• だったらやめときゃいいじゃん…
    どうお呼びすればよいのかを現在お尋ねしているので、お答えを頂くまでは仮に『おんちゃんさん』とお呼び致します。でも、おんちゃんって、実は仙台弁で『おじさん』という語を親称形で用いる場面で、主に二人称または一人称として使われる語なので、普通の日本語に直すと『おんちゃんさん』=『おじさんさん』と呼びかけることになってしまい、まつしまとしては、なぁーんかおシリのあたりがムズムズする感じでして、早く呼びかけ...
  • 【超マジメ】 既に50年前に
    【引き出し】が非常に豊富で、そのバリエーションに常日頃から感服している【シービーさん】が『6月は環境月間なので…』の書き出しで始まる記事を掲載しておられました。そういやそうだったなぁ。んじゃ、なにかそれらしい記事を1件まとめてみっかな。でも、そもそも鉄道って環境負荷が相対的に軽い交通手段だし、鉄道に入れあげていること自体が温室効果ガス排出抑制に加担する働きがあるんじゃないのかなぁ、などと、テツの自己...
  • サンダーバード2号 出動!
    全然マニアじゃない【ひでさん】が、『鉄道?なにそれ?』という健常者の皆さんから質問攻めにあって往生しているようです… なーんて!説明するのには全く往生していないようですが、実物のイメージが伴わないので、『ここんとこが、ほらね!』という決め手を欠き、どうも隔靴掻痒の状況であるやにお見受け致しました。で、サンダーバードは普通は多くの人命が危機的状況に陥っている場面で出動するんですが、どういうわけだかこ...
  • 関西を走った旧形国電
    まだほかにもいくつかありますが、ひとつ前の記事で【山スカ】の写真をお見せしましたので、まずは東海道~山陽の緩行電車で走った70系から。塗装はブドウ色ですね。阪和線では肌色というかミルクティー色というか、そんな茶色と、青みがかった淡めの濃緑色のツートンカラーでしたが、戦後の京都-西明石間は水色の103系が登場するまでブドウ色ばかりだったようですね。かつて流電クモハ52がクリームイエローとマルーンのモダンな...
  • 関西を走った旧形国電 その2
    クロハ69の最後の姿です。メモには1961年撮影と書かれています。正確には、42系クロハ59と55系クロハ69の来歴を詳しく知らないので本当にクロハ69で合っているのかどうか自信ありません。しかも、1等車の廃止を控えて数字の1の表示や形式名称がペンキで塗りつぶされていたりするので、余計に解りません。でも、1の表示が消されていれば2等車(=今の普通車)と同じ扱いということになる訳ですから、普通に考えたら乗客がたくさ...
  • 関西を走った旧形国電 その3
    阪和線は、うっかりしたこと書けないからなぁ…なにしろ、世間を狭く生きている筈のまつしまなのに、身の回りにちょっと見回しただけで3人も阪和線フリークがいますから。まだ社形のクモハ20(でしたっけ?クモハ25でしたっけ??)じゃないからいいようなものの、そういう形式についてちょっと口を滑らせてもたちまちハゲシく叱責されちゃうもんなぁ…んでも阪和線はEF52がいたから、写真見つけたらいずれは触れないわけに行かない...
  • おそるおそる
    先日、関西を走った旧形国電という画像をいくつかお目にかけましたが、そこでちょこっと触れた話に、まつしまの身近にいる3人の阪和線フリーク、というのがありました。その3人は互いに面識がある人達ではありませんので、自分が阪和線フリークという意識もなければ、当然その3のうちの1人だということも認識していません。ここでは全て仮名ですので、まつしまが『やあやあ!遠からん者は音にも聞け!我こそは…』と名乗りを挙...
  • こんなスカ線はいかがでしょう? -1/5
    ときどきまつしまが慌てちゃうような、【なんちゃって~♪】っぽい感じの愉快なコメントを下さる南フナさんとおっしゃる方がいらっしゃいます。雅号を【食い旧】と称し、旧形国電の写真をたぁーーくさん掲出されています。まつしまもちょいちょいお邪魔しては大糸線や富山港線、飯田線などのかつてのつわもの達との再会を楽しませて頂いておりまして…過日、仙台市電とアタマの弱い中学生たち(含まつしま)の記事に白状したように、...
