが、さっそく題材...
  • まちがい捜し 問3
    しばらくぶりに、まちがいさがしを行きましょう♪今回の問題はこれまでのものよりはいささか難易度が高い、かも。切符が好きで興味深々という方からは『バカにしてんのか!?』とお叱りを受けるかもしれませんが、鉄道ファンでも別に切符には興味ないや、という向きにはおそらく『?????』だろうと思います。レディーメードの硬券じゃなく、どんな券でも作れちゃう印発機の券ですから、そもそも切符が好きな人だって見向きもし...
  • ありゃ、違った…
    【6月3日追記】地図と切符はクリックすれば拡大できます。拡大すると、かなり鮮明に文字が判読できますので、ぜひ拡大してご覧になってみて下さい。【追記終わり】昨日掲出した宇和島線のキハ01の記事の中で、マッチポンプというか自作自演というか、四万十川がらみの面白そうな題材を思いついてしまい、早速捜索隊を出したのですが…結論を申しますと、所蔵していた車内乗車券は予土線開通まで窪川と江川崎を結んでいた国鉄の路...
  • わからん… どうしてわざわざ?
    この様式で作っちゃったんでしょうね?ほかにもっと簡単で簡素な方式がいくらでもありそうな気がするんですが。全てレディーメイドで固定情報があらかじめ刷り込んであって、車掌が書くのは日付と列車番号だけというなら、わざわざこんな多目的を前提とする様式を使う必要ない筈ですよね。健全な常識で考えたら、バスの車掌が発行するようなミシン目の入った小さな切符だって『高松から徳島ゆき』と印刷してありさえすれば充分に用...
  • これも少ないようですね
    発駅準常備式乗車券。切符に興味のない人は、鉄道ファンでも『???』という感じでしょう。比較用の意味で5枚目と6枚目に掲出した画像の着駅準常備は別に珍しくありません。普通は着駅が印刷されていて、乗車駅から着駅までの【専用】の切符の体裁になっています。けど、それはその駅まで乗る旅客の人数が【印刷した専用の切符を置いておく】くらいに大勢いる場合の話です。たまぁーに売れるんだけど、300枚も置いといたら、い...
  • 発駅準常備乗車券の補足データー
    ひとつ前の記事の中で触れた、旅客営業規則・旅客営業取扱基準規定の様式見本図のデーターを追加掲出します。このデーターは、【運送契約締結に際して旅客の請求に基づき鉄道事業者に提示が義務付けられている運送約款の一部】で法律の条文と同じ性質のものですので、よもや著作権云々に引っ掛かるとは思われません。従って、特に注意を払うことなく掲出します。んで、ただコピーするだけじゃ芸がないので、民営化前(昭和60年6月20...
  • 自動車線~鉄道線通しの異級乗車券
    ひとつ前の記事で、spencerさんから頂戴したコメントに返信しながら、ふと気付いたことがありました。バス(塩原号)~列車(なすの号)のうち、バスには1等がありません。だのに異級になっていない。掲出した乗車券のように、ちゃーんと異級乗車券はあるんですから、料金券だってそうしなきゃおかしいんじゃないの? と、思った訳ですが。急行券をはじめとして、料金券は【その列車や自動車便に限り有効】という但し書きが必ずつ...
  • えーっと、結局どっちなんでしょか?
    特別普通こういう日本語、そりゃ別に間違っちゃいませんけど、でも日常で使うコトバにこういう語彙や単語の組み合わせは殆どありませんわね。特別なの? それとも普通なの?特別、ってんなら、いったいなにが特別なの? 普通だってんなら別に普通でもこっちは構わないけど、でも、じゃあどこがどう普通なの??昨今巷で喧伝されているところの【お客様第一主義】とやらには、どうも胡散臭さを感じて素直に共感できないヒネクレ者...
  • 万博中央駅着の切符
    切符についてなかなか渋いコメントを頂戴する【ぺんさん】から、タイトルの条件を備えた普通乗車券があれば珍しいですよね、とのご意見がありました。同感なのでコレクションを引っ掻き回して捜索しましたが、普通乗車券ではそれらしいものがありませんでした。まつしまの蒐集はおよそこの程度のレベルでして、なんともはや…で、このままスゴスゴと退場ではちょっとカッコ悪すぎますので、着駅に万博中央駅が印刷されていれば、な...
  • たまには普通の話題で
