• キハ55の部屋-その1
    ひとつ前の記事で、残念写真のベタに一番たくさん写っている車種・形式がキハ55であった、ということを皆さんにご報告申し上げました。画像ファイルの数は162個でしたが、コマ数は254ありました。これまでにどれをご紹介してどれを没にしたのか、もう覚えておりませんが、その254枚を再掲出・新規を問わず(←区別できないから)数枚ずつ順次ご紹介申し上げてゆこうと思います。題して【キハ55】の部屋。判る範囲で簡単な説明文は添...
  • キハ55の部屋-その2
    その2の1新宿駅南口側だろうと思います。その2の2その2の1とほぼ同じ位置。その2の3中央線中野付近じゃないでしょうか。ヘッドマークありませんが、普通列車ではなさそうです。その2の4その2の3のバックショット。キロ25がつながっています。このベタも、いつかきれいに修復してやらなきゃいけないなぁ、と思っておりますが、いったいいつのことやら。本日ご紹介申し上げたのは4枚。これで差し引き245枚が残っておる勘...
  • キハ55の部屋-その3
    その3の1やまびこの最原型です。福島駅じゃないかと思うのですが、ハッキリは判りません。その3の2その3の1に同じ。その3の3判らない…。運転経路からいえば仙台の筈なんですが、背景の構造物が全く判りません。その3の4その2でご紹介した場所にそっくりに見えるんですが、編成(優等車の連結位置)が違っています。その3の5その3の4に同じ。窓全開で、暑そうに見えますね。本日は5枚ご紹介しましたから、(しき) ...
  • キハ55の部屋-その4
    その4の1だあほっ!!これのどこがキハ55なんじゃいっ!!その4の2今夜は書き間違えないように、きちんと指差呼称、『キロ25、よぉーし!』と♪(笑)2枚とも北海道で撮影されています。その4の1は複線区間ですから函館線か室蘭線なのでしょう。編成に1両だけ同形式が混じっております。『だあほっ!』の怒声に対して、シレッとスッとぼけて『まだ新製配置のキハ22がつながっています♪』とか書けば、なんとなく『あ、そ...
  • キハ55の部屋-その5
    ごく早い時期からのお馴染みさんであるゆうづるさんからリクエストがありましたので、本日はピンポイントでキロハ25の写っている残念写真をば♪その5の1名古屋駅停車中のかすが。その5の2その5の1に同じ。その5の3その5の1に同じ。その5の4大阪駅に到着したたじま。その5の5大阪駅に停車中のみささ。その5の6その5の5に同じ。その5の7線路切り替え前の旧北陸線を走る準急(列車番号不明)。その5の8その5の...
  • キハ55の部屋-その6
    ごっちゃり写っている割にはこれまでお目にかけた枚数が少なかった理由は、こういう写真にあります。不明シリーズ、場所も列車も、意図も…。ひどいもんでしょ…?その6の1撮影場所不明ですが、どうも門司辺りじゃなかろうかと推測されます。正面の窓が小ぶりですから正真正銘の1次型、かつて準急・日光号で東北線・日光線を走ったアレですね。その6の2これまた撮影場所不明。ベタの番号はその6の1と隣り合っていて、どうも高...
  • キハ55の部屋-その8
    うすうす勘付いてはいましたが、やはり人気ありませんねぇー。とゆーか、圧倒的不人気、もしくは考慮の対象外。例外的存在と呼ぶべき一部の【変わり種合造車】を除けば、あまりにもありふれた姿でしたから、当然と云えば当然なのでしょう。実際に乗ってみればキハ58とは比べものにならない乗り心地の悪さも不人気を根底から力強く支える要因だろうと思います。それに、いま【国鉄型】を血眼になって追いかけ回している若年ファンが...
  • キハ55の部屋-その7 【全面改定】
    本件は、2014/3/24(月) 午後 11:13に、『ベタの並び方から推測すると東北線青森と仙台ではないかと思われますが、先日の【その6】でもご覧頂いたとおり、ベタに打たれた追い番なのに九州と北海道が隣同士で並んでいたりしますので、はっきりいって駅名標や列車名が判読可能な状態で写っていない限り、どこで写したなんという列車なのか、さっぱり判りません。』の書き出しで原版を掲出しました。しかし、その7の6を除き、まつし...