  • こんなスカ線はいかがでしょう? -2/5
    つづきです。つづきます。...
  • こんなスカ線はいかがでしょう? -3/5
    再びつづきです。なおもつづきます。...
  • こんなスカ線はいかがでしょう? -4/5
    さらにつづきです。しかも、まだつづくんです、これが…...
  • こんなスカ線はいかがでしょう? -5/5(終)
    南フナさんのお好きな大船電車区の往年のスターをご紹介致しました。毎度のことながら、これで写真のできが良ければいうことなしなんですが…ちなみに、70系以前の横須賀線の写真は、このほかにもまだまだあります。この記事への反応を見ながら、もしお気に召して頂ける方がいらっしゃるようであれば、引き続きご紹介して行こうと考えております。ここに出てくる車輌たちは、その後、身延線へ転出して屋根の高さを低く改造された元...
  • 旧形国電&茨城交通水浜線
    ブログを始めてから、当然のことながらこれまで全く知らなかった方々との知遇を得て、様々なことを勉強させて頂きましたし、また、こちらも知っているデーターなどを提供して差し上げられるチャンスにめぐり合うことができて、世界がずいぶん広がった思いです。あらためて、この出来損ないブログをお訪ね下さり、また、かわいがって下さっている皆さんに心からお礼を申し上げます。さて、この数週間でお知り合いになれた方の中に、...
  • 【10/24 加筆とデーター追加】 旧性能車? 新性能車?
    【2008-10-24 加筆】10/24にクモヤ791の記事を掲出しようとして【100年の国鉄車輌-第3分冊】に資料を当たっていたところ、このクモヤ790の残念写真を掲出するときにその資料を参照しなかったために見落としていた【非常におもしろいポイント】を発見しましたので、追記して、参考データーを追加します。ただ、この記事は【Wiki文法】というのを使わずに書きましたので、追加資料をそれと明示してオリジナルのものと区分することが...
  • ようやく見つけました!
    クモヤ93000の写真!こちらは、1960年に開催された博覧会に展示されたときの模様です。だいぶきれいにお化粧してもらって、なかなか美人に写っていますが、まだ175km/hのギネス記録(1960/11/21)を叩き出す前だったようです。かたや、こちらは所属区の田町で、隣に157、後ろに155と、同じ住まいの住民たちと写っております。狭軌世界最高速記録を樹立した後の姿ですが、とてもそんな凄いことをやってのけたとは思えないような、のん...
  • クモヤ490-2+クヤ490-1
    廃車時の形式はクモハ490-11とクハ490-1だったようですね。現役当時の姿です。クモヤの方は種車はひょっとすると宮城電鉄の社形? はっきりとはわかりませんが、どうもそんな感じがしますね。この独特の風貌の試作車については、驚くほど記録が見当たりません。国鉄自身が編纂した【百年の国鉄車輌】にも交流電車として改造車クモヤ790-1(リンク記事参照)とクモヤ791-1が出てくるだけで、この変テコな外観の交直両用電車は、写...
  • これ1枚きり-3: 旧姓・甘木さん?何樫さん??
    撮影は1961年、田町です。先日掲出したクモヤ93000と同じフィルム(正確にはベタ焼きですけど)に収まっていました。かなり大きく伸ばせるようにしたんですが、車体の横には【クモニ4300】と書かれているようです。こうなると旧形国電素人のまつしまには歯が立ちません。クエ9110とは余りに様子が違いますし、度々辞書代わりに使っている【100年の国鉄車輌-3】にはよく似た姿のモユニ2とモユニ12は紹介されているものの、モユニ2が...
  • 北海道拓殖鉄道の記事で
    ちょっとナゾをかけるようなことをチラッと書きまして、それでこの記事を書こうと思っていた矢先に、例の騒ぎが起きました。事態の収拾にいささか時間が掛かりましたが、是は是、非は非として、秩序は回復できました。その節は皆さんからの有形無形のご支援、まことにありがとうございました。で、なにを掲出しようとしていたかと申しますと、コレです。↓ははは、例の人がボロカスにけなしていったモノクロ写真ですが、実際、これ...
