• ちょっとカッコいいでしょ!
    安直にコレクションなど陳列するのは邪道だということはわきまえております。おりますが!これは、どぉーーしても皆さんにもご覧頂きたいので、ご批判を覚悟の上で掲出致します。ご叱責には甘んじますので、いかようにお小言を頂戴しても反論は致しませんっ!これ、10年くらい前に、JRバスの某営業所で譲ってもらったブツです。女子車掌(観光便のガイドも)の制服につけていた徽章と制帽のマークです。『まだ使っていない新品な...
  • 変わった回数券
    国鉄バスの時代にこれがあったのかどうかは聞き漏らしたのですが、なかなかおもしろい回数券をお目にかけましょう。千葉県立の匝瑳(ソウサ)高校に通う高校生専用といってよい券ですが、よく見ると10枚綴り。発売箇所で教わったところによると、この区間は140円なんだそうです。ということは、11枚1540円を1400円(約91%)で発行するであろう一般的な回数券に対して、10枚1400円を1000円(約71.4%)という訳ですから、断然お得な価格...
  • ワンマンバス in 1962
    ときどきとんでもないものが写っているので油断がならないのがこの残念写真なんですが…これは1962年の#10号ベタ(ネガ)にあった1コマです。本当にこれ1枚だけでした。初めは、なんだってこんなつまんないものを写したんだろ、ひょっとして同好会かなにかでチャーターしたマイクロバスなのかな、だとすると、誰か親しい友だちでも写したつもりだったのかな、くらいに考えて、全然拡大してみようと思わなかったんですが。このとこ...
  • とりあえず2枚。
    国鉄バスの安房白浜駅発行の乗車券。ひでさんに申告して、判り易いところにあった券を、とりあえず2枚だけ画像にしました。 ↓ こちらでござんす♪運よく、同じ経路の乗車券を発掘できました。バスの路線内で途中下車できる停留所や、なにより運賃が、わずか10年足らずでこんなに変化しているんですねぇ…活字もだいぶ変化しているように見えますが、やはり運賃表記に使われているアラビア数字の字体を見比べる限りでは、どちらも...
  • 離れ里・村所
    昨夜、最も地味だったと思われるループ線があった山野線の準急、【からくに】の写真を題材に記事を書きました。全然反応がないかもしれないなぁ、と思っていたのですが、やはり単行準急というインパクトのせいか、幾人かのファンの方がコメントをお寄せ下さいまして、それに応答しながら、ふと出てきたのが、杉安から九州の背骨に当たる九州山地を横断して湯前・人吉に至る国鉄バス路線でした。その辺りの鉄道地図を眺めると、肥薩...
  • あったあった、ありました♪
    まつしまの記憶力も(かなり部分的にではありますが)まだまだ機能していると考えてもよさそうなカンジです。ウロ覚え、とゆーか、まるっきり記憶に自信がなかった【自動車線から鉄道線へ乗り継ぐバス車内乗車券】。ありました。よかったーーーっ♪(ホッと胸をなでおろす…)これです♪切符の方向として【下り】にパンチが入っていることと、なにより、発行者(○○乗務員発行)が刷り込まれていないので、完璧なエビデンスと言い切れ...
  • 名古屋の方がゼッタイに【お得感】が強い♪
    そもそもこういう話にお得だとかお損(←なんだそりゃ?)って概念を持ち出す方がオカシいってことは、理屈では判っちゃいますが、そーゆー次元の話じゃないんですよね、蒐集者にとっては!東京駅発行の券に描かれた路線図は東名高速線だけ。ところが、名古屋駅発行には名神高速線も刷られています。こうなると、切りにくい(=パンチを入れにくい)券の方が断然輝いて見えます♡ごく普通の皆さんからご覧になると、そもそもま...
  • 証拠
    国鉄根室線白糠駅で発行された料金補充券(バス急行券)です。額面20円。もちろん、制度上も手続き上も、なんら規則に抵触する部分はありません。ありませんけど… ↓ これッス。いっくらなんでも、これだけいろんなことを書き込んで20円では、さすがに『ちょっとやり過ぎじゃないの?』と思い、白糠駅の出札係員がいささか気の毒になりました。とゆーか!そんな切符なぞ物理的に使えないことが判っていても旅客の発券請求に、いわ...
  • ホントに、こんな切符売ってたのかなぁ??
    見本の切符です。これまでにも、制度上・理論上は【あり得る】券ではあっても、『ホントにそんなのあったの?』という切符をいくつかご紹介したことがありましたが、まつしまとしては、『これはねーだろ…』と思っている双璧のよーな切符であります。そりゃ、実券に巡り会えば、『ははぁ、さようでございましたかぁ!』と平伏しますけど、んでも、これまで一度も出くわしたことがないんスから。ですんでこれらも、おそらく十中八九...
  • デジカメを導入したら
