• 八幡入口踏切
    午前10時半くらいに思い立って、急遽出かけることにしたので、下調べもなにもありませんでしたが、『なに、行けばどうにかなるべぇ♪』と考えました。 ↓ 行った先はここ。家を出たときは風がうすら寒かったんですが、だんだん気温が上がって、帰るときには着てきた厚手のジャンパーが邪魔になっていました。残念ながらこの鉄道はお客を乗せません。従って、甚だもって不本意ながら自家用車で出掛けなければ沿線に辿り着くことがで...
  • 命の危険をも顧みず!
    昨日の夜、えらいことに気付いてしまいました。次の記事が2008年3月27日から通算で四千件目になるっちゅーんですよ。って、皆さんにとっては大したことでもなんでもありませんし、別にまつしまがそこで気がつかなくたって、エジプト・メソポタミアよりももっともっと昔から、たぶん46億年前には既に3999の次は自動的に4000と決まっていたんでしょうから、いまさら驚くのもどうかと思いますけど、とにかくまつしま的にはビックリ仰...
  • 参考資料の追加
    先日ご紹介した京葉臨海鉄道小野田入口踏切付近ですが、列車の写っていない写真が何枚かありましたので、ご参考までに…。地図でいうと、白抜きのあたりで、踏切は青い○の位置、これを黄色の●の場所から写したのが下のカットでござんす。んで、踏切だけ何枚も激写するものナンですので、踏切の真ん中に仁王立ちになって(A)と(B)の方向にカメラを向けてみました、と。(A)京葉市原駅方面、って、駅舎もなにもありません。手前に場...
  • DD13と聞いて
    先日、4000件目の記事にくっ付けるために、生命の危険を顧みず(←しつっこいですねこのオヤヂ、まだ云ってますよ…)国道16号線で激写してきた京葉臨海鉄道KD55103が、鹿島田_みゆきさんとおっしゃるお馴染みさんから『これは、元国鉄のDD13346ですぞ』とご教示を賜り、ビックラこいたまつしま。どれどれ、と、京葉臨海鉄道・KD55103・DD13346とキーワードを入力して検索してみると、出てくる出てくる。改めてまつしまは自分がど...
  • あ゛ーーっっっ!
    ぢぐじょう゛ーーーーっっ!!火焔放射器が欲しいいいいーーーーっ!三度目の京葉臨海線訪問。昨今は、いかなる理由があろうと、無許可で鉄道用地内に立ち入れば直ちにパトカーがスッ飛んできて手錠をかけられかねません。手の届かない場所にこのよーな伏兵が潜んでいようとは…。入り込んで折り取って捨てちゃうことができないなら、あとは柵の手前からバーナーで火をブッ掛けて焼き払う以外にないではありませんか。って、人の土...
  • YASUZIROさんから頂いた資料で
    このポンコツ blog を始めたごく初期の頃から親しくご交誼を賜っているご贔屓筋のお一人に YASUZIROさんとおっしゃる紳士がいらっしゃいます。末期の北斗星やカシオペアを仙台駅ホームで【定点観測】的に記録し、結果を公開されていましたので、ご存知の方も多いのではないかと思いますが、なによりまつしまがすごいと感じたのは、震災で発生したがれきを輸送する石巻線~東北線の臨時貨物列車を実に丁寧に記録しておられる姿でし...
  • 鉄橋 renewal open!!
    前回訪ねたときにきちんと見なかった【そこだけやけに新しく見える鉄橋】とその前後のアプローチの線路の【不自然な屈曲(線形)】について。先ずは鉄橋の銘盤から。もうちょっと大きく引き伸ばしましょうか。ほお、宮地鐵工所とゆーことは、誠備グループと平和相銀(古ぅーっ!)のアレで兜町がナニした、あの宮地ですか。なんか、久しぶりに見たなぁ、この名前…♪鉄橋には材料の供給者名も必ず書いてあるんですよね。そういえば以...
  • お好みのポジションは♡
    まつしまはバカなうえに言葉を知らないので、前と後ろ、とかいう音声情報が脳みそに伝わると、途端にこーゆー抽斗が開きます。 ↓ こーゆーの…http://blogs.yahoo.co.jp/rinjimatsushima/37500576.htmlだもんで、ついタイトルに♡とか書いちゃうわけですが、いっつも抽斗を開けるだけで後は開けっぱなし。閉めもしないし、きちんと最後まで始末をつけることもできません。そりゃそうでしょ、そーゆー顛末を語れるよーな【良...
  • やっぱ臨海線は