  • 特別急行かもめ捜索の副産物
    昨夜、特別急行かもめの画像を(発掘できた分だけ)一気に公開、じゃなくて、ファンの皆さんにご覧頂けるようにしましたが、ベタ焼きの順番は福山・セノハチ・広島・門司と並んでいたわけではありませんでした。フィルムの番号はそれぞれ近接してはいるものの、順路の通りに移動したのではなく、西と東を行きつ戻りつしていたようです。夜行列車が当たり前に走っていましたから、周遊券の指定区域内を列車を宿代わりにして移動し、...
  • 【データーを追加しました】 営業運転中だぁ!
    いやはや。出てくるでてくる…キワ90の予告をしたと思ったら、今度は仙山線クモヤ490の営業運転中のショットが…切符を買ったお客さんを乗せて走るんですから、クモヤって筈はないですよね、やはりクモハになってなければ…この先、どんな写真が出てくるのか、まだまだ予断を許しません。って、自分のライブラリーにドキドキしててどうする!?でも、まさか両方(クモヤ490-1と490-11の2両)とも写真になって残っているとは思いません...
  • 大スター, 1/2
    好みや思い入れにもよるとは思いますが、皆さんにとってもそれぞれ大スターに当たる車輌があることと思います。ちなみに、まつしまはこれまでの記事や受け答えでお分かりのように、はっきりと【思い込みが激しいタイプ】です。その、思い込みの激しいまつしまにとって、最大のスターが155系修学旅行専用電車だったんですが、だからといって他の形式への関心が薄いのかというと全然そんなことはありません。無節操といわれようが無...
  • 大スター, 2/2
    という次第で、つづきです。クモハ52以外の形式は、また別の機会にご覧頂こうと思います。と同時に、この時期のクモハ52を撮影なさった方がいらっしゃれば、是非ともそのお作を拝見する機会を得たいと願っております。ということで…...
  • 最初は日暮里かと思っていたんですが…
    日暮里にしてはいくらなんでも様子が違い過ぎますよねぇ…京成電車の勾配も見えないし、だいたいこんなに線路の数が少ない筈がありません。それに、遠景のこんもりとした雑木林も、日暮里付近だとしたらもっと小高い切り通しの上でなければ…401の中距離電車やD51の貨物列車といえど電車と同じ線路を走る筈ですから、D51と別の線路に国電の姿が見えるのはおかしいです。だいたい、昼間に日暮里を通る貨物列車があったのかどうか…でも...
  • 旧形国電 in 新潟
    磐越西線のベタ焼きの端っこに、こういう電車も写っておりました。  ↑なんか、背後にもゴチャゴチャいろんなものが写っていますね、拡大してみると楽しいですよ、これ♪おほーー! 新潟色に変わる前の、ちゃーんとブドウ色で走っていた頃の様子です。そりゃ、横須賀線と並べたら一格落ちるのは致し方ないと思いますが、それでもちゃーんとクハ55074から改造された(と虎の巻に書いてある)クハ68092が写ってますがな!ノーシル・...
  • 仙台運転所に入れてもらったときに
    撮った写真で、これはまつしま自身の手になる残念写真です。どうしてもクモヤ740を撮りたかったんですが、タイミングが合わなくて、いつもこんなのばっかりでした。ちゃんと撮るには、学校をちゃんとサボらなきゃなりませんでしたので、なんとも残念でした。しかも、後ろに写ってるサハシも途中でチョン切れてるし。今日は(今日も、だろ?)ダメですね、こりゃ。トホホホ…...
  • 2分30秒
    写真を全然含んでいない記事を国鉄旧形電車に区分するとは、いったいどういう了見であるか怪しからん!と、抗議がくるかもしれないなぁ、なんて。まぁ、そういう抗議がきたらきたで、『意味が解らない人は見なくていいからね』とお引き取り頂くことにしようと思っております。こんなもん、ちょっと考えれば『あー、あれね!』と分かるに決まってるんですから。仮に自分の知識や経験だけからは答えがひねり出せないとしたって、今は...
  • 中部天竜? 豊川?