  • キハ55の部屋-その9
    その9の1於水戸機関区その9の2その9の1に同じその9の3その9の1に同じその9の4水戸附近その9の5その9の4に同じ...
  • キハ55の部屋-その10
    その10の1日立附近その10の2勿来附近その10の3於熊ヶ根鉄橋その10の4熊ヶ根附近その10の5その10の3に同じ...
  • キハ55の部屋-その11
    その11の1於熊ヶ根駅その11の2その11の1に同じその11の3不明(仙台駅か?)その11の4その11の3に同じその11の5不明(名古屋駅か?)その11の6その11の5に同じ...
  • キハ55の部屋-その12
    その12の1不明(名古屋駅か?)その12の2不明(亀山駅か?)その12の3その12の2に同じその12の4その12の2に同じその12の5その12の2に同じ...
  • キハ55の部屋-その13
    その13の1山科附近その13の2その13の1に同じその13の3不明(岡山駅と推定)その13の4その13の3に同じその13の5その13の3に同じその13の6その13の3に同じ...
  • キハ55の部屋-その14
    その14の1山陽本線上(岡山以西、広島電化直前)その14の2不明(福山駅と推定)その14の3その14の2に同じ...
  • キハ55の部屋-その15
    その15の1列車名はちどり、撮影地は不明(広島もしくは松江と推定も根拠なし)。その15の2その15の1に同じ。その15の3その15の1に同じ。その15の4列車名はにしき、撮影地は不明(岩国と推定も根拠なし)。同じようなポジションで3枚撮影しているため、1枚にまとめて掲出。画像は拡大可能。その15の5その15の4に同じ。同じようなポジションで2枚撮影しているため、1枚にまとめて掲出。なんとも無味乾燥...
  • キハ55の部屋-その16
    その16の1列車名は山陽、撮影場所不明(門司と推定)。1次量産車。その16の2その16の1に同じ。その16の3その16の1に同じ。但し、1次量産車に非ず。その16の4列車名は山陽、撮影場所不明。(その16の1~その16の3と異なるため推定不能。)その16の5列車名はひかり、撮影場所不明(門司と推定)。俊足準急ひかりが後に東海道新幹線に愛称を譲った逸話は余りにも有名ですね。その東海道新幹線も今年で満...
  • キハ55の部屋-その17
    その17の1列車名は弓張。撮影場所不明(旧博多か門司と推測も根拠なし)。その17の2その17の1に同じ。その17の3列車名はえびの。撮影場所はその17の1に同じ。その17の4列車名はながさき。撮影場所はその17の1に同じ。その17の5その17の4に同じ。その17の6列車名はかいもん。撮影場所はその17の1に同じ。その17の7その17の6に同じ。2次量産車と3次量産車が写っています。かつて千葉県(房...
  • キハ55の部屋-その18
    その18の1列車名はえびの。撮影場所不明(旧博多か門司と推測も根拠なし)。その18の2列車名はゆのか。撮影場所はその18の1に同じ。その18の3列車名はありあけ。撮影場所はその18の1に同じ。その18の4その18の3に同じ。人や沿線の牛馬を噛まないように口輪をはめられています(←ウソです)。その18の5その18の3に同じ。その18の3~5のヘッドマーク掲示枠はゴツいですね。これが取り付けられたら、...
  • キハ55の部屋-その19
    その19の1列車名はやくも。撮影場所は不明(やくも始発は熊本も、撮影当時は電化されておらず、博多と推定)その19の2その19の1に同じ。その19の3その19の1に同じ。その19の4列車名はくまがわ。撮影場所は不明(その19の1と同様の事情より、博多と推定)その19の5列車名はあきよし。撮影場所は不明。架線の状況甚だ不明瞭にして推定もなし得ず。)その19の4並びに19の5は、時刻改正の度に濫発される...