    ガッシリとしたレールが敷かれた本線上を、モーターやエンジンの獰猛な唸りをあげて、風を切って高速で駆け抜けてゆく貨物列車の勇ましい姿と比べると…。貧弱な軌条を、エンジンが停まるんじゃないかとハラハラするような低速でモタモタと走る臨海鉄道ってのは、魅力に乏しいのでしょう。京葉臨海鉄道の記事は、あまりに地味すぎるせいか、閲覧者の反応は極めて低調です。まぁ、自分が好きで出かけて行って眺めてきた列車ですから...
  • かたき討ち→返り討ち→討ち死に
    地味で、閲覧者からの反応が稀薄な京葉臨海鉄道ですが、気象庁が関東地方一円に熱中症予防のお触れを出すほど良いお天気、せっかくですから新しいポイントを求めて、探検に出かけてまいりました。ってか、実は、こういう【息抜き】でもしなけりゃ脳みそが腐敗しちゃいそうなくらいに下らないできごとが職場で起きたもんですから、『だったら、よーし、「全部あいつのせいで自殺することにしました」って遺書を書いて、もし本当に大...
  • 探検してるのに、仕事モードの苛立ち?
    このところ京葉臨海線づいておりますが、なにしろ人を乗せない路線ですので、乗って車窓から様子を観察することができません。やむを得ず、鉄道愛好者としては甚だ遺憾ながら、自家用車を駆って地図と照らし合わせつつ検分して踏査せざるを得ません。まことに忸怩たる思いであります。これまで運転本数と撮影可能なスペースとの関係から八幡入口踏切~京葉市原駅出発信号機付近ばかりを訪ねてまいりましたが、『もうすこし先まで足...
  • 五井じゃなかった…
    浜五井のひとつ先、玉前駅でした。パトカーの監視にビビッて早々に撤収した停車場、ちゃんと地図を確かめずに浜五井だと思い込んでおりましたが、改めて地図を仔細に検分すると、どうもこれは玉野のようです。四辺を見渡して駐車禁止の標識がないことを確かめたうえで、拡大した地図の A の路肩に自家用車を停め、それではポンコツデジカメを取り出そうとカバンをゴソゴソやっていると、B の踏切が鳴り出しました。実は、ここまで...
  • 機回し
    機関車はおおむね列車の先頭にくっついて、後ろにつながった動力源のついていない客車や貨車を引っ張って走ります。ですんで、【汽車】の前と後ろは(ときどき例外もありますが)だいたいよくわかりますし、アタマとシッポ(とか、尻)という呼び方もそれを生き物にみたてた自然なものだと思います。英語圏にも同じ呼称(もちろん俗語ですが)がありますので、他の地域(英語圏以外のヨーロッパ・アジア・アフリカ・南米・ロシアな...
  • 505列車→506列車
    今日5月30日は早朝から出かけるつもりだったのですが、ちょうど出ようかと思っていた時刻に夜来の雨が急に強まりました。こんな雨降りの中をわざわざ出て歩くのも億劫な話です。そんじゃ、ま、お出かけは日延べすることにして、先週訪ねてきた京葉臨海線で写してきた列車でも取り出して、眺めて楽しむことにしようと思います。なにしろ、先週は枝葉末節の変なことばっかり書いていて、本筋の列車の様子をさっぱりご報告しませんで...
  • 350円をケチッたばかりに…
    自宅を出たのが6:30、これなら慌てて高速道を使わなくても501列車の京葉久保田駅到着(8:14)には楽勝で間に合うだろう、と、胸算用して、そこでケチな料簡を起こしたのが間違いの元でした。国道357号線の混み具合といったら、ハンパねえ!しまった!今日は火曜、カタギの衆がヒタイにアセして労働する日でわないかっ!!船橋の湾岸部を通過するのに40分以上かかってしまいました。この先、千葉市湾岸部と市原市の16号線に沿って並ぶ...
  • ルーティン?イレギュラー?
    8:28発の単機502列車を見送ったあと、30分ほど待てば503列車が入ってきます。時刻表には石油返空と刷られていますが、京葉久保田駅にはタンク車を扱う施設らしきものが見当たりません。4つ手前に東燃ゼネラル前という駅があって、字面だけでタンク車の大口需要家専用の駅であることが一目瞭然です。8:22着の8:41発と表記されていますから、返空のタキは全部そこで切り離して、おそらくこれも身軽な単機で走ってくるんでしょう。上...
  • 雉と鶉…
    5/31の京葉臨海訪問は、その後の予定との関係もあって、できたら午前中いっぱい、おそくとも13時までには切り上げておきたいと考えておりました。その後の予定、とは、ひょとすっとお馴染みさんの中には、(ああ、なるほどアレね、ホントにやるつもりだったの、バカみたい…)と呆れる方もいらっしゃるのではないかと思うのですが、まさにその(ああ、なるほどアレね)のために半日が必要だったもんですから…。んで。そうは云っても...
