• 新しいコーナー(書庫)を設けます
    こともあろうに、このまつしまの出来損ないブログの掲出写真、即ち【残念写真】を、『もっときれいにお化粧し直してみましょうよ!』とおっしゃって下さる国際救助隊のような方が現れました。その、バージルだかゴードンのようなお方とは、誰あろう、つばさ51号さんです(拍手ぅーーー!!)まつしまは例によってせっかくの被写体がブチ壊しになっている残念写真を、ブチブチ文句いいながら、言い訳と共に掲出したのでした。すると...
  • 工事中、仮駅舎、ということで…
    新しい書庫の名称なんですが、なんというか、その、あまりにもスポーツ紙チックでオヤヂ丸出しな工夫のなさというか、つばさ51号さんへの敬意の表現方法が不充分というか、目の前で起きていることをそのまま口に出してしまっているような【ダダ漏れ】感が漂っていませんか?就学前の子供が、車窓に牧草地で草を食む牛の姿を見つけて、『あ、ウシだぁ!』と声に出しながら嬉々として指差しているようなイメージとでも申しましょうか...
  • 魔法だ…
    のびのびになってしまっておりましたが、つばさ51号さんの驚異のテクを皆さんにご覧頂こうと思います。後述する通り、本当は【驚異のテク】なんて手垢にまみれた言い回しではとても追いつかないくらいの表現が必要なのですが、まつしまはそういう種類の経験が実に乏しく、従ってその手の語彙もことのほか貧しく、こういう場面でオノレの能力の低さに歯噛みする思いを味わわなければなりません。なんとも悲しいことでございます。ん...
  • 見事にきれいにして頂きました♪
    一昨日、EF57とED42の写真につばさ51号さんがかけてくださった魔法をご覧頂きました。今日お目に掛けるのは、ED46とDF50です。いずれも元の画像は焼付け時の荒っぽい作業のせいで、せっかくの写真が台無しになってしまっていましたが、これを丁寧に補修して頂きました。つばさ51号さん、ありがとうございました。では、さっそくその成果を皆さんにもご覧頂きましょう。いずれも昨年12月に掲出した原版をお送りして修復して頂きまし...
  • うわっ! チョーきれい!!
    つばさ51号さんが、魔法使いのようにきれいに修正したC62の写真を送ってきてくださいました。もともとこの記事でお願い、とゆーより、強引に押し付けてしまった話だったのですが… ↓ これです。http://blogs.yahoo.co.jp/rinjimatsushima/23994489.htmlんで、そこに掲出してあった残念写真はこちら。 ↓ 悪くないカットだと思うのですが、なにしろ画面の状態が…それをどのように化粧直しして下さったかと申しますと、ですね。...
  • サービスショット♪
    先日掲出した米沢駅構内のEF16の写真を、けっこう大勢の方がご覧くださったようでした。福米は、往時をしのぶよすがといえば転轍部の雪覆いくらいしか残っていないくらいに激変してしまっていますが、出るところへ出れば240km/hを出す電車が走っているんですから、無理もありません。そのせいで、便利になったのは事実ですが、なんだか右顧左眄しているようにも見える停車駅の多さに、あれは特別急行ではなくシンカンセンなのだ、...

プロフィール

急行まつしま2号

2019/8/12 に Yahoo blog から移ってきました。2008/3/28 から活動しています。

残念写真はFH君(高校時代の同級生)の叔父さん(故人)が1960~62年にかけて撮影したもので、まつしま(以下、管理人という)は約40年前、高校卒業時にそのベタ焼きスクラップ帳をFH君から預かりました。

約半世紀が過ぎ、管理人にも終活準備の必要が迫ってきましたが、どの被写体もこのまま埋もれさるのはあまりにも惜しいと考えて公開を決意しました。

全ての記述と残念写真を除く全ての画像は、管理人によるものとお考え下さい。従って、残念写真に対する苦情・異議等は、いっさいお受け致しかねます。この点、あらかじめご了承頂くとともに、不同意の方の閲覧は(たとえ記事が全公開に設定されている場合であっても)お断り致します。

また、残念写真以外の全てについては、管理人の責任と権限で対応致しますが、管理人が【適切でない、相応しくない、好ましくない、不快である】等と判断した書き込みは、発見し次第、全て管理人の一存で警告なしに即刻削除します。この点も併せてご了解頂きます。

なお、上記の点は、全て【管理人の固い意思】であって【どなたからどのような種類の申し入れ等があっても応じない】こと、及び【どなたとの議論にも応じない】ことを、あらかじめ明記しておきます。

これらの方針に同意されない方の閲覧は当方から固くお断り致しますので、どうぞ速やかにご退出ください。

記事を閲覧される方は、(万が一紛議等が生じた場合も含めて)全てここに記述した方針に同意され応諾された方として対処致しますので、念のため此処に併せて明記しておきます。

原則的に【来る者は拒まず】が基本スタンスですが、ただし、管理者に対して過去に敵対的言辞等を執った事実のある者からの再接触等は、たといそれが当該敵対的行動の撤回及び謝罪並びに釈明等であっても、その全てを拒絶します。

もし釈明や和解の必要を感じたなら、その時点で直ちにそう処置した筈であり、またそう処置すべきでもありました。それをしないまま再接触を図るということは、

①なんらかの意図があって、非敵対的な態度を偽装もしくは隠蔽している

②記憶力に欠陥のある攻撃的性格

上記①または②のいずれかと考えざるを得ません。すなわち将来に於いて再び敵対的言辞を吐き散らし敵対的行動を執る危険性が極めて大きい者である可能性を窺わせる者である、と見做し得るわけで、そういう面倒くさいヤツと関わり合うのは金輪際願い下げ、二度と御免蒙ります。

そんなヤツに愛想笑いなどする気は全くありません。見つけたら直ちに叩き出して塩を撒くので、そのつもりで。

最新情報

月別アーカイブ