  • キハ55の部屋-その20
    その20の1列車名は山陽。撮影場所は不明(博多と推定)。その20の2その20の1に同じ。その20の3列車名は出島。撮影場所についてはその20の1に同じ。その20の4その20の3に同じ。その20の5列車名は第2ひかり。撮影場所についてはその20の1に同じ。その20の6その20の5に同じ。同じようなアングルで2枚も3枚も写しています。撮影者が自分で買ったフィルムですから、それをどう使おうと横合いからあ...
  • キハ55の部屋-その21
    その21の1列車名は弓張。撮影場所は不明(博多と推定)。その21の2列車名は第1ひかり。撮影場所は不明(博多と推定)。その21の3列車名は第1ひかり。撮影場所は不明(小倉と推定)その21の4その21の3に同じ。その21の2~4は、なんか周囲の様子がおかしい感じがしますね。運転員以外の技術系と思しき職員が画面にずいぶん写り込んでいます。今の言葉でいうなら、【車両点検】というヤツかもしれません。***...
  • キハ55の部屋-その22
    その22の1列車名はやまびこ。撮影場所は不明(郡山と推定)。その22の2その22の1に同じ。その22の3列車名は不明(いなわしろと推定)。撮影場所は中山宿~上戸間。その22の4その22の3に同じ。その22の5その22の3に同じ。その22の6その22の3に同じ。【スイッチバック&D50の補機】を眺めに出掛けたものの、持て余した暇をどうにも処理しきれなかったようで、『止むを得ず』レンズを向けたようです。...
  • キハ55の部屋-その23
    その23の1列車名は不明(みやぎのと推定)。撮影場所は松戸附近。その23の2その23の1に同じ。その23の3列車名は不明(ときわと推定)。撮影場所は不明(北千住~取手間と推定)。その23の4列車名は不明(みやぎのと推定)撮影場所は北千住附近。まだ451系電車が『アンヨはじょうず♪』の試運転中の時代、ときわが電車化されるまでにはまだまだ時間がかかりますし、急行みやぎのもキハ55で運転するとなれば、【高速運...
  • キハ55の部屋-その24
    その24の1列車名はせと。撮影場所は高松。その24の2その24の1に同じ。その24の3列車名はいよ。撮影場所は高松区。その24の4その24の3に同じ。その24の5列車名は四国。高松⇔宇和島間に設定された急行なので予讃線上で撮影されたことは間違いないが、撮影場所は不明。四国支社は千葉局と並んで気動車王国と呼ばれることになりますが、投入が早かったせいか、少し時代が下ると他の地区に対して見劣りする陣容に...
  • キハ55の部屋-その25
    その25の1その25の2その25の3その25の4列車名は全てちどり。従って、撮影場所は山陰線・木次線・芸備線のいずれかであり、おそらく松江・宍道・木次・備後落合・三次等のうちいずれかであろうと推測されるが、景観・背景等からは推定不能。...
  • キハ55の部屋-その26
    その26の1列車名はひかり。撮影場所は不明(小倉と推定も根拠なし)その26の2その26の1に同じ。その26の3その26の1に同じ。その26の4列車名はくまがわ。撮影場所はその26の1に同じ。その26の5列車名、撮影場所、いずれも不明。撮影時期(1961年)に電化工事中という状況より小倉~博多間と推定も特定不能。その26の1~その26の3までの、ここに掲出した3枚の【ひかり】と、その20の5~その20の...
  • キハ55の部屋-その27
    その27の1列車名はあさぎり。撮影場所は不明(小倉と推定も根拠なし)その27の2その26の1に同じ。その27の3列車名はいわみ。撮影場所は不明。その27の4その27の3に同じ。その27の5その27の3に同じ。その27の3からその27の5の被写体は、正面の【足場】にロープのようなものでなにやら固定しているのか吊っているのか、妙な様子が写っています。十中八九はお客を乗せて営業運転中の姿と思われますが、...