  • 心技体
    おととい昨日とお天気がグズついたせいで、雨水に濡れそぼった草むらをかき分けてズボンをぬらしてしまいましたが、とにかく雨は上がりましたのでまたまた京葉臨海線へ機関車を見に行ってまいりました。こんどは高速代をケチって1番列車を逃すようなヘマはしませんでしたが、その代わり、早く着き過ぎて時間を持て余すというヘマを犯しました。やはり、まつしまがなんらかの行動を起こすバワイには最低でも1ヘマがマストの条件の...
  • 順番が前後しましたが
    前回間に合わなかった501列車でしたが、今度は間に合い過ぎて1時間弱も待つことになってしまいました。眠いし、腹は減るし、膀胱はだんだん満タンに近くなってくるし…。そんな中、ようやくやってきた501列車。今日の牽引機はKD55102でした。501列車-1この曲線を京葉久保田側から見てみたかったんです♪501列車-2なかなかいいカンジの傾斜じゃありませんか。501列車-3501列車-44番目のコマを撮るときだけ、線路からあと5m離れた場所...
  • 2016年6月8日に開拓した場所
    開拓なんて書くと、『そんなの先刻承知じゃい、なにを思い上がったことヌカしておるのか!』と、あっちこっちから罵声が飛んできそうな気がします。んでも、まつしまはそもそも【汽車や電車の写真を撮る】ということ自体を【どっちかといえば恥ずかしいこと、だから、できるだけ人には話さぬよう心がけるべきこと】と考えるのが当然という価値観の時代(と地方)に育ってまいりましたので、タメグチで話せる相手は例外中の例外でし...
  • 地図など
    ひとつ前の記事でご紹介した新規開拓の待機位置ですが、ようやく国土地理院地形図の加工が済みましたので、若干の成果(というか、シッパイというか…)を添えてご報告申し上げます。本当は、金曜日の夕方までに作成して掲出し、土日の余暇に皆さんの試用に供することができるよう段取りするのが行き届いた報告とゆーものだってことは判っちゃいるんですが、勤めとの関係でなかなかそのあたりがうまいこと運びません。まぁ、土日は...
  • 一番列車は化学Iと地理Bで二度ビックリ
    三週間前、出張(というか、応援要員として他の職場で業務に従事すること)を命じられ、その職場での始業時間に間に合うように京成の始発電車を利用しなければならない期間がありました。本当の初電は宗吾参道4:35発の424列車ですが、まつしまが利用する駅を最初に発車するのは京成津田沼を4:41に出発してくる432列車です。って、そんなことはどうだっていいんですが、終電から初電までのわずか数時間で、線路に錆びが浮くというの...
  • あ!これだったのか!!
    先週、そそのかそうとする悪魔の耳打ちとそれを制止する天使の囁きによって惹き起こされた葛藤に悶々として精神的にヘトヘトになってしまった場所がありました。オノレの心の中で死闘を演じたコンプライアンスとワガママ。殴り合いでは勝負がつかず、判定で辛うじてコンプライアンスがタイトルを防衛しましたが、あんときの悪魔の誘惑は、蠱惑的にして強烈、ダイソンも青ざめるほどの吸引力を帯びていました。いまもこうして娑婆に...
  • その他、6/14に眺めた機関車たち
    旧大井川橋梁とか北袖⇔京葉久保田間の人工林とか、まつしまが個人的に入れ込んでいる場所での撮影結果(とゆーか、不始末の数々とゆーか)ばっかり並べてしまいましたが、6月14日にはほかにもたくさんの列車を眺めることができました。ウヤも2本ばかりありましたが、正規のダイヤに遅れること約20分で走って行った単機なんかもありまして、貨物線のストレスと楽しさを両方満喫できたような気がしております。ウヤは千葉貨物14:0...
  • 6/20の京葉臨海線
    月曜日の貨物列車は、前日(日曜は一般の事業所では法定公休日)と荷主の稼働との関係で一般的に運休やダイヤ変更が多いものです。ですから、どうしようかなぁ、と迷ったんですが、雨も上がりそうですし、このまま雲が厚ければ、朝の強烈な逆光線で真っ黒けになっちゃう筈の列車が意外とイケるかもしれない、なんてスケベ根性から訪ねてみることにしました。京葉臨海線にはこの三ヶ月間で8回も出掛けております。殺風景な臨港線と...