    うちにデジカメがやってきたら絶対に撮影しなきゃ、と思っていて、すっかり忘れておりました。かれこれ3年前、スキャナーで全容を取り込むことができなかったため、やむを得ず【部分】でのご紹介にとどめざるを得なかったナニがあったのです。 ↓ この記事なんですが。http://blogs.yahoo.co.jp/rinjimatsushima/12750205.htmlつばめバスだっちゅーのに、そのつばめのシッポがちょん切れてしまっております。さて、このたび晴れ...
  • え゛っ!? こんなモノまで??
    はぁ…まことに相済まんこってす、どうも、すみません…と、思わず謝っちゃうほどしょーもないブツです。バスの整理券。 ↓ 急行・古川行の一般路線バスで、高校1年のときに自分で乗って持ってきました。 ↓ こっちは大学3年のとき、静岡から東京まで東名高速線に乗ったときに取ってきた券です。バスの整理券なんて、一銭も払わずに手に入るんですから、そんなもんあなた、しかつめらしくコレクションなんていう方がそもそもおか...
  • ひでさんの江戸崎駅の写真に触発されて
    常日頃からご交誼を賜っているひでさん。この出来損ないブログに一番乗りでお気に入り登録をして下さった方でもあります。ご本人は非テツとおっしゃっていて、確かにバリバリの鉄道ファンという感じではありません。しかし、造詣はかなり深く、御自身が押さえておられるポイント(とゆーか、ツボ。例えば、京成電鉄の市販時刻表第一号、とか…)はかなりのものとお見受けしておりますが、静かな活動を楽しんでいらっしゃるご様子で...
  • 成田空港旅行センター
    2010年に羽田空港が定期便の発着する国際空港に返り咲いて、成田空港の地位が非常に微妙な具合になってきてしまいました。京成が頑張って開通させたスカイアクセス線も開業からいきなりの苦戦を強いられているようです。まつしまは、個人的には飛行機は【遠くから眺めるもの】で、乗るのはできる限りご遠慮申し上げる立場をとっております。その観点からすると、まつしまにとって飛行機ってのは蒸気機関車と極めてよく似たポジショ...
  • クイズ、じゃありませんけど♪
    けっこう長距離を走るのかな?そうですね。始発から終点までおよそ1時間15分から20分くらいでしょうか。両端の【バス駅】が消失しちゃっているのはとても残念ですが、途中で歴としたバス駅(無人化されて久しいですが)に入って行ってきちんと時間調整しますし、走行時間も走行距離もほどほど。しかも、山里っぽい風景の中をのんびり走るかと思えば、完全装備の機動隊員の横をかすめて走ったり離着陸体勢の大型旅客機が目の前をか...
  • 手間とコストをかけて売値を下げる…??
    ひとつ前の記事で、ちょっと勿体つけた書き方をしてしまいました。1170円区間のバスに、1070円で乗って運転士に警察に突き出されない合法的な方法。答えはこれです。 ↓ これ♪この回数券に、あと現金を70円添えて運賃箱に入れる♪プリントして悪さに使うヒトがいないとも限らないので、ベタベタとみほんの文字を加筆しましたが、100円券を11枚連ねた金額常備式回数券、です。これを運転士から買うだけで、アッと云う間に1000円札が...
  • なぜここで???
    今では、もう買うことができなくなっちゃった券だと思いますが、かといって、では昔だったら簡単に買えたのかといえば、必ずしもそうではありませんでした。なにしろ、旅客が発行を請求する切符を『売らない』と言い切る窓口でしたから。これまでにも、何度かその恨みつらみを書いたことがありましたが、それは何べんだってしつこく繰り返して話すことができます。それくらい切符を買うことが【難しい】出札口でしたし、まつしまに...
  • 鉄道記念日だっちゅーのに
    『鉄道記念日だっちゅーのに、なんとツムジ曲がりな!』と皆さんからお叱りを受けるかもしれませんが、たまたま巡り合わせでそうなっちゃっただけの話で、もともとアタマん中が一年じゅう鉄道記念日みたいなまつしまにとっては、別に今日だけ特別ってわけでもありません。そういう次第で、今日は旧国鉄バス路線(現在はJR系列のバス路線)の切符です。飯田線伊那市・伊奈北と中央線茅野の間を高遠を経て結ぶバス路線があります。...
  • Dangerous zone の切符
    世間の皆さんの目には、運賃相当の金券としての価値を保持していない切符=有価証券性ゼロの【紙屑】を有り難がって一所懸命に集めたがるまつしまのような人間が変人とかバカに映じることは想像に難くありません。郵便切手ならば世界共通のマーケットが形成されていますから、まだ骨董品とか美術品に通じる【換金性】を想起できるためにそれほど変態じみた見方はされないようですが、これが汽車の切符となると全然見方が違ってしま...