    たまにオーソドックスにノーマルな話題で…っても、ノーマルじゃないんですね、ギワクに満ちている、とゆーか。え? でも、上牧のこれ、ダメじゃん。なんで3等なのに青? 青なら2等、3等なら赤じゃん! 見本券が間違っててどーすんのよ? ハナシになんないじゃん、まるで中●人▼共■国のオリンピック記念10※紙幣みたい。異級の往復券というのは、理屈で考えるといっぱいあったのかもしれませんが、実際には片道の常備券に【往...
  • 折れちゃってるんですが
    盛岡の乗車券、これ結構珍しいんですよ。昔の補充乗車券は硬券が当たり前でしたが、これを軟券に置き換える動きが出始めたのがちょうどこの券の時期です。さまざまな専門書や解説書でそれについては詳しく述べられていますから、ここでは省くことにして、どう珍しいのかを簡潔に記述します。1:カーボン複写式(甲片と乙片を切り離す方式ではない)2:裏面の注意書きがない下に並べた横浜・新横浜からの乗車券は、【普通乗車券】...
  • きっぷをなくすと
    えらいことになっちゃいます。まぁ、列車の中で掏りや置き引きや強盗に遭遇した、というなら、鉄道側に保安の責任を問うことも考えられますが、失くしたってのは、どう頑張っても旅客側の過失ですから、全額もっぺん払い直すことになっちゃいます。こればっかりは致し方ない。堅苦しい話になりますが、どこかへ出かけるために電車に乗る、という行動を法律的な書き方に【翻訳】してみると、 ・旅客として(契約当事者の甲方) ・...
  • いわしろイワシロ、うーん…
    昨夜、偶然から日中線の記事をお書きになっておられた【シゴッパチ】さん方へ、半ば押し売りのようにしてまつしまの熱塩駅の記事をリンクさせていただき、お知り合いになって頂くことができました。で、かなり年季の入った写真などを拝見しながら記事を読むうちに、地震関連の記事で福島県中通地方北部が『岩代(イワシロ)と呼ばれ…』と解説しておられる記述に行き当たりました。まつしまは小学校3年生の3学期まで福島県福島市...
  • くやしまぎれ&負け惜しみ
    先日、ネットのオークションに国鉄バス史上初の全席指定夜行バス(1102便)の指定券が出品されました。見本で、そのうえ状態もよくなかったので『よしゃ、これはイケるだろ』と踏んだのですが、とんでもない!  ↓ コレなんスけどね…アッという間にボッコボコ、戦闘不能に陥り呆気なく戦線を離脱しました。でも、なんでよぉー?? そんなもんのすげー金額出すんなら、ショップに行ってもっともっときれいな実券捜せばいいじゃん...
  • 国鉄バス往復乗車券
    国鉄バス路線では、いろいろと面白い様式の切符がありました。鉄道の乗車券のヴァリエーションから見ると規模は零細ですが、それでも、その地方に独特の様式というのは鉄道の券よりも色濃く現れていたように思います。掲出した券は、鉄道なら『ああ、あれね』といった程度のものですが、これがバスということになると、『へえ!そんなのあったんだ』という感じがしませんか?常備往復券でなく準常備というところがミソですけど、実...
  • まつしまの切符【原体験】→実はビョーゲンタイ??
    またまた古い鉄道ファン誌の記事の転載です。なんだか他力本願で気が引けますが、これは是非とも皆さんにご紹介しておきたい、とかねがね思っておりましたので、なにとぞお許し下さい。これを読んだのは中学生の頃。もちろん、オンタイムではなく、発行から数年後、まつしまオヤヂの本棚で雑誌をパラパラとめくっていたんですが。ぬおおおおっっ!!この記事に目が釘付けになりました!オトナで切符集めを、それも大真面目にやって...
  • ちょっと息抜き、とゆーか、切ない…
    以前話題の俎上にちょっとのせたことがある【自動券売機の切符】です。出張に出たついでに(寄り道して)鶴見線で散歩したときに買っておいたんですが…ご覧の通りの惨状を呈しております。てっぺんから順番に昭和、武蔵白石、安善、浅野、国道、海芝浦、大川、扇町です。(ちっとくらい見え易くなんないかなぁ、と思って画像の状態をいじくってみたんですが、殆ど意味なかったッスね。)当時(今も)バカなまつしまは【コピーを取...
  • よく見ると… ん?