    なにしろ飯田線というところはクラクラきちゃうくらいすごいところですね。この、わずか7枚の写真(実際にはその中のたった3枚)のために、かなりの時間を必要としました。チラッと見ただけでは省形なのか社形なのか、国鉄の台帳に載っているのかいないのか、さっぱり解らない車輌がワンサといたんですねぇ…ここに掲出するのは写真があったたった5形式だけだというのに、どれもこれも解説を読み始めると最低でも15分くらいはウンウ...
  • 人気なかったですが
    6:10に着く347Mから降りて、ホームの洗面台で歯磨いて顔洗って!さっぱりしたところで、さてさて、ほんではきしめんのスタンドに参りませうか。いや。まだアサゴハンにはちょっと早いなぁ…それじゃちょっと構内を一回りしてみようかな、なんて思ってお散歩を始めると、たちまちこういうのが出迎えてくれたんですよねぇ、名古屋駅って。お世辞にも愛想がいいとは言えないのに、接客の勘所をビシッと抑えているというか、営業職に配...
  • 下手クソッ!!
    いつも残念写真ばかりをケチョンケチョンに書いておりますが、それはフェアではありません。なぜかと申しまするに、実は、まつしまは本当に写真が下手クソだからであります。それだのに、自分のことを棚に上げて、さもさも評論家でもあるかのよーな【上から】っぽいゴタクを並べるのは軽蔑すべき振る舞いと言わなければなりません。とゆーより、やっぱり撮影者に対して失礼だよなぁ、なんて…そいういう訳で、懺悔だか告悔だかわか...
  • セピア調っぽいですが…
    なんだかモノクロ写真を画像処理システムでセピア調に仕立て直したような画像になっていますけれど、これ、下の写真の出入り口右上にある車体番号の部分だけを拡大したものでして、れっきとしたカラー写真でございます。これは1977年早春に広島から下関まで乗った山陽線普通列車の車内で撮りました。列車としては広島から下関へ直通するのですが、どういうわけか徳山で列車番号が変わって、その先は下関までまったく別の列車として...
  • 確かに、それはそうなんですけど…
    当時の列車を考えれば、この形式がこの線区に乗り入れて運転されているのは当然なんですが。しかし…まつしま個人の思い入れが強過ぎるだけなんだ、ということはわかっております、理性では。けど、この形式に排雪器はやっぱり似合わないと思います。まして背景が雪の山岳風景では…いえ、決してこの沿線を他の線区と比較して見下すなどと思い上がったことを申しているのではありません。事実、この系統の夏の臨時列車としてこの形式...
  • ちゃんと残念
    先日、155系ひので号の写真を見つけて大喜びしちゃったまつしまですが、そういえば、と思って、ちょっと捜し物をしておりました。なにを捜していたのかと申しますと…へへへ! これを捜索しておりました♪これ、最初の1両は確か事故更新車じゃなかったでしょうか。153の面差しをそのまま移植したという感じですが、その割りには80系の顔立ちがきちんと残ってますよね。んで、使用前と使用後、じゃないですけど、似たような角度の15...
  • ちゃんと残念、の後始末。
    クハ86015意外にも多くの皆さんからの反応を頂き、ちょっとびっくりしております。んで、あんまりいい加減なことを書き散らしてフケちゃったのでは、まつしまの信頼性(←そんなの最初からねーじゃん!)に関わる話しになっちゃうよなぁ、なんて(←実は、意外にも根がまじめ、とゆーより、単に小心者なので)思っちゃったもんですから、ここはひとつ出版物という【社会的権威】を弾よけの代わりに使って、『撃つなぁーっ!!』とか...
  • まつしま製・残念写真
    1974年3月に仙台駅で撮影しました。仙石線はホームは狭いし、沿線には家が建て込んでいるしで、だいぶ遠くまで足を延ばさないとちゃんとした写真が撮れませんでしたが、ひばりやはつかりやまつしまを追い回しているうちに、特別快速をちゃんと撮影できる場所まで行く時間がなくなってしまいました。それでこの始末という訳です。ご存知、クハ68。そしてこちらが、クモハ54。どちらも仙石線には珍しいセミクロスシート車、特別快速...
  • 負け惜しみ