  • へぇ~♪
    これ、やってみたら、ウンザリするくらい時間がかかりましたが、操作自体は難しくありませんでした。なにしろ、まつしまにもできちゃったくらい(笑)ですから、普通に義務教育を修了してきた人なら誰にでも作れちゃうんだろうと思います。調子コイてモノクロ・セピア調にしたのは悪ふざけ(苦笑)ですが、こんなふうにしつらえて眺めるてみると、案外それっぽく見えてきちゃうような気がしてきますから不思議です。ちょっとビック...
  • ボケボケですが
    国鉄で現役だった頃には全く見向きもしませんでしたが、ふと気付くと全滅していてどこにも姿が見当たらなくなっていたことに驚いたのがDD13でした。実際に、自分が乗る列車でDD13と関わったのは清水港線・尼崎港枝線・和田岬枝線くらいで、境港線は遠すぎたし、水郡線では自分で乗りに行けるようになる前に客車列車がなくなってしまいました。今となっては、乗っておけてよかったということになるのでしょうが、どれも殺風景な臨港...
  • 再び河岸を変えて、飽きもせず九回目。
    雨が降ったりやまなかったり(笑)、ときどき強くなるかと思うと霧雨みたいな細かい雨粒に戻り…。こんな【典型的梅雨】を体感したのは何年ぶりでしょう。就職してこのかた、基本は事務所内のデスクワーク。たまに屋外に出るのは、だいたい飛行機に乗らされるか、どこかに謝りに行かされるか、さもなくば会議という名前の命令布達手続きを聞かされるために本社へ出頭するか、殆どがロクでもない用事ばっかりでした。そんな外出のと...
  • たぶん、すぐに削除させられると思います
    動画(というか、静止画の連続写真)はともかく、BGMはNHKが版権を持っているんでしょうから、すぐに【著作権の侵害であるから、直ちに削除せよ!】と云ってくるだろうと思います。そしたら、おっかないので、すぐに云う通りに削除するつもりです。んでも、甚だ稚拙ながら、ありったけの知恵を搾って、とにかくやってみたくて仕方がなかった【新日本紀行】ゴッコを、どうにか形にすることができました。モノクロにしたのは、1.フ...
  • 7月4日まで気付かなかった遺構
    月曜日はカンカン照りでしたが、せっかくの休みですので、またまた京葉臨海線へ行ってきました。北袖⇔京葉久保田で505/506列車を眺めたのち、回れ右して京葉市原⇔千葉貨物間へ戻って208列車ほか数本を眺めてまいりましたが、その報告はひとまず置いて、地図を見て首をひねっていたギモンの答えをこの目で確かめてまいりましたので、まずはそれをお話ししをしたいと思います。京葉市原→千葉貨物間で補足した208列車。夏の真昼の逆光...
  • 7/4に眺めた列車たち
    駅(か信号場かが判らなかったんですが)に真っ昼間に出た幽霊に夢中になってしまって、7月4日に眺めた列車たちの報告が遅くなってしまいました(← って、誰も待ってねえから、そんなの!)緑が勢いを増してグングンと丈を伸ばす夏になりました。周囲の人工林では既にアブラゼミのかまびすしい大合唱が始まっております。ムンムンする草いきれが、直射日光の暑苦しさを更に200%ほどアップさせておりました。黙って立っているだけ...
  • ぅあつい!
    『あつい』に当てる漢字、熱い・暑い・厚い・篤い、といったところでしょうか。発音は(現代語では)すべて同じですが、当然のことながら、漢字の意味が違います。接触して感知する高温を熱い(反対語は冷たい)、空気やその場の雰囲気などを介して検知する高温や窮屈さは暑い(同、寒い)、積み重なった紙や物を切った際などの高さ・幅などは厚い(同、薄い)、四つ目の篤いは、気持ちや思いなどがこもっている様子や病気の症状が...
  • 結界&大障害
    いままでと違う見物席はないもんだろーか?というワケで、自家用車を停める場所があるかどうか確証がないまま、出たとこ勝負で性懲りもなく京葉臨海線の沿線をウロついてまいりました。そして、『怨霊退散っ!喝ぁーーーっつ!!』と撃退されたよーな結果になって、尻尾巻いて逃げ帰ってまいりました。出かけた場所は、浜五井駅と京葉市原駅の中間あたり、白旗川橋梁に向かって右にカーブする手前の直線区間。赤枠部を拡大すると、...
  • 準備中、でして…