    長ぁ~い回数券なので、画像は第5券片と第6券片の境目で二分割してありますが、実物はちょん切れていない券です。廃止になってもう7~8年経ちますが、こういう回数券もありました。1枚当たり290円ですから、安いか高いかは結構ビミョーなところだったんじゃないでしょうか。で、なくなることに決まったのを知らなかったのですが、実際にはこのあとすぐになくなっちゃいましたので、結果的にはとても運がよかったと思ってお...
  • テツも(ごくたまぁーに)役に立つ(こともある、かも…)
    通勤の道筋に遅くまで開いている書店があります。先日、会社の帰り道にちょっとした実用書を買う必要があって立ち寄ったんですが、用が済んだからといってそのまま鉄道関係の書籍の前を素通りできるほど強固な意思は持ち合わせておりませんので、ごく自然とその売り場に足が向き並んでいる本をひとわたり眺めました。すると!今まで迂闊にも気付かなかったのですが、【原口隆行(著) 最長片道切符 11195.7キロ 日本列島ジグザグ...
  • 国際航路接続
    ちょっとまともな券をご覧頂くことにしたいと思います。まず、宮崎から門司接続で中国・青島(Tsingtao)までの国際航路連帯乗車船券。鉄道連絡船(関釜航路)経由ではなく、門司から日本郵船の国際航路に接続する切符も鉄道の駅で発行していたんですねー。だとすると、当然、出札口で旅券の提示なんかも必要だったんでしょう。これは、鉄道省という官庁だったからこそ可能だった事務じゃないでしょうか。宮崎駅で発行できた、という...
  • どこにあるの??
    復路専用乗車券の中では割りにちょくちょく見かける区間ですので、別に珍しいわけではありません。ただ、もちろん抜けている時期がたくさんありますが、それでもこれだけ時系列を追って並べるとそれなりに壮観だなぁ、なんて思ったものですから。皆さんのご感想はいかがですか? え? 自画自賛するほど大したことないじゃないか? ま、そうですね。とはいえ、切符に興味のある方ならともかく、普通の方は『なにこれ?』というと...
  • あ゛ーーーっ!! なにすんねん!!! 懺悔 無駄遣い-その1
    乗りもしない定期券を買いました。10,000円近い買い物でした。なんとか小児通勤にして半額で上げられないものかと、白河駅の出札口で折衝しましたが、小児通勤にはこの券は発行できない、との見解。ま、そりゃそーでしょうね、小児断線がないんだもの。んで!泣く泣く大枚を投じて買うことにしたっちゅーーのに!!あ゛あ゛ーーーーーっっっ!!!こ、こらぁーーーー、ワシの大事な定期券に、なんちゅーことすんねん!!!ちょっと...
  • あ゛あ゛? ホンマやな、ごるぁぁー!? 懺悔 無駄遣い-その2
    バカなまつしまは、更に小児通勤定期を求めてあちこちの営業所を巡って歩きました。んで、確かに売ってはくれるんですが、とはいえ事業所ごとに対応はさまざまでした。A型(区間式)の回数券をどうしても売ってくれない事業所。まぁ、これはまだマシな方です。B型回数券(金額式)の用紙でA型回数券を代用しようとする事業所。これも、できあがれば珍品になりますから、まぁ目をつぶることにします。(本当は、区間式=有効期限...
  • オマケつき?の回数券
    回数券というのはもともと10枚分の値段で11枚ですから、1枚だけオマケがついてくる切符です。ところがこれ。これは、10枚分で11枚のほかにもうひとつ大きなオマケがついています。お分かりになりますか?答えは【着駅】です。本当は常備(=レディーメイドでいつでも発行できるようにあらかじめ備えておく)回数券の着駅としては仙台が正解なんですが、南仙台からだと仙台まででも仙石線の宮城野原まででも運賃が同額です。宮城野...
  • 今日はちょっと息抜きということで
    ガードを固めてしまったせいで、ふらりと立ち寄って『おっ?』という感じでコメントを残して下さる方をシャットアウトしてしまう形になってしまいました。なんとも残念ですが、当面は空襲警報発令中ということでやむを得ません。あれから様々な参考資料を検討し色々と勉強をしましたが、いずれも遅きに失した観が強く…ま、いいや! いつまでもウジウジ考えるのは柄じゃないですし、だいたい性に合いませんしね♪という訳で、今日は...
  • 団体の割引