    いまのまつしまを知る人が100人読めば100人とも『ウソだ』『信用できない』とおっしゃることでしょうが、まつしまには気が弱い、というか、闘争的精神に欠けるところがあります。誰か他の人と競いあって、その人よりも優位を獲得する。そういうことが苦手です。もちろん、そのためには努力や準備も必要で、そういう面倒なことをしたくないというズボラで怠惰な性分も大きな理由ではありますが。けどまぁ、努力してないんだから、当...
  • あ゛ーーーっっ!! ☆〒∮★※!!!
    あ゛ーーーっっ!! ☆〒∮★※!!!Омаэ ва ахока??キリル文字をローマ字の代わりに使って『お前はアホか!』と書くとこのような表記になります。ギリシャ文字でも同じことができますが、こちらはどうも高校時代の数学を思い出してしまいますので、やめておいた方がよさそうです… (大汗)んで。その、日本語では到底発音しきれないほどの、濁音だらけの、あまりといえばあまりにもチョー残念なカットでわなかんべぇか、と、思...
  • 327M列車, 80系, 鉄道ピクトリアル誌から
    オセッカイー!! 外野は引っ込めぇー!!!はい。おっしゃる通りです。ブーイング、まことにごもっともでございます。すぐにやめますんで、ちょっとだけしゃべらせてください、あ、痛いいたい、モノを投げないで!!ご交誼を賜っている南フナさんの、そのまた親しいお知り合いと思われる expressokuizu さんとおっしゃる方が、南フナさんのお書きになった80系電車関連の記事で、327Mと静シスの編成について情報を、とお書きにな...
  • 意外にも…
    先日掲出したピクトリアル誌からの引用記事にお寄せ頂いた皆さんからの反応を拝見して、80系電車の人気が高いということにちょっと意外な感を受けました。まつしまとしては、漠然と『旧形国電ファンにとっては興味の薄い形式なんだろーなー』なんて思っていたものですから、『あらま!そうだったの!?』なんて、正直なところ半ば驚いております。旧形国電の世界では、列車種別表示に【急行】と掲げてはいても決してお客さんには急...
  • でわでわ♪
    シービーさんと南フナさんからラブコールを受けた、1.東海道を疾駆する長大編成の80系2.その先頭(というか、しんがりというか)に立つクモユニに昇天を(←違うっ!つーのに!!なんだって一発目でこれが変換されて出てくるんじゃあ!!)、もとへ、焦点を絞って解像度を上げた写真をば掲出いたしませう。解像度は上げましたが、画質を上げた、とは一言も申しておりませんので、どうぞそこんところは誤解のありませんよーに… ...
  • アップに耐えられない
    シービーさんのご希望に再度お応え致します。けど…どれも元々の写真(ベタ)の処理が悪いことに加えて、経年劣化で更に画面が荒れてしまって、本当はアップに耐えられないものばかりでして。オマケに3枚のうち2枚は、たぶん再掲出だと思います…その辺りをなにとぞよろしくご斟酌賜りますように…これ、ホントにつばさ51号さんに修復をお願いしようかなぁ、とマジメに考えとります…...
  • 気力が残っていないので
    残念写真だけ掲出して御容赦頂きます。中央線の東京行。ただし、三鷹事件で無人暴走した形式を基本的には同じ。撮影は1960年ですが、101系が投入されても、まだその数が充分に行きわたっていませんでした。中央線でこそ旧形電車はその数を減じつつありましたが、総武線緩行や山手線では、まだ新性能車が投入され始まる前のひとコマです。...
  • なんちゅー気のない撮り方
    撮影は1962(昭37)年の晩秋から初冬の時期、場所は松本でしょう、大糸線のクモハ11とクハ16です。まぁ、確かにこの時代には首都圏でも当たり前に見られた形式ですから、わざわざ大糸線くんだりまで出掛けてフィルムに収めるだけの価値を撮影者が感じていたのかといえば、十中八九そんな気持ちはなかったことと思います。蒸機重連や後補機と新鋭機DF50などを写しに出向いた篠ノ井線の往き還りに松本で時間が空いちゃった、とか、訪...
  • なんちゅー気合いの入った撮り方!