    7/19に訪ねたものの、結界と魔除けのお札のせいで(←違うだろっ!!)近寄ることができずに退散してきた京葉臨海鉄道不二サッシ踏切。実は、そこでナニしたナニが、あまりにもナニだったもんですから、皆さんにナニしようと考えて一所懸命にナニしておるのですが、これが思いのほか難儀でして、細かい仕事が大っ嫌いなうえに飽きっぽいときているまつしまは、作業の途中でブン投げかかっております。んで、『やーめた!イチ抜けた...
  • 間違いさがし
    って、どっちも正解なんですが…。だって、両方とも京葉臨海で実際に貨車を牽いて稼働中の現役機関車なんですから、間違いもヘッタクレもありません。KD601とKD603…2両とも外装こそ艶もなければ色も褪せてしまっていて、同社で最も車歴の浅い機関車にはとても見えませんが、その製作は2001年5月といいますから、デビューは21世紀に入ってからだったんですねぇ。まさかの【最新鋭機】です(大爆笑)。ついこのあいだ、人から教わる...
  • 乗りかかった船
    昨日掲出した京葉臨海鉄道KD601とKD602の照合結果に基づく【間違いさがし】はいかがでしたでしょうか?唐突ですが、仙台市電でも、同一形式にもかかわらず外観上識別可能な細部仕様の相違は多々見受けられました。とはいえ、各形式とも、最少でも11両から成るグループでしたから、中学生だったまつしまにも、『まぁ、性能や機能に支障が生じない限り、手元にある間に合わせの共通部品で応急修理なんてのは日常的かつ現実的な保守営...
  • ブッキラボウ
    ここしばらく出かけていない京葉臨海鉄道ですが、今年4月から7月にかけて延べ12回も訪ねていました。KD55101という車体にだけは一度も出会えておりませんが、果たして現役で稼働しているのか、それとも休車(もしくは廃車)なのか、それもサッパリ判りません。それ以外の機関車には全て面会することができましたが、いま全国各地の臨港鉄道で稼働している機関車の標準型プロトタイプ(になったらしいです)のKD60という形式は...
  • 八雲立つ
    RCサクセションに、こんな歌があったことを思い出したもんですから…八雲立つ 出雲八重垣 妻籠めに 八重垣作る その八重垣を無煙化と内燃機関の排煙のジレンマ、ずぅーーーっと昔から揶揄され続けています。そういや昔、植木等が歌っていたのを、出だしだけかすかに覚えています。♪タバコも吸わず 酒のまず…(←【勇敢なる水兵(煙も立たず 雲もなく…)】の替え歌ですね)八雲って、(1)空にたくさんの雲が浮かんでいるって字...
  • しばらく運休じゃなかったの??
    しばらく運休なんて、ウソばっかり!!昨日、3ヶ月ぶりに京葉臨海へ出かけてきました。久々に【汽車】に触れて、本当に楽しかったです♪blog をやめるかどうか、なんて、深刻(に見えそう)なことを書きましたが、どうせなるようにしかならないんだろうと思っています。『Yahooのやり口は怪しからん!』なんて気色ばんでムキになるのも、(まだアタマにきてはいますが)なんだかバカバカしくなってきましたし、皆さんが『やめるな...
  • 京葉臨海線、14回め
    なんか急に冷え込みがきつくなりましたが、夜来の雨は昼頃までにあがりそうな気配。そんじゃ、病院に行ったついでにちょっと足を伸ばして京葉臨海線に行ってみよっかな、と考えながら11時過ぎに家を出ました。病院が済んだのは12時半ころ。いまから京葉道路と16号線を走って行って、508列車の北袖駅通過に間に合うかどうか。道路の混み具合によってはビミョーなところですが、どうせ大した写真が撮れるワケじゃなし、ダメでもとも...
  • ぅおのれ、ここな不忠者め!!
    あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ーーーーーっっっ!!おのれデジカメ!!いっくら悪口云われたからって、こーゆー仕返しするかああーーー?わしゃ、いったいなんのためにうすら寒い中を30分も待っとったんじゃあああ!?御館様に盾突くとは許しがたき不忠者、即刻成敗してくれる、そこへなおれっっ!!...
  • 撮り直し!
    強烈な西日を避けるために、緩衝帯の工場緑地が直射日光を遮ってくれる旭ガラス東門踏切で捕まえたKD601は、前回と同じくピントがダメダメで失敗に終わりました。(ちくしょう、今日はしくじってばかりじゃねえか、おもしろくねぇ…)と、てめえの下手クソを棚に上げてブチブチ文句云いながら家路についたんですが、ムシャクシャした気分で16号線上を運転していると、さきほどしくじったKD601牽くところの210列車を京葉市原の上り出...