  • 確証はないんですが、いわれてみれば…。
    ひとつ前の、【本日の不首尾】についてブチブチ書いた記事に、みかどさんとおっしゃる方からおもしろいコメントを頂きました。1日3往復しかないJRバスの多古本線に芝山千代田駅前から八日市場駅前まで乗った、という阿房列車&阿房バスの顛末でしたが、『その路線の道路って、実は成田鉄道の軌道跡なんですよ』、と。そういえば、そんなのをどこかで読んだような…、と思って、本棚を引っ掻き廻したら、今日は案外と簡単に出て...
  • 機械化部隊?
    去る26日、阿房列車&阿房バスのついでに訪ねたJRバス関東の八日市場支店ですが、そこで発行を受けた金額補充式回数券にまつわる話をひとつ。今を去る13年前、やはり同じ回数券を買いました。これは有効期限のない金券で、まさかとは思いますが出力して不正使用の悪だくみを企てる輩がいないとも言い切れませんので、甚だ無粋な艶消しですが、止むを得ず【資料】の赤文字を加筆します。んで、今回発行を受けたのはこちら。これも...
  • 発掘♪
    だいぶ前ですが、こんな記事を書いたことがありました。 ↓ これです。http://blogs.yahoo.co.jp/rinjimatsushima/16921892.htmlファン限定なのでお読み頂けない方もいっらっしゃったかもしれません、申し訳ありません。その記事は、このような切符を使って、こんな経路の乗りテツをしました、という、まことにバカバカしい時間の無駄遣いに関するレポートでした。メインテーマは【降りられない終着駅】というふざけた話しでした...
  • どっちがいい?
    普通の皆さんばかりでなく、かなり気合いの入った鉄道ファンが相手であっても、この手の話はなかなか通じにくいです。『どっちだって同じじゃん』とか、『どう違うの、これ?』なんて反問されて、調子づいたアホまつしまはそれに一所懸命答えようとするんだけど、発問者は最初っからそんなの興味なくて、たまたま行きがかり上とか適当に調子を合わせておこうとして相槌のつもりで問いかけてみただけですから、そんな退屈きわまりな...
  • しばらくでした!
    2/11~2/14にかけて、常磐線・仙石線・石巻線の不通区間に運転されている代行バスの巡礼というかバス詣でというか、そんな感じのちょっと変わった乗り鉄に出かけてまいりました。常磐線竜田⇔原ノ町間代行バス1便常磐線相馬⇔亘理(浜吉田)間代行バス531便仙石線高城町(松島海岸)⇔陸前小野(矢本)間代行バス109便石巻線浦宿⇔女川間代行バス709便道中いろいろなことがありましたが、それはおいおいご紹介申し上げて行く...
  • 自動車線は
    国鉄の旅客営業制度から【等級】という言葉が消えたのは1969(昭44)年5月10日のことでした。まつしまはまだ小学生でしたので、そのことで国会がゴタゴタ紛糾して法案可決が遅れたせいで、時刻表の発行も制度の実施も予定より大幅に遅れた、なんてことは知りませんでしたが、その頃まつしまたちの間で大流行していたマンガ【ハレンチ学園】には、まだグリーン車という言葉の代わりに1等車という言葉が使われていたことはよく覚え...
  • えーと、あの、何ですかそれ???
    回数定期乗車券、という用語があります。一読して、それがどんな意味の言葉でどのようなものを示しているのか、パッ!と思い浮かべることができるのは、実際にそれを使った経験のある方か、または、それを取り扱う業務に携わった人々だけではかなろうか、と、まつしまは想像するのであります。だって、いいですか、もう一度書きますよ?回数、定期、乗車券…。普通は、定期券か、それとも回数券か、そのどっちかでしょ?そうじゃあ...
  • ということは…
    鉄道の貸切乗車券は、団体乗車券の用紙で代用して発行するようですが、バスには貸切専用の乗車券用紙があります。 ↓ 発行箇所の記載がありませんが、おそらくJRバス関東の長野原支店が発行した券でしょう。豪雨や、それによって惹き起こされた路盤流失などの災害によって列車が運行不能になったときに【列車代行】の行先表示を出して走る代行バスの貸切乗車券です。この場合、借り手はJR東日本しかない筈ですが、原価計算す...
  • 茅野⇔高遠⇔伊那市
    国鉄時代のバス駅は、民営化から僅か数年の間に、まるで殲滅作戦でもあるかの如くバタバタと廃止されてゆき、無人というか廃屋同然というか、それでも荒れ果てた駅舎が残っていればまだマシな方で、中には路線そのものが廃止されてしまった線区がたくさんあります。そんな中にあって、高遠駅は今なお現役で頑張っているらしいので、そういう健気な駅は是非とも自分の目で眺めてみたいと常々考えております。その高遠というのは、い...
  • 改めてリトライ