  • キハ55の部屋-その28
    その28の1列車名は不明。撮影場所は運転台のすぐ背後(こんなの、判るわけがない!)その28の2列車名はあさま。撮影場所は高田。その28の3列車名が付く以前。撮影場所は日本車輛蕨工場。その28の4その28の3に同じ。その28の5列車名は不明。撮影場所も不明(奥羽線と思われるが、推測の根拠となる情報皆無)。その28の6列車名は大隅。撮影場所は霧島神宮。その28の7その28の6に同じ。よう、まつしまさん...
  • キハ55の部屋-その29
    その29の1列車名は日南。撮影場所は日豊線竜ヶ水附近と推測。その29の2列車名はえびの。撮影場所はその29の1とほぼ同じと推測。その29の3列車名は日南。撮影場所はその29の2に同じ。その29の4列車名は大隅。撮影場所は霧島神宮。まず、その29の4から。4/30にその28の6とその28の7で掲出したダメダメ写真のひとつ前のコマです。当時あれだけはっきりとヘッドマークや車体番号を撮影するには列車が停まっ...
  • キハ55の部屋-その30
    いよいよ通し番号30台です。しつこいですが、日本中にどんだけD51と共にキハ55が溢れ返っていたかが改めてお判りになるのではないでしょうか。その30の1列車名はいわみ。撮影場所は山陰線ということ以外に不明。(運転区間は鳥取⇔石見益田、1961(昭36)年10月現在。)以下全て同じ。その30の2列車名はちどり。(運転区間は米子⇔広島)その30の3その30の2に全て同じ。その30の4列車名はやくも。(運転区間は米子⇔...
  • キハ55の部屋-その31
    その31の1列車名は紀州。撮影場所は鳳。その31の2その31の1に同じ。その31の3列車名は不明。しろがね又はこがね(いずれも名古屋発名古屋行の北陸循環準急)のいずれか。撮影場所は北陸線坂田~田村間。その31の4その31の3に同じ。その31の1とその31の2は、EF52とクモハ20・クハ25を見学に行った鳳区で、たまたまその横を走り抜けて行った姿だと思います。撮影者がどんなつもりでレンズを向けたのかは知る...
  • キハ55の部屋-その32
    その32の1列車名はみささ。撮影場所は不明も津山と推定。その32の2その32の1に同じ。その32の3列車名はたじま。撮影場所は32の4に同じ。その32の4列車名はたじまと丹波。撮影場所は不明も城崎と推定。その32の1と2は、どうしてこのアングルで2枚撮ったのか理解に苦しみます。正面貫通扉が開いていますが、写り込んでいる人物の服装は暑熱の季節のそれではありませんから、通風や換気の目的ではない筈で、だ...
  • キハ55の部屋-その33
    その33の1列車名は不明(アルプスと推定)。篠ノ井線上、但し、撮影地点は不明(麻績(現・聖高原)~冠着間と推測も根拠なし)。その33の2その33の1に同じ。その33の3その33の1に同じ。その33の4列車名はアルプス。他はその33の1に同じ。その33の5その33の4に同じ。その33の6その33の4に同じ。電化と線路の付け替え、オリンピック、市街地の拡大などにより、だいぶ様子が変わっています。電化前...
  • キハ55の部屋-その34
    その34の1列車名は不明(第2ながさきと推定)。長崎本線上、但し、撮影地点は不明(光線と影の加減から諫早~佐賀間と推測も根拠なし)。その34の2その34の1に同じ。その34の3列車名は出島。撮影場所は背景と光線の加減から喜々津~大草間と推定。その34の4その34の3に同じ。その34の5列車名は不明。撮影場所はその34の3及び4から本川内方面へ大村湾岸を離れた場所と思われる。その34の1と2の先頭車...
  • キハ55の部屋-その35
    その35の1列車名は丹波。撮影地点は城崎と推定。根拠はその32の4に述べた通り。その35の2その35の1に同じ。その35の3その35の1に同じ。その35の4列車名は丹波。撮影場所は不明(綾部と推定)。その35の5列車名は丹後。撮影場所は不明(天橋立駅構内側線と推定)。イ:準急丹波(城崎発7:45宮津廻り2706列車、城崎9:10発和田山廻り706列車、福知山で併結後10:33発大阪行)ロ:丹後(下り第一丹後=京都9:30...