  • それはよいところに気が付きましたね
    507列車を牽いてきたKD602です。終点・京葉久保田駅に到着、コキを全て解放して機廻し線で北袖側へ移動、508列車として千葉貨物へ向かうことになっているコキにフォークがコンテナを積み込むあいだ、しばしエンジンを切って休止中の姿です。手前に繁っていた樹木が手入れされたようで、以前は枝葉が邪魔して構内を見通せなかった位置から、停止した機関車の全貌をじっくり眺めることができました。どうです!機関車が動きさえしな...
  • 風が強くて…
    23日から今日25日までの3日間、せっかくの晴れ間だったので、『んでは、久々に京葉臨海へ機関車を眺めに出かけましょうか』と思ったんですが、23日の未明から吹き出した風が強くて冷たくて…。かつて、深い新雪に覆われた道なき道をラッセルし、雪洞であけぼのや日本海の雄姿を待った経験をお持ちの皆さんからは『なんとゆー軟弱者!』と囂囂たる非難を浴びることは判っちゃいるんですが、最終的には見合わせることにしました。先日...
  • 春の陽気に誘われて
    松田聖子だったら、『春色の汽車に乗って海に連れて行ってよ…赤いスイトピー♪』と続くんでしょうけど、https://www.youtube.com/watch?v=CGC3nfjzyvQ松たか子、いいッスよね♪けど、半ハゲのデブおやぢが向かった先は枯れ草色の無味乾燥な京葉臨海鉄道(笑)。1月30日、天気予報のとおり、なんだかやけに暖かくなりました。かといって雨が降り出す様子もありませんでしたので、そんでは、と、先週は寒風と看護で見合わせた京葉臨海...
  • 変装?
    ひとつ前の記事でも触れたんですが…全検前のKD604と全検後のKD604、とても同一人物(じゃなくて同一機)とは思えないほどキレイになっちゃってますよね?ホントにびっくりしたんですから。窓周りなんて、黒いHゴムに変えられちゃって、まるで【ツケマ】じゃありませんか。これは、もはや【お化粧】の域を超えた【変装】、あるいはこのところやたらとチョッカイをかけてくる、うとましくて騒々しくて礼儀知らずで約束もルールも平...
  • 正々堂々!
    寒風吹きすさぶ中、とはいえ、せっかくの好天ですので、風邪など引かぬようモモヒキ&マフラー&マスクに軍手と帝国軍装甲兵並みの重装備(←バカ)で京葉臨海へ出かけてまいりました。外観上はどこから見ても非の打ちどころのない、パーフェクトな不審者だったと思います(爆笑)。今日は、これまでとちょっと毛色の違う様子を眺めようと考えて、今までと違うポジションをナニしてみたんですが…。けど、撮った機関車をお披露目する...
  • 北袖分岐点
    昨日みなさんにチクッた御禁制破りのゴルフおやぢX2がいた場所は、北袖駅の京葉久保田寄り分岐器から住友化学専用線に入ってすぐの辺りでした。んで、まつしまがなんだって住友の専用線なんて、スパイ容疑で取っ捕まっても文句云えなさそうな危なっかしいところへノコノコと出かけて行ってウロウロと徘徊しておったのかと申しますと…。赤く印をつけた505列車と512列車!(拡大して見て下さいね)操車場もない(いや、操車場とし...
  • 失効してんじゃん…
    京葉臨海線訪問記の番外編をもうひとつ。職務上、それを確認する責任でも負ったことがない限り、普通一般の人は興味どころか関心すら持ったことがないだろうと思います。開口部右扉の中央からやや下の位置に取り付けられている【G】を図案化したマーク。これ、説明すると長くなりますので、いったい何に関する証憑なのかということをお知りになりたい方は、以下をお読みになってみて下さい。 ↓ ここ。https://ja.wikipedia.org/...
  • 2月21日、その他の列車たち
    北袖駅で、なぜ505列車が20分以上もエンコしているのか。21日のお出かけはその理由の解明が最大の目的でしたが、その答えは案外アッサリと判ってしまいました。時刻はまだお昼前、『そんじゃ、サヨナラ』と帰ってきちゃうのももったいないような良いお天気(風は寒かったですが)でしたので、そのほかにも何本か列車を眺めてきました。たった7両の機関車で全列車をまかなっている小さな路線ですので、どれも似たり寄ったりではあ...

