• 赤塚不二夫画伯が亡くなった
    全く調子の違う独白を、今日だけお許し下さい。さきほど、TVのニュース速報のテロップで流れました。ひとつの時代の終焉だと思います。手塚治虫との比較に於いて、石森章太郎との比較に於いて、藤子不二雄との比較に於いて…そんな議論は不毛でしょう。どのマンガ家も、それぞれの作品を世に送り出すためにこの世に生まれ出でてきたのだと信じています。どのマンガ家が欠けても、いまのまつしまはあり得ませんでしたし、今の社会...
  • お騒がせして申し訳ありませんでした。
    お気に入り登録頂いている皆様へ当方が言葉を充分に吟味しないまま書き込んでしまったコメントについて、たくさんの方々からご批判とお叱りを賜りました。かたじけなく存じます。全くご指摘のとおりで、不徳の致すところ、いやしくも文字を媒介にコミュニケーションを図るに当たり、いかに未熟であるかをご指摘下さった真摯な思いの数々に、返す言葉もなくうなだれるばかりです。当然の礼儀として、ご無礼を働いてしまった相手の方...
  • 情報公開(閲覧制限)の自己規制緩和について
    【お前の記事など読みたくない、こんな写真など見たくない】と怒りを表明された方からのクレームに対応するために、すべての記事を【ファン限定】に変更してからかれこれ半年が経過しようとしています。その間に、 1.まつしまの記事を閲覧したいが、自分はブログを開設していないのでそれができない。技術的な対応でなんとかならないのか? 2.残念写真は貴重な史料である。価値のわからない愚昧な戯言にいちいち対応すること...
  • 惶恐謹言
    この写真なんか、観る者の心を鷲掴みにするのではないかと思っております。いかにも軽薄な基準かもしれませんが、心がワクワクと弾むような写真って、やっぱりいいと思います。撮影者の時代には当たり前に撮れたのでしょうが、今はこんな場所でカメラを構えたらたちまち警官がスッ飛んでくる時代になってしまいました。腕や画像の質を問われれば、『劣等な残念写真です』と答えるほかはありませんが、まつしまのブログは、もともと...
  • よくこそお訪ね下さいました。
    星の数ほどもあるブログの中からわざわざ当方をお訪ね下さり、ありがとう存じます。ご覧のとおりの出来損ないブログでございます。不行き届きは幾重にもお詫び申し上げますが、ご覧頂くに当たっては、あらかじめ全ての閲覧者の皆さんに以下に掲出するとおり【当ブログ運営の基本方針と基準】をお伝え申し上げておきます。かように七面倒な箇条書きなど、おそらくほとんどの方がお読みにならないと思いますし、当方もある程度はそれ...

プロフィール

急行まつしま2号

2019/8/12 に Yahoo blog から移ってきました。2008/3/28 から活動しています。

残念写真はFH君(高校時代の同級生)の叔父さん(故人)が1960~62年にかけて撮影したもので、まつしま(以下、管理人という)は約40年前、高校卒業時にそのベタ焼きスクラップ帳をFH君から預かりました。

約半世紀が過ぎ、管理人にも終活準備の必要が迫ってきましたが、どの被写体もこのまま埋もれさるのはあまりにも惜しいと考えて公開を決意しました。

全ての記述と残念写真を除く全ての画像は、管理人によるものとお考え下さい。従って、残念写真に対する苦情・異議等は、いっさいお受け致しかねます。この点、あらかじめご了承頂くとともに、不同意の方の閲覧は(たとえ記事が全公開に設定されている場合であっても)お断り致します。

また、残念写真以外の全てについては、管理人の責任と権限で対応致しますが、管理人が【適切でない、相応しくない、好ましくない、不快である】等と判断した書き込みは、発見し次第、全て管理人の一存で警告なしに即刻削除します。この点も併せてご了解頂きます。

なお、上記の点は、全て【管理人の固い意思】であって【どなたからどのような種類の申し入れ等があっても応じない】こと、及び【どなたとの議論にも応じない】ことを、あらかじめ明記しておきます。

これらの方針に同意されない方の閲覧は当方から固くお断り致しますので、どうぞ速やかにご退出ください。

記事を閲覧される方は、(万が一紛議等が生じた場合も含めて)全てここに記述した方針に同意され応諾された方として対処致しますので、念のため此処に併せて明記しておきます。

原則的に【来る者は拒まず】が基本スタンスですが、ただし、管理者に対して過去に敵対的言辞等を執った事実のある者からの再接触等は、たといそれが当該敵対的行動の撤回及び謝罪並びに釈明等であっても、その全てを拒絶します。

もし釈明や和解の必要を感じたなら、その時点で直ちにそう処置した筈であり、またそう処置すべきでもありました。それをしないまま再接触を図るということは、

①なんらかの意図があって、非敵対的な態度を偽装もしくは隠蔽している

②記憶力に欠陥のある攻撃的性格

上記①または②のいずれかと考えざるを得ません。すなわち将来に於いて再び敵対的言辞を吐き散らし敵対的行動を執る危険性が極めて大きい者である可能性を窺わせる者である、と見做し得るわけで、そういう面倒くさいヤツと関わり合うのは金輪際願い下げ、二度と御免蒙ります。

そんなヤツに愛想笑いなどする気は全くありません。見つけたら直ちに叩き出して塩を撒くので、そのつもりで。

最新情報

月別アーカイブ