    【9/25 7:10加筆】exp**ssg*ngaso* さんから頂いたコメントで、A小口とB小口の区分が、団体旅行の催行者を示す区分ではなくその団体の参加人員を示す区分であることをご教示いただきました。掲出した記事を削除または訂正するかどうか迷いましたが、誤った箇所に関する注記を加筆することで対応することとしました。ご了解下さい。exp**ssg*ngaso* さん、ご教示賜りありがとうございました。【加筆終わり】 自分でブログを始める...
  • 日本の漢字はむずかしすぎます!
    まつしまの職場には中国国籍の人も働いています。いわゆるホワイトカラーの職場なんですが、専門分野の技能知識と日本語の能力の両方が優れている人で、世間一般の会社で【総合職】と呼ばれる職種で採用し、もちろん管理職登用へのチャンスも日本人と同じ条件でチャレンジする権利があります。その彼女が嘆いて曰く、『まつしまさん、この字はなんと読みますか?』どれ、ちょっと見せてごらん、えーと、これはですね、えーと、えー...
  • ココロ優しき妹のオミヤゲ
    まつしまには妹がおります。中学校で入部した吹奏楽部の活動から高校野球のファンになり、高校進学に当たって【ひょっとすると甲子園に(応援に)行けるかもしれないから】との理由から、まだ宮城県には数校しかなかった公立の共学校を選びました。ちなみに、彼女が徹底的に熱を上げたのは名古屋電気(だったかな?)の1年生のエースで、なんと甲子園の決勝戦を堂々と投げぬいた坂本投手、通称・バンビ君でした。確かに彼は女生徒...
  • 管理駅? じゃないし、委託、とも書いてないし…
    仙石線宮城野原駅の臨時発売硬券の記事にマンジローさんという熱心な切符のファンの方から【これは管理駅に関する特殊事情を背負った切符か?】とのコメントを頂きました。で、まつしまは、そこまで深く掘り下げて考えたことがありませんでしたので、当然のことながらグッと言葉に詰まってしまいました。適当に想像して回答を書くことなど決してできませんし、かといって、28年前の国鉄の関係資料などどこを捜せば出てくるのか、そ...
  • 桧舞台は是非とも【ぺんさん】に仕切って頂かなければ♪
    先日掲出した【ココロ優しき妹のオミヤゲ】という記事で、高校生だった妹がアタマのネジがユルんでしまった憐れな兄に買ってきてくれた【仙石線宮城野原駅臨時発売窓口の硬券】をご紹介致しましたが、それに対するコメントで、いつの間にやら【ぺんさん】と極めてローカルなネタで盛り上がってしまいました♪おそらく、お気に入り登録をして下さった皆さんの中でその【大盛り上がり】の内容をご理解頂けた方は5~6人くらいだったの...
  • これは【代用券】と呼ぶんだそうです
    補充券じゃなくて代用券。どっちでもよさそうなものですが、使い道から考えると、名前を別々にしておかなければ混乱する、という懸念も確かに考えられるようです。補充券は、ご説明するまでもなく、出来合い(とは言いませんね、【常備】或いは【準常備】です)の券、つまり、レディーメイドの設備(在庫)がない券を発行する場合に、いわばオーダーメイドの一品料理として作成・発行されます。これに対して代用券は、本来常備や準...
  • そういえば…
    青函航路と宇高航路が廃止になって今年で20年経つんですね。ついこのあいだのことのようですが、連絡船を見たことがない人が投票所に行き年金の掛金を納める年齢になっているとは…やれやれ、道理で目が霞んでくるわけじゃわい、どっこいしょ、と…なんてお終いにしちゃ仕方がないんで、なんだって唐突にかようなことを書いたかと申しますと。青森~函館は3時間50分から僅か2時間弱に、岡山~高松も急行券が要るホーバークラフトを使...
  • うーん… 代用券って…
    こうなっちゃうと代用券と委託券の外見上の区分って判らなくなってきちゃいます。どれらを果たしてどちらに分類すればよいものか…委託券は販売手数料に相当する11枚目が必ずついているけれども代用券にはそれがない、といった辺りがおそらく正解なんだろうと推測しております。けど、それは軟券の方がズラーーッとつながって(連綴されて)いて初めて判ることです。今のように常備券はあっても軟券だけ、ということになってしま...