    いったん深呼吸でココロを落ち着かせる。ゴチャゴチャに混乱したアタマの中をリセット、バラバラに散らかっている情報を種類ごとに整理し直し、ふるいにかけて話題の本筋に関係する色合いの濃いものだけを抽出する。前職で、前任者が放擲した業務を引き継がされたときとか、部下がゴチャゴチャに混乱させてしまった業務の後始末をつけるとき、先ず引き継いだ業務の停滞を相手に詫びながら、その一方でまっ先になにをしたかといえば...
  • うぐっ! しまったぁぁぁ…!!
    うぐっ! しまったぁぁぁ…!! と呻いて嘆くには、あまりにもマヌケだったんですけどね…(泣)(おおっ!これこれ!!)と思ってチェックしておいたくせに、肝心のタイムリミットをコロッと忘れていて応札し損ねてしまいました。 ↓ ブツはコレです。旧塗装の国鉄バス。日野自動車のBD34というモデルらしいんですが、とにかくまつしまの小学生時代には福島交通といわず常磐交通といわず都バス京成バス仙台市営バス山形交通バス...
  • あるにはありましたけど…
    うーん!!送料別で3,800円かぁ…これはオークションではなくネット販売に並ぶ商品です。これ以上高くなるシンパイがない代わりに、これよりも価格が下がるという事態もほぼ皆無でしょう。先日の【1,000円】を目撃していなければ飛びついたかもしれませんが、あそこで(しかも自分のヘマのせいで)しくじって、その次に全く同じものを3.8倍も価格で突き付けられては(別におまえに向かって突き付けられているわけじゃない)、バカ呼...
  • さ、さ、さ、サンタさんがきたぁぁぁぁぁ!!!
    先月はじめ、旧塗装の国鉄バスの模型に入札し損ねて地団駄踏んで悔しがっていたまつしまを、まさかサンタのおじさんが眺めていてくれたなんて考えもしませんでした。ってか、普通のオトナにはそういう考えなんて浮かんでこないもんです。そもそも、どうして旧塗装の模型を欲しいと思ったのかと申しますと、残念写真に写っていた変わり種改造試作車なんですが、この車体の塗色というか配色を再現しようとして、どうしても上手く行か...
  • 共同運行
    名金線が名古屋⇔金沢間で全線営業運転を開始したのは1966(昭41)年12月。以前、それを調べて書いたことがありました。 ↓ これッス。https://w563p0j9cfbo.blog.fc2.com/blog-entry-4504.html東名高速線が、名金線開業40周年なんて自分に全然関係ない(しかもタイトルと経過年数の関係がかなりイカサマっぽい)厚かましい記念切符をしゃあしゃあと売り出していたことに腹を立てて吠え付いた記事でしたが、路線は2002年に廃止さ...
  • 531-1009
    今年5月、お馴染みさんからお預かりした資料を元に記事を書かせてもらいました。 ↓ これッス。https://w563p0j9cfbo.blog.fc2.com/blog-entry-4863.html高校2年の春休み、市電廃止だっちゃ、を筆頭に、3年に進級でぎんだべが、とか、文理(仙台にあった予備校)の春季講習どーすっぺ、とか、身の回りはなにかと気を揉むハナシばかりで、お馴染みさんもまつしまもソワソワと落ち着かない日々を送っておりましたが、そんな中、お馴...
  • これも短命な券でした
    国鉄が民営化されて旅客鉄道会社6社と貨物会社の計7社が営業を開始したのは1987(昭62)年4月1日。以来、ずーっと一貫して、ことあるごとにまつしまは民営化は間違いだ、と繰り返してきましたが、指を折ってみると同じことを35年間も云い続けてきているんですね。なにがどう間違いなのか、箇条書きにしたら際限なく続きそうですからそれは自粛しますが、間違いが端的に形になって現れているのが北海道と四国と九州の鉄路の惨状です...
  • 福島へ(3)
    実際に乗ったのは一週間前、4月24日だったんですが、準備始めてから書き終えるまで6日間、記事に添える資料を整えるのに思いのほか時間がかかってしましました。なんて云ったところで、実際にお読みくださる閲覧者の方々に対して、それらの資料にまつしまの拙い記述をどれだけ補えるのか、となると、これはもう、資料の方で『冗談云うな!そんな役目など御免蒙る!』と怒り出すくらいに記述そのものが至らないワケですから、結局は...
  • 福島へ(3) 補足
    またしても書き漏らしがありましたので慌てて付け足します。どっちが下りでどっちが上りだったか覚えてませんが、両方とも始発から終点まで乗り通したので運賃分(各1,040円)の回数券だけ運賃箱に入れて整理券は出さずに降りてきました。運転士も判っていましたので、特になにも云いませんでした。昨年2月22日に京成線空港第2ビル駅で買った普通乗車券とか9月30日(最終日)の普通回数券買った総武線下総中山駅などの自動券売機が...