  • キハ55の部屋-その36
    その36の1列車名はにしき。撮影地点は倉敷駅。その36の2列車名は吉備。撮影地点は中庄⇔倉敷間。その36の3その36の2に同じ。この3枚の撮影地点は、撮影者自身が残した記録ではなく、この出来損ないブログをご贔屓下さっているミスター54さんからご教示賜った情報で特定できました。ミスター54さん、その節はありがとうございました♪さて。この一連のコマの間には西を指して驀進する蒸機に牽かれたかもめの末期の姿が写...
  • キハ55の部屋-その37
    その37の1列車名は不明(もがみと推定)。撮影地点は狩川駅。その37の2列車名は不明(八甲田に見えるがそんな筈はない…)。撮影地点は不明(弘前と推定)。その37の3その37の2に同じ。その37の4列車名・撮影地点は共に不明(月山またはあさひ、及び山形駅と推定)。その37の5列車名は月山・あさひ。撮影地点は作並⇔熊ヶ根間。その37の2は、1961(昭36)年10月号の復刻版時刻表によると青森5:52発秋田行の準急...
  • キハ55の部屋-その38
    その38の1列車名は不明。撮影地点は不明(長野駅と推定)。その38の2その38の1に同じ。その38の3列車名は不明。撮影地点は新宿駅。その38の4列車名は不明。撮影地点は東中野駅。その38の2では、貫通扉の渡り板に書かれた車体番号(55155)が判読できます。撮影時期(1960(昭35)年)から所属区を割り出すことができれば、そこから列車名を特定する道筋がつくかもしれませんが、そこまでのエネルギーをまつしま...
  • キハ55の部屋-その39
    その39の1列車名は不明(ときわと推定)。撮影地点は常磐線も不明(但し、後述する理由から松戸~藤代間と推定)。その39の2その39の1に同じ。その39の3その39の1に同じ。その39の4その39の1に同じ。撮影当時の常磐線に運転されていた気動車の優等列車は、キハ81の特急はつかりは別格として、ときわと陸中だけでした。しかし、陸中は5両編成、増結車輛があったかもしれませんが、その39の1とその39の2...
  • キハ55の部屋-その40
    いよいよ40台に突入です。冗談でなく、皆さんいい加減に食傷し始められたことであろうと拝察致しますが、まだまだ終わりませんので…。その40の1列車名は不明(こがねかしろがねと推定)。撮影地点は北陸線も不明(前後の他の形式より山中越えの前後のどこかの筈)。その40の2その40の1に同じ。その40の3その40の1に同じ。その40の1とその40の2には、1両だけキハ58が混じっていますね。さて。昼間、自分が...
  • キハ55の部屋-その41
    その41の1列車名ははやちね。撮影地点は釜石駅その41の2その41の1に同じ。この写真の時代、盛岡⇔花巻⇔遠野⇔釜石の経路(釜石線)には準急(写真のはやちね、605~608列車)が2往復運転されていましたが、釜石⇔宮古⇔茂市⇔盛岡の経路(山田線)には準急以上の優等列車は1本もありませんでした。まつしまが訪ねた時代には、盛岡発着の循環急行が運転されていて、CWが1614D・そとやま・盛岡8:55発、CCWが1615D・五葉・盛岡1...
  • キハ55の部屋-その42
    その42の1列車名はくりこま。撮影地点は不明(盛岡駅と推定)。その42の2列車名はくりこま。撮影地は不明(一ノ関駅と推定)。その42の3その42の2に同じ。その42の4その42の2。その42の5列車名はくりこま。撮影地点は不明(仙台駅と推定)。その42の1は、おそらく始発駅の行列が写っているのだろうと思います。その42の2からその42の4は、その42の1と全く違う駅の様子が写っていますが、それにし...
  • キハ55の部屋-その43