プロフィール

急行まつしま2号

2019/8/12 に Yahoo blog から移ってきました。2008/3/28 から活動しています。

残念写真はFH君(高校時代の同級生)の叔父さん(故人)が1960~62年にかけて撮影したもので、まつしま(以下、管理人という)は約40年前、高校卒業時にそのベタ焼きスクラップ帳をFH君から預かりました。

約半世紀が過ぎ、管理人にも終活準備の必要が迫ってきましたが、どの被写体もこのまま埋もれさるのはあまりにも惜しいと考えて公開を決意しました。

全ての記述と残念写真を除く全ての画像は、管理人によるものとお考え下さい。従って、残念写真に対する苦情・異議等は、いっさいお受け致しかねます。この点、あらかじめご了承頂くとともに、不同意の方の閲覧は(たとえ記事が全公開に設定されている場合であっても)お断り致します。

また、残念写真以外の全てについては、管理人の責任と権限で対応致しますが、管理人が【適切でない、相応しくない、好ましくない、不快である】等と判断した書き込みは、発見し次第、全て管理人の一存で警告なしに即刻削除します。この点も併せてご了解頂きます。

なお、上記の点は、全て【管理人の固い意思】であって【どなたからどのような種類の申し入れ等があっても応じない】こと、及び【どなたとの議論にも応じない】ことを、あらかじめ明記しておきます。

これらの方針に同意されない方の閲覧は当方から固くお断り致しますので、どうぞ速やかにご退出ください。

記事を閲覧される方は、(万が一紛議等が生じた場合も含めて)全てここに記述した方針に同意され応諾された方として対処致しますので、念のため此処に併せて明記しておきます。

原則的に【来る者は拒まず】が基本スタンスですが、ただし、管理者に対して過去に敵対的言辞等を執った事実のある者からの再接触等は、たといそれが当該敵対的行動の撤回及び謝罪並びに釈明等であっても、その全てを拒絶します。

もし釈明や和解の必要を感じたなら、その時点で直ちにそう処置した筈であり、またそう処置すべきでもありました。それをしないまま再接触を図るということは、

①なんらかの意図があって、非敵対的な態度を偽装もしくは隠蔽している

②記憶力に欠陥のある攻撃的性格

上記①または②のいずれかと考えざるを得ません。すなわち将来に於いて再び敵対的言辞を吐き散らし敵対的行動を執る危険性が極めて大きい者である可能性を窺わせる者である、と見做し得るわけで、そういう面倒くさいヤツと関わり合うのは金輪際願い下げ、二度と御免蒙ります。

そんなヤツに愛想笑いなどする気は全くありません。見つけたら直ちに叩き出して塩を撒くので、そのつもりで。

最新情報

月別アーカイブ