    はい、そうです。ひとつ前の記事で、まつしまに『まじめに撮らんかい、ごるぁ!』と吠え付かれたその撮影者が、同じ日、同じ場所で、こーゆー写真も写しておったワケです。先ほどの記事で述べたとおり、撮影は1962(昭37)年の晩秋から初冬。この形式は横須賀線用に5両製造され、空襲を受けて廃車になった1両(44005)を除き、3両が身延線に異動、残り1両は大糸線に転出、いずれも屋根を低くする改造を受けた、と、中学生の頃に覚...
  • どんな感じだったんでしょうねぇ…?
    昨夜から今日にかけて、南フナさんの記事とyasuziroさんの記事を拝見していて、たまたま電車の新旧の【装い】とか【風貌】に思いを至す機会が続きました。それでふと思い出したのが、これらの残念写真です。かつては東海道山陽東北上信越、およそ直流1500Vの架線の下であれば日本じゅうで当たり前に見られた混在でしたが、よくよく考えると、運転士の側としてはどの仕業が巡ってくるのかによって、頭の中の順列組み合わせと車両と...
  • Smartness, 横須賀線
    やっぱ、カッコいいですねぇ…惚れぼれしちゃいます♪なんといったらよいのか…要するにスマートなんじゃないかと思います。同じ形式の同じ車両が走っても、横須賀線じゃないと、こういうふうには写らない、と申しましょうか…なんて、まつしまの余計な講釈なぞ無用の雑音ですね。全て再掲出の残念写真ですが、何度見てもいいものはやっぱりいい!だって、荷物電車まで垢抜けしてみえるじゃありませんか♪(爆笑)機関車に無上のシンパ...
  • ひどい写真ですみません…
    編成の全景が写っている70系以前の横須賀線って、本当に少ないんです。残念写真撮影者が、この写真を撮ったときに望遠レンズを持っていたのかどうか。標準だとちょっと難しいような気もしますが、親のスネをかじる身分で望遠なんてことは、この時代だと極めて考えにくい話だと思います。なんて話はどうでもよろしいので、横須賀線の停まる駅には、こーゆー美人も暮らしていましたね♪ ↓ これは、ひょっとするテレビだったかもしれ...
  • ほれぼれしちゃいます、ホント。
    お正月っぽい残念写真をもうひとつ♪笑われるのを覚悟のうえで、この形式にはモーツァルトが似合うんじゃなかろうか、なんてことを思っておりまして。(You-tube は途中までで終わりになっちゃってますが、ご容赦を。あんまり長くても、クラシックの苦手な方には苦痛かと考えましたので…)数ある70系以前の横須賀線ポートレートの中で、まつしまが最もお気に入りの写真です。周囲の景観、写っている形式、その行先表示板。均整がと...
  • 湘南
    70系電車といえば、横須賀線。鎌倉、逗子、横須賀、久里浜と、どこをどう叩いても【湘南】と音がする、というくらいに混じりっ気なしの湘南なんですが、実は電車の通称でいうと、ちょっとビミョーなハナシなんですね、これが。横須賀線はスカ線と略称されます。決して湘南電車とは呼ばれません。『じゃ、当の湘南電車って…?』というと、大船から西に向かって、藤沢、辻堂、茅ヶ崎、平塚、大磯、二宮、国府津、と、東海道線をそっ...
  • 2等車・母の遺品から
    グリーン車の昨今の状況について嘆くとき、ちょくちょく引き合いに引っ張り出しているのが湘南電車や横須賀線の2等車(3等級制時代の)利用者についてです。もちろん、まつしまだってそんなのは父母から聞かされた耳学問や後年になって様々な本を通じて得た【知識】というか【情報】でしかありませんでした。すなわち、自らの体験を自分の言葉で表現できるだけの経験なぞ持ち合わせがなかったのですが、被災した実家の解体準備で仙...
  • 自分で撮れなかった1枚
    1962年・田町で撮った1枚のようです。じつに工夫のない、平凡きわまりない1枚ですが、まつしまはこれが羨ましくて口惜しくてしょうがありません。田町だったら当たり前すぎて誰も見向きもしない状況だったんじゃないでしょうか、これって。んでも、それは東京に起居する人間の、とんでもない勘違いにして贅沢このうえない態度ではないかと思いますよ。だって、まつしまは結局、最後の最後までこの並びを自分のフィルムに収めるこ...