プロフィール

急行まつしま2号

2019/8/12 に Yahoo blog から移ってきました。2008/3/28 から活動しています。

残念写真はFH君(高校時代の同級生)の叔父さん(故人)が1960~62年にかけて撮影したもので、まつしま(以下、管理人という)は約40年前、高校卒業時にそのベタ焼きスクラップ帳をFH君から預かりました。

約半世紀が過ぎ、管理人にも終活準備の必要が迫ってきましたが、どの被写体もこのまま埋もれさるのはあまりにも惜しいと考えて公開を決意しました。

全ての記述と残念写真を除く全ての画像は、管理人によるものとお考え下さい。従って、残念写真に対する苦情・異議等は、いっさいお受け致しかねます。この点、あらかじめご了承頂くとともに、不同意の方の閲覧は(たとえ記事が全公開に設定されている場合であっても)お断り致します。

また、残念写真以外の全てについては、管理人の責任と権限で対応致しますが、管理人が【適切でない、相応しくない、好ましくない、不快である】等と判断した書き込みは、発見し次第、全て管理人の一存で警告なしに即刻削除します。この点も併せてご了解頂きます。

なお、上記の点は、全て【管理人の固い意思】であって【どなたからどのような種類の申し入れ等があっても応じない】こと、及び【どなたとの議論にも応じない】ことを、あらかじめ明記しておきます。

これらの方針に同意されない方の閲覧は当方から固くお断り致しますので、どうぞ速やかにご退出ください。

記事を閲覧される方は、(万が一紛議等が生じた場合も含めて)全てここに記述した方針に同意され応諾された方として対処致しますので、念のため此処に併せて明記しておきます。

原則的に【来る者は拒まず】が基本スタンスですが、ただし、管理者に対して過去に敵対的言辞等を執った事実のある者からの再接触等は、たといそれが当該敵対的行動の撤回及び謝罪並びに釈明等であっても、その全てを拒絶します。

もし釈明や和解の必要を感じたなら、その時点で直ちにそう処置した筈であり、またそう処置すべきでもありました。それをしないまま再接触を図るということは、

①なんらかの意図があって、非敵対的な態度を偽装もしくは隠蔽している

②記憶力に欠陥のある攻撃的性格

上記①または②のいずれかと考えざるを得ません。すなわち将来に於いて再び敵対的言辞を吐き散らし敵対的行動を執る危険性が極めて大きい者である可能性を窺わせる者である、と見做し得るわけで、そういう面倒くさいヤツと関わり合うのは金輪際願い下げ、二度と御免蒙ります。

そんなヤツに愛想笑いなどする気は全くありません。見つけたら直ちに叩き出して塩を撒くので、そのつもりで。

最新情報

月別アーカイブ