    その43の1列車名は瀬戸。撮影地点は不明(予讃線の途中駅、どうも松山らしいが確証なし)。その43の2その43の1に同じ。これは、本当になんのつもりで写したものなのか全く意図がわかりません。仮に列車に視線を送る女生徒たちに撮影の主眼があったなら、そのかわいい子をちゃんと撮らなきゃ意味ありません。すなわち、キハ55的に無意味であるのみならず、女の子的(あるいは、その他あらゆる目的的)にもおよそ社会通念上...
  • キハ55の部屋-その44
    その44の1列車名は眉山。撮影地点は徳島駅。その44の2列車名は眉山。撮影地点は不明(板野と推定)。その44の3列車名・撮影地点共にその44の2に同じ、但し、別の列車と推定。その44の4列車名は眉山。撮影地点は不明(高松機関区と推定)。これまでと違って、ちょっとややこしいことを書きました。ひとつ前の写真と同じだが違う列車、なんだそりゃ?? あんまり難しいこと云うなよ…。それはね、こういうカラクリな...
  • キハ55の部屋-その45
    その45の1列車名はなると。撮影地点は不明(板野駅と推定)。その45の2列車名は阿波。撮影地点はその45の1に同じ。その45の3列車名は道後。撮影地点は不明(高松駅と推定)。これも、列車名と時刻表と線路の様子と地形図を見比べた結果の推定です。なんだか、同じところを何度も行ったり来たりウロウロしているようですが、これは周遊券を使って乗ったり撮ったりした経験をお持ちの方ならご理解頂ける状況を示している...
  • キハ55の部屋-その46
    その46の1列車名は浦戸。撮影地点は不明(高松駅と推定)。その46の2列車名、撮影地点ともに全て不明(高松機関区と推定)。その46の3列車名は浦戸。撮影地点は恐らく土讃線第2吉野川橋梁。その46の4列車名は浦戸。撮影地点不明(土佐山田駅と推定)。その46の3は本当に第2吉野川鉄橋なのかどうか…。アングルバーの組み付け具合と外観から、そうじゃないかと思うんですが、ペンキで書いてある筈の橋梁名称のとこ...
  • キハ55の部屋-その47
    その47の1列車名はやまびこ。撮影地点は不明(盛岡機関区と推定)。その47の2列車名ははやちね、撮影地点は不明(釜石駅構内と推定)。これまでご紹介申し上げてきたキハ55たちと同学年(笑)で活躍していますが、同年齢ではなかったようです。(っつーことは、えっ!? ま、まさかの小学落第生??? ← うるさい!黙って見てろ!!)その証拠に、やまびこもはやちねもずいぶんと汚れの少ないきれいな衣装をまとっていま...
  • キハ55の部屋-その48
    その48の1列車名は不明。撮影地点は不明瞭も折尾と推定。その48の2列車名はえびの、撮影地点は不明(博多駅構内と推定)。その48の3列車名はかいもん、撮影地点は不明(博多駅構内と推定)。その48の4列車名はゆのか、撮影地点は不明(博多駅構内と推定)。その48の1は、(1)どうも高架駅で(2)湾曲していて、(3)列車の行く手に山地の末稜と思しき様子が写っており、(4)判読はできないもののホームの柱に...
  • キハ55の部屋-その49
    その49の1列車名はながさき。撮影地点も長崎。その49の2その49の1に同じ。キハ58や塗色変更されたキハ55がつながっています。なにより開放されたままの乗務員室正面貫通扉が、そのあたりだけヤケに煤けたような、まっ黒けのような変な味をかもし出しています。まつしまは、これを目にする度に、三波伸介扮するところの【マヌケなドロボー】を連想してしまいます。その49の1の給水ホース。これ、いったいどこのどんなタ...
  • キハ55の部屋-その50
    その50の1列車名はアルプス。撮影地点は新宿駅。その50の2列車名はにしき。撮影地点は不明(広島か岡山と推定)。その50の2を岩国でないと推定したのは電化の状況を示す様子からです。この残念写真の時期には、まだ岩国は工事中だった筈で、支柱は立てられていたかもしれませんが架線は張られていなかったと思われます。2枚の写真の塗色を見比べる限りでは、急行(アルプス)と準急(にしき)を明確に区分しようとする意...