プロフィール

急行まつしま2号

2019/8/12 に Yahoo blog から移ってきました。2008/3/28 から活動しています。

残念写真はFH君(高校時代の同級生)の叔父さん(故人)が1960~62年にかけて撮影したもので、まつしま(以下、管理人という)は約40年前、高校卒業時にそのベタ焼きスクラップ帳をFH君から預かりました。

約半世紀が過ぎ、管理人にも終活準備の必要が迫ってきましたが、どの被写体もこのまま埋もれさるのはあまりにも惜しいと考えて公開を決意しました。

全ての記述と残念写真を除く全ての画像は、管理人によるものとお考え下さい。従って、残念写真に対する苦情・異議等は、いっさいお受け致しかねます。この点、あらかじめご了承頂くとともに、不同意の方の閲覧は(たとえ記事が全公開に設定されている場合であっても)お断り致します。

また、残念写真以外の全てについては、管理人の責任と権限で対応致しますが、管理人が【適切でない、相応しくない、好ましくない、不快である】等と判断した書き込みは、発見し次第、全て管理人の一存で警告なしに即刻削除します。この点も併せてご了解頂きます。

なお、上記の点は、全て【管理人の固い意思】であって【どなたからどのような種類の申し入れ等があっても応じない】こと、及び【どなたとの議論にも応じない】ことを、あらかじめ明記しておきます。

これらの方針に同意されない方の閲覧は当方から固くお断り致しますので、どうぞ速やかにご退出ください。

記事を閲覧される方は、(万が一紛議等が生じた場合も含めて)全てここに記述した方針に同意され応諾された方として対処致しますので、念のため此処に併せて明記しておきます。

原則的に【来る者は拒まず】が基本スタンスですが、ただし、管理者に対して過去に敵対的言辞等を執った事実のある者からの再接触等は、たといそれが当該敵対的行動の撤回及び謝罪並びに釈明等であっても、その全てを拒絶します。

もし釈明や和解の必要を感じたなら、その時点で直ちにそう処置した筈であり、またそう処置すべきでもありました。それをしないまま再接触を図るということは、

①なんらかの意図があって、非敵対的な態度を偽装もしくは隠蔽している

②記憶力に欠陥のある攻撃的性格

上記①または②のいずれかと考えざるを得ません。すなわち将来に於いて再び敵対的言辞を吐き散らし敵対的行動を執る危険性が極めて大きい者である可能性を窺わせる者である、と見做し得るわけで、そういう面倒くさいヤツと関わり合うのは金輪際願い下げ、二度と御免蒙ります。

そんなヤツに愛想笑いなどする気は全くありません。見つけたら直ちに叩き出して塩を撒くので、そのつもりで。

最新情報

月別アーカイブ