プロフィール

急行まつしま2号

2019/8/12 に Yahoo blog から移ってきました。2008/3/28 から活動しています。

残念写真はFH君(高校時代の同級生)の叔父さん(故人)が1960~62年にかけて撮影したもので、まつしま(以下、管理人という)は約40年前、高校卒業時にそのベタ焼きスクラップ帳をFH君から預かりました。

約半世紀が過ぎ、管理人にも終活準備の必要が迫ってきましたが、どの被写体もこのまま埋もれさるのはあまりにも惜しいと考えて公開を決意しました。

全ての記述と残念写真を除く全ての画像は、管理人によるものとお考え下さい。従って、残念写真に対する苦情・異議等は、いっさいお受け致しかねます。この点、あらかじめご了承頂くとともに、不同意の方の閲覧は(たとえ記事が全公開に設定されている場合であっても)お断り致します。

また、残念写真以外の全てについては、管理人の責任と権限で対応致しますが、管理人が【適切でない、相応しくない、好ましくない、不快である】等と判断した書き込みは、発見し次第、全て管理人の一存で警告なしに即刻削除します。この点も併せてご了解頂きます。

なお、上記の点は、全て【管理人の固い意思】であって【どなたからどのような種類の申し入れ等があっても応じない】こと、及び【どなたとの議論にも応じない】ことを、あらかじめ明記しておきます。

これらの方針に同意されない方の閲覧は当方から固くお断り致しますので、どうぞ速やかにご退出ください。

記事を閲覧される方は、(万が一紛議等が生じた場合も含めて)全てここに記述した方針に同意され応諾された方として対処致しますので、念のため此処に併せて明記しておきます。

原則的に【来る者は拒まず】が基本スタンスですが、ただし、管理者に対して過去に敵対的言辞等を執った事実のある者からの再接触等は、たといそれが当該敵対的行動の撤回及び謝罪並びに釈明等であっても、その全てを拒絶します。

もし釈明や和解の必要を感じたなら、その時点で直ちにそう処置した筈であり、またそう処置すべきでもありました。それをしないまま再接触を図るということは、

①なんらかの意図があって、非敵対的な態度を偽装もしくは隠蔽している

②記憶力に欠陥のある攻撃的性格

上記①または②のいずれかと考えざるを得ません。すなわち将来に於いて再び敵対的言辞を吐き散らし敵対的行動を執る危険性が極めて大きい者である可能性を窺わせる者である、と見做し得るわけで、そういう面倒くさいヤツと関わり合うのは金輪際願い下げ、二度と御免蒙ります。

そんなヤツに愛想笑いなどする気は全くありません。見つけたら直ちに叩き出して塩を撒くので、そのつもりで。

最新情報

月別アーカイブ