プロフィール

急行まつしま2号

2019/8/12 に Yahoo blog から移ってきました。2008/3/28 から活動しています。

残念写真はFH君(高校時代の同級生)の叔父さん(故人)が1960~62年にかけて撮影したもので、まつしま(以下、管理人という)は約40年前、高校卒業時にそのベタ焼きスクラップ帳をFH君から預かりました。

約半世紀が過ぎ、管理人にも終活準備の必要が迫ってきましたが、どの被写体もこのまま埋もれさるのはあまりにも惜しいと考えて公開を決意しました。

全ての記述と残念写真を除く全ての画像は、管理人によるものとお考え下さい。従って、残念写真に対する苦情・異議等は、いっさいお受け致しかねます。この点、あらかじめご了承頂くとともに、不同意の方の閲覧は(たとえ記事が全公開に設定されている場合であっても)お断り致します。

また、残念写真以外の全てについては、管理人の責任と権限で対応致しますが、管理人が【適切でない、相応しくない、好ましくない、不快である】等と判断した書き込みは、発見し次第、全て管理人の一存で警告なしに即刻削除します。この点も併せてご了解頂きます。

なお、上記の点は、全て【管理人の固い意思】であって【どなたからどのような種類の申し入れ等があっても応じない】こと、及び【どなたとの議論にも応じない】ことを、あらかじめ明記しておきます。

これらの方針に同意されない方の閲覧は当方から固くお断り致しますので、どうぞ速やかにご退出ください。

記事を閲覧される方は、(万が一紛議等が生じた場合も含めて)全てここに記述した方針に同意され応諾された方として対処致しますので、念のため此処に併せて明記しておきます。

原則的に【来る者は拒まず】が基本スタンスですが、ただし、管理者に対して過去に敵対的言辞等を執った事実のある者からの再接触等は、たといそれが当該敵対的行動の撤回及び謝罪並びに釈明等であっても、その全てを拒絶します。

もし釈明や和解の必要を感じたなら、その時点で直ちにそう処置した筈であり、またそう処置すべきでもありました。それをしないまま再接触を図るということは、

①なんらかの意図があって、非敵対的な態度を偽装もしくは隠蔽している

②記憶力に欠陥のある攻撃的性格

上記①または②のいずれかと考えざるを得ません。すなわち将来に於いて再び敵対的言辞を吐き散らし敵対的行動を執る危険性が極めて大きい者である可能性を窺わせる者である、と見做し得るわけで、そういう面倒くさいヤツと関わり合うのは金輪際願い下げ、二度と御免蒙ります。

そんなヤツに愛想笑いなどする気は全くありません。見つけたら直ちに叩き出して塩を撒くので、そのつもりで。

最新情報

月別